テレビ「仲の良いチームというのは、コミュニケーションが多く…」

淡「へー」モグモグ

淡「これは使えますな」ニヤリ


~翌日~

菫「」スタスタ

淡「お、スミレ先輩ー!」ドタドタ

菫「廊下を走るんじゃない」

淡「いや、先輩を見つけたらつい」

菫「何か用か?」

淡「いえ、挨拶しただけです!では!」タタタ

菫「何なんだ」



淡「スミレせんぱーい!」

菫「またか!」

淡「寮の掃除当番表持ってますか?なくしちゃったんですけど…」

菫「持ってるが…部活の時じゃダメなのか?」

淡「あ、それでもいいです!じゃあまた放課後!」タタタ

菫「…」



淡「スーミーレせんぱ」

菫「-っ」タタタ

菫「頼むから1日に何度も呼ばないでくれ!1度で済まないのか用事は!?」ヒソヒソ

淡「だってーコミュニケーションで仲良くなんですもん」

菫「何言ってるかさっぱりだが…。もうちょっとこう、距離感をだな…」

淡「はえ」

菫「あの、同級生の目もあるからだな」

クラスメイトA「弘世さんにずっと駆け寄ってって、妹みたいね」クスクス

クラスメイトB「仲いいんだねえ」クスクス

菫「と、とにかく、会話したいなら部活中でも放課後でも構ってやるから!」

淡「はーい」チェッ



淡「スミレ先輩はまんざらでもない、と」

淡「次は違う学年に行こう!」タタタ



淡「タカミー!」

尭深「あ、淡ちゃん、こんにちは」

淡「こんちは!」

尭深「何かあった?」

淡「ううん、見つけたからあいさつした!」

尭深「そっか、偉いね」ナデナデ

淡「ふふん、そうでしょ」



淡「ターカミー!!」

尭深「また会ったね。今度は何かな」

淡「お菓子ちょーだい!」

尭深「お菓子…」ゴソゴソ

尭深「今は飴しかないけど…いい?」

淡「わーい、ありがとー!」



尭深「」ドクショチュウ

ガラガラ

淡「タカミせんぱーい!」

尭深「」ビクッ

尭深「あ、淡ちゃん、はるばる教室まで…また何かあった?」

淡「あのね、スマホの電池ないから充電器貸して欲しいんだけど…」

尭深「あっ、私全然使わないから充電器とか持ってないんだ…ごめんね」

淡「そっか。じゃあ他を当たるね!ばいばい」ノシ

ガラガラ

尭深「…」

尭深(今日はたくさん話しかけてくれるなぁ…)



淡「タカミーは優しい、と」

淡「次は亦野先輩行ってみよう!」



誠子「いや、今日雨予報だったよ…」

クラスメイトC「まじかー」

淡「亦野先輩っ!」

誠子「おー、大星。どうした?」

淡「こんにちは!!」

誠子「え、こ、こんにちは」

淡「じゃっ」タタタ

誠子「…あいさつだけかよ!」

クラスメイトC「礼儀正しいんだね」

誠子「いや、何か裏がある気がする」

クラスメイトC「そう?」

誠子「礼儀正しさの真逆をいくヤツだから」




淡「まーたーの先輩!!」

誠子「…また会ったな」

淡「今日帰り雨らしいじゃないですか?」

誠子「え?ああ、らしいね」

淡「傘持ってたら貸してくれませんか?」

誠子「いや、折り畳み1本しかないから無理」

淡「じゃあ途中まで入れてあげますから、貸して?」

誠子「意味わかんねーよ!提案するのそれ私の側だろ!」

淡「それもそうですね」ケロッ

淡「じゃあまた放課後!」

誠子「…」




淡「亦野先輩亦野先輩!!」

誠子「ゴホッゲホッ、食べてる後ろから声かけるな!」

淡「ぼっち飯ですか?」

誠子「違うわ!途中まで一緒に食べてた子が先に帰ったんだよ、部活の用事で」

淡「へー」ストン

誠子「…なぜ対面に座る」

淡「寂しそうだから、私とコミュニケーションしながら食べましょう!」

誠子「え」

淡「山手線ゲーム!!お題は…先生の名前!」パンパン

誠子「食べてるのにできるか!」




淡「亦野先輩、ノリ悪し、と」

淡「最後はおおとりだ!」



淡「テルー!」

照「淡、どうかした?」

淡「ご機嫌いかが?」

照「え、元気だけど」

淡「それは何より。じゃ!」タタタ

照「」ポツン



淡「あ、テルー!」

照「」ビクッ

照「大声出さないで、聞こえてる」

淡「ごめんごめん」

照「何かあった?」

淡「今日の校内戦、一緒にやろ!予約しに来た!」

照「いいけど、そういうのは部長が決めるからわかんないよ?」

淡「そうなの?」

照「入部してまあまあ経つけど知らなかった?」

淡「うん、決まった状態のものしか見てなかった」アハハ

照「そう…」

淡「じゃーしょうがないね!またね!」タタタ

照「??」




淡「テルー!!!」ダキッ

照「」ヨロケ

淡「お菓子もらいに来た!」

照「淡」

淡「なーに?」

照「人にはね、パーソナルスペースっていうのがあってね」

照「時と場合で人との距離を考えなきゃいけないんだよ」

照「ここ、3年の廊下で、淡は1年生だから」

照「いい距離感って、これじゃないよね?」ゴゴゴ

淡「お、怒ってる…?」

照「怒ってないよ。お勉強してもらいたいの」ゴゴゴ

淡「怒ってるじゃーん!ごめんなさーい!」ダダダ




淡「て、テルーは一人が好き、と。危なかった…」





~放課後~

淡「…というわけで、いろいろ話しかけに行ってみました」ドヤ

菫「よくまあくだらないことを思いつく…」

誠子「すーぐテレビの真似をするんだ」チョップ

淡「あいた!で、でも悪いことじゃな」

照「もう1回、教えてあげようか?」

淡「ごめんなさい」

尭深「まあ、仲良くなりたいっていうのはいいことかと…」

淡「ね、ね!そうだよね!タカミーわかってるっ」

誠子「尭深は優しいなー」

菫「だからな、部活中ならいいんだ、対局中以外」

誠子「あとは部活終わりですね」

淡「! じゃー今日ファミレス行きましょう!ジョナサン!」

尭深「いいけど、何を話すの?」

淡「…」

淡「マジカルバナナしに」

照「電話でできるよ」

菫「電話してまでマジカルバナナはしたくないが」