2017年04月27日

五輪を餌にした偽りの安倍・東北復興事業<本澤二郎の「日本の風景」(2588)

<責任の元凶は安倍晋三にあり>
 日米揃って北朝鮮危機を煽りまくる中で、内政最大の課題である東北の復興事業が、莫大な血税を投入しながら、実質利権と腐敗にまみれている。元凶は「東電福島放射能はアンダーコントロールされている」という安倍の嘘と、IOC委員買収でもぎ取った東京2020五輪利権である。そこでは、東北の人々の復興への悲願とは裏腹に、安倍の憲法軽視と同様に軽視され、魂のない利権の巣と化している。今井復興大臣の「東北で助かった」という民意に反する暴言が飛び出した土壌である。あげて責任は安倍にある。辞めるのは安倍の方だ。国民を愚弄する利権政治屋による、五輪を餌にした偽り・まやかしの東北復興事業そのものである。新聞テレビは、真実を報道せよ、電通支配に屈するな、と叫ぶ必要があろう。
 続きを読む

jlj001 at 08:36 この記事をクリップ!

2017年04月26日

原始的中世国家か<本澤二郎の「日本の風景」(2587)

<世界に冠たる民主憲法軽視の官邸>
 1993年3月、米国政府の招待で取材旅行をしたさい、中年弁護士が「アメリカも9条憲法が欲しい」といった言葉を今も記憶している。日本人は、世界に冠たる憲法・基本法を手にした幸せ者である。他方、行政の中枢では、明治の教育勅語や国家神道が蠢いている。戦前の前近代国家、筆者の目には中世的原始国家のように映る。天皇への「内奏」儀式も存続していて、徳川幕府にも劣る。天皇の生前退位を快く思わない政府でもある。国民の財産は、政商・財閥に流れ、借金しながら莫大な血税を、日本びいきの国々に散在して、隣国との対立・緊張を煽っている。憲法をないがしろにする極右政府は、民主主義の破壊者と指弾することも可能である。
続きを読む

jlj001 at 11:28 この記事をクリップ!

2017年04月25日

428を忘れるな!<本澤二郎の「日本の風景」(2586)

<沖縄と木更津のレイプ殺人事件>
 北朝鮮問題をガンガン報道して緊張を煽り、安倍内閣の神道犯罪を覆い隠すNHKが今朝4月25日も続けられているが、筆者はあえて「428を忘れるな」と訴えたい。2014年と2016年の木更津・沖縄レイプ殺人事件である。前者はやくざが跋扈する日本、後者は米軍駐留の不条理な日本を、くっきりと裏付けている。428を忘れてはならない。まもなく、その日が訪れる。
続きを読む

jlj001 at 09:46 この記事をクリップ!

2017年04月24日

国家神道が蠢く不気味な首相官邸<本澤二郎の「日本の風景」(2585)

<「国家神道は生きている」と専門家が指摘>
  昨日古い資料を探り当てた。2008年2月11日の朝日新聞の「月曜コラム」である。宗教学者の島薗進・東大教授の小論である。戦後70年も経つと、戦前の軍国主義を支えた「狂気の日本精神」を育んだ国家神道を、正確に読めない・知らない世代も増えている。教育勅語も、である。これに大日本帝国憲法を結びつけると、正に戦前の日本・侵略国家の核心が現れてくるのだが、恐らく若者ら多くの一般人も、外国の日本研究者も気づいていないだろう。筆者も同様であることを発見した。なんと国家神道は、戦後も生きていたのである。それを信仰する、悪しき輩が首相官邸の主となっている。財政破たん国家でありながら、敵対国封じ込めのために、莫大な金銭を諸外国にばらまき、身内には利権を与える不気味な極右政権であることを、見事に裏付けているのである。
続きを読む

jlj001 at 07:06 この記事をクリップ!

2017年04月23日

極右に服従する創立60年の宏池会<本澤二郎の「日本の風景」(2584)

<狂った岸田・宏池会の前途>
 歴史認識で隣国と対立するだけでなく、極右・石原慎太郎が招き寄せた尖閣問題から、南沙諸島問題まで、中国を挑発する露骨な外交政策に安住してきた岸田外相に対して、1972年から宏池会とかかわりを持ってきたジャーナリストとして、残念ながら評価することは出来ない。ひたすら安倍・改憲軍拡路線に盲従してきた岸田は、宏池会創立60年史に泥を塗ったとしか言いようがない。何度も辞表を叩きつける場面があったが、それでも岸田にその勇気・気迫がなかった。それでも、派内から会長交代の声が聞こえなかったことは、この自民党の名門派閥も、素晴らしい伝統を放棄してしまった証拠かもしれない。狂った宏池会の前途に展望を期待できないのが、やはり残念でならない。人物はいないのか。続きを読む

jlj001 at 10:44 この記事をクリップ!

2017年04月22日

神道靖国悪事内閣<本澤二郎の「日本の風景」(2583)

<春の例大祭に大挙参拝>
 4月21日は靖国神社の春の例大祭という、一般人にはわからない神道祭礼が行われたようだ。国際社会の物差しを否定する国民の代表は、相変わらず多い。一体何のためなのか、ほとんどの国民は理解していない。「神風」に傾倒する神道靖国悪事内閣という名称が、春風に乗ってわが耳に届いてきた。悪事をものともせずに強行する極右内閣に睥睨する主権者でいいわけがない。

続きを読む

jlj001 at 07:35 この記事をクリップ!

2017年04月21日

官邸が犯罪の巣!<本澤二郎の「日本の風景」(2582)

<権威の象徴も崩壊>
 民衆の目線で首相官邸を採点すると、どうみても「犯罪の巣のようだ」となるのだが、安倍首相夫妻に何か言い分があるだろうか。あるわけがない。反省と謝罪が、いまだにない。昭惠は国会喚問を要求する国民の声を無視して、逃亡している。安倍は開き直ったままだ。それを官邸の官房長官・秘書官らが必死で支えている。日本の権力・権威の象徴も台無しである。主権者は罷免権の行使へと進む以外に道はなさそうだ。
続きを読む

jlj001 at 06:17 この記事をクリップ!

2017年04月20日

日本新聞協会御中<本澤二郎の「日本の風景」(2581)

<共謀罪黙認は許されない>
 共謀罪の国会審議が始まっている!悪しき権力者にとって、これほど好都合な悪法もないに違いない。極右政権が誕生する日本である。腐敗が、首相夫妻と官邸主導で行われている日本に墜ちてしまってもいる。ここは日弁連に先駆けて、共謀罪の国会提出阻止を、言論の代表機関として、堂々と打ち上げるべきではなかったか。まさか共謀罪について黙認しているとも思えないが、残念ながら筆者は聞かない。日本記者クラブの友人に問うても返事が来ない。これは、やはり心配である。「沈黙は金」でいいわけがない。日本の言論が致命的打撃を受けることが分かりきっている共謀罪に対して、正々堂々と正義の立場を貫く必要があろう。繰り返す、黙認は許されない!
続きを読む

jlj001 at 06:26 この記事をクリップ!

2017年04月19日

日米の北朝鮮撃墜は100%ない!<本澤二郎の「日本の風景」(2580)

<日米右翼に金王朝は最高の贈り物>
 日本国民は戦後70年を経て、大分政治的訓練を受けてきたことから、少しずつ賢くなってきている。沖縄県民にも増えてきている。横須賀にも。昨4月18日のペンス米副大統領と会談した安倍首相である。よほど嬉しかったと見えて、自己のスキャンダルを忘れてしまったのか、帰宅したのは午後10時過ぎだ。賢い目で分析すると、日米の指導者は、改めて北朝鮮の金王朝に対して乾杯したはずだ。春秋の筆法をもってすれば、現在の北朝鮮体制が、日米の好戦的政府にとって、最高の贈り物なのだから。ワシントンが平壌を攻撃・壊滅することはない。ゼロである、とあえて断言したい。続きを読む

jlj001 at 09:52 この記事をクリップ!

2017年04月18日

安倍の大罪<本澤二郎の「日本の風景」(2579)

<疑獄逃亡なるか?>
 後世の歴史家は、安倍・自公内閣をどう記録するであろうか。そのための材料を、公平・公正に提供しておく義務が内外のジャーナリズムに課せられている。首相の疑惑は尋常ではない。森友・加計事件に限って見ても、疑獄事件であることを露呈している。極右首相の歴史認識とも深く関係している特異で、大胆不敵な犯罪である。極め付きの権力乱用事件である。国民は真相解明を強く求めているが、安倍は、妻を必死でかばい、証拠隠滅に狂奔している。安倍の逃亡の行方が注目を集めている。そこに新たな爆弾を落として、煙幕を張っている悪辣な自公内閣である。
続きを読む

jlj001 at 08:04 この記事をクリップ!
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)