スマホでヤフーニュースを
チェックしていたら
興味深い記事を発見。

「若者は電話に出ない」問題。
20代と40代、双方の言い分は?
2/11(月) 8:46配信 bizSPA!フレッシュ

わたしも電話よりも
断然、メール派ですね。


電話はこちらの状況とか一切
お構いなしで、いきなりかかって来る。

”無粋”な道具だなと思う。


一家団欒で楽しくサッカー
観て盛り上がってる時にも
いきなり掛かって来て

楽しかった空気も”興ざめ”
一気に壊れてしまう。



食事をしている時にも
何の前触れもなく
いきなり、けたたましい
呼び出し音が鳴り

食事を中途で中断せざるを得なくなり
話してる間に美味しく戴いてた
おかずもご飯も冷めてしまう。


こちらが出れない時でも
容赦なくかかってる。


かといって

出ないでいると

「なんで出ないんだ!」と
勝手に相手が怒り出す。


全部、相手のペースです。


本当に「勝手だな」って思う。



以下、参考までに
記事に掲載されてた
それそれの代表的な言い分と

それに対する個人的な一口感想も
簡単に紹介しておきます。





賃貸物件を扱う不動産会社で働いている
岡村昇さん(33歳・仮名)は、電話に
出ない若者に心底困り気味です。

「主に20代のお客さんなのですが、
電話に出てくれないんです…」

お客さんにもそれぞれの都合がある
でしょうし、電話に出られない場合も
あるかと思いますが、どうやら
込み入った事情があるようです。

「我々の業界は今が繁忙期で、
人気のある賃貸物件はすぐに
埋まってしまいます。この前、
20代前半の男性のお客が来店し、
ある物件を内見したところ
『少し考えたい』と言ってきました。
すると次の日、同じ物件に別の人から
問い合わせが来て。

そこで迷われている彼に今の状況を伝え
たいと電話をするのですが、出ない。
仕方なくメールをしますが、こちらは
何人ものお客さんを相手にしているので、
いちいちメールでやり取りするのが
煩わしいのが本音。

『問い合わせとのことですが、決まり
そうなんですか?』とか返信が来ると、
『電話で言えば簡単なのに。
ああ、面倒くさい!』となります」

SNSに慣れてる人からしてみれば
文字入力を、さほど煩わしくは
感じてはいないような気がする。

単にこの不動産会社の人が
そういうのに疎いだけなのでは?


「メールだとニュアンスが伝わりづらい」
 また大野さんは、電話に出ない
24歳の部下にも思うことがあるそう。

「新卒でうちに入ってきた男の子がいる
のですが、彼も電話に出てくれない。
電話をすると留守電に切り替わり、
その数分後に『電話、なんですか?』
とLINEがくる。

まだ連絡があるだけマシなのですが、
契約についての確認など、少々
込み入った話の際はメールよりも
電話のほうが圧倒的に手間が省けます。

そうでしょうか?

口約束と一緒で、
記録として残っていないと
後から言った言わない
(聞いてない)

という話にもなるだろうし


込み入った”重要な話”だからこそ

その場限りの”口頭”だけで
済ませる電話よりも

丁寧に後から何度でも
読み返して確認もできる
メールの方が良くないですか?


電話だと、早口で頭に入らなかったり
聞き逃しとか、メモが追いつかずに
忘れてしまうことだってあると思う。

記者会見とかでも記者が
ICレコーダーとかで録音して
後でそれを聞いて文字に起こしたり
とかするじゃないですか。

一回しか言わないから
聞き逃しや、聞き間違い等が
無いように、慎重を期す上で
そうやっているんだと思います。

電話もそういう意味では
一緒だと思う。


また

電話音声を録音してもいいのなら
そうやって聞き逃しや聞き間違い
忘れてしまうこともある程度
防止できるかもしれませんが

会話を録音されるのは
嫌う人も多いと思いますし
許可を求められたとしても
あまり気分の良いものでは
ないですよね?


込み入った重要な話だからこそ
余計に口頭で済ませるのは
良くないとわたしなんかは
思ったりもするのですが
どうでしょうか?


メールだとニュアンスが伝わりづらく、
二度手間になる可能性もある。
できれば電話に出てほしいですね」

それは単にその人の
文字による表現力(スキル)が
乏しいだけの話だと思う。


あと

逆に、ニュアンスが
(この場合、”感情的”な要素が)
伝わりにくいから良い

という場合もあるかと思う。


たとえば、思ってることが
すぐ表情や声に出てしまうような人は

嫌な相手からの電話だと
相手にもそれが伝わってしまい

険悪な空気になったり
お互いに嫌な気持ちになったり
する場合でも

文字のやりとりで
細かいニュアンスが伝わりにくい
ことで救われてる部分もあるかと思う。


顔文字とかでも
ある程度の感情表現は出来るし
あとはその人の文章力、表現力
次第だと思う。

それに
かわいいアバターとかの方が
直接顔を突き合せるよりも

良い意味での”緩衝材”となって
上手く行く場合だってあるかと思う。



ホリエモンに感化されすぎ?

都内の出版社で働く前野寛さん
(20代・仮名)も、同世代の
若者に対して不満の声を挙げます。

前野さんは、ホリエモンこと
堀江貴文さんや、幻冬舎の編集者
・箕輪厚介さんをはじめ、
電話を否定的に捉える著名人も
少なくなく、彼らの主張に感化される
若い人が多いのかもしれないと話します。

「ネットなどを見ると
『電話は相手の時間を奪うツール』と、
堀江さんたちの意見を
さも自分の考えかのように言う若者も多く
、僕の友人にも「電話とかまじムダ」
と話す人もいて。
正直『お前らレベルが何言ってんの?』
とは思います。

たかだが数分の電話時間を奪われ
なかったとして、
『その時間であなたは何を生み出せる
のか?』って聞きたいですね。

新時代のトップを走る方々の主張だけ
マネしてもねぇ…。堀江さんたちは、
おそらくメールやLINEの返信は
早いでしょうし」

なんか読んでるだけで
嫌な感じの人ですね。


別にホリエモンなんか
関係ないですよ?


潜在的にみんな、ずっと
自分でもそう思っていたから

自分と同じ意見の
ホリエモンの主張にも
”賛同”してるだけであって


”猿真似”でも何でもないと思う。


たまたま、この件に関しては
ホリエモンと意見が一緒だった

というだけのことで。


正直『お前らレベルが何言ってんの?』
とは思います。

特に、この辺りの表現とか
すごい”失礼”だなって思った。


「お前らレベル」・・・って(汗)




『その時間であなたは何を生み出せる
のか?』って聞きたいですね。

何かを生み出すとかどうとか
関係ないでしょ。


その人の”限りある”人生の時間を
その人がどう使おうが自由です。


他人に指図されるような
ことでは無いと思う。



電話を”ゴリ押し”してくるような人は
こういう人が多いから嫌なんですよ。




使わない若者が増えてきた
ってことは

電話もポケベルとかFAXと一緒で
段々と”時代”に合わなくなってきた

ということなのかもしれません。



実際、ポケベルは絶滅したし

FAXだって
前にも書いてるかと思うけど
先進国で未だに使ってるの、
日本くらいなものだと思う。


メール(添付ファイル)の方が
図面や資料の画像も綺麗だし
なにより、FAXと違って
送るたびにいちいち
お金も掛からないし
(パケット定額契約なら)

FAXが勝ってるトコなんて
(メールに対して)
1つも無いと思う。


でも、機械に弱い
一部の年配層が未だに
FAX使ってるから

仕方なくこちらも
使わざるを得なく
なってるだけのことで。




”電話”という旧時代の
コミュニケーション・ツールも

今どきのメール世代の
若者からしたら

それに近いものが
あるんじゃないかなと思う。



電話機が発明されたのは
今から一世紀以上、143年も前の
1876年なのだとか。

ベルとかエジソンとかの
本に出てくる大昔の偉人が
発明した頃と21世紀の現在では

交通手段もテクノロジーも
人の価値観も、何から何まで
変わってきている。

その間には(世界中が戦争していて)
人の命が軽かった時代もあった。


ツール(道具)も
時代と共に誕生しては廃れてを
繰り返し現在に至っている。


音楽業界で例えるなら

レコードも一時代を築いたが
現在はとっくに廃れている。

MDも同じ。


CDにしたって
細々と生き延びてはいるけれど

携帯情報端末が進化して
大容量の音楽を手軽に持ち運べる
時代になった今

近い将来、廃れる可能性が高い。



電話だって同じだと思う。



時代に合わなくなってきたら

いずれは廃れる時が
必ず来ると思う。


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村