佳織「うーん…どの出口が正解なんだろう…」

トコトコ

佳織「西口と東口が同じ方向??どういうこと?」

佳織「うぅ、加治木先輩がいてくれたら…」

智紀「…」スタスタ

佳織「あ、あれって龍門渕の!」

佳織「あ、あの!沢村さんっ!」

智紀「」イヤホンハズシ

智紀「何?」

佳織「沢村さん、どこに行く?」

智紀「どこっていうか、行ってきた」カミブクロ

佳織「あ、お買い物」

智紀「もう宿に戻るけど」

佳織「え、ほ、ホントに!?」ガシッ

智紀「う」

佳織「私も帰るところなの!でもはぐれちゃって…」

智紀「そもそもこの近くだっけ」

佳織「ううん、龍門渕さんたちのところに行くってなって、そのあと帰るの」

佳織「だから沢村さんたちのホテルに行かなきゃなんだけど」

智紀「迷ってる」

佳織「そうなの…」シュン

佳織「出口いっぱいだしわけわかんなくてー…」

智紀「じゃあ一緒に…」

佳織「ホント!?やった!」

智紀「ちなみに北口」

佳織「え、全然違う」





小蒔「…」

小蒔「みんなとはぐれてしまいました…」

小蒔「ビルばっかり」キョロキョロ

小蒔(携帯電話なんて持っていませんし)

小蒔「うーん…」


智紀「あれ」

佳織「あの人、永水の」

智紀「神代小蒔」


小蒔「」カミチズクルクル


佳織「紙の地図くるくる回してるね…」

智紀「あの子も迷子?」


小蒔「」ユビデタドル

小蒔「?」


佳織「あ、あの、神代さん?」

小蒔「」ビクッ

小蒔「ど、どちらさまでしょう!?」

佳織「わ、私も麻雀やってて、その…」

小蒔「あ、応援してくださってるのですね!ありがとうございますっ」アクシュ

佳織「あ、ありがとうございます…ってそうじゃなくて」

智紀「私、龍門渕って学校の中堅なんだけど…聞いたことないかな」

小蒔「りゅうもん…」

智紀「こんなちびっこがいる」コドモジャナイ!

小蒔「あ、わかります!お強い方だったと」

智紀「で、隣の人は同じ県の選手」

佳織「なんです」アハハ…

小蒔「あ、そうでしたか」

佳織「それで、迷っているような感じだったから…、どうしたのかなって」

小蒔「そんな風に見えましたか!」

佳織「違うんですか!?」

小蒔「いえ、たぶん迷子です!」

佳織「」ズルッ

智紀「どこに行きたいの?」

小蒔「永水のみんながいる宿に…。地図はもらっているのですが、よくわからなくて」

佳織「わかる!見方とか現在地とかぐるぐるしちゃって」

小蒔「このホテルなのですが…。今はどこなんでしょう?」

智紀「今はここ…」ユビサシ

小蒔「ホテルまでどのくらいですか?」

智紀「いや、歩いてはいけない。電車乗らないと」

小蒔「えっ!そうだったんですか!降りてしまいました」

智紀「この地図、範囲広すぎてここでは不向き…」

佳織「とりあえず、駅まで戻る?」

智紀「…妹尾さんは時間?」

佳織「ううん、大丈夫!送ってから一緒に行こう!」

小蒔「すみません、初対面でご親切に…」ペコリ



智紀「この改札を出て左。まっすぐ行くとさっきの名前のホテルあるから」

小蒔「はいっ」

智紀「それでもわからなければ駅員さんに」

小蒔「わざわざすみませんでした…でもここからは大丈夫です!」

佳織「気を付けてくださいね!」

小蒔「ありがとうございました」ペコリ


佳織「沢村さん、すごいねえ」

智紀「?」

佳織「地理とか得意なんだなって。東京にも臆さないし」

智紀「書いてあるのを見るだけだけど…?」

佳織「そ、それができないんだ私…」

智紀「東京も目印つけていけば平気」

佳織「そうなんだ…」

佳織(長野にもシティガールっているんだね)