恭子「模試とはいえ緊張するなあ」

由子「きょーこは頭ええやん」

恭子「そんなことあらへんよ。普通や普通」

由子「まあ妙に意識するのはあるかもしれんねー」

恭子「そうやろ?」

洋榎「そんなもんさっさと終わらせて部活行こうや~」

恭子「アンタかてちゃんとやらな怒られるで」

洋榎「うーんまぁな…。これで成績出るわけやないのに厳しいわ」

由子「ぼちぼち頑張ろ~」



~日本史B~

洋榎(…さっぱり分からんな)

洋榎(藤原さん苗字変えてくれな誰が誰だか分からへんで)

洋榎(しゃーない、5角鉛筆使おか)コロコロ

洋榎(…2)ヌリヌリ

………

洋榎(一応全部埋めたな。…アレ?)

12221224433224

洋榎(マークの番号寄りすぎちゃう?こんな同じ番号続くか?)

洋榎(…いい感じに変えたろ)ケシケシヌリヌリ

13251454123254

洋榎(うん、ええ感じに散らばった)




キーンコーン

洋榎「っし終わった終わった、洋榎ちゃんは部活に行くで~」スタコラ

恭子「どうやった?」

洋榎「どうもこうも、考えてもわからんのばっかやしカンでやったわ」

由子「さすがというか何というか…」

洋榎「国語と数学はちっとは抗ったけどな」

恭子「全部抗わんかい」

洋榎「マークが偏ってたから適度に散らせたわ」

恭子「どういうこと?」

洋榎「12223222みたいになっとったから、1353…とかそんな感じに」

由子「根拠ないのよー」

洋榎「その元のマークも鉛筆で転がして決めたからな(笑)」

恭子「テスト受けに来とらんなもう…」




~数か月後~

洋榎「結果返って来たで~」

恭子「どうやった?」

洋榎「…日本史82点やった」

恭子「嘘やん!?」

洋榎「運も実力の内?」

恭子「ウチと8点差なんが何か腑に落ちんわ」

洋榎「うらやましい?」

恭子「べっつにー」

由子「きょーこ拗ねちゃったのよー」

恭子「拗ねてへん!」