小蒔「霞ちゃんはお母さんですね!」

春「うん」

霞「ちょっと待って、少しは別の意見も出してほしいのだけれど」

初美「母性の塊だからしょうがないですー」

霞「ほら、でも巴ちゃんだっていろいろお母さんっぽいところあるわよ?」

巴「ホントはお母さんポジション狙っていたんですが…。霞さんには勝てません」

霞「絶対狙ってなかったでしょ」

小蒔「巴ちゃんはお父さんです」

巴「え」

春「その心は?」

小蒔「しっかり者だからです!会社で働いていても不思議ではありません!」

巴「そ、そんなに年上に見えます?」

霞「…ようこそこちら側へ」ウフフ…

巴「……大人びて見えすぎるのも考え物だってことが今ようやくわかりました、すみません」

初美「いやいや、だから老けて見える、ってことにはならないですよー。それに」

小蒔「初美ちゃんは妹ですね」

初美「……幼く見えすぎてもこうなります」

霞「…一概にどちらがいい、ってことはないみたいね…」

春「私は…?」

小蒔「そうですねえ。一番難しい所です」

3年(私たちは簡単に決められたってことか…)

小蒔「やっぱり妹でしょうか。私が長女で」

春「私は姫様の方が下に見えると思います」

小蒔「む!私の方がお姉さんですよ!」

春「無邪気さというかあっけらかんとしているというか、そういうところは妹っぽいような」

巴「あー何となく分かるかも」

初美「寡黙すぎる気もしますけどー、はるるは落ち着いてるからお姉ちゃんが合うかもしれませんねー」

小蒔「私、落ち着きがないですか…」シュン

霞「そういうことじゃないのよ?」

巴「結局、」

父 私
母 霞さん
長女 はるる
次女 姫様
三女 はっちゃん

巴「こういうことですかね」

初美「じゃあ私も次女がいいですよー!姫様が末っ子で!」

春「それは違う…」

小蒔「そこはこのままでいいと思いますっ」

初美「えー……」