晴絵「街に銀行とか買い出しとか行くから、誰か付いてきてほしいんだけど」

穏乃「はいっ!行きますっ!」

晴絵「うん、シズは力あるしいいかもね。じゃあ行こうか」

穏乃「よろしくお願いします!」

4人「いってらっしゃーい」

………

晴絵「先に銀行寄って、その後諸々買い物に行くからね」

穏乃「分かりました!銀行は何かの振り込みですか?」

晴絵「まあそうだね。部費もおろしたいし」

穏乃「マネージャーみたいなこともするんですね先生」

晴絵「人いないから、大人は頑張らないと」

穏乃「さすがですね!」フムン

晴絵「っと、いうわけで着いたけど、どうする?車の中にいる?」

穏乃「いえ、ついてきます!」

………

……



晴絵「戻ったよー」

4人「おかえりなさーい」

穏乃「ただいま~」

4人「おかえr」

憧「…何で銀行の風船持って帰って来てんの」

玄「懐かしいねー」

穏乃「いやー見つけたら欲しくなっちゃって」

晴絵「受付の子に『ご自由にお持ちいただいていいですからね~』ってニッコリ笑顔で言われた時の私の気持ち」

灼「恥ずかし…」

穏乃「あはは、すいません」

穏乃「でもこれ、貰った時よりだいぶしぼんじゃった」

宥「売り物じゃないしねえ」

穏乃「それもですけど、ちょっといじくりすぎたかもしれません。乗ってる間ずっとバインバインして遊んでたんで」

灼「さすがに買い物に持ってっては」

穏乃「そりゃもう、荷物持ちでしたからさすがに!」

憧「その考えがなぜもらうときにもできなかったのか」

穏乃「童心に帰っちゃったもんだから」

憧「年中子どもでしょうが」

穏乃「何をー!」

玄「身長的には、灼ちゃんもセーフだよ?」

灼「…私、別に欲しがってないけど」