誤解だらけの“風間サッカー”。
じつはビビリ? 気弱? あがり症?
2018.11.16    TEXT BY  Kenichiro Kita

そろそろ”本題”についても
個人的に思うところを
書いていこうかなと思う。

まずは
元ネタである上記インタビュー記事の
該当部分を一部抜粋したのがこれ。

誤解だらけの“風間サッカー”。
風間監督インタビュー後編のテーマは
「風間サッカーの誤解を解く!」
練習は“止める蹴る”しかやらない?
テクニックのある選手が好き?

── グランパスのサポーターだけじゃなくて、
サッカーファンのSNSを見ていると
「風間サッカー」というワードが
よく出てくるんですね。

「うん。確かに、風間サッカー
っていうのはよく聞かれるね」


── ただ、世の中の人が考えている
「風間サッカー」というのが
実は誤解されているんじゃないかと
思うんです。
「“止める蹴る”しかやらない」
とか「守備の練習はしない」とか。

「基本的に誤解を解く気はない。
なぜかといえば、俺自身も、
俺のサッカーが何か
というのをわかっていない……
と言ったら語弊はあるけど、
常に変わっていくものだから。
だから、『風間サッカー』と
いうものなんてないんだよ」


── え、「風間サッカー」はないんですか?
風間監督といえば、誰よりも技術に
こだわってサッカーをすると、
多くの人が思っていますよ。

「みんな、そう言うんだよ。
『風間さんのサッカーはポゼッションですよね』
とか『うまい選手が好きなんですよね』とか。
でも、自分からポゼッションなんて
言葉を使ったことは1回もないからね。
あくまでも、俺は選手ありきでサッカーを
やってるから。選手のキャラクターに
よって変えるし、一つのスタイルに
固執しているわけでもない」


いきなり
すごく”核心”に触れるような
”重要”なことを言っている。



風間監督曰く


・「風間サッカー」というのは無い

・スタイルに固執しているワケでも無い

・選手のキャラクターによって変える


なのだそうだ。




もし、それが本当なら

これまで”支持者”が
事ある毎に言ってきた


「クラブの”スタイル”を構築するため」
(に時間がかかる論、我慢が必要論)やら

「風間サッカーに合わないから」
(放出された、又は獲得しない)やら


その他諸々
これまでの全ての”擁護論”が
”根底”から覆ってしまうような

”重要”な発言だと思う。




長くなるので
まずはここまで。


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村