初美「あなたはだんだん眠くなるー」

霞「…」

初美「あなたはだんだん眠くなるー」

霞「…」

初美「…どうですか?」

霞「全然眠くならないけれど」

初美「ダメダメじゃないですかー…」

霞「ぴゅあな心がないときっとダメなのね。私たち大人になりすぎたのよ」

初美「高3がそれを言いますかー」

小蒔「」トテトテ

霞「小蒔ちゃんにやってみてごらんなさいな」

初美「…あー」

小蒔「呼ばれましたか!?」

初美「姫様ー?」

小蒔「はい」

初美「この5円玉、じーっと見ててくださいね」

小蒔「何でしょう、分かりました」ジッ

初美「あなたはだんだん眠くなるー」

小蒔「zzz」コテーン

初美「…早すぎるというか、もう催眠術でも何でもないと思う」

霞「小蒔ちゃーん起きてー」

小蒔「…うぅ、いつの間に寝ていたのでしょう」

初美「もう一度5円玉を見ててくださいねー」

小蒔「んー」ジッ

初美「あなたはだんだん腕立て伏せしたくなるー」

小蒔「」スクッ

初美「おお」

小蒔「ふっ………」

霞「ホントに腕立て伏せを始めたわ」

小蒔「…うっ」ビタン

初美「残念!体力が足りなかった!」