♪~ ♪~

爽「……んー」モゾモゾ

爽「…うっさいなあ」ピッ

爽「もしもしぃ?」

爽「…あ、おはようございます、はい」

爽「えーと、9時2分だな」

爽「…え?知ってたよ、集合時間。9時だろ?」

爽「いや、今ケータイ見たけど、今起きたわけじゃないから。ずっと起きてたから」

爽「その、……体調悪くてさ。げっほごっほ」

爽「いやマジでマジで、咳止まんねーし。嘘っぽくはねーし」

爽「熱もあるし」

爽「…計った計った、計ったんだけど、あの…」

爽「36度8分」

爽「微熱だから!熱じゃんて!体調不良じゃんって!」

爽「あー、大声出したからまたクラっときたわこれ。チカのせいだわこれ。全部チカのせいだ」

爽「…言いすぎましたすいません」ピピピッ

爽「……まったく信じてないって!そりゃあ酷いな!友達だろ?」

爽「あ、友達でいてください…お願いします…」

爽「…え?いや、ちゃんとは知らない」

爽「うんうん。…え、マジか」

爽「そこのケーキは食べたいわ。今から支度してく」

爽「…風邪だけどもー、ケーキは食べられるんですよ」

爽「だ、だから、うつんないって。私の風邪はうつんない系だから」

爽「は?替わる?誰に」

爽「…」

爽「…」

爽「…はい、はい。すいませんでした」

爽「電話取ってからここまでほとんど嘘でした。はい」

爽「熱?…36度ちょうど」

爽「はい、至って元気です。たくさん寝たんで」

爽「疲れてたわけじゃなくて、ちょっと夜更かしをですね…」

爽「真屋さんごめんなさい、そんな失望したトーンはおやめになって」

爽「あの、一応女の子なんで、そっちに着くの11時くらいかと。ホントごめんなさい」

爽「……なんだよあのユキ!めっちゃキレてんじゃん!静かに!」

爽「…あ、はい。チカもごめんなさいでした」

爽「寝坊しました」