コパアメリカ
グループC
【日本0-4チリ】

スコアだけ見れば
4失点されて無得点なので

何も出来ずに一方的に
やられたような印象を持つ人が
きっと多いのではないかと思うが

点差ほど差のある試合では
無かったように思う。


日本にも途中交代した
FW上田選手1人だけで
4~5回、”決定機”があった。

決定機の数でいえば
チリと同じくらいか
むしろ、日本の方が
多かったような気もする。


数多くあった決定機を
ことごとく
決められなかった日本に対し


チリの方は
決定機でもないような
難しいところから
決められているのも含め

チャンスをことごとく
高い決定力で得点に結びつけた。


その差が4-0という
大量得点差となって
結果に表れた
という試合だった。


注目の久保選手は
”不発”に終わった。


前半はドリブルでボールを持ちたい
中島翔哉選手とのリズムが合わず
消えてる場面が多かった。

後半になって
中島選手、前田大然選手が
安部選手、三好選手に交代すると

パスを繋ぎながら
”コンビネーション”で攻める
日本が得意とする本来のスタイルが
出始めると、少しずつプレーに
絡む場面も出てきたが

彼の期待度の高さからいえば
まだまだ全然物足りない。


スピードが武器の前田大然選手も
中盤のサイドでの起用ということもあり
(所属チームの松本でも同じではあるが)

なかなか彼のスピードを生かすような
場面が作れなかった。


前半のチリは高いDFラインを
取って前掛かりに攻めてきていたので
背後のスペ-スも大きく空いていた。

FW上田選手も
決定機に何度も顔を出し
なかなか良い”嗅覚”は
持っている選手だなとは思ったが

前田大然選手の”スピード”を生かすなら
上田選手の位置(最前線)で
裏を狙わせたほうが、もっと相手に
脅威を与えられていたように思える。


中島選手と久保選手の
”相性”が悪いのは
先日の同時交代出場した
親善試合の際にも感じたが

前田選手の起用法同様、
この辺りの”見極め”についても

親善試合をこのメンバーで
やりながら、しっかりと
大会に向けた”準備”をしていたら

(今日のチリ戦のように
ぶっつけ本番で”模索”するのではなく)

もう少し”競った試合”が
出来ていたかもしれないだけに

そこは少し残念に思う。



途中交代で入った安部選手も
目を引くプレーが何度かあった。


結果的に”大敗”はしたが
下を向く必要はまったく無いと思う。


課題は

1失点目のような
日本の昔からの”弱点”である

”高さ”


ロシアW杯のベルギー戦でも
そうだったが

日本は"高さ”にやられて
試合の流れを持っていかれる
パターンが非常に多い。


今日の試合も
”高さ”で失点するまでは
殆どチリにチャンスを
与えていなかっただけに

ここはフル代表も含めて
大いに改善する余地がある。



あと

ポジション的に
ボランチのところが

柴崎選手1人に負担が
掛かっているような印象を受けた。


ここも次のウルグアイ戦に向けて
修正しないといけない箇所だと思う。



取引先と交渉して
出勤時間を遅らせてもらってまでして
リアルタイムで観たが


先に結果を知ってしまってからでは
きっと試合も
観たくなくなっていたと思うし


リアルタイム観れたおかげで
”結果”だけにとらわれずに

内容面もちゃんと
見ることが出来たので


大敗して残念ではあるが

無理してまで
リアルタイムで観た甲斐は
あったと思ってる。



一番ダメなのは
大敗という結果に自信を失って

”消極的”になったり
”アグレッシヴ”に行かなくなること。


そんな後ろ向きな姿勢では
全く何も生まれないし
成長も無いと思う。


反省すべきところはして
修正しないといけないが

チリ戦でも出来てる部分は
ちゃんとあった。
(何度も”決定機”を作れていた)


そこは自信を持っていいと思う。



次のウルグアイは強敵だが
下を向かずに果敢に
”チャレンジ”していけば

初戦よりは良い試合が
出来ると思うので

自信を持ってプレーして欲しい。


記事が気に入られた方は
気が向いたら下記バナーのクリック
をよろしくお願いいたします<(_ _)>
(更新モチベーションも上がりますので)

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村