2017年04月13日

安倍・加計爆弾さく裂<本澤二郎の「日本の風景」(2574)

<森友国有地払下げ事件どころではない>
 4月12日にネットをいじくりまわしていると、懐かしい顔が現れた。北村直人である。彼の地元に行って講演したことがある。温泉もあった。夫唱婦随のような鶴もいた。彼は衆院議員を6期勤めていたことを、ネットで確認できた。彼が安倍・加計学園の一大スキャンダルを、ものの見事に暴いてくれていた。国家戦略特区なる、聞きなれない言葉が、少しだけ記憶から蘇ってきたが、安倍晋三は権力乱用の売国的犯罪者ではないか。加計学園スキャンダルは、大阪の森友学園事件どころではない。加計とかいう安倍の友達は、教育の世界で利権アサリの天才なのだ。安倍の汚れ役が今井とかいう秘書官である。今井は東芝の原発利権にも関与している。



<今治市36億、銚子市92億円とけた違い>
 国家戦略特区は、加計学園利権そのものである。今治市から36億円相当の土地を手に入れ、そこに獣医学部を設置しようと画策していた。どっこい、そこで日本獣医師会と衝突、内部から安倍・加計スキャンダルが露見してしまったようだ。
 安倍・加計の餌食にされた市は、愛媛県の今治市だけではなかった。なんとわが千葉県も腐蝕していた。初めて千葉科学大学なる学校の存在を知った。開校10周年に安倍が首相として式辞を述べていたのである。2014年5月だ。
 安倍4人組は、金貸しらと一緒に記念写真まで撮って、それがネットに流布している。遅ればせながら、筆者も安倍夫妻の壮大なる腐敗の連鎖に驚嘆するほかない。
 ソウル検察のような日本の検察であれば、夫妻ともども獄門にさらされているところだろう。

 銚子市は92億円の補助金を出した、という、これも途方もない大事件である。銚子を選挙区にする政治屋もかんでのことだろうが、同市は夕張市に次ぐ破たん自治体というおまけもついているらしい。
<「安倍は本当に日本の首相か」>
 「こいつは本当に日本の首相なのか」、事情を知った日本人であれば、怒髪天を衝く思いに駆られる場面である。
 国有地をタダ同然で払い下げる、発覚すると、そんな人は知らない、会ったこともないと全面否定でやり過ごそうとする。「嘘をつけば何でも乗り切れる」と信じる、極め付きの腐敗首相であることを、自らさらけ出している。
 これほどの悪辣な日本のリーダーが、ほかにいたであろうか。A級戦犯の岸信介でも、これほどひどくはなかったであろう。安倍の場合は、余りにも、手段が大胆不敵すぎる。背景は選挙に強い、3分の2を確保している、という幻想に駆られているのであろう。

 北海道新聞がややまともな世論調査を実施、これが注目を集めている。安倍内閣不支持50%、支持46%。支持46%も怪しいものだ。識字率の高い日本である。1%が支持するのはわかるが、99%のほとんどが、この不正を知れば、NOのはずである。
<それでもNHK・読売は安倍広報なのか>
 確かに一部の国民が、安倍支持に傾いていることは、認識できる。それは安倍の為すことすべてを、批判せずに肯定的に報道するNHKと読売メディアのお陰である。
 政治無関心派は、政府広報メディアに世論誘導されがちだ。いうところの売国メディアの存在が、日本政治を危うくさせている。それは朝日新聞にまで及んでいる。

 先日、朝日新聞OBに電話すると、彼は「日本は落ちるところまで落ちる」と嘆くだけでなく、古巣について「新潮や文春にも劣ってしまった」と断罪したものだ。「東京新聞がややまともだ」というので、彼に「日刊ゲンダイはもっとまとも。今では中国メディアの特派員も読んでいる」と教えた。
<北村直人・日本獣医師会顧問が証明>
 正直なところ、加計学園の安倍とのスキャンダルに関心が薄かった。というよりも、森友学園事件のことで頭がいっぱいだった。この大事件についての籠池証言と、全面否定する安倍と、逃げる昭惠のことに翻弄されてきた。

 昨日は、衆院社労委員会で森友事件を質問した民進党議員に自民党が激昂して、審議法案を強行採決してしまった。このことは安倍事件は、安倍スキャンダルから、そっくり自民党スキャンダルへと拡大している証拠である。
 森友関連を追及すると、それだけで安倍の持病を悪化させ、自民党を痛めつけることが可能なのだ。ことほど、国民の関心が強く、この事件は国内どころか国際問題にまで波及しているためでもある。

 そこに新たな爆弾がさく裂した。北村爆弾はもっと強烈である。彼は仕事柄、心はきれいだ。その分、加計学園スキャンダルを真正面から見据えている。安倍の指令で蠢く今井の犯罪的行政を見逃すことはしない。
 一連の事件は安倍事件である。安倍は本当に悪い。加計スキャンダルが、大きく報道されるようになると、もはや安倍どころか、自民党も公明党も吹っ飛んでしまうかもしれない。これは脅しではない。
2017年4月13日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)
 

jlj001 at 07:18 この記事をクリップ!
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)