~割り箸~

揺杏「へー、ユキがコンビニ弁当なんて珍しいじゃん」

由暉子「時間がなかったんです」

揺杏「私は謎肉祭だよ~」ワクワク

由暉子「こないだもカップラーメンじゃなかったですか?」

揺杏「3日目かな」

由暉子「体壊しますよ?」パキッ

由暉子「…」

|¶ ←こんな感じに割れた

揺杏「さすがに明日は別なもん食べるよ」パキッ

||←きれいに割れた

由暉子「割り箸」

揺杏「ん?」

由暉子「きれいに割れるんですね」

揺杏「ユキがぶきっちょさんなんじゃないか?」

由暉子「む 私は普通ですよ」



~古紙縛り~

揺杏「ごみ多すぎね~?日頃から捨てないからさ~」

由暉子「それは5人誰もに言えますからやめましょう」

揺杏「そっすね…」

由暉子「新聞縛らないと、持ってってくれないんでしたっけ」つカミヒモ

揺杏「そう言ってたっけね」

由暉子「」チョキン

由暉子「」グルグル

由暉子「…」

由暉子(あれ、長さが足りない)

揺杏「あーあー、何で先に切っちゃったの!」

由暉子「でも切らないと縛りにくいですし…」

揺杏「ほいっと」グルグルチョキン

揺杏「で、ちょうちょ結び」ピッ

揺杏「ひもの塊からでもちゃんとできるんだよ?」

由暉子「…見事なお手前で」



~裁縫~

揺杏「…」ハリニイトトオス

由暉子「…」トオラナイ

揺杏「…」ハリニイトトオス

由暉子「…」トオラナイ

揺杏「…」ハリニイトトオス

由暉子「…」ヤッパトオラナイ

由暉子「先輩って」

揺杏「はいはい?」

由暉子「適当そうなのに何でそんな器用なんです」

揺杏「そ、そりゃ偏見だろ~!第一そんな器用じゃないし」

由暉子「器用な人は会話しながらでも針に糸を通せますし」

由暉子「不器用な人は集中してても入らないんですよ…」アキラメタ

揺杏「…何かゴメンな」