かえんだん

校内放送「完全下校時刻です。生徒の皆さんは…」

朱里「」ビクッ

朱里「もうそげな時間か…」

朱里(掃除して帰らんと)

ガラガラ

煌「」ゴシゴシ

朱里「は、花田先輩!どうしたんですか?」

煌「あら友清さん」

朱里「1年生はどこに行ったんですか!?こんな、先輩を一人で掃除させるなんて!」

煌「あ、いえこれは」

朱里「上下関係ちゅうもんがなってなか!私も1年やけど!」

煌「あの、私が好きでやってることでして」

朱里「…部室の掃除を好きでやられるお方がおるとですか…」

煌「感謝の気持ちで1日を終えると、明日もいい1日が来る気がしませんか?」

煌「だから部室や牌を掃除するんですよ」スバラッ

朱里「もう並の女子高生やなかですね花田先輩は」

煌「並って(笑)」

朱里「そんな徳の深いこと言ってみたいものです」ウンウン

煌「そんなにいいことは言ってませんよ…?」

朱里「ばってん、頼んでくだされば私がやっておくのに…」

煌「いやいや、1人でも大丈夫ですから」

朱里「いえ、明日からは私が!先輩の分の気持ちも込めて頑張ります!」

煌「え、あの」

朱里「明日、お帰りのときに声かけてくださいね!その後やっておきます!」フンス

煌(…真面目ないい子ですね…)アハハ…

煌「私もどうせ最後でしょうから、2人でやっていくのはどうでしょう?何というか、ルーティーンのような形になっているんですよ、この掃除」

朱里「そ、そうでしたか、それなら無理にお帰りいただくのも良くないですね…」

朱里「先輩のお力になれるように頑張りますね」

煌「ありがとうございます」ニッコリ

朱里「ところで今日は?」

煌「あ、もう終わったところです」

朱里「それだったら一緒に寮に戻りましょう!」

煌「すばらっ!後輩と帰るなんて久しぶりです」

朱里「鍵、返してきますか?」

煌「そうですね、戸締りチェックして、職員室に行きましょうか」



朱里「いつから部室の掃除されてたんですか?」

煌「うーん、中学の時にはもうやってましたかね」

朱里「こ、こないだまで中学生でしたけど、自主的に掃除なんてしたことなか…」

朱里「やっぱり先輩って、仏様…」

煌「そんな、大げさですよ」

朱里「でもでも、人間ができてるというか!とにかくすごいですよ!」

朱里「プロ相手でもひるまず戦うし、勉強もできるし!ソンケーですっ」

朱里「…ボキャ貧ですみません…」

煌「じゅ、十分すぎますよ。褒められなれてないので照れますね…」

朱里「これだけ毎日やってたら、何かいいことありそうですけど」

煌「どうでしょうか…。おかげさまで毎日楽しいですけどね」

朱里「…深みがあるコメント」

煌「ないですよ(笑)」

朱里「やっぱり、自分のお部屋もきれいになさってるんです?」

煌「まめに掃除するようにはしてますねぇ。心の乱れにつながるらしいですから」

朱里「そ、そうなんですね…」

煌「友清さんは」

朱里「」ダラダラ

煌「…カラーボックス、お貸ししましょうか?」

朱里「違うんですよ!やろうと思えばきっとできるんです!ただご飯食べてスマホ見てたら寝ちゃうし、休みの日は遊びに行くし…」

煌「その感じだといつ勉強してるんでしょう…」

朱里「…ぼちぼちやってますよ!」

煌「変な間がありましたが…」




~翌日朝~

朱里「眠い…」フワァ

朱里(今日の朝ごはんはなんやったか…。焼いたシャケがよか…)

朱里「おはようございますー」

煌「あら友清さん、珍しく1番ですね!おはようございます」ペコリ

朱里「へ?はなだ先輩なんで?」

煌「朝からしっかり動くと、スイッチが切り替わりますからね!」

朱里「…もしかして、朝の支度のお手伝いを?」

煌「机の水拭きとか、配膳の準備とかですけどね!」

朱里「」ガーン

朱里(こ、ここまでとは思わんかった… 立派すぎて、何も言えなか…)

朱里「すみませんでした!」

煌「な、何にですか?」

朱里「放課後だけならまだしも早朝まで私たちの縁の下を力持ってもらって…」

煌(力持つ…?)

朱里「明日は私がやります!やらせてください!先輩は最後の方でゆっくり起きてきてくださいね!」

煌「は、はぁ…」

朱里「先輩が朝のんびりできるよう努力します!」

煌「そ、そうですか…」

煌(圧倒されてしまった… 大丈夫でしょうか、5時起きですけど…)




~翌朝5時~

ピピピッ ピピピtゥ

朱里「うるさい」バシッ

シーン

朱里「」ガバッ

朱里「食堂の準備せんといかんかった…」


朱里「ね、ねむすぎる…まだ太陽も出とらんし…」

朱里(とりあえず、水拭きと、掃き掃除と、お箸…)

朱里(毎朝こんなんやったら死んでしまう…花田先輩はすごか…)

ガチャ

煌「おはようございます!どんな調子で…」

朱里「zzz」

煌「ふふ、お疲れ様でした」

煌「焼き魚の匂いがしてくれば目も覚めますかね」

煌「いい後輩に恵まれたものです。すばらでした、友清さん!」




~放課後~

朱里「ほとんどの授業寝てしまいました…」

朱里「これを毎日はできなさそうなので、花田先輩にお返ししますね」

煌「そ、そうですか」

テレビ「仲の良いチームというのは、コミュニケーションが多く…」

淡「へー」モグモグ

淡「これは使えますな」ニヤリ


~翌日~

菫「」スタスタ

淡「お、スミレ先輩ー!」ドタドタ

菫「廊下を走るんじゃない」

淡「いや、先輩を見つけたらつい」

菫「何か用か?」

淡「いえ、挨拶しただけです!では!」タタタ

菫「何なんだ」



淡「スミレせんぱーい!」

菫「またか!」

淡「寮の掃除当番表持ってますか?なくしちゃったんですけど…」

菫「持ってるが…部活の時じゃダメなのか?」

淡「あ、それでもいいです!じゃあまた放課後!」タタタ

菫「…」



淡「スーミーレせんぱ」

菫「-っ」タタタ

菫「頼むから1日に何度も呼ばないでくれ!1度で済まないのか用事は!?」ヒソヒソ

淡「だってーコミュニケーションで仲良くなんですもん」

菫「何言ってるかさっぱりだが…。もうちょっとこう、距離感をだな…」

淡「はえ」

菫「あの、同級生の目もあるからだな」

クラスメイトA「弘世さんにずっと駆け寄ってって、妹みたいね」クスクス

クラスメイトB「仲いいんだねえ」クスクス

菫「と、とにかく、会話したいなら部活中でも放課後でも構ってやるから!」

淡「はーい」チェッ



淡「スミレ先輩はまんざらでもない、と」

淡「次は違う学年に行こう!」タタタ



淡「タカミー!」

尭深「あ、淡ちゃん、こんにちは」

淡「こんちは!」

尭深「何かあった?」

淡「ううん、見つけたからあいさつした!」

尭深「そっか、偉いね」ナデナデ

淡「ふふん、そうでしょ」



淡「ターカミー!!」

尭深「また会ったね。今度は何かな」

淡「お菓子ちょーだい!」

尭深「お菓子…」ゴソゴソ

尭深「今は飴しかないけど…いい?」

淡「わーい、ありがとー!」



尭深「」ドクショチュウ

ガラガラ

淡「タカミせんぱーい!」

尭深「」ビクッ

尭深「あ、淡ちゃん、はるばる教室まで…また何かあった?」

淡「あのね、スマホの電池ないから充電器貸して欲しいんだけど…」

尭深「あっ、私全然使わないから充電器とか持ってないんだ…ごめんね」

淡「そっか。じゃあ他を当たるね!ばいばい」ノシ

ガラガラ

尭深「…」

尭深(今日はたくさん話しかけてくれるなぁ…)



淡「タカミーは優しい、と」

淡「次は亦野先輩行ってみよう!」



誠子「いや、今日雨予報だったよ…」

クラスメイトC「まじかー」

淡「亦野先輩っ!」

誠子「おー、大星。どうした?」

淡「こんにちは!!」

誠子「え、こ、こんにちは」

淡「じゃっ」タタタ

誠子「…あいさつだけかよ!」

クラスメイトC「礼儀正しいんだね」

誠子「いや、何か裏がある気がする」

クラスメイトC「そう?」

誠子「礼儀正しさの真逆をいくヤツだから」




淡「まーたーの先輩!!」

誠子「…また会ったな」

淡「今日帰り雨らしいじゃないですか?」

誠子「え?ああ、らしいね」

淡「傘持ってたら貸してくれませんか?」

誠子「いや、折り畳み1本しかないから無理」

淡「じゃあ途中まで入れてあげますから、貸して?」

誠子「意味わかんねーよ!提案するのそれ私の側だろ!」

淡「それもそうですね」ケロッ

淡「じゃあまた放課後!」

誠子「…」




淡「亦野先輩亦野先輩!!」

誠子「ゴホッゲホッ、食べてる後ろから声かけるな!」

淡「ぼっち飯ですか?」

誠子「違うわ!途中まで一緒に食べてた子が先に帰ったんだよ、部活の用事で」

淡「へー」ストン

誠子「…なぜ対面に座る」

淡「寂しそうだから、私とコミュニケーションしながら食べましょう!」

誠子「え」

淡「山手線ゲーム!!お題は…先生の名前!」パンパン

誠子「食べてるのにできるか!」




淡「亦野先輩、ノリ悪し、と」

淡「最後はおおとりだ!」



淡「テルー!」

照「淡、どうかした?」

淡「ご機嫌いかが?」

照「え、元気だけど」

淡「それは何より。じゃ!」タタタ

照「」ポツン



淡「あ、テルー!」

照「」ビクッ

照「大声出さないで、聞こえてる」

淡「ごめんごめん」

照「何かあった?」

淡「今日の校内戦、一緒にやろ!予約しに来た!」

照「いいけど、そういうのは部長が決めるからわかんないよ?」

淡「そうなの?」

照「入部してまあまあ経つけど知らなかった?」

淡「うん、決まった状態のものしか見てなかった」アハハ

照「そう…」

淡「じゃーしょうがないね!またね!」タタタ

照「??」




淡「テルー!!!」ダキッ

照「」ヨロケ

淡「お菓子もらいに来た!」

照「淡」

淡「なーに?」

照「人にはね、パーソナルスペースっていうのがあってね」

照「時と場合で人との距離を考えなきゃいけないんだよ」

照「ここ、3年の廊下で、淡は1年生だから」

照「いい距離感って、これじゃないよね?」ゴゴゴ

淡「お、怒ってる…?」

照「怒ってないよ。お勉強してもらいたいの」ゴゴゴ

淡「怒ってるじゃーん!ごめんなさーい!」ダダダ




淡「て、テルーは一人が好き、と。危なかった…」





~放課後~

淡「…というわけで、いろいろ話しかけに行ってみました」ドヤ

菫「よくまあくだらないことを思いつく…」

誠子「すーぐテレビの真似をするんだ」チョップ

淡「あいた!で、でも悪いことじゃな」

照「もう1回、教えてあげようか?」

淡「ごめんなさい」

尭深「まあ、仲良くなりたいっていうのはいいことかと…」

淡「ね、ね!そうだよね!タカミーわかってるっ」

誠子「尭深は優しいなー」

菫「だからな、部活中ならいいんだ、対局中以外」

誠子「あとは部活終わりですね」

淡「! じゃー今日ファミレス行きましょう!ジョナサン!」

尭深「いいけど、何を話すの?」

淡「…」

淡「マジカルバナナしに」

照「電話でできるよ」

菫「電話してまでマジカルバナナはしたくないが」

白望「眠…ダル…」ゴロン

豊音「おはよー…ってあれ」

豊音「シロはまだねぼすけさんかな?」

白望「起きてるよ」

豊音「体は寝てるよー」

白望「朝からそんな元気になれない…」

豊音「いい天気なのにー」

白望「どうせまだ来ないでしょ、もうちょっと寝る」ゴロン

豊音「えー、何かしようよー」

白望「むり」

豊音「じゃあー、私も横になって待ってよっと」ゴロン

白望「え」

豊音「だる…」

白望「真似したね?」

豊音「えへへー」

胡桃「おはようございま…何してんの?」

豊音「シロが遊んでくれないからシロの真似してる」

胡桃「何、カギは開けられたのに待ってられなかったの、シロ?」

白望「私に朝の鍵当番をさせるとこうなるよ」

胡桃「いや起きてようよ、しわになるよ、制服」

白望「あ゙ー」

胡桃「まったく…」

胡桃「! ちょうど真ん中空いてる!」

豊音「胡桃ちゃんも来る?」ユカトントン

胡桃「寝かしつけるお母さんみたいな動きはおかしいね」

胡桃「どうせこんなんじゃ何もできないしね…よっこいしょ」

白望「しわになるよ」

胡桃「寝相いいから、シロと違って」

白望「そう…」




塞「ごめん遅れて…って」

白望「」zzz  胡桃「」zzz  豊音「」zzz

エイ「ネテル!」

塞「丁寧に毛布まで敷いて、ガチ寝じゃん…」

塞「ふふ、しかも川の字」

エイ「カワノジ?river?」

塞「そうそう。リバーは漢字で、あ、ちょっとボード借りるね」



塞「こう書くの」

エイ「! コレガ、シロ!」

塞「そうだね」

エイ「コレガクルミ、コレガトヨネ」

塞「まんまでしょ」

エイ「」コクコク

塞「家族で寝るときに使うたとえなんだけどね。えーっと…レトリック?」

エイ「ナルホド」

エイ「シロガ、オカアサン?トヨネ、オトウサン?」

塞「見た目的にはそうだね。でも中身は逆だわ…」

エイ「クルミハ、コドモ」

塞「断定してきたね(笑) まあそこは揺るがないね」

塞「写真撮っとこ」カシャ

塞「エイちゃんにも後であげるね」

エイ「カワイイシャシン!」

塞「…胡桃が子ども役だっていうのは言っちゃダメだよ」

エイ「ドウシテ?」

塞「怒るから」

このページのトップヘ