かえんだん

カテゴリ: 咲-Saki-

小蒔「この間、流行語大賞なるものが発表されましたね!」

初美「神ってるですねー」

小蒔「若い人の言葉遣いは面白いですね。神様が動詞になるなんて…」

霞「小蒔ちゃんも若いでしょう?何なら大賞の人よりも」

小蒔「神っているのは野球選手だけではないですよ」フフン

小蒔「私たちはいわば日常的に神ってますからね!」

霞「…まあ確かに」

初美「寝たら強くなったりー、東南西北が集まってきたりー、手持ちが一色に染まったりー」

霞「ちょうどここにいるメンバーなのね」アラ

小蒔「麻雀だけではありませんよ。普段から神ってますから」

小蒔「『今日の夜ご飯は湯豆腐が食べたい!』と思うと本当に湯豆腐が出てきます!」

霞「…湯豆腐が食べたいのね?」

小蒔「今日のお話ではありませんっ!前の話です!」

霞「うーん、そんなこともあったかしら…?」

初美「私もそういえば神ってたことありましたー!」

初美「ちょっと電車に乗って出かけたんですけど、寝ちゃって」

初美「ふっと目が覚めたら降りる駅だったんですよー!」

小蒔「神ってますね!」

初美「霞ちゃんはそういうのないですか?」

霞「私?えーと…」

霞「新しい料理を試したとき、味付けを勘でやったらうまくいったことがあったけど」

小蒔「神ってますね!」

霞「そ、そうなの?どちらかというと日頃の家事の成果だと思うのだけど…」

初美「私こないだ、体育でスリーポイント決めましたよー!」

小蒔「すごい!神ってますね!」

初美「ノーマークでしたし」フフン

小蒔「私、1日に同じブランドの服を着た人を10回も見たことあります!」

初美「おおー。なかなかないですよー!」

初美「CMに入ったからテレビのチャンネル変えたら、変えた先もおんなじCMやってました!」

小蒔「神ってますね!」

霞「…」

霞(大神様、小さな奇跡も起こしていただきありがとうございます…)

小蒔「先日面白いものを拝見しまして」

春「はい」

小蒔「神セブンなる団体が存在するそうですね!」

巴「それは団体というかくくりというか…」

小蒔「知っていますよ。女の子のアイドルグループですよね!」

巴「あ、はい」

小蒔「中でも特にふぁんから人気のあるのがその神セブンの方々だとか」

春「そうみたいですね」

小蒔「どんなに神聖な方々なのでしょうか…!お会いしてみたいです!」

巴「いや、神聖かどうかは…。まあそれを差し置いてもたぶん会えないけど」

小蒔「そうなのですか」

巴「あんまり詳しくはないですけど、ああいうのはいつも熱心に応援している人しか会えないんですよ」

小蒔「それはそれは…」

小蒔「で、また話は変わるのですが」

春「はい」

小蒔「私たち霧島神境の女子って、ちょうど7人ですよね!」

春「そうですね」

小蒔「まさに『神セブン』!!」フフン

巴「…あー、正真正銘のですねー…」

小蒔「そこで今回は、アイドルの神セブンの方々もお持ちの『きゃっちふれーず』を考えてみました!」

巴「姫様と六女仙の?」

小蒔「そういうことです!アイドルですよ!」

春「キャッチフレーズだけでは何ともアイドルとは…」

小蒔「誰が1番とかはなしにして、学年順に行きますよ」ワクワク

巴「だいぶ言いたかったんですね?」

小蒔「霞ちゃん!『私は怒りません!優しさであなたを幸せに!永水女子3年、石戸霞です!』」

春「とにかく優しそうですね」

小蒔「実際優しいです」

巴「なーんか違うような気もするけど…」

小蒔「次、巴ちゃん!『フォローはお任せ!クールな仕事をお約束します、永水女子3年、狩宿巴です!』」

巴「プログラマーさんみたいな」

春「企業」

小蒔「次、初美ちゃん!『ダンスと運動大好き!でも1番は麻雀!永水女子3年、薄墨初美です!』」

春「このダンスって」

小蒔「ボゼのです!」

巴「ずいぶんな意訳ですね…」

小蒔「次、私!…は飛ばして」

巴「いやいやいや、聞かせてください?」

小蒔「自分で読み上げるのは恥ずかしいので…」

春「これ作るのは恥ずかしくなかったの」

巴「はるる言い過ぎ!」

小蒔「む、仕方ないですね。…『途中で寝てしまったらごめんなさい、助けてください。永水女子2年、神代小蒔です』」

巴「寝るの前提ですか!」

小蒔「何時間も歌って踊ってしていたら…ねえ?」エヘヘ

巴「ねえ、って」

春「というか歌って踊るんですね」マージャンスルダケカト

小蒔「そうですよ?アイドルですからねっ」

春「…」

小蒔「次はハルですよ!『黒糖大好き!途中で食べてしまっても許してね!永水女子1年、滝見春です!』」

春「そんなキャラじゃないです」

小蒔「そうでしょうか」

春「そうです」

巴「しかも途中で~のくだり引っ張られてますしね」

小蒔「ふふふ、ここはわざとですよ!『てっぱん』というものです」

巴「こなれているところもあるんですね…」

小蒔「次、明星ちゃん!『霞ちゃんは私のいとこ!そして、みんなの妹!永水女子中3年、石戸明星です!』」

春「…おー」

巴「急にぽくなった」

小蒔「みんなの妹というのはかわいいです」

小蒔「ラスト、湧ちゃん!『明星ちゃんとは仲良し!成長期真っ盛りです!永水女子中3年、十曽湧です!』」

巴「元気なテイストですね」

春「成長期なんですか?」

小蒔「中学3年生ですから」

巴「姫様くらいまでは大体成長期では…」

小蒔「と、いうわけで、7人そろって『霧島神境の神セブン』!です!」

小蒔「いかがでしょう!?」

巴「た、楽しかったですよ?アイドルになったみたいで」

春「でも全国では勝てないと思う」ポリポリ

小蒔「そんなっ」

春「巫女服でアイドルやってたらあざといとか思われそう…」

巴「そんなネガティブな」

春「だから、鹿児島ローカルならいいと思う。『○○島出身~』とか付けて」

小蒔「…おお!おお~!」アクシュ

春「わ」アクシュサレル

小蒔「一気に現実味を帯びました!さすがハルですね!」

巴「そうかな…」

小蒔「目指せ鹿児島のご当地アイドル、です!」ドーン

春「ふぁいとです」ポリポリ

小蒔「そうとなれば撮影の手配を」

巴「何を撮るんですか!?」

♪~ ♪~

爽「……んー」モゾモゾ

爽「…うっさいなあ」ピッ

爽「もしもしぃ?」

爽「…あ、おはようございます、はい」

爽「えーと、9時2分だな」

爽「…え?知ってたよ、集合時間。9時だろ?」

爽「いや、今ケータイ見たけど、今起きたわけじゃないから。ずっと起きてたから」

爽「その、……体調悪くてさ。げっほごっほ」

爽「いやマジでマジで、咳止まんねーし。嘘っぽくはねーし」

爽「熱もあるし」

爽「…計った計った、計ったんだけど、あの…」

爽「36度8分」

爽「微熱だから!熱じゃんて!体調不良じゃんって!」

爽「あー、大声出したからまたクラっときたわこれ。チカのせいだわこれ。全部チカのせいだ」

爽「…言いすぎましたすいません」ピピピッ

爽「……まったく信じてないって!そりゃあ酷いな!友達だろ?」

爽「あ、友達でいてください…お願いします…」

爽「…え?いや、ちゃんとは知らない」

爽「うんうん。…え、マジか」

爽「そこのケーキは食べたいわ。今から支度してく」

爽「…風邪だけどもー、ケーキは食べられるんですよ」

爽「だ、だから、うつんないって。私の風邪はうつんない系だから」

爽「は?替わる?誰に」

爽「…」

爽「…」

爽「…はい、はい。すいませんでした」

爽「電話取ってからここまでほとんど嘘でした。はい」

爽「熱?…36度ちょうど」

爽「はい、至って元気です。たくさん寝たんで」

爽「疲れてたわけじゃなくて、ちょっと夜更かしをですね…」

爽「真屋さんごめんなさい、そんな失望したトーンはおやめになって」

爽「あの、一応女の子なんで、そっちに着くの11時くらいかと。ホントごめんなさい」

爽「……なんだよあのユキ!めっちゃキレてんじゃん!静かに!」

爽「…あ、はい。チカもごめんなさいでした」

爽「寝坊しました」



こんにちは。
今年一年もお世話になりました。また来年もよろしくお願いします。

今回はSSではありません。



昨今二次元のものを三次元の「カフェ」に(正しくはカフェのコンセプトに)する流れが多いように感じられます。
今年で言うとカービィカフェはテレビで取り上げられました。ポプテピピックや3月のライオン、ラブライブサンシャインもコラボカフェがありましたね。


そこで、咲-Saki-シリーズが再びコラボカフェをやることになったら、どんな装いで、どんなメニューがあるのだろうか、ということを考えてみたいと思います。

編注)パセラで過去何度かコラボカフェ企画は実施されておりました。
http://www.saki-anime.com/blog/information/post_445/ 2012年
SAKI_CAFE_Menu01
SAKI_CAFE_Menu02


http://www.paselabo.tv/anime/saki_2/
 2014年
pop_drink
pop_food



①場所的なこと
 主人公校・清澄の部室風な内装になってくるのではないでしょうか。
 もしくはまこさんの実家・Roof-top風にしてまんまカフェのような。
 
 いずれにしても、店内で実際に麻雀が打てるような設備があると楽しいのかなと思います。




②料理的なこと
 1.片岡優希のタコス!
   アニメ全国編放送前後で、キッチンカーにて販売されていたこともありました。これは鉄板でしょう。
 
 2.藤田靖子のカツ丼!
   おろしはアリナシ選ぶことができます。

 3.白築慕のつぶつぶドリアンジュース!
   万人受けするような味の仕上がりにアレンジしました。

 4.江崎仁美の日替わりジュース!
   こだわり抜いたジュースが日替わりで楽しめます。

 5.メガン・ダヴァンの醤油ラーメン!
   カップ麺を提供するわけではありません。

 6.ほうれん草スープ?
   ※抹茶のお汁粉です。

 7.姉帯豊音の京風まっちゃマシュマロチョコパーティートリプルナッツキャラメルチェリーベリーチーズタルトバナナメロンソーダクラッカーキャンディキュートフラワーベイクドチーズオンチーズゆずこしょうパイ黒ごまアイス!
   味のデパートです。

 8.宮永咲の冷やし中華!
   季節限定、夏バテでもいただけます。

 9.渋谷尭深の日本茶!
   茶葉から選んできています。

 10.末原恭子の末原焼き!
   お好み焼きとはまた違うようです。

 11.滝見春の喜界島かりんとう!
   店販もあります。

 などなど。まだまだ探せばありそうな予感。
 作品に出てきたものでなくとも、キャラのイメージ商品でもいいですよね。ちゃちゃのんのいちごパフェとかちゃ  
ちゃのんのいちごオレとか。



③その他のこと
 ファン同士の交流ノートなどあれば、コメントや絵を残していって楽しめそうですね。
 また、全国に舞台があることもあるので、「どの県から来ましたか?」ボードなんてあると面白そうです。
 咲らじ(咲なま)の公録なども良いかもしれません。





いかがでしたか?

コラボカフェの肝は「行って作品の雰囲気を楽しめること」にあると思います。
「このメニューこのページに出てきたよね!」とか「あの道具、あの子が使ってた!」といった盛り上がりが、二次元のものを三次元に持ってきたときに楽しめる要素になってくるのかと。



来年、本編の決勝戦スタートやいずれかのアニメ化などきっかけがあれば、ぜひ見てみたいものです。
皆さんもこんなメニューがあったら、というものがあれば教えてください!

淡「虎姫の人たちはさ~、いいよね~」

誠子「何が?」

淡「副業があるからさ、麻雀がダメになっても食べていけるでしょ?」

菫「副業って何だ」

淡「亦野先輩は釣りでしょ、スミレ先輩はあの射貫くやつ」ズバット

菫「アーチェリーな」

淡「たかみーはお茶があるし」

尭深「趣味の範囲だよ…?」ズズッ

淡「テルーなんか利きシャンプーとお菓子好きでしょ!?2個もあんじゃん!」

照「…私、その2つで食べていけるんだ」

菫「どんなニッチな職業だよ」

淡「ひるがえって私!何にもないよ!」

誠子「別にガチで取り組んでるわけじゃないんだから、私たちのそれだって。大星とそんな変わんないよ」

淡「変わるもん!好きが高じればうんぬんって言うし!」

照「じゃあ逆に淡の趣味って何?」

淡「え、私の趣味?………漫画?」

菫「それは副業にはならないな」

淡「ほらー!だから、麻雀以外にも何か手に職付けたいの!」

誠子「ポジティブなのかネガティブなのかよく分からんことになってるな」

淡「だってオネエの人だって!假屋崎さんはお花の先生、カバちゃんは振付、尾木ママは本物の先生!みーんなオネエ以外にも何かあって成功してる!」

尭深「なんでオネエ系…?」

誠子「というか本業はオネエじゃないぞその人たち」

淡「とにかく、みんなの副業、ちょっと勉強させて!できそうなのあったら考える!」

菫「面倒なことを言い出したな…」

淡「2年生の人からやってくからね!ほら2人でじゃんけんして!じゃん勝ちが1番手ね!」

誠子「強制イベントかよ!」

尭深「…でも、自分の趣味のこと知ってもらうにはいい機会じゃないかな?」

誠子「じゃあ尭深1番ね」

尭深「え、あ、そういう、そこまで前向きってわけでは」

淡「お、じゃあタカミー先輩!よろしくお願いします」ペッコリン

尭深「えええ…」アセアセ




①お茶の時間

尭深「」コポコポ

尭深「はいどうぞ」

淡「うむ」ズズーッ

淡「まろやか!」

尭深「続いてこちら」

淡「はいはい」ズズーッ

淡「…にっが!」ウゲー

尭深「おんなじお茶っぱでも何度も淹れると味がこんなに違うんだよー。最初に飲んでもらったのが初めてお湯を入れたのね」

淡「へー」

尭深「じゃあ、淡ちゃんもやってみよ?」

淡「え、私飲んでるだけじゃないの?」

尭深「えっ」



②釣りの時間

誠子「本当は川や海へ行きたいところ、遠出の早起きは嫌とのことで」

淡「都心にだってあるんじゃん釣りスポット!最初から教えてよね~」

誠子「釣堀になりました」


誠子「引っ張られた感じがしたらすぐ引き上げる、あとは網に入れる。こんだけだから」

淡「ふふふ、今日は100匹釣れるまで帰りませんよ」

誠子「ここキャッチアンドリリースだからね」


~数十分後~

誠子「まあ、釣堀だしこんなもんか」タイリョウー

淡「…」ゼロー

淡「つまんない!帰るっ!」プクー




③アーチェリーの時間

菫「素人が弓を持つのは早すぎるし、淡が持つのを想像できないから、精神統一だけやってもらう」

淡「えーなにそれつまんなーい」

菫「こういう鍛錬が日頃の生活にも生きてくるんだ、特にお前は落ち着きがないんだから」

淡「はーい」


菫「…」

淡「…」

菫「…」

淡「…」(…アイハバペーン)

菫「…」

淡「…」(アイハバアッポー)

菫「…」

淡「…フッ」(オン、アッポーペーン)

菫「集中しろよ」バシッ

淡「いった!」

菫「もぞもぞうるさい」





④お菓子の時間

淡「これ、歴代で一番楽勝だと思う!」

照「そう?」

淡「お菓子食べるくらいならできるよ!おいしーし!」

照「何を食べようか」バサバサッ

淡「わ、たくさんある!」

照「今日のおすすめはこれとこれかな」

淡「わーい」

照「贅沢チョコがすごく濃厚なんだ」

淡「」ポリポリ

淡「んまーい!」

淡(やっぱり楽勝じゃん!)


照「…またやる?」

淡「うんっ!これはできそうですな!」

照「次回は淡もお菓子持ってきてね」

淡「え?」

照「ずっと2人分私が出すことはできないから…。ある程度は持ってきてもらわないと」

淡「…お金、今一円もないよ」

照「…じゃあ入るまで中断だね」

淡「」







淡「どれも難しい!!」グデーン

誠子「ほぼお前が投げ出したんじゃないか?」

尭深「人が好きなものを好きになるって、結構大変なんだね…。私の力不足でした…」

菫「尭深は全く悪くないだろう」

淡「どっかに転がってないかなー副業ー」

照「そもそもさ」モグモグ

淡「あい?」

照「麻雀で最強なら、保険のこと考えなくてもいいんじゃないかな?」

照「プロのスポーツ選手だって、トップクラスだから副業ほとんどしてないでしょ?」

照「淡も麻雀でトップになれば、副業なんていらないと思うけど」モグモグ

淡「…たしかし」

淡「そーだよ!麻雀でナンバーワンならそれだけで食べてけるじゃん!見落としてたよ!」

淡「この淡ちゃん、麻雀に近すぎて麻雀のことが見えてなかったね…。よーし、じゃあ打とうか!先輩方!」

誠子「何なんだコイツは…」

照「がんばれー」モグモグ

菫「お前も優しいんだか無茶なんだか分からんアドバイスしたなぁ…」

尭深「まず宮永先輩を超えないといけないんですもんね…」

淡「釣りの人とお茶の人と射る人で!」

菫「名前で呼んでくれよ」

このページのトップヘ