春「どうしてこの黒糖を食べてはいけないことがあろうか?いや、ない」

春「」ポリッポリ

小蒔「反語ですか」

春「最近習ったので」

小蒔「どこか面白いですよね、反語」

春「反語は面白くないのだろうか、いや、面白い」

小蒔「でももうお夕飯の時間になりますから、黒糖はダメですよ」

春「夕飯はすぐだろうか、いや、まだ先だ」ポリポリ

小蒔「むう。もうすぐですよ!」

春「姫様は証拠を示せるだろうか、いや、示すことはできない」

小蒔「それじゃあ巴ちゃん呼んできます!」スタスタ

春「ま、待ってください、ごめんなさい」

小蒔「お夕飯近いのが分かってるのにハルが黒糖をやめないって言っちゃいます」

春「ああ…」

小蒔「…冗談ですよ♪」

小蒔「どうして仲間を売ることがあろうか、いや、ない  です!」

春「」ホッ

小蒔「そのかわり後で宿題を手伝ってもらいたいです」

春「それは姫様のためになるだろうか、いや、ならない。 ので、お断りします」ペッコリン

小蒔「むう」