~消えない~

先生「隣の人と丸付けしあってくださいね~」

閑無「石飛先生が見てやるよ」

杏果「うざいな、普通でいいから丸付けしてよ」

閑無「私のは全問正解だから大きい花丸な」

杏果「1問だけ間違えとけ」

閑無「これは○、これも○、こっちもまr…」

閑無「あ、これ×じゃん」ゴシゴシ

閑無「…消えねー」ゴシゴシ

閑無「」イラッ

閑無「」ゴシゴシゴシゴシビリ

杏果「ちょっと、何今のビリって」

閑無「…いやぁ、この学校の紙の質が悪いんだな」

杏果「力入れて消し過ぎでしょ!何やってんの!?」

閑無「悪い悪い」

杏果「真っ二つにならなくてまだ良かったけどさぁ」

閑無「これさ」

杏果「赤青鉛筆?」

閑無「鉛筆って言ってるくせに全然消えないよな、生意気」

杏果「まあ確かに消しにくい」

閑無「そのくせクーピーよりは薄いんだよ、何だコイツ」

杏果「物にキレる前に採点進めてもらっていいかな」





~その先へ~

閑無「見ろ杏果」

杏果「うわ短っ」

閑無「ついに赤と青の境目が見える日が来たぞ!」

杏果「よくここまで行ったな」

閑無「だいたいこの辺の長さになると使いづらくて捨てるか失くすかだからな」

閑無「では儀式を執り行おう」つミニ鉛筆削り

鉛筆削り「ゴリゴリ………」

閑無「…赤のとこなくなったけど、芯は赤のままだな」

杏果「青青鉛筆になるのかと思ったけどね」

閑無「そう、そういうのイメージしてたんだけどな!」ポトッ

杏果「あ、芯が」

閑無「赤芯、限界だったんだな…。南無」ガッショウ

杏果「これで一応青鉛筆にはなったけど」

閑無「一色しかないなら新しい赤青出すわ、不便なだけだし」ポイッ

杏果「これまでのこだわりは…?」





~キャップ~

閑無「コイツのせいで鉛筆キャップが足りねー」

杏果「まあ、先っぽ2つあるからね」

閑無「生意気なうえに贅沢なんだよな!」

杏果(毎日何かにキレてる気がするな)

杏果「そうだね」

閑無「そもそも、なぜシャーペンボールペンはダメなのか」

杏果「ほら、書き方とかのことがあるからって前先生が」

閑無「そんな変わるかー?」

杏果「子どものうちは分からないやつなんじゃないの?」

閑無「成長した時に困るってわけか、ふーん…」

閑無「私は、鉛筆を作る工場と学校の間に『ゆちゃく』があると見たぞ」

杏果「ゆちゃくって何」

閑無「あんまり望ましくない仲良しのことだ、世間的に」

杏果「刑事ドラマか何か見た?」

閑無「…相棒なら」

杏果「小学生は早く寝なさい」