J2第28節
【金沢2-1岐阜】

足を差し出すだけの
"軽い守備"だから
簡単にかわされる。

失点シーンも含め
失点に至らなかった場面でも
何度かそういった淡白な
"軽い守備"の場面が見られた。

"足先"だけで無く
もっとフィジカルコンタクトを
伴った(球際厳しく行くような)
守備をやらないと

今の軽い守備では
フリーにさせているのと
余り変わらない。


1失点目はPKによる失点だったが

ロングパスを前線で簡単に
収めさせてしまうところもダメなら

"軽い守備"で簡単にかわされるのもダメ。

そこに至るまでの過程が
余りにも軽過ぎる(緩過ぎる)から
簡単にペナルティエリアへの
侵入を許してしまう。

PKをよく取られるのも
それが大きな原因だと思う。


エリアに入られる前に
もっと体ごと行って
"相手を自由にさせない"ような
激しい守備をしないと。


2失点目もそんな緩い守備から
"フリー"で簡単にクロスを
入れられてしまっている。


ここで毎回、
同じ事を書いているって事は

一向に"改善"されていない
って事だと思う。


鹿児島が勝って
残留圏は更に遠ざかった。


まだ10試合以上
残っているが

この"軽い守備"が
改善されなければ

残留は絶望的だと思う。

記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ
にほんブログ村