~IH会場~

爽「腹減ったな~」

爽「ていうかみんな私を置いて迷子になるとか情けないったらないな!」

爽「もう高校生にもなるんだからしっかりしてくれよー」フフン

爽「さて…」

爽「ここどこだ」



仁美「東京はええね。あちこちにジュースショップがあっけんね」チュー

仁美「これで今日も頑張れる」



爽「うぅ…。お腹がすいて力が出ない」

爽「こういうときは歌を歌おう!」


仁美「ん?前から人が来る?」チュー


爽「ジン、ジン、ジンギスカーン♪」

仁美「!?」

爽「エーラチャホーラチャエーラチャフンフンフンフン」

仁美(なしけんこん人は私の前でジンギスカンば唄っちいるん?)

仁美(羊に見えとるんちゃろうか…)

爽「やっぱ獅子原だしー、肉が食べたいよねー」チラッ

爽「…」

爽「ジン、ジン、ジンギスカーン♪」

仁美「!!??」

仁美(今こっち見た!飢えた肉食獣のごたる目で見とった!)※江崎ビジョン

仁美(やっぱり私を見てジンギスカンば唄っちいたんだ!)アワワ

仁美(狙われとる!)カタカタ

仁美「い、命だけは勘弁しちゃってん!」スタタタ…

爽「はい?何が?」

爽「……変な髪型だったなあ。湿気でくるくるしてんのかな?」

爽「あーさっきの人見てたら喉も渇いてきちゃったぞ」

爽「ちかー、ゆあんー、なるかー…は頼りにならないからいいや。ユキー、早く見つけてくれー。そして食べ物をくれー…」





~新道寺女子控え室~

美子「仁美ちゃん?どげんしたと?汗びっしょり」

仁美「いや、食われそうになって」

姫子「なんと!」

煌「何でちょっと食い気味なの姫子」