~朝~

憧「あっつい…あー…」

穏乃「おっはよー憧!」

憧「アンタ元気ねえ」

穏乃「暖かくなってきたら動きやすいよ!」ムン

憧「暖かくないし暑いし!宥姉じゃないんだから」

穏乃「えー。夏こそ走りたくならない?」

憧「なりません」

穏乃「そっかー…。気持ちいいよー?」

憧「年中走ってるくせにそんな」

穏乃「まだまだだね憧は!」

憧「あー…」

憧(熱血キャラがいると気温が上がる気がするわ)


~放課後~

穏乃「こんにちは!今日も練習頑張りましょう!!」ガチャッ

灼「元気だね穏乃は」

穏乃「灼さん元気ないですね?」

灼「暑くてバテた」

穏乃「空元気でも元気出しましょう!!」ウオー

灼「熱…」

憧「熱血バカが近くにいると気温上がった気がしません?」

灼「ん…。何となく分かるかも…」

穏乃「バカとは何だよー!」

灼「大声出さないで…」

玄「こんにちはー」

宥「こんにちはぁ」

憧「はいはいー」

穏乃「玄さん宥さん、こんにちは!!」

玄「穏乃ちゃん、元気だね!」

穏乃「暑くなってくると体の調子いいんですよ!」

玄「熱血だー」

憧「だからシズの周りにいると暑くなる、って話をしてたのよ」

玄「ふふ、和ちゃんはありえませんって言いそうだね」

宥「うーん。でも穏乃ちゃんの周り暖かいと思うよ?」

穏乃「ホントですか!?」

宥「あ、またちょっと暖かくなったかも♪」

穏乃「もっと頑張って発熱しますよ!うおおおお!!」

憧「せんでいい!」

灼「宥さんは温度計なの?」