京太郎「咲的にはさ」

咲「うん?」

京太郎「最近の実写化ブームはどうなのよ?」

咲「漫画とかのってこと?別にいいと思うけどなぁ」

京太郎「あ、そう」

咲「私そもそも漫画もテレビも見ないし。京ちゃんと違って」

京太郎「暇があれば見ちゃうもんだろー。咲の場合は…小説になんのかこの場合」

咲「小説は、ドラマになることに抵抗ないよね」

京太郎「絵が付いてないからな」

咲「容疑者Xとか半沢直樹は逆に見てから原作買ったよ」

京太郎「見てんじゃん」

咲「……なんか有名だったし」

京太郎「え、じゃあさ、原作読んでて実写化したものもあるだろ?」

咲「結構あるね」

京太郎「そういうのは『うわ、想像してた人と違う!』ってなることねーの?」

咲「まあ、少しはあったかも?」

京太郎「それに怒ったりしないわけ?」

咲「しないよ!私の見方的に違和感感じたっていうだけだし、それにすそ野が広がるならいいと思うから」

京太郎「作品の?」

咲「うん」

京太郎「大人だなー咲は」

咲「ドラマではまってくれた人が原作も見て、って流れ、私は好きだし」

京太郎「俺絶対『ないない無理無理!』って思っちゃうわ」

咲「ビジュアル的にってこと?」

京太郎「それもあるけど、やっぱ漫画にしか出せない雰囲気とかってあんじゃん?『○○実写化!』ってなった時点で『いやいや』って思っちゃう」

咲「世界観を再現っていうのは漫画から実写だと難しいかもしれないね」

京太郎「まあリアルを実写化も難しいけどな」

咲「何それ?」

京太郎「選手の半生を描いた~、的なヤツにその選手使わずにイケメン俳優使ってみたりするみたいな」

咲「それ実写じゃないよ京ちゃん(笑) 再現でしょ」

京太郎「まあそういう言い方もあるな。どうよ、実写版咲は?」

咲「えー。私そんな立派な人生じゃないよ」

京太郎「浜辺美波ちゃんで咲の華麗な半生をさ」

咲「誰浜辺ちゃんって?」

京太郎「俺が次来るとにらんでいる若手女優だよ。朝ドラ出てたんだぜ?」

咲「へー。京ちゃんがそう言うなら相当に可愛い子なんだろうねー。私をやってもらうには忍びないよねー」

京太郎「何か棘あるな」

咲「京ちゃんはねー、誰かな………」

咲「…」

京太郎「思いつかないんかい」ペシッ

咲「痛っ」

京太郎「いるじゃん神木君とか菅田君とか」

咲「京ちゃんをやってもらうには忍びないよ」

京太郎「そっすか…」

和「こんにちは」

咲「あ、和ちゃん」

京太郎「…エトペン実写化するならリアルペンギンだな」

咲「抱えて麻雀できないでしょ!」

和「話の前後が見えませんが…たぶんどうでもよいお話でしたね?」

京太郎「どうでもよいお話とか言わないで」