2014年08月22日

本澤二郎の「日本の風景」(1731)

<検察よ、どうする?安倍スキャンダル>
 法務・検察が新たな試練を迎えている。安倍スキャンダルが発覚したからである。現役首相のスキャンダルは、政局に圧倒的な影響力を与える。議会の自浄能力も問われる。野党の民主党にとっても力量が問われる。主権者・国民の側からすると、議会と法務・検察の正体を、改めて監視する機会を手にしたことになる。腐敗検察が、安倍スキャンダル捜査にどう対応するか?


<検察は鳩山・小沢のように対応できるか>
 司法試験の難関を突破した面々を多少なりとも信頼してきたジャーナリストも、昨今は「正義の仮面をかぶった腐敗官僚レベル」との思いが強い。最高裁判事にも疑問符がつけられるのだから、日本の司法の地盤沈下は否めない。
 あれほど小沢事件に全力投球した法務・検察である。同じような対応を、安倍スキャンダル捜査に向けられるか?ここは今後の日本政治の行方を決定することになるだけに、ことさら重大な関心を抱く必要があろう。
<総理退陣は脱税事件発覚?>
 小泉首相(当時)の途方もない便宜で首相に就任した安倍だったが、実にあっけなく政権を投げ出した。原因は病と報道された。しかし、違っていたようだ。「週刊現代」の特ダネが決め手となっていた。
 父親からの遺産相続に際して「6億円を申告していなかった」「脱税額約3億円」と報道される、その直前に退陣表明していたのだった。スキャンダルに弱い安倍を印象付けている。
 6億円というと、以前安倍家の金庫番の話を書いた記憶がある。その6億円のことなのだろう。「毎日新聞の国有地払い下げに汗をかいた謝礼であろう」と元国土庁大臣秘書官は、その金庫番から聞いていた。
 既に時効になっているが、国税庁関係者はそれでも「善意の納税」に期待している。どうする?晋ちゃん!
<安倍の資金管理団体を告発>
 共同通信8月18日付の報道によると、ジャーナリスト・大学教授らが安倍の資金管理団体を検察に刑事告発した。関係者の記者会見を報じたもので、既に検察はこの事実から逃れることは出来なくなっている。
 闇に葬ることは出来ない。この時期、安倍はゴルフに興じていたころだった。
 政治資金規正法では、首相時代の鳩山由紀夫も検察にやられて、事実上、支持率低下となって退陣を余儀なくされた。安倍も、同様な法律違反で告発されているのである。当人にとって、これは痛いだろう。
<支持率低下・アベノミクス崩壊・滋賀知事選敗北の後に表面化>
 安倍の支持率は決して高くはない。事実を伝えた上で、市民の声を聞けばせいぜいひとケタ台の支持率のはずだ。「集団的自衛権は、アメリカの戦争に加担する自衛隊を意味しますが、これに賛成しますか」と聞かれて、イエスと回答する国民は一人もいないだろう。
 「消費税に加えて、国保・介護など福祉増税が実施されています。賛成しますか」と聞かれて賛成する国民は数%であろう。原発再稼働に賛成する国民もわずかだろう。
 滋賀県知事選の敗北は、安倍政策に反対する国民が多数であることを証明している。新聞テレビを動員してのアベノミクスの結果、貿易収支は赤字続きで、日本の前途はSOSの深刻な事態に追い込まれてしまった。
 起死回生策はほとんどないに等しい。拉致問題の処理は経済危機を乗り越えようとする北朝鮮が望んでいることであって、それに政権浮揚を期待する安倍内閣が手を差し伸べただけに過ぎない。
 反憲法政策を推進する安倍・自公内閣を、それでも検察は見逃すつもりか。
<東電福島原発事件、徳洲会疑獄から逃げた検察>
 何度でも繰り返し訴える必要があるが、東電福島原発事件捜査に全く目を向けない検察に、世界の検察関係者は驚きをもって受け止めている。中国や韓国でも考えられない捜査当局の対応である。
 さらに言うと、戦後疑獄事件で最大級と見られている徳洲会疑獄事件捜査にも、検察の正義を貫く姿勢を見せていない。逮捕第1号に掲げた徳田虎雄には手をつけず、雑魚で処理して幕引きを図っている。
 不思議千万なことは、これが議会で取り上げられていない。100億円使途不明金捜査にひるむ検察でいいのか。納税者は怒っている。
<汚名返上の好機>
 日本の検察は優秀な捜査機関と吹聴されてきたが、これは嘘である。田中角栄逮捕は、ワシントンの陰謀事件に付き合わされた検察だった。巨悪の中曽根、徳洲会疑獄の石原を検察は自由にさせたままである。
 世耕の祖父も関係した、敗戦直後の隠退蔵物資摘発捜査班の検事は、摘発に努力していた中野四郎議員のもとに大金を持参、なんとか摘発を止めてください、と陳情してきた。この捜査班がのちの東京地検特捜部である。
 問題検事は「後の検事総長である」と中野四郎秘書が証言している。
<憲法違反首相に遠慮不要が世論>

 さて、どうする検察庁?検事総長が誰か知らないが、国民奉仕の検察、血税で生きている検察というのであれば、遠慮することはない。安倍スキャンダルにメスを入れよ、これは天の声である。
2014年8月22日記


jlj001 at 08:47 この記事をクリップ!
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)