小蒔「先日面白いものを拝見しまして」

春「はい」

小蒔「神セブンなる団体が存在するそうですね!」

巴「それは団体というかくくりというか…」

小蒔「知っていますよ。女の子のアイドルグループですよね!」

巴「あ、はい」

小蒔「中でも特にふぁんから人気のあるのがその神セブンの方々だとか」

春「そうみたいですね」

小蒔「どんなに神聖な方々なのでしょうか…!お会いしてみたいです!」

巴「いや、神聖かどうかは…。まあそれを差し置いてもたぶん会えないけど」

小蒔「そうなのですか」

巴「あんまり詳しくはないですけど、ああいうのはいつも熱心に応援している人しか会えないんですよ」

小蒔「それはそれは…」

小蒔「で、また話は変わるのですが」

春「はい」

小蒔「私たち霧島神境の女子って、ちょうど7人ですよね!」

春「そうですね」

小蒔「まさに『神セブン』!!」フフン

巴「…あー、正真正銘のですねー…」

小蒔「そこで今回は、アイドルの神セブンの方々もお持ちの『きゃっちふれーず』を考えてみました!」

巴「姫様と六女仙の?」

小蒔「そういうことです!アイドルですよ!」

春「キャッチフレーズだけでは何ともアイドルとは…」

小蒔「誰が1番とかはなしにして、学年順に行きますよ」ワクワク

巴「だいぶ言いたかったんですね?」

小蒔「霞ちゃん!『私は怒りません!優しさであなたを幸せに!永水女子3年、石戸霞です!』」

春「とにかく優しそうですね」

小蒔「実際優しいです」

巴「なーんか違うような気もするけど…」

小蒔「次、巴ちゃん!『フォローはお任せ!クールな仕事をお約束します、永水女子3年、狩宿巴です!』」

巴「プログラマーさんみたいな」

春「企業」

小蒔「次、初美ちゃん!『ダンスと運動大好き!でも1番は麻雀!永水女子3年、薄墨初美です!』」

春「このダンスって」

小蒔「ボゼのです!」

巴「ずいぶんな意訳ですね…」

小蒔「次、私!…は飛ばして」

巴「いやいやいや、聞かせてください?」

小蒔「自分で読み上げるのは恥ずかしいので…」

春「これ作るのは恥ずかしくなかったの」

巴「はるる言い過ぎ!」

小蒔「む、仕方ないですね。…『途中で寝てしまったらごめんなさい、助けてください。永水女子2年、神代小蒔です』」

巴「寝るの前提ですか!」

小蒔「何時間も歌って踊ってしていたら…ねえ?」エヘヘ

巴「ねえ、って」

春「というか歌って踊るんですね」マージャンスルダケカト

小蒔「そうですよ?アイドルですからねっ」

春「…」

小蒔「次はハルですよ!『黒糖大好き!途中で食べてしまっても許してね!永水女子1年、滝見春です!』」

春「そんなキャラじゃないです」

小蒔「そうでしょうか」

春「そうです」

巴「しかも途中で~のくだり引っ張られてますしね」

小蒔「ふふふ、ここはわざとですよ!『てっぱん』というものです」

巴「こなれているところもあるんですね…」

小蒔「次、明星ちゃん!『霞ちゃんは私のいとこ!そして、みんなの妹!永水女子中3年、石戸明星です!』」

春「…おー」

巴「急にぽくなった」

小蒔「みんなの妹というのはかわいいです」

小蒔「ラスト、湧ちゃん!『明星ちゃんとは仲良し!成長期真っ盛りです!永水女子中3年、十曽湧です!』」

巴「元気なテイストですね」

春「成長期なんですか?」

小蒔「中学3年生ですから」

巴「姫様くらいまでは大体成長期では…」

小蒔「と、いうわけで、7人そろって『霧島神境の神セブン』!です!」

小蒔「いかがでしょう!?」

巴「た、楽しかったですよ?アイドルになったみたいで」

春「でも全国では勝てないと思う」ポリポリ

小蒔「そんなっ」

春「巫女服でアイドルやってたらあざといとか思われそう…」

巴「そんなネガティブな」

春「だから、鹿児島ローカルならいいと思う。『○○島出身~』とか付けて」

小蒔「…おお!おお~!」アクシュ

春「わ」アクシュサレル

小蒔「一気に現実味を帯びました!さすがハルですね!」

巴「そうかな…」

小蒔「目指せ鹿児島のご当地アイドル、です!」ドーン

春「ふぁいとです」ポリポリ

小蒔「そうとなれば撮影の手配を」

巴「何を撮るんですか!?」