守備の”寄せ”が早く"激しく”
タックル数もリーグ随一と

風間グランパスに
最も欠けていた

アグレッシヴに
”奪いに行く”守備が

代表クラスのハイレベルで
出来る選手を獲得出来た。


これはグランパスにとって
大きな意味を持つ補強だと思う。


心配なのは
”大きな怪我”を何度も
しているところくらいか。


昨日だったか

青木選手の「左膝半月板損傷
全治6ヶ月で開幕戦絶望
長期離脱も」

というニュース記事を
見たばかり。


彼も過去に”大きな怪我”を
していた選手の1人。


海外でプレーする
宮市選手などもそう。


一度やった選手は
何度もやる傾向が強いので

そこが少し”心配”ではあるけれど



それを除けば


同じく今季広島から獲得した
元代表の千葉選手や

昨年夏に獲得した
中谷、丸山の両選手も含め

守備能力の高いタレントが
中盤以降のポジションに
かなり揃ってきた。


これで

噂のあった吉田豊選手を
獲得出来れば

充分、及第点以上の補強と
いっていい成果だと思う。



あとは

監督の”腕”次第といったところか。


(風間サッカー独特の”守り方”に
米本選手が染まってしまう懸念もあるが
いずれにしてもこれでハッキリすると思う)
(選手がダメだったのか?
守り方の問題だったのか?)



掲示板の意見を見ていても

「これなら上位を狙える(戦力)」
という声が多かった。



わたしは元々、戦力的にも
「層が薄い」などとは
思っていなかったが※

※(仙台にしても札幌にしても
グランパスより上位でフィニッシュ
したクラブに”戦力”で劣っていたとも
思わないし、降格した長崎に”ダブル”
を食らった件にしてもそう。ゆえに
戦力(選手層)の問題では無いと思う)




いずれにしても

昨夏の大量補強に加え
今オフの的確な補強で


もう、これで
「選手層が薄い」などという言い訳は
”使えなくなった”と思うので

その点でも良かったかなと思う。



3年目ということもあり
"時間がかかる”云々という”言い訳”
についても同様だ。


Jリーグでは
昇格した翌年に
普通に優勝争いすることは
決して珍しくない。

一時期はそれが
”定番”になっていたくらい。
(ガンバ、柏など)


昨年、2位と大きく
躍進した広島にしたって
前年は最後の最後まで
”残留争い”していたチーム。

札幌にしたって
ペトロビッチ監督就任”1年目”から
”劇的”に変わった。


”時間”は関係ない。





風間体制
集大成となる3年目の
今年こそは

最低でも
”優勝争い”に絡むくらいは
してもらわないと困る。


まさに”待ったなし”である。


G07-02
G07-03
『機動戦士ガンダム』第8話「戦場は荒野」より


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村