2018年11月12日

池田親衛隊浮上!<本澤二郎の「日本の風景」(3152)

<震え上がった信濃町の裏切り者・狐と狸?>
昨日、ブログ読者から掲示板「阿修羅」に、いいニュースが出ている、というメールが届いた。それは、映像を駆使する「田中龍作ジャーナル」の現地ルポで、従来は想定もできなかった、公明党本部にプラカードを掲げて、強烈な抗議をする創価学会員の、たくましくも勇気ある決起の写真である。公然と浮上した池田親衛隊と思われる。11月10日、この日、公明党幹部に毒饅頭を与えている総大将は、近くの慶應病院にいた。狐と狸が支配するような現在の公明党本部?は、足元からの怒りの抗議に震え上がったようだ。続きを読む

jlj001 at 07:52 この記事をクリップ!

2018年11月11日

売名行為と国対疑惑<本澤二郎の「日本の風景」(3151)

<猫がじゃれている国会風景>
 幼いころを思い出した。猫はじゃれる習性がある。相手が、虫でもネズミでも追いかけて楽しんでいる。お腹の膨らんだ猫は、すぐには捕まえない。この様子に自民党も公明党もストレスが溜まってきているのだが、それでも野党は二匹のネズミを追い回して、心臓を突こうとしない?今の衆参の予算委員会風景である。片山の巨大な看板は、公職選挙法の売名行為に当たる違反行為である。見て見ぬふりをしてきた捜査機関との癒着が疑われる。

続きを読む

jlj001 at 07:47 この記事をクリップ!

2018年11月10日

政治屋とやくざと警察<本澤二郎の「日本の風景」(3150)

<見えてきた史上最悪の性凶悪犯罪「木更津レイプ殺人事件」>
 昨日、八千代市の友人が、政治屋とやくざ・警察にからむ重大事件の顛末を記録した文章を送って来てくれた。そうしてみると、筆者が必死で追及してきたやくざ浜名の性凶悪殺人事件(木更津レイプ殺人)の闇も、さらに見えてきた。やくざが市民になりきって介護施設を営業、そこへと美人栄養士を誘い込み、自分は昔は大工、何かあれば手伝うよ、といって、一人住まいの瀟洒な住宅に上がり込んで、強姦の七つ道具を用いてレイプ、性奴隷として、水商売から住宅リフォーム工事も手伝わせていた史上最悪の悲劇が判明してきた。
http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/469.html
http://www.asyura2.com/17/senkyo237/msg/488.html
続きを読む

jlj001 at 07:52 この記事をクリップ!

2018年11月09日

安倍・日本会議効果<本澤二郎の「日本の風景」(3149)

<市民らが宗教的皇位継承儀式に違憲の訴え!>
昨夜のネット情報に、平凡なジャーナリストも心臓をえぐられる衝撃を受けてしまった。皇位継承に絡んでの即位礼と大嘗祭という、世人は理解不能な宗教儀式は違憲であると、東京地裁に提訴するというのだ。わが国には憲法を理解して、それを実践する勇者・正義の士がいたことに、正直なところ、拍手したい。安倍・日本会議による神道に特化した、許しがたい違憲政治に対しての抗議の叫びの一つといえる。
続きを読む

jlj001 at 08:47 この記事をクリップ!

2018年11月08日

トランプSOS!<本澤二郎の「日本の風景」(3148)

<29歳女性の民主党下院議員当選>
 軍事も経済もアメリカ第一主義を掲げて登場した不動産王のトランプ大統領が、日本の総選挙に相当する下院議員選挙で敗北した。弱者差別を口にするならず者のような大統領に釘を刺したのは、民主党の29歳の女性候補の当選だった、というのが、きわめて印象的だった。反オバマのトランプは、オバマにも敗北した。アメリカンリベラルは健在だった。マイケル・ムーアの指摘は正しかった。
続きを読む

jlj001 at 09:08 この記事をクリップ!

2018年11月07日

心臓を突く<本澤二郎の「日本の風景」(3147)

<昭惠と孝太郎の証人喚問を優先>
 何事も手順を間違えると、期待した成果を出すことは出来ない。片山や桜田といった安倍内閣の枯れ枝は若手に任せて、野党は、国民の政治不信の眼目である森友・加計・TBSの山口強姦魔の徹底解明が急務である。手始めに昭惠と孝太郎の証人喚問を実現するしかない。佐川もやればいい。これの徹底追及による解明で、二度とこのような悪辣な犯罪を官邸から出してはならない。
続きを読む

jlj001 at 07:03 この記事をクリップ!

2018年11月06日

人事院は不要<本澤二郎の「日本の風景」(3146)

<大逆転した官民格差・役割は終わった!>
 「人事院は直ちに解散せよ」との叫び声が、我が家にも届いてくる。最近、年金4万円の93歳の生きるか死ぬかの哀れ、大澤のぶさんのことを知って驚かされたばかりである。小泉内閣が強行した非正規社員の増大と低賃金、今また賃金抑制のための「新移民法」と、財閥の攻勢はすさまじい。それでいて人事院は、毎年公務員の賃上げを強行して、大衆の怒りを買っている。「安心安定の公務員と不安と低賃金の民間」という時代が、ずっと続いている。とっくの昔に人事院の役割は終わっている。直ちに解散すべきである。続きを読む

jlj001 at 07:29 この記事をクリップ!

2018年11月05日

財閥神社神道政権<本澤二郎の「日本の風景」(3145)

<明治の侵略勢力が日本国憲法を破壊している!>
 歴史は、極右の為政者によって書き換えられて、正統化されるものである。安倍・自公の3分の2議席政権は、その正体は戦前の、明治を継承する財閥神社神道政権である。財閥神社神道ロボットこそが安倍晋三なのだ。戦後、真っ先に押しつぶされたはずだったが、実際は「死んだはずだよ、お富さん」の歌の通りなのだ。目を覚まして、しっかりと極右政権の正体をとらえる責任が、日本国民とアジア諸国民にあると、あえて指摘しようと思う。彼らの大敵は、戦後の日本国憲法なのである。
続きを読む

jlj001 at 08:01 この記事をクリップ!

2018年11月04日

殺人病院は本当か(12)<本澤二郎の「日本の風景」(3144)

<東芝だけでなく徳洲会病院も!>
 次男の正文の命を奪った東芝病院(東京・大井町)は、8年もたつのに反省も謝罪もない、まさに元福田赳夫側近の中原義正の言う殺人病院である。同じく彼は、元徳洲会理事長顧問として、内情を知る立場から、徳洲会を殺人病院として告発している。それだけではない。その元凶をえぐる告発を、病院を指導監督する厚生労働省にも行っていたことが分かった。
続きを読む

jlj001 at 09:46 この記事をクリップ!

2018年11月03日

大法院の正義<本澤二郎の「日本の風景」(3143)

<10・30徴用工判決に大義あり>
 日本人の健忘症は、安倍晋三だけではないらしい。加えて、近現代史という日本の過去の恥部に蓋をかけてきたことも、戦後日本の間違いである。36年間の植民地支配さえ知らない日本人もいる。名前から宗教・文化まで奪った植民地政策は、世界に例がない。若者を戦場に狩りだし、強制労働さえ厭わなかった軍国主義の被害者は男女全てを巻き込んだ。徴用工という非人道的な過酷労働もその一つだった。韓国大法院は10月30日、原告の訴えを認めた。正義の判決に大義ありである。

続きを読む

jlj001 at 09:45 この記事をクリップ!
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)