佳織「私たち、文化部でしょう?」

睦月「うむ」

佳織「しかも体力づくりしない」

睦月「吹部とかみたくね」

佳織「だから太っちゃって~!」

ゆみ「見た目では全然分からないが…」

佳織「いつも会ってるからですよーそれー!」

ゆみ「そ、そういうものか…」

智美「しかも何かつまみつつ部活できちゃうからな~」

佳織「そう、お菓子禁止しようと思って!」グッ

桃子「強い意志を感じるっす。とはいえおやつをやめても、運動してないことには変わりないっすね」

佳織「桃子さん!」

桃子「こっちっすね。先輩の横」ユラァ

佳織「えっ、あ、ごめんね…」

桃子「いえいえ」

佳織「で、でもそうなんだよね、体育の時間だけじゃ効果ないし」

智美「ジムに行くとか」

佳織「そんなにリッチなことできないから!」



~モモ自宅~

桃子「」ゴロゴロ

桃子「秋限定のお菓子もいいもんっすね」モグモグ

<お風呂入っちゃいなさーい!

桃子「分かったー」


桃子「…」

体重計「」

桃子(太っちゃった、かぁ…)

桃子「」ギシッ

体重計「○×kg」

桃子「な!そんなに重くないっすよ!間違いっす!」

体重計「○×kg」 体重計「○×kg」

桃子「…」

桃子「」←脱いだ服着なおす

桃子「…ちょっとランニングに行ってきます」

<え、今から!?お風呂は!?

桃子「後で入る!」

桃子「あ、暗いし、反射材持ってこう」

………


~翌日~

睦月「昨日幽霊が出たって」

佳織「も、もう…夏はもう終わったよ?」

睦月「夜道に緑色の光が浮いて出たって」

佳織「ひい~っ!!」

睦月「そのままゆらゆら通ってったみたい」

佳織「出くわしたらどうしよう…魂抜かれる…」

桃子「何の話っす?」

睦月「いや、昨日夜に緑色に光る物体を見たっていう話があってさ」

桃子「ユーレイなんていないっすよ~。かおりん先輩安心してください」

佳織「でもぉ」

桃子「信じてる人のところには分からないっすけどね」フフフ

佳織「ひいっ!!!」



~モモ自宅~

桃子「さて、継続が大事ということで」

桃子「今日もちょっと走ってくるから~!」

<何で急にランニング?

桃子「乙女の事情!」

桃子(…ただ走るのも退屈だし、音楽聞きながら走ろう)

………



~さらに翌日~

智美「昨日の幽霊がまた出たのかー?」

佳織「」ガクガク

睦月「うむ。今度は声も聞こえたらしいです。というか歌?」

智美「へー」

睦月「聞いた人の感じでは、『くっじけずーに頑張りまーしょう』っていう歌だったそうで」

佳織「頑張れないよぉ」

桃子「ん、また昨日の話っすか」

智美「ワハハ、今度は歌う幽霊だそうだ」

桃子「ふふ、随分陽気なユーレイっすね」

佳織「やっぱり幽霊はいるんだよ~」

桃子「着信音かなんかじゃないっすか?歌うユーレイなんて…」



~モモ自宅~

桃子「2日だけど、体重は」

体重計「○○kg」

桃子「あんまり減ってなーい!」ガーン

桃子「今日も行くっすよ…」


タッタッタッ

桃子「あおいいなづまがーぼくをせーめーるー」

桃子「こころ、からだ、やきつーくーすー」

桃子「ゲッチュー!」

??「うわああ!!!出たあああ!!」

桃子「つめたいきーみの……ん?」

??「ち、近づいてくるっ…」

桃子「どうしたっすか?へたり込んで…って」

桃子「先輩!?」

ゆみ「あ、れ、も、モモか!?なんだ…」

……

ゆみ「噂の幽霊かと思ったぞ」

桃子「え゙、それってつまり…」

ゆみ「そういうことらしいな…。緑色はその反射材、歌って動いてたのはモモ自身」

桃子「そんなー!そんな風に見えてたなんて…」

ゆみ「ショックだよな…。すまない、私も気づけなくて…」

桃子「SMAP歌いながら走ってるなんて学校中に知られたら恥ずかしいっすよ!///」

ゆみ「そこか」

桃子「この噂、噂に留めて置いてもらえませんか?私だったって言わないように…」

ゆみ「か、構わないが…」

桃子「それと明日からはこれつけて走るのをやめるっす」

ゆみ「いやいや、車が来たら困るだろう。というか夜道に女子高生が1人で走るもんじゃない」

桃子「それは先輩もっすよ。というか何で先輩がこんなとこまで?」

ゆみ「いや、妹尾たちの会話を聞いて、確かに最近運動不足だなと思って…」

桃子「なるほど、私と同じっすね♡」

ゆみ「そうなのか?」

桃子「まあ私の場合は太ってたっていう実績があったっすけど」ズーン

桃子「! そうだ!」

桃子「女子高生1人の夜のランニングが危ないなら、私と先輩2人でやりませんか!?」

ゆみ「えっ、2人でか」

桃子「話しながら走れるし、危険も少ないし、いいと思うんすけど!?」ズイッ

ゆみ「近い近い…。わ、分かった、続けたいのは続けたいし、そうしようか」

桃子「うふふ、ありがとうございます!」

桃子(思わぬ方向に進んでくれたっす…♡ありがとう反射材、ありがとうSMAP!)