J1第16節
【横浜FC3-2名古屋】

後半はマテウス投入後
盛り返したが、内容的には
妥当な結果だったと思う。

オフサイド判定で
相手ゴールが取り消されたり
などの幸運もあり
結果的には3失点で済んだが

5失点、6失点していても
おかしくないくらいに
何度も何度も守備を崩された。


横浜FCが若手中心で
良いサッカーをしていたのは
知っていたので

苦戦することも有りえるかな?と
頭の片隅には置いていたが

ここまでズタズタにやられるのは
さすがに想定外だった。


特に前半は酷かった。

川崎戦でも
ここまでやられては
いなかったように思う。


外国人無しの
日本人選手の若手主体のチームに
ここまでこっぴどくやられたのだから
言い訳無用の”完敗”だと思う。


相手の若手の方が
俊敏性(アジリティ)もキレもあり

一対一の局面で
簡単に剥がされてしまう。


ゴール前でも
これまでは”ギリギリ”のところで
足を出したりして防いでいたが

結局、”紙一重”だったということ。


今日の相手はとにかく
”スピーディ”で局面、局面で
相手の俊敏な動きに
付いていけていなかった。

相手の動きを見てからでは
(リアクションの受身型守備では)
どうしても対応が一歩遅れてしまう。


エリア内の至近距離では
さすがのGKランゲラックでも
どうしようも無い。



川崎同様に

(ファールをしても大丈夫な)
もっと”安全な位置”から
”潰す”くらいの覚悟で
フィジカルコンタクトを伴った
激しい守備をしていかないと

今日のような俊敏性があり
球離れの速い相手には
厳しいと思う。


エリアに入られたら
PKを取られるリスクもあるので
(実際、川崎はPKが多い)

どうしても”厳しく”行けず
相手の動きを見てからの
”受身”の守備になってしまう。

そうなると
今日の試合のように

俊敏性のある相手に
エリア内で”先手”を取られ
ゴール至近からフリーで
シュートを打たれる。


今季のグランパスを見ていると
ドリブル等、相手の”仕掛け”に対する
対応があまり良くないように感じる。


綺麗に取ろうという意識が強すぎる。


足を出すような”軽い守備”ではなく


体ごとぶつかっていくような
もっと”ハード”な守備を
増やしていかないと

こういった相手には
なかなか厳しいと思う。


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村