白望「眠…ダル…」ゴロン

豊音「おはよー…ってあれ」

豊音「シロはまだねぼすけさんかな?」

白望「起きてるよ」

豊音「体は寝てるよー」

白望「朝からそんな元気になれない…」

豊音「いい天気なのにー」

白望「どうせまだ来ないでしょ、もうちょっと寝る」ゴロン

豊音「えー、何かしようよー」

白望「むり」

豊音「じゃあー、私も横になって待ってよっと」ゴロン

白望「え」

豊音「だる…」

白望「真似したね?」

豊音「えへへー」

胡桃「おはようございま…何してんの?」

豊音「シロが遊んでくれないからシロの真似してる」

胡桃「何、カギは開けられたのに待ってられなかったの、シロ?」

白望「私に朝の鍵当番をさせるとこうなるよ」

胡桃「いや起きてようよ、しわになるよ、制服」

白望「あ゙ー」

胡桃「まったく…」

胡桃「! ちょうど真ん中空いてる!」

豊音「胡桃ちゃんも来る?」ユカトントン

胡桃「寝かしつけるお母さんみたいな動きはおかしいね」

胡桃「どうせこんなんじゃ何もできないしね…よっこいしょ」

白望「しわになるよ」

胡桃「寝相いいから、シロと違って」

白望「そう…」




塞「ごめん遅れて…って」

白望「」zzz  胡桃「」zzz  豊音「」zzz

エイ「ネテル!」

塞「丁寧に毛布まで敷いて、ガチ寝じゃん…」

塞「ふふ、しかも川の字」

エイ「カワノジ?river?」

塞「そうそう。リバーは漢字で、あ、ちょっとボード借りるね」



塞「こう書くの」

エイ「! コレガ、シロ!」

塞「そうだね」

エイ「コレガクルミ、コレガトヨネ」

塞「まんまでしょ」

エイ「」コクコク

塞「家族で寝るときに使うたとえなんだけどね。えーっと…レトリック?」

エイ「ナルホド」

エイ「シロガ、オカアサン?トヨネ、オトウサン?」

塞「見た目的にはそうだね。でも中身は逆だわ…」

エイ「クルミハ、コドモ」

塞「断定してきたね(笑) まあそこは揺るがないね」

塞「写真撮っとこ」カシャ

塞「エイちゃんにも後であげるね」

エイ「カワイイシャシン!」

塞「…胡桃が子ども役だっていうのは言っちゃダメだよ」

エイ「ドウシテ?」

塞「怒るから」