http://blog.livedoor.jp/jlmnag/archives/44582463.html←これの続き

ミーンミンミンミンミー

~AM7:30~

白望「…あっつ」

白望「」エアコンセンプウキツケル

白望「今日何度…」ポチ

最高 33℃ 最低 21℃

白望「…これ出掛けちゃダメな日だ」

白望「ここでこの気温はダメだ」



~AM10:30~

白望「」←寝ながら単語帳を見てる

ブーッ ブーッ ブーッ

白望「?」

白望「何?」

塞『何?じゃない!何で今日学校にいないの!?』

白望「暑いから出られない」

塞『補習あるでしょうが!数Ⅱの!』

白望「あー…あったね」

塞『あったねって…。別に強制じゃないけどさぁ…』

塞『午後は来る?』

白望「行かないよ。午後の方が暑いし」

塞『』イラッ

塞『そんな自堕落なのに私より成績いい小瀬川さんに勉強教わろうって、豊音と約束してましたよね?今日の補習後!お昼3人で食べて!!』

白望(何か火付けちゃったかも)

白望「…ごめん、忘れてた。行くよ」

塞『全くっ!お昼は?』

白望「うーん…。食べてから行く…」

塞『ちゃんと食べてから来なさいよ?エネルギー不足で道端で倒れられても助けらんないから!』

白望「あー」

塞『生返事だなぁもう…。じゃあよろしくね?13時くらいにはいてよ?』

白望「はい」


白望「…」カーテンアケル

太陽「燦々!」

白望「…ダル」



~PM 13:12~

豊音「あ、来たー!」フリフリ

白望「」フラフラ

豊音「よく辿り着けたねっ」

白望「勉強する体力もうない…帰りたい…」

豊音「教えてもらいたいのにー」

塞「こんなんで勉強できるんだから不思議だわ~」

豊音「能あるシロは家にこもる、だねー」

白望「学校行かないで家でレポートだけ書いて進級したい」

塞「そんな甘いわけないでしょ大学が!…見たことないけど」

豊音「大学も頑張って授業出なきゃだよー。っていうかまずその勉強!しろせんせー!」

白望「暗殺教室みたいな呼び方するね」

豊音「終わったらアイスでお給料出すから、頑張ろ!」

白望「…約束忘れててもお給料出るんだ。ホワイト」

塞「そこはまあ、教えてもらうわけだしね」

白望「…」

塞「二度目はないから」

白望「まだ何も言ってない…」