今、ネットニュースで知ってびっくり。

楢崎選手や寿人選手は
試合に出ていなかったから
まだ分かるけれども

玉田選手は先日の最終節でも
スタメンで出場していたし
今季、普通に活躍もしていた選手。

実際、今季日本人選手にずっと
得点が無かった時期に

日本人選手最初の得点を
決めたのも彼だった。

湘南との最終戦でも
チャンスの少ない中、
あの日最大の決定機にも絡んでいた。

残念ながらメモリアル弾となる
100ゴール目とはならなかったが

ゴール前、ボールに絡みながら
ワンツーでスルスルっと裏へ
抜け出してエリア内で
再び受ける動きなど

決定機を作る彼ならではの
”崩し”の動きは素晴らしかった。

今季の玉田選手の
”プレー内容”で切られるのならば

切られるレベルの選手は
青木選手や
来季正式加入予定の児玉選手、
成瀬選手などを含め
若手を中心に大量にいると思う。


それに

闘莉王選手の時にも思ったが

クラブの功労者、レジェンドを
大事にせずに、こうやって簡単に
切ってしまうようなところも
個人的には如何なものかと思う。


中日でいえば
最近では2000本安打
達成目前だった頃の荒木選手など

少なくとも
メモリアル弾の100ゴールを
このクラブで決めてもらって

皆で共に喜びを分かち合うのが
(クラブの”レジェンド”を祝ってあげるのが)

クラブの功労者
偉大なレジェンドに対する
最低限の”リスペクト”だと思う。


本当に愛されるクラブというのは
そういったクラブの歴史を支えてきた
レジェンドを大事にするクラブだと思う。
(生え抜きの中村直志を大事にしたように)



シーズン中にも
酷い内容のサッカーに対し

彼が”苦言”を呈していた記事も見たので


当時は

「ああ、さすがは玉田だな
ちゃんとサッカーを分かってるな」

と思ったものだが


それを”監督批判”と
とられてしまったのだろうか?




玉田選手は
ウチのブログのプロフィール用として
自分で描いたイラスト画像でも
使わせてもらっており

個人的に思い入れも強い
選手だっただけに

退団の報道を見て
非常にがっかりしている。



「風間サッカーとは何か」

という”お題”で記事を予定を
していたが


そういうことなら
遠慮なく書かせてもらう。



今まで遠慮しながら
30%くらいで”甘々”の記事を
マイルドに書いていたけれど


60%くらい”開放”して

(しばらくは、”ダーク”でぷスポとして
少し”毒”を吐く(毒舌)部分も
折りまぜながら)

次の記事からは少し”辛らつ”で
”尖がった事”も言わせて
もらおうかなと思う。


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村