かえんだん

カテゴリ: 咲-Saki-

~地区予選~

他校の子A「先輩ファイトです!」

他校の子B「牌譜の準備できてる!?」

他校の子C「ごめん、飲み物買ってきてくれる?」

穏乃「ほー…」


~吉野~

憧「まだまだ勝ち進まなきゃとはいえ、勝って良かった~」

宥「大会って初めて出たから緊張したよ~」

灼「宥さんすごく周り気にしてましたね」

宥「だって不安だっただもん…」

穏乃「…今日を終えて思ったこと、いいですか?」

玄「どうしたのしずちゃん?」

穏乃「どこの学校も、アレ着てましたよね」

憧「アレ?」

穏乃「部活Tシャツですよ!部活Tシャツ!」

灼「全部ではないけどね…。でも多かったかも」

穏乃「何かこう、団結してる!っていうか、文化系だけど体育会系!っていうか、ああいうの良くないですか!?」

憧「熱いな」

宥「熱血~」ポカポカ

穏乃「私たちにもああいうの欲しいと思ったんです!どうですか!?」

玄「うーん…文化部でTシャツかぁ…」

穏乃「ダメですか…」

灼「ダメっていうか、使いどころがな…」

憧「そうそう、制服じゃ運動できないから運動部にTシャツがあるんじゃない?私らは着替えなくても打てるし」

穏乃「そりゃそうだけどさー」

憧「あとアレって、ある程度まとまった量じゃないと注文受けてくれないんじゃない?10着以上とかさ」

穏乃「え、5着はダメ?」

憧「それは聞いてみないと」

灼「作るんだったらハルちゃんのも欲し…」

穏乃「カンタンじゃないんだな~部T作るのも…」

宥「私は欲しいかも~」

玄「お姉ちゃん?作るの半袖だよ?」

宥「も、もちろん上は着るよ~」

灼「もちろんですか…」気温31℃

宥「私、みんなで何かすることってなかったから、思い出に残るものってあったらうれしいなぁって…」

穏乃「ですよねっ!思い出なんですよ!」

宥「引退してもずっと一緒にいれる気もするし」

玄「お姉ちゃん…」

憧「宥姉がそこまで言うなら、作らなきゃねえ」

宥「ええっ、私だけで決めるんじゃ申し訳ないよぉ」

穏乃「私もものすっごく欲しいですよ!」

灼「…じゃ、何やかんや作るということで」

玄「うん」

憧「さんせー」

灼「いろいろ決めることあると思…。デザインとかお金とか」

憧「お金はもう実費でしょ?それかハルエに出してもらう?優勝祝いで」

玄「だ、出すよ自分で!申し訳ないから!」

灼「費用はカンパと。あとデザイン」

憧「絵に自信ある人ー?」

シーン

憧「…どうすんのよ」

灼「…穏乃はどう?」

穏乃「私はダメだと思います…。美術の成績低かったし。玄さんとか上手そう」

玄「ええっ、私!?どうなんだろう、自信はないけど」

宥「玄ちゃんは上手だよ~」

玄「お、お姉ちゃん!?」

灼「器用そうだしね。お願いできる?みんなフォローするから」

玄「うーん、そこまで頼まれてしまっては……。分かった、やってみるよ!」

灼「ありがとうね」

憧「裏は別にいいわよね?表だけで」

宥「裏面までやるとまたお金がかかりそうだし…」

灼「そのあたりも含めて、ハルちゃんと相談してみるよ。どんな業者があるかとか」

穏乃「よろしくお願いしますっ!」




~数日後~

玄「というわけで、お家でいろいろ考えてみました!」ビシッ

3人「わー」パチパチ

宥「なかなかいいと思うよ~」

憧「ハードル上げてくわね」

玄「あんまり期待されると出しにくい…」

穏乃「」キラキラ

玄「と、とりあえず順番に出してくね!まず1個目!」

玄「一索の鳥さんモチーフで、下に阿知賀女子麻雀部って、英語で」

穏乃「鳥かわいい!!」

灼「すごいね玄…」

玄「えへへ」

憧「鳥の後ろ、何か豪華」

玄「これはね、吉野の桜!のつもり」

穏乃「なるほど…私たちらしいですね!」

憧「1番目にしてすでにいいのが来たわね」

灼「これでいい気もするけど、他のって?」

玄「あとはね…」ペラッ

憧「鹿」

穏乃「奈良ですね」

玄「鹿が一筒で和了ったところ」

灼「筒子いいね」

憧「いや何で筒子」

玄「次はみんなのモチーフを集めてみたの」

宥「山とかボウリングピンとか」

憧「…何部かわかんないね」

玄「書いてて思った」

穏乃「…やっぱり1番始めのが良かった?」

灼「そうだね」

玄「ふむふむ」

灼「みんなこれで良ければ、これでハルちゃんのとこ持ってくけど」

憧「いいと思いまーす」

宥「うんっ」

灼「わかった、じゃあこれで」

穏乃「玄さん、ありがとうございました!」

玄「ううん、私も楽しかった♪」

穏乃「せっかくならみんなで見てもらいに行きましょう!」



晴絵「へー、これがこないだ言ってた」

穏乃「はい!できたので見てもらいたくて!」

晴絵「絵うまいなぁー玄。そのものもだけど、デザイン力って言うのか、バランスいいよね」

玄「いえいえそんな」

晴絵「これ、私も着せてもらえるんでしょ?」

憧「そりゃもう」

晴絵「私らこういうの作らなかったからなー。おっけー、これで注文してみよう」

穏乃「やった!」

晴絵「で、Tシャツの色だけど、地の色と、印刷の色が選べるみたいよ。どうする?」

宥「あ、そ、そこまで考えてなかったね…」

憧「宥姉決めちゃってよ」

宥「ええっ」

灼「3年生の意見で決まれば納得です」

宥「うーんと…えーっと…」

晴絵「赤とか青とかあるよ」

憧「すぐ決まるから待ってて!」

晴絵「あっはい」

宥「うーん………じゃあ、ピンク色で」

穏乃「桜に合わせて、ですね!」

憧「ピンクいいわね!かわいい!」

晴絵「印刷は?」

宥「それは白でいいと思います…?」

玄「うん、いいと思うよ!」

宥「良かったあ」

晴絵「なるほどね。じゃあ発注出しとくから。お金は立て替えとくから、また来たら集金する」

憧「奢りじゃないのー?」

晴絵「さすがに厳しいからやめて」




~さらに数日後~

晴絵「Tシャツ届いたぞー」ドサッ

5人「おおー!!」

玄「私の絵がTシャツに…!」

穏乃「めっちゃいい!!すごい!!」キャッキャ

憧「シズ、語彙力低すぎ」

宥「よく出来てるね~」

灼「私、ピンク着こなせるのかな」

玄「似合うよ~、ほら」

憧「うん、なかなか見ない組み合わせだけど、いいですね!」

灼「///」

晴絵「それじゃ、部活中はこれ着てもいいし、制服でもいいし、自由に使って」

5人「はーい」

穏乃「いいね!一体感出てきたかもっ!早速今日着ましょうよ!」

灼「宥さん半袖ですけど、別で何か持ってます?」

宥「うん、長袖も持ってきてるよ~」

憧「シズもこれで、ジャージ卒業かな?」

穏乃「いやいや、ジャージはジャージだし!」


晴絵「…私も着替えてこようかな」

小蒔「この間、流行語大賞なるものが発表されましたね!」

初美「神ってるですねー」

小蒔「若い人の言葉遣いは面白いですね。神様が動詞になるなんて…」

霞「小蒔ちゃんも若いでしょう?何なら大賞の人よりも」

小蒔「神っているのは野球選手だけではないですよ」フフン

小蒔「私たちはいわば日常的に神ってますからね!」

霞「…まあ確かに」

初美「寝たら強くなったりー、東南西北が集まってきたりー、手持ちが一色に染まったりー」

霞「ちょうどここにいるメンバーなのね」アラ

小蒔「麻雀だけではありませんよ。普段から神ってますから」

小蒔「『今日の夜ご飯は湯豆腐が食べたい!』と思うと本当に湯豆腐が出てきます!」

霞「…湯豆腐が食べたいのね?」

小蒔「今日のお話ではありませんっ!前の話です!」

霞「うーん、そんなこともあったかしら…?」

初美「私もそういえば神ってたことありましたー!」

初美「ちょっと電車に乗って出かけたんですけど、寝ちゃって」

初美「ふっと目が覚めたら降りる駅だったんですよー!」

小蒔「神ってますね!」

初美「霞ちゃんはそういうのないですか?」

霞「私?えーと…」

霞「新しい料理を試したとき、味付けを勘でやったらうまくいったことがあったけど」

小蒔「神ってますね!」

霞「そ、そうなの?どちらかというと日頃の家事の成果だと思うのだけど…」

初美「私こないだ、体育でスリーポイント決めましたよー!」

小蒔「すごい!神ってますね!」

初美「ノーマークでしたし」フフン

小蒔「私、1日に同じブランドの服を着た人を10回も見たことあります!」

初美「おおー。なかなかないですよー!」

初美「CMに入ったからテレビのチャンネル変えたら、変えた先もおんなじCMやってました!」

小蒔「神ってますね!」

霞「…」

霞(大神様、小さな奇跡も起こしていただきありがとうございます…)

小蒔「先日面白いものを拝見しまして」

春「はい」

小蒔「神セブンなる団体が存在するそうですね!」

巴「それは団体というかくくりというか…」

小蒔「知っていますよ。女の子のアイドルグループですよね!」

巴「あ、はい」

小蒔「中でも特にふぁんから人気のあるのがその神セブンの方々だとか」

春「そうみたいですね」

小蒔「どんなに神聖な方々なのでしょうか…!お会いしてみたいです!」

巴「いや、神聖かどうかは…。まあそれを差し置いてもたぶん会えないけど」

小蒔「そうなのですか」

巴「あんまり詳しくはないですけど、ああいうのはいつも熱心に応援している人しか会えないんですよ」

小蒔「それはそれは…」

小蒔「で、また話は変わるのですが」

春「はい」

小蒔「私たち霧島神境の女子って、ちょうど7人ですよね!」

春「そうですね」

小蒔「まさに『神セブン』!!」フフン

巴「…あー、正真正銘のですねー…」

小蒔「そこで今回は、アイドルの神セブンの方々もお持ちの『きゃっちふれーず』を考えてみました!」

巴「姫様と六女仙の?」

小蒔「そういうことです!アイドルですよ!」

春「キャッチフレーズだけでは何ともアイドルとは…」

小蒔「誰が1番とかはなしにして、学年順に行きますよ」ワクワク

巴「だいぶ言いたかったんですね?」

小蒔「霞ちゃん!『私は怒りません!優しさであなたを幸せに!永水女子3年、石戸霞です!』」

春「とにかく優しそうですね」

小蒔「実際優しいです」

巴「なーんか違うような気もするけど…」

小蒔「次、巴ちゃん!『フォローはお任せ!クールな仕事をお約束します、永水女子3年、狩宿巴です!』」

巴「プログラマーさんみたいな」

春「企業」

小蒔「次、初美ちゃん!『ダンスと運動大好き!でも1番は麻雀!永水女子3年、薄墨初美です!』」

春「このダンスって」

小蒔「ボゼのです!」

巴「ずいぶんな意訳ですね…」

小蒔「次、私!…は飛ばして」

巴「いやいやいや、聞かせてください?」

小蒔「自分で読み上げるのは恥ずかしいので…」

春「これ作るのは恥ずかしくなかったの」

巴「はるる言い過ぎ!」

小蒔「む、仕方ないですね。…『途中で寝てしまったらごめんなさい、助けてください。永水女子2年、神代小蒔です』」

巴「寝るの前提ですか!」

小蒔「何時間も歌って踊ってしていたら…ねえ?」エヘヘ

巴「ねえ、って」

春「というか歌って踊るんですね」マージャンスルダケカト

小蒔「そうですよ?アイドルですからねっ」

春「…」

小蒔「次はハルですよ!『黒糖大好き!途中で食べてしまっても許してね!永水女子1年、滝見春です!』」

春「そんなキャラじゃないです」

小蒔「そうでしょうか」

春「そうです」

巴「しかも途中で~のくだり引っ張られてますしね」

小蒔「ふふふ、ここはわざとですよ!『てっぱん』というものです」

巴「こなれているところもあるんですね…」

小蒔「次、明星ちゃん!『霞ちゃんは私のいとこ!そして、みんなの妹!永水女子中3年、石戸明星です!』」

春「…おー」

巴「急にぽくなった」

小蒔「みんなの妹というのはかわいいです」

小蒔「ラスト、湧ちゃん!『明星ちゃんとは仲良し!成長期真っ盛りです!永水女子中3年、十曽湧です!』」

巴「元気なテイストですね」

春「成長期なんですか?」

小蒔「中学3年生ですから」

巴「姫様くらいまでは大体成長期では…」

小蒔「と、いうわけで、7人そろって『霧島神境の神セブン』!です!」

小蒔「いかがでしょう!?」

巴「た、楽しかったですよ?アイドルになったみたいで」

春「でも全国では勝てないと思う」ポリポリ

小蒔「そんなっ」

春「巫女服でアイドルやってたらあざといとか思われそう…」

巴「そんなネガティブな」

春「だから、鹿児島ローカルならいいと思う。『○○島出身~』とか付けて」

小蒔「…おお!おお~!」アクシュ

春「わ」アクシュサレル

小蒔「一気に現実味を帯びました!さすがハルですね!」

巴「そうかな…」

小蒔「目指せ鹿児島のご当地アイドル、です!」ドーン

春「ふぁいとです」ポリポリ

小蒔「そうとなれば撮影の手配を」

巴「何を撮るんですか!?」

♪~ ♪~

爽「……んー」モゾモゾ

爽「…うっさいなあ」ピッ

爽「もしもしぃ?」

爽「…あ、おはようございます、はい」

爽「えーと、9時2分だな」

爽「…え?知ってたよ、集合時間。9時だろ?」

爽「いや、今ケータイ見たけど、今起きたわけじゃないから。ずっと起きてたから」

爽「その、……体調悪くてさ。げっほごっほ」

爽「いやマジでマジで、咳止まんねーし。嘘っぽくはねーし」

爽「熱もあるし」

爽「…計った計った、計ったんだけど、あの…」

爽「36度8分」

爽「微熱だから!熱じゃんて!体調不良じゃんって!」

爽「あー、大声出したからまたクラっときたわこれ。チカのせいだわこれ。全部チカのせいだ」

爽「…言いすぎましたすいません」ピピピッ

爽「……まったく信じてないって!そりゃあ酷いな!友達だろ?」

爽「あ、友達でいてください…お願いします…」

爽「…え?いや、ちゃんとは知らない」

爽「うんうん。…え、マジか」

爽「そこのケーキは食べたいわ。今から支度してく」

爽「…風邪だけどもー、ケーキは食べられるんですよ」

爽「だ、だから、うつんないって。私の風邪はうつんない系だから」

爽「は?替わる?誰に」

爽「…」

爽「…」

爽「…はい、はい。すいませんでした」

爽「電話取ってからここまでほとんど嘘でした。はい」

爽「熱?…36度ちょうど」

爽「はい、至って元気です。たくさん寝たんで」

爽「疲れてたわけじゃなくて、ちょっと夜更かしをですね…」

爽「真屋さんごめんなさい、そんな失望したトーンはおやめになって」

爽「あの、一応女の子なんで、そっちに着くの11時くらいかと。ホントごめんなさい」

爽「……なんだよあのユキ!めっちゃキレてんじゃん!静かに!」

爽「…あ、はい。チカもごめんなさいでした」

爽「寝坊しました」



こんにちは。
今年一年もお世話になりました。また来年もよろしくお願いします。

今回はSSではありません。



昨今二次元のものを三次元の「カフェ」に(正しくはカフェのコンセプトに)する流れが多いように感じられます。
今年で言うとカービィカフェはテレビで取り上げられました。ポプテピピックや3月のライオン、ラブライブサンシャインもコラボカフェがありましたね。


そこで、咲-Saki-シリーズが再びコラボカフェをやることになったら、どんな装いで、どんなメニューがあるのだろうか、ということを考えてみたいと思います。

編注)パセラで過去何度かコラボカフェ企画は実施されておりました。
http://www.saki-anime.com/blog/information/post_445/ 2012年
SAKI_CAFE_Menu01
SAKI_CAFE_Menu02


http://www.paselabo.tv/anime/saki_2/
 2014年
pop_drink
pop_food



①場所的なこと
 主人公校・清澄の部室風な内装になってくるのではないでしょうか。
 もしくはまこさんの実家・Roof-top風にしてまんまカフェのような。
 
 いずれにしても、店内で実際に麻雀が打てるような設備があると楽しいのかなと思います。




②料理的なこと
 1.片岡優希のタコス!
   アニメ全国編放送前後で、キッチンカーにて販売されていたこともありました。これは鉄板でしょう。
 
 2.藤田靖子のカツ丼!
   おろしはアリナシ選ぶことができます。

 3.白築慕のつぶつぶドリアンジュース!
   万人受けするような味の仕上がりにアレンジしました。

 4.江崎仁美の日替わりジュース!
   こだわり抜いたジュースが日替わりで楽しめます。

 5.メガン・ダヴァンの醤油ラーメン!
   カップ麺を提供するわけではありません。

 6.ほうれん草スープ?
   ※抹茶のお汁粉です。

 7.姉帯豊音の京風まっちゃマシュマロチョコパーティートリプルナッツキャラメルチェリーベリーチーズタルトバナナメロンソーダクラッカーキャンディキュートフラワーベイクドチーズオンチーズゆずこしょうパイ黒ごまアイス!
   味のデパートです。

 8.宮永咲の冷やし中華!
   季節限定、夏バテでもいただけます。

 9.渋谷尭深の日本茶!
   茶葉から選んできています。

 10.末原恭子の末原焼き!
   お好み焼きとはまた違うようです。

 11.滝見春の喜界島かりんとう!
   店販もあります。

 などなど。まだまだ探せばありそうな予感。
 作品に出てきたものでなくとも、キャラのイメージ商品でもいいですよね。ちゃちゃのんのいちごパフェとかちゃ  
ちゃのんのいちごオレとか。



③その他のこと
 ファン同士の交流ノートなどあれば、コメントや絵を残していって楽しめそうですね。
 また、全国に舞台があることもあるので、「どの県から来ましたか?」ボードなんてあると面白そうです。
 咲らじ(咲なま)の公録なども良いかもしれません。





いかがでしたか?

コラボカフェの肝は「行って作品の雰囲気を楽しめること」にあると思います。
「このメニューこのページに出てきたよね!」とか「あの道具、あの子が使ってた!」といった盛り上がりが、二次元のものを三次元に持ってきたときに楽しめる要素になってくるのかと。



来年、本編の決勝戦スタートやいずれかのアニメ化などきっかけがあれば、ぜひ見てみたいものです。
皆さんもこんなメニューがあったら、というものがあれば教えてください!

このページのトップヘ