かえんだん

タグ:エイスリン・ウィッシュアート

白望「眠…ダル…」ゴロン

豊音「おはよー…ってあれ」

豊音「シロはまだねぼすけさんかな?」

白望「起きてるよ」

豊音「体は寝てるよー」

白望「朝からそんな元気になれない…」

豊音「いい天気なのにー」

白望「どうせまだ来ないでしょ、もうちょっと寝る」ゴロン

豊音「えー、何かしようよー」

白望「むり」

豊音「じゃあー、私も横になって待ってよっと」ゴロン

白望「え」

豊音「だる…」

白望「真似したね?」

豊音「えへへー」

胡桃「おはようございま…何してんの?」

豊音「シロが遊んでくれないからシロの真似してる」

胡桃「何、カギは開けられたのに待ってられなかったの、シロ?」

白望「私に朝の鍵当番をさせるとこうなるよ」

胡桃「いや起きてようよ、しわになるよ、制服」

白望「あ゙ー」

胡桃「まったく…」

胡桃「! ちょうど真ん中空いてる!」

豊音「胡桃ちゃんも来る?」ユカトントン

胡桃「寝かしつけるお母さんみたいな動きはおかしいね」

胡桃「どうせこんなんじゃ何もできないしね…よっこいしょ」

白望「しわになるよ」

胡桃「寝相いいから、シロと違って」

白望「そう…」




塞「ごめん遅れて…って」

白望「」zzz  胡桃「」zzz  豊音「」zzz

エイ「ネテル!」

塞「丁寧に毛布まで敷いて、ガチ寝じゃん…」

塞「ふふ、しかも川の字」

エイ「カワノジ?river?」

塞「そうそう。リバーは漢字で、あ、ちょっとボード借りるね」



塞「こう書くの」

エイ「! コレガ、シロ!」

塞「そうだね」

エイ「コレガクルミ、コレガトヨネ」

塞「まんまでしょ」

エイ「」コクコク

塞「家族で寝るときに使うたとえなんだけどね。えーっと…レトリック?」

エイ「ナルホド」

エイ「シロガ、オカアサン?トヨネ、オトウサン?」

塞「見た目的にはそうだね。でも中身は逆だわ…」

エイ「クルミハ、コドモ」

塞「断定してきたね(笑) まあそこは揺るがないね」

塞「写真撮っとこ」カシャ

塞「エイちゃんにも後であげるね」

エイ「カワイイシャシン!」

塞「…胡桃が子ども役だっていうのは言っちゃダメだよ」

エイ「ドウシテ?」

塞「怒るから」

豊音「あ、エイちゃんの画板セット」

エイ「?」

豊音「新しくした?」

エイ「ウン!カッテキタ」

豊音「キレイでいいねー」

エイ「ナレテキタヨ」

豊音「そっかそっか」

エイ「カクノハ、コレデ」ジャン

http://www.felissimo.co.jp/500/

豊音「色鉛ぴ……種類多いね!?」

エイ「500color!」

豊音「そんなに!?すごいねー…」

豊音「どんな色があるのかな?」

エイ「ミテイイヨ!」カパッ

豊音「ふむふむ」

豊音「あはは!『シャム猫の澄んだ瞳』だって!かわいいよー」

豊音「でも他の青の色とよく違いが分かんない…。『雨上がりのクモの巣』とか一緒じゃないかな」

エイ「チョットズツチガウヨ」

豊音「絵描きさんがそう言うならそうかもしれないね」

豊音「もっと細かく名前が決まってると思ったからびっくりしたよー」

エイ「Rhetoric!」

豊音「うんっ、比喩的な感じだね!」

豊音「エイちゃんはどの色をよく使うのかな」

エイ「ミジカクナッタノ、ヨクツカウ」

豊音「結構減ってるんだ、早ーい」

豊音「『屋久島のおさるさん』、『たらの新芽』、『カナダのスモークサーモン』、『魔法使いのマント』、『ジュラ紀のアンモナイト』……」

豊音「ど、どういう基準で選んだのかな?」

エイ「キブン!」

豊音「そ、そっか気分か」

豊音(エイちゃんの心の状態がちょっと不安になっちゃった……)




~後日~

豊音「ノートに色付けしたいなー♪」

豊音「エイちゃーん」

エイ「ヘイラッシャイ」

豊音「『ジェラシー』と『愛のキューピッド』、あとー、『ファラオの時代のナイル川』ください!」

塞「!?」

エイ「コレトコレト、コレ!ドウゾ!」

豊音「ありがとー」

塞「色鉛筆じゃないの!?なにその、コードネームみたいな」

エイ「イロエンピツダヨ」

塞「え、どういうこと」




胡桃「この後500色色鉛筆がちょっと流行ったよ」

胡桃「でも『くるみ割り』は使わないで欲しいな」

~部室~

宅配業者さん「こんちはー宅配便でーす」

白望「…どうも」

宅配業者さん「ここにねサインを」

白望「…はい」

宅配業者さん「お荷物どうします?」

白望「置いといてくれれば持ってくんで」

宅配業者さん「ありがとうございますー。それじゃまたお願いします!」


白望「『人をダメにするクッション』…」

白望「」ベリベリ

白望「」モフッ

白望「あー」

塞「うぅー寒いっ」ガチャ

塞「え、何してんの」

白望「クッション買ったの」

塞「…届け先ここにしたのかー」

白望「気持ちいいよ」

塞「部室点検入られたら怒られるの私なんだからね~?」

白望「持って帰るよその時には」

ーーーーー

宅配業者さん「ちわーす」

白望「どうも」


白望「『着る毛布』…」

白望「」ペリペリ

白望「」モゾモゾ

白望「あったか」

塞「」ガチャ

塞「えっなに 誰?」

白望「私」

塞「また買ったの~?あんまり増やさないでよ~」

白望「暖かいよ、『着る毛布』」

塞「いや暖かいんだろうけどさ」

ーーーーーー

塞「…さすがに見過ごせなくなってきた」

白望「…」ペラペラ

→寝ながら本を読めるブックスタンド

白望「…喉渇いた」

→ハンドキャッチャー

白望「」ゴクゴク

白望「…寝よう」

→着る毛布・ビーズクッション

エイ「ナンダカ ラクシテル?」

塞「うん、楽というかズルしてるよね」

塞「だいたいさシロ、これだけのものそろえられる資金がどこにあったの?」

白望「…協力者を得たから」

豊音「えへへー。ごめん塞ー」ヒョコッ

塞「おお、こたつと毛布の中から」ギョッ

豊音「シロにねー、人をダメにするシリーズがいかにすごいのか力説されたんだけどー、そしたら協力しなくちゃって思って」

塞「アンタそこまでして…」

胡桃「ていうかさ、人をダメにするシリーズっていうか」

胡桃「シロ元からダメ人間じゃん」

白望「……今のちょっと傷ついたよ」モゴモゴ

胡桃「せめてクッションから顔上げて言ってくれないかな?」・v・





参考・引用:http://matome.naver.jp/odai/2145343534114324601

AM 7:00

ピピピピッ ピピピピッ ピピピピッ

白望「んぐ」パシッ

白望「zzz」

<イツマデネテンノ! オクレルヨ!

白望「…学校めんどくさいなあ」モゾモゾ


AM 7:20

白望「パンちょうだい」

母「ちょっと、髪ぼさぼさじゃないの!」

白望「生まれつきだから。じゃ行くね」

母「ちょ、ちょっと!」


AM 7:40

塞「…遅い!」

白望「ごめん」

塞「あーしかも髪ぼっさぼさじゃん!着いたら櫛貸すから整えてよ?」

白望「がんばる」

塞「しかもその手に持ってるの…」

白望「レーズンロール」モグモグ

塞「袋ごと持って来たんだね」

白望「パッと」

塞「…そっか」

白望「」モグモグ


AM 8:30

ー物理ー

白望「」ボーッ


AM 9:30

ー数Ⅲー

白望「」ボーッ


AM 10:30

ー数Cー

白望「」ボーッ


AM 11:30

ー現国ー

白望「」ボーッ


AM 12:30

葵「小瀬川さんご飯ある?」

白望「…あ、ない」ゴソゴソ

葵「パン食べようよ。あげるからさ」

白望「…朝もパンだった」

塞「何を贅沢言ってるんですか」モシャモシャ

白望「…髪もさもさしないで」

葵「おかずカンパする?」

白望「」グゥー

白望「…お願い」

胡桃「え、何ご飯ないのシロ」

白望「…あ」

白望「レーズンロールはある」

胡桃「朝ご飯の残りでしょ」

白望「そうとも言う」



PM 1:30

ー体育ー

白望「先生体がだるいので」

先生「うんいつも通りだから早くコート入ってね」

白望「」


PM 2:30

ー総合ー

白望「先生」

先生「体育やったらしいじゃないか。元気そうだから早く進路希望出して」

白望「」


PM 4:00

白望「午後は忙しかった」

豊音「頑張ったんだね!」

胡桃「それ、シロ基準だから」

白望「もう何か休めない状況になってる」

トシ「先生方に根回ししておいたよ」

エイ「センセイコンニチハ!」

トシ「はいこんにちは」

白望「何で…」

トシ「普通のことだろ?」

塞「簡潔すぎてそれ以上の言葉がないです」

白望「」



PM 20:30

白望「もう無理動けない」

塞「そんなこと言ったってしょうがないでしょ!動いて!!」

白望「テレポートしたい」

胡桃「この人…」

豊音「あはは…」

エイ「カギ、シメラレナイ…」



PM 22:00

白望「ごちそうさま」カチャン

母「そのままお風呂入って」

白望「…だる」フラフラ




PM22:20

カコーン

白望「ぶくぶくぶく」。○O

白望「ぶくぶくぶく」。○O

白望「ぶくぶくぶく」。○O




PM23:20

さえ:明日遅刻&身だしなみボロボロだったらアイスおごりね

さえ:スタンプを送信しました

小瀬川白望:がんばる

白望「…塞ならガリガリ君でいいよね」

白望「遅刻するつもりで寝るよ。ごめん塞」

白望「zzz」

エイ「~♪」サラサラ

豊音「エイちゃん何描いてるのー?」

エイ「オウチ!House!」

豊音「へー、これがエイちゃんちなの?」

エイ「」フルフル

エイ「ワタシガ スミタイオウチ!」

豊音「あ、そういうこと!どんな感じかなー…」

豊音「ふむふむ、庭が大きいねー。ワンちゃんが走ってるよー」

エイ「ペット カイタイ」

豊音「癒されるもんね!木もいっぱいだねー」

エイ「Relaxダイジ!」

豊音「想像するだけで癒されるよー」

豊音「お家の中はどうかな?」

エイ「ワフウダヨ!」

豊音「ホントだー。テーブルはないけどこたつがあるねー」

エイ「タタミモ!」

豊音「あ、『tatami』って書いてある!海外っぽくなくてへーきなの?」

エイ「ウン。ワフウ スキダカラ」

エイ「オチツク!」

豊音「そっか!そう思ってもらえると日本人としてもうれしいなー」

エイ「トヨネハ ドンナトコロニスミタイ?」

豊音「希望言ったら描いてくれる?」

エイ「オマカセヲ!」キラン

豊音「まずはねー、やっぱり私が入れるだけのスペースがあることかなー…」

エイ「アッ…」

エイ「タカク ツクッテオキマスネ」カキカキ

豊音「お気遣いどうもだよー…」

豊音「あとねー、暖炉が欲しいな!レンガ作りの立派なの!」

エイ「ダンロ イイヨネ」カキカキ

豊音「あとは2階も欲しくてー、らせん階段で上がっていきたい!」

エイ「フムフム」カキカキ

エイ「ミタメハ ドウスル?」

豊音「うーん……お城みたいな感じ!」

エイ「Wow」カキカキ

豊音「それからそれから、お庭で家庭菜園もやりたい!」

エイ「ナニヲ ソダテルノ?」

豊音「色々だよっ!いちごにスイカ、トマトにトウモロコシ!」

エイ「タカクテヒロイイエダネ…」カキカキ

豊音「えへへー、欲張っちゃったかな///」

エイ「ユメハデッカク!イイコトダトオモウヨ!」b

豊音「いつかそんな家に住んでみたいねー」ポワポワ

このページのトップヘ