ドタドタ

小蒔「トモえも~ん!」

巴「どうしたの小蒔ちゃん」

小蒔「初美ちゃんが新しいゲームを買ったのに」

初美『悪いね小蒔ちゃん、このゲームは3人用なんですよー』

小蒔「って言って仲間外れにしたんです!」

巴「それで?」

小蒔「新しいゲーム出してくださーい!」

巴「そんなことじゃないかなあと思ってたよ」

巴「外で遊べばいいんじゃないかな」

小蒔「運動苦手だから嫌です…」

巴「じゃあ勉強」

小蒔「嫌です」

巴「即答だね」

小蒔「勉強を喜んでやる人なんかいませんよ!いいから出してくださいー」ユッサユッサ

巴「あー分かった、分かったよ…」ゴソゴソ

テッテレー↑

巴「全自動麻雀卓~」

小蒔「…声がちょっと違います」

巴「何か?」

小蒔「いえ。これは?」

巴「麻雀っていう遊びで使う道具だよ。4人でやるんだ」

小蒔「今2人しかいないじゃないですか!トモえもんはおっちょこちょいですねえ」

巴「あとで初美ちゃんやら霞ちゃんやら呼んでやったらいいよ。できるって言ってたし」

巴「まあ詳しいことはこのガイドさんに聞きながらやってみて」

和ロボ「小蒔さん、お手伝いします。頑張りましょうね」

小蒔「かわいいロボットですね」

巴「私はどら焼き買ってくるから、壊さないように遊んでていいよー。それじゃあ」タケコプター

小蒔「…行っちゃった」

小蒔「……この白いのって、失くした時の予備なんですか?」

和ロボ「それもゲームで使いますよ。まずは基本から………」




巴「ふう、ただいま。特売で30個も買えちゃっ…」

小蒔「あ、と、トモえもんおかえりなさい…」

全自動麻雀卓「」チーン

巴「壊さないでって言ったじゃん!」

小蒔「普通にやってました!そしたら急に壊れちゃったんです!」

巴「ガイドロボは?」

和ロボ「SOASOA」

巴「ええ…」

小蒔「普通にやってたんですが…」ゴゴゴゴゴ