淡「虎姫の人たちはさ~、いいよね~」

誠子「何が?」

淡「副業があるからさ、麻雀がダメになっても食べていけるでしょ?」

菫「副業って何だ」

淡「亦野先輩は釣りでしょ、スミレ先輩はあの射貫くやつ」ズバット

菫「アーチェリーな」

淡「たかみーはお茶があるし」

尭深「趣味の範囲だよ…?」ズズッ

淡「テルーなんか利きシャンプーとお菓子好きでしょ!?2個もあんじゃん!」

照「…私、その2つで食べていけるんだ」

菫「どんなニッチな職業だよ」

淡「ひるがえって私!何にもないよ!」

誠子「別にガチで取り組んでるわけじゃないんだから、私たちのそれだって。大星とそんな変わんないよ」

淡「変わるもん!好きが高じればうんぬんって言うし!」

照「じゃあ逆に淡の趣味って何?」

淡「え、私の趣味?………漫画?」

菫「それは副業にはならないな」

淡「ほらー!だから、麻雀以外にも何か手に職付けたいの!」

誠子「ポジティブなのかネガティブなのかよく分からんことになってるな」

淡「だってオネエの人だって!假屋崎さんはお花の先生、カバちゃんは振付、尾木ママは本物の先生!みーんなオネエ以外にも何かあって成功してる!」

尭深「なんでオネエ系…?」

誠子「というか本業はオネエじゃないぞその人たち」

淡「とにかく、みんなの副業、ちょっと勉強させて!できそうなのあったら考える!」

菫「面倒なことを言い出したな…」

淡「2年生の人からやってくからね!ほら2人でじゃんけんして!じゃん勝ちが1番手ね!」

誠子「強制イベントかよ!」

尭深「…でも、自分の趣味のこと知ってもらうにはいい機会じゃないかな?」

誠子「じゃあ尭深1番ね」

尭深「え、あ、そういう、そこまで前向きってわけでは」

淡「お、じゃあタカミー先輩!よろしくお願いします」ペッコリン

尭深「えええ…」アセアセ




①お茶の時間

尭深「」コポコポ

尭深「はいどうぞ」

淡「うむ」ズズーッ

淡「まろやか!」

尭深「続いてこちら」

淡「はいはい」ズズーッ

淡「…にっが!」ウゲー

尭深「おんなじお茶っぱでも何度も淹れると味がこんなに違うんだよー。最初に飲んでもらったのが初めてお湯を入れたのね」

淡「へー」

尭深「じゃあ、淡ちゃんもやってみよ?」

淡「え、私飲んでるだけじゃないの?」

尭深「えっ」



②釣りの時間

誠子「本当は川や海へ行きたいところ、遠出の早起きは嫌とのことで」

淡「都心にだってあるんじゃん釣りスポット!最初から教えてよね~」

誠子「釣堀になりました」


誠子「引っ張られた感じがしたらすぐ引き上げる、あとは網に入れる。こんだけだから」

淡「ふふふ、今日は100匹釣れるまで帰りませんよ」

誠子「ここキャッチアンドリリースだからね」


~数十分後~

誠子「まあ、釣堀だしこんなもんか」タイリョウー

淡「…」ゼロー

淡「つまんない!帰るっ!」プクー




③アーチェリーの時間

菫「素人が弓を持つのは早すぎるし、淡が持つのを想像できないから、精神統一だけやってもらう」

淡「えーなにそれつまんなーい」

菫「こういう鍛錬が日頃の生活にも生きてくるんだ、特にお前は落ち着きがないんだから」

淡「はーい」


菫「…」

淡「…」

菫「…」

淡「…」(…アイハバペーン)

菫「…」

淡「…」(アイハバアッポー)

菫「…」

淡「…フッ」(オン、アッポーペーン)

菫「集中しろよ」バシッ

淡「いった!」

菫「もぞもぞうるさい」





④お菓子の時間

淡「これ、歴代で一番楽勝だと思う!」

照「そう?」

淡「お菓子食べるくらいならできるよ!おいしーし!」

照「何を食べようか」バサバサッ

淡「わ、たくさんある!」

照「今日のおすすめはこれとこれかな」

淡「わーい」

照「贅沢チョコがすごく濃厚なんだ」

淡「」ポリポリ

淡「んまーい!」

淡(やっぱり楽勝じゃん!)


照「…またやる?」

淡「うんっ!これはできそうですな!」

照「次回は淡もお菓子持ってきてね」

淡「え?」

照「ずっと2人分私が出すことはできないから…。ある程度は持ってきてもらわないと」

淡「…お金、今一円もないよ」

照「…じゃあ入るまで中断だね」

淡「」







淡「どれも難しい!!」グデーン

誠子「ほぼお前が投げ出したんじゃないか?」

尭深「人が好きなものを好きになるって、結構大変なんだね…。私の力不足でした…」

菫「尭深は全く悪くないだろう」

淡「どっかに転がってないかなー副業ー」

照「そもそもさ」モグモグ

淡「あい?」

照「麻雀で最強なら、保険のこと考えなくてもいいんじゃないかな?」

照「プロのスポーツ選手だって、トップクラスだから副業ほとんどしてないでしょ?」

照「淡も麻雀でトップになれば、副業なんていらないと思うけど」モグモグ

淡「…たしかし」

淡「そーだよ!麻雀でナンバーワンならそれだけで食べてけるじゃん!見落としてたよ!」

淡「この淡ちゃん、麻雀に近すぎて麻雀のことが見えてなかったね…。よーし、じゃあ打とうか!先輩方!」

誠子「何なんだコイツは…」

照「がんばれー」モグモグ

菫「お前も優しいんだか無茶なんだか分からんアドバイスしたなぁ…」

尭深「まず宮永先輩を超えないといけないんですもんね…」

淡「釣りの人とお茶の人と射る人で!」

菫「名前で呼んでくれよ」