和「何といわれましても」

京太郎「いや、麻雀が得意なのはわかるけどさ、他にも趣味とか、あるだろ?」

咲「私も気になる」

和「そんなにですか?」

咲「家でも麻雀してるの?」

和「そうですね、インターネットで」

京太郎「部活でやったらもういいわ~俺」

咲「他は?」

和「他ですか…」

京太郎「当ててみようか。読書!」

咲「それ私だよ」

和「たまにしますけどね。ただ趣味と言えるほどでは…。それこそ咲さんほどではありませんから」

京太郎「咲は本の虫だからな」

咲「京ちゃんはもうちょっと読んだ方がいいと思うよ」

京太郎「じゃあ~料理か?」

和「料理もできなくはないですけど…」

咲「ピアノとか、楽器は?」

和「縁がないですね」

京太郎「テレビ見たりとか」

和「自分の部屋にはありませんから…」

京太郎「マンガ読んだりとか」

咲「京ちゃんじゃん。和ちゃんはそういうことしませんから」

和「…私、普段何をしているんでしょう」ウーン

咲「悩みこんじゃった!?」

和「勉強して、ご飯を食べて、ネット麻雀をして、お風呂に入って…」

和「私って無趣味なんでしょうか?」

京太郎「聞かれてもなぁ…。ホントに何にもないの?」

和「思いつきません…」

京太郎「帰ってからやりたいことがあった方が、もっと楽しくないか?人生」

咲「人生って」

和「そうなんでしょうか」

京太郎「麻雀以外で何か始めてみたら?それこそテレビでドラマ見るくらいの」

和「何がいいでしょうか…。考えてみます」

咲「楽しみ作るのに悩ませてどうするの!」

京太郎「まあ最初のうちだけだって!こういう真面目ちゃんだからこそ、一息つけるポイントが必要なんだよ。分かる?」

咲「普段ダラダラな人に言われても」

京太郎「今日冷たくない!?」

咲「言ってることはすごく分かったよ」




和「手始めに読書をしてみようかと思いまして」

咲「うんうん。楽しいよ!」

和「何かおすすめの本がありましたら貸していただけないかと…」

咲「そうだなー……今日ちょうど読んでたこの本、結構面白いよ。こないだ賞も獲った人が書いてる本なんだ」

和「ふむ、手堅そうですね。今日中に読んでお返しします」

咲「ゆ、ゆっくりでいいよ!自分のペースで読んで!」

和「そ、そうですか」

~数日後~

咲「和ちゃん、どうだった?」

和「す、すみません。1/3ほどは読めているのですが」

~また数日後~

和「半分くらいは読めました…」

~さらに数日後~

和「読み終わりました…」

咲「あ、ありがとう。どうだった?」

和「面白かったと思います…けど」

咲「?」

和「早く返さなければ、と思いすぎて焦ってしまって…」

咲「何かごめんね?」

和「いえ…自分で買えばまた違うのかもしれませんが、どうも向いていないようです」シュン

京太郎「取っ掛かりならもっと気楽なのがいいんだって!ほら、和でも読めそうなマンガ持ってきた」

咲「校則違反だー」

和「須賀君、マンガは持ってきてはいけませんよ?」

京太郎「そんなー」

久「そうね、没収」

京太郎「」

久「で、何の話?」

咲「和ちゃんの趣味探しです」

和「何かやっておいた方がいい趣味ってありますか?」

久「資格みたいなこと言うのね」

久「普通にテレビ見てるのとかはダメなわけ?旅番組とかいいわよ~?」

京太郎「おじさんみたいなこと言いますね」

久「馬鹿にできないのよ?心空っぽにして見れるし」

和「父が良く見ていますが、そういうものですか」

久「行った気になれるっていうのもいいわよね」

和「今度見てみます」

久「今日さっそくあるわよ?私がいつも見てるやつ」

和「分かりました」

~翌日~

久「お、和!どうだった?昨日の。鎌倉特集だったけど」

和「…すみません」ペコリ

久「え」

和「父と一緒に見ていたら『勉強しなさい』と追い出されまして…」

久「あー…『いつも見ているんですよね!私も見たいです!キラキラ!』みたいなこと言わなかった?」

和「誰ですかその人」

まこ「なんじゃ、こないだのまだ続いちょったんか」

和「染谷先輩」

まこ「テレビもダメっちゅうとハードル高いのう」

久「まこは何かないの?」

まこ「そう言われるとわしもパッと出てこん…料理とか?」

和「女子ですね」

久「そりゃ女子よ、これでも」

まこ「最後の、ニュアンスが違う」

まこ「でも弁当作ってきちょるじゃろ」

和「まあ母が不在だからというものありますから…。日常的に作るわけではないので」

久「お菓子作りとかしてみてよ。そして私にちょーだい」

まこ「ずうずうしい」

~翌日~

和「作ってきてみました。クッキー」

京太郎「和の手作り…」

久「須賀君は最後。私が頼んだんだもの」

優希「ずるいー!」

和「た、たくさんありますから…」

久「ん、普通に美味しい」モグモグ

咲「サクサクだね」モグモグ

和「」ホッ

まこ「で?趣味にはなりそう?」

和「…正直、手間暇がかかって、何とも…」

まこ「確かに、そこも含めて楽しめる人とほうじゃない人とおるのう」

和「食べてもらうと思うとなんとなく不安でしたし」

京太郎「十分うまいのに。また作ってきてよ」モグモグ

優希「彼氏でもない男にやる飯はないじぇ」モグモグ

京太郎「頑固親父か」

咲「優希ちゃん、和ちゃんに合うものとか、思いつかない?」

久「付き合い長いしね」

優希「うーん……結局麻雀じゃないか?」

京太郎「それを言い出したら元も子も」

優希「麻雀が一番好きで麻雀やってても嫌だ!ってならないんだから、麻雀が趣味でいいと思うじょ」

まこ「…何か名言っぽいのう」

優希「私だってタコスが一番好きでタコス食べ続けてても嫌ってならないからな!」

咲「食品そのものが趣味…」

和「…色々やってみて結論がこれって、何だか寂しいというか切ないというか」シュン

久「まー合わないもんやっててもしんどいってことよね」

和「」グサッ

まこ「フォローになってない」

和「わかりました。麻雀以外にも、私に合う趣味見つけてみせます!」

咲「変なスイッチ入ったね」

久「わお。いつまでに?」

和「えっ」

和「………」

和「部長が卒業なさるまでには」

まこ「」ズルッ

まこ「だいぶ余裕持ったな」

和「結構な仕事ですから、ちょっとお時間を…」

京太郎「息抜き見つけるのに義務感が生まれてしまった…」

咲「原因京ちゃんにもあるんだからちゃんと手伝うんだよ?」

京太郎「わ、わかってるよ」

優希「手始めにタコスづくりを極めてみないかのどちゃん」

和「それはゆーきがやってください。それか須賀君に頼んでください」

優希「えー」

京太郎「え、何で俺に振った?」