かえんだん

タグ:上重漫

~2年前~

郁乃「よろしくな~」

ザワザワ…

郁乃(そら動揺するわな~…ん?)

洋榎「何か緩そうな人やな」

郁乃(カニ?)

由子「厳しくはなさそうよー」

郁乃(団子?)

恭子「監督は大事にしとるやろか…心配や…」

郁乃(手提げカバンの持ち手?)


~1年前~

郁乃「今年も仰山入って来たね~。よろしくな~」

洋榎「頑張ろうな絹!」

絹恵「うんっ」

郁乃(タコさんウィンナー?)

漫(う、中学でもそこそこ有名な奴がごろごろおるやん…。どうしよ…)

郁乃(…アレは何やろ。例えられんなぁ)

郁乃「…髪型の阪急百貨店やないかー」

恭子「何をいきなり」

郁乃(ここでは奇抜な髪型にせんと入れてもらえんのやろか)

~姫松高校麻雀部~

セーラ「…」ガチャ

泉「…」

漫「…?」

セーラ「……な、何…?」

漫「いや何やないですよ!こっちのセリフ!」

セーラ「ああ、そうか、俺らが入って来て『何?』はおかしいわな、そらそうやな。ハハハ」

泉「ハハハ」

セーラ「…何?」

漫「いや分かってませんやん!何の御用ですか」

セーラ「じょーだんじゃ~。そこにおる愛宕洋榎が俺んとこに借金しとんねん」

泉「それで取り立てに来たっちゅうわけですわ」

由子「借金!?」

恭子「それでいくらなんですか」

セーラ「元金利息合わせて30円や」

由子「30円!?」

恭子「30円!?」

絹恵「30円!?」

漫「30円!?」

洋榎「合わせて120円!?」

漫「いや何で合わせんですか!違うでしょ!」

セーラ「ええからとっとと払わんかい120円!」

漫「いや増えてますよ!?30円ですよね?」

セーラ「お、おおそうや30円や。その、洋榎が120円とか言いよるから、『120円ってええ数字やな、フフ』って思ってつられてもうたやないか!おい!」

洋榎「すんません!!」

セーラ「い、いいよぉ~」

漫「いいんですか」

セーラ「いいよいいよアイドルみたいなええ声で謝ってくれたからええよぉ~。誠意見えたよぉ~」

洋榎「すんません!!」

セーラ「あぁいいよいいよ気ぃ遣わせてごめんね?」

漫「謝ってしもうてますけど」

セーラ「まあ何にせよ借金は払ってもらわんと困るのう。払わんとどうなるか、俺がきっちり教えたろやないかい!」

アーーオッ!

セーラ「アオッ!」

You Know I'm Bad-You
Know-Hoo!

セーラ「アオッ!」クルクル

You Know I'm Big-I'm Bad-
You Know It, You Know

セーラ「ポウッ!」ムーンウォーク

And The Whole World Has To
Answer Right Now
Just To Tell You Once Again . . .

洋榎「あ、もしもし?」

一同「」ズッコケ

恭子「着信音やったんかい!」

洋榎「いや麻雀部とは思えん身のこなしやで」

由子「キレイなムーンウォークだったのよー」

セーラ「ちょっと洋榎!!」

洋榎「はい」

セーラ「何で途中で止めんの!」

洋榎「何でって」

セーラ「今着信音マイケルで俺マイケルめっちゃ好きやから気持ちよく踊ってたでしょ!」

洋榎「おお」

セーラ「最後Who’s Bad?のとこ決めポーズあったのに途中で止めちゃうから最後こけちゃったやんか!」

洋榎「ええ、決めポーズあったの!?」

セーラ「あったよー!!!」

洋榎「すんません!!」

セーラ「あ、い、いいよぉ~」

漫「いやええんかい!」

セーラ「いいよいいよちゃんと謝ってくれたらいいよ平和だよ~」

セーラ「…まあしゃあないな。すぐ戻ってくるさかい、それまでに30円きっちり用意しとけよ。行くで泉」

泉「へいっ」

洋榎「…あの後ろの改造制服の後輩何もしとらんで」

泉「…」

洋榎「予言しましょ。次来るとき彼女は自分から一発ギャグをやりたいと進言しますわ」

泉「余計なこと言わんでええねん!」ガチャ

洋榎「おい!」

セーラ「何や!」

洋榎「次また来るんやろな!」

セーラ「当たり前じゃ!」

洋榎「…ダンスさっきのよりスゴイの期待してええんか?」

セーラ「…」

セーラ「頑張るよっ」ガチャ

漫「借金取り立てに来たんとちゃうんかい!」

恭子「わけわからんな」

絹恵「30円くらい返したりや」

洋榎「ない袖はふれんわ」

由子「30円もないのー?」

ガチャ

憩「お邪魔しますーぅ」

一同「」ズッコケ

恭子「また何か来たで」

絹恵「けったいなあいさつはやめてーな」

ソコヌケー ポジティブデー

キョウくん「天王寺をブラブラするあわぁ~ず」




尭深「ご飯にしよう」

誠子「いいね!」

淡「待ってたよー」

尭深「どこがいいかな」

淡「あべのハルカスは3階分食事フロアがあるんだよ」

誠子「悩むな」


尭深「あ、カレー屋さんだ」

誠子「カレー食べる?」

尭深「カレーの口になっちゃった」エヘヘ

淡「カリーライス!」

キョウくん「カレー屋さんに入るみたいですよ」

店員「いらっしゃいませー」

尭深「3人で…」

shoplist_photo07


キョウくん「12Fで営業している、こちらのお店」

キョウくん「近畿地方のみで展開しているチェーン店らしいっす」

キョウくん「開業してから40年を超えても関西人に愛される味を提供してるんだよね」

キョウくん「っつーことで、注文。亦野はカツカレー、渋谷と大星アナはピッコロライスです」


店員「お待たせしましたー。カツカレーです」コトン

誠子「ありがとうございまーす。見た目シンプルだね」

IMG_0374

尭深「お先にどうぞ」

誠子「うん、ありがと。いただきますね」モグモグ

誠子「優しい辛さだね!安心するというか、食べやすい」

淡「どういうこと?」

誠子「いや、どういうことと言われてもね。食べてみれば分かるよ」

淡「テキトーなこと言ってる(笑)」

誠子「適当とか言うなよ!」


モヤモヤPOINT 雑な感想。


店員「ピッコロライスの方ー」

淡「私たちでーす」

尭深「どうもありがとうございます」ペコッ

4602616_l


淡「何か贅沢だね!いろいろ入ってて」

尭深「ワクワクする?」

淡「うん!いただきまーす」パクッ

淡「おーいし♪」

誠子「何でスパゲティから行ったんだよ!カレー食べろよ!」

淡「順番なんか私の勝手でしょ!次はふわふわたまごー」パクッ

誠子「…」


モヤモヤPOINT ムムム顔。


尭深「」モグモグ

誠子「尭深はちゃんとメインから行った」

尭深「…ん。確かに安心する味って言うの分かるかも」

誠子「ほらー。大星さん聞きました?」

淡「ふーん」モグモグ

誠子「文句付けたのお前だろ!」バシッ


モヤモヤPOINT 興味なし。


尭深「今まで食べたカレーの中でも一番王道!って感じの味だね」

誠子「よりカレーらしいカレーだよな」

淡「甘めだし食べやすいですね」

誠子「今食べ始めたのか…」



誠子「」モグモグ

尭深「」モグモグ

淡「」カチャン

誠子「」ゴクゴク

尭深「」カチャン

淡「」モグモグ

誠子「」モグモグ

尭深「」ゴクゴク

淡「」ゴクゴク

淡「ちょっと辛くなってきた」

尭深「そうだねえ」

誠子「喋れよ!」

誠子「辛くなってきたとかぼそぼそ言ってんじゃないよ」


モヤモヤPOINT 本音。


淡「亦野先輩だって水の量増えてたじゃん」

誠子「……何というか、食べ進めるごとに味わいが増してスパイスが効いてくるんだよ」

淡「言い訳っぽく聞こえるね(笑)」

尭深「それがまた魅力なんだよ」アセアセ


モヤモヤPOINT フォローの渋谷。


誠子「ごちそうさまでした」

キョウくん「ピッコロさん、味わい深いカレー、リアルにおいしかったです」






キョウくん「阪堺電鉄で、姫松の方まで移動してきました」

IMG_0362

淡「姫松駅で降りました!」

誠子「この辺何があるの?」

淡「家!」

誠子「そりゃどこにでもあるよ!」

尭深「でも高級そうなお宅が多い気がする」

淡「高級住宅地ですから」

誠子「何でここに集まったの?」

淡「えーっとー…。住みやすかったんじゃないですか?」

誠子「下調べして来いよ!」バシッ


モヤモヤPOINT あいまいな情報。


誠子「心なしかさ、並ぶお店も高そうなのばっかりじゃない?」

淡「住んでる人のグレードに合わせてるんだ!」

尭深「あ、学習塾だ」

淡「マダムを納得させるだけの教育内容だねきっと」

誠子「そこは他と変わらないだろ」

漫「あっ」バッタリ

誠子「あ、あなた確か姫松の先鋒の!」

漫「あれ、白糸台のレギュラー陣やん!」

誠子「かみしげさん」

漫「いやー読み方惜しいなー…。スッキリじゃない方なんやけど…」

尭深「うえおもさん」

漫「上はそんなに重ないねんなー!亦野さんと渋谷さんの足して足して」

淡「じょうじゅうまん!」

漫「足せ言うたやん!何で音読みしてしもうたかな!」

淡「面白いねこの人(笑)」ケラケラ

漫「うえしげすず、わざとやろ!知っててやったやろ!」


キョウくん「姫松レギュラーで、先鋒の、こちらの方」

610a6326

キョウくん「そのデコは落書きを自由にしていいそうです。今日は夏期講習だったみたいですよ」


尭深「勉強してたんだ」

漫「レギュラーなるんに1学期は必死やったからね…。その分成績奮わんくて通わされとんねん」

誠子「何がやばい?」

漫「英語かなー。特に喋る方」

誠子「お、ウチにうってつけのがいるよ」

淡「わたし?いいよー、面倒見てあげる」


キョウくん「不定期放送される『あわいんぐりっしゅ』のメインMC、大星アナ。英語クイズを出します」


淡「『May I help you?』意味は何だ?」

漫「これくらいなら分かるで!」

淡「答えをどうぞ!」

漫「私はあなたを助けたいのでしょうか?」

誠子「知らないよ!」


モヤモヤPOINT 自分のことを聞く。


誠子「何で自分のこと人に聞いてんの!」

漫「いや、文章がそうなっとるやん」

誠子「なってない!」

淡「やっぱり面白いね(笑)」

漫「バカにしとるやろ!」

淡「第2問ー。『Take it easy.』これは?」

漫「短っ!これこそ大丈夫や」

淡「答えをどうぞ!」

漫「それを簡単にしろ」

誠子「命令すんなよ!」


モヤモヤPOINT 簡単にしろ。


誠子「何か嫌な奴だな」

漫「だから文章がそうなって…」

誠子「ないから!」

キョウくん「このあと数問出しましたが、全問外れました」


漫「…ちょい戻って勉強してくわ」

尭深「あはは…」

キョウくん「塾講師の皆さん、上重さんの学力、上がったら教えてください」





キョウくん「暑くなってきたので、喫茶店に入ります」

IMG_0370

キョウくん「注文。3人とも、アイスココアです」

1439007373921

淡「あっつ」

尭深「外歩くのは大変だね」

淡「撮れ高OK出ましたー」

誠子「こんなに早く終わっていいのかな」

依藤P「お疲れ様です」

淡「イトウP」

依藤P「依藤です。このまま泊まって、明日も別でロケするのでよろしくです」

誠子「何!?2日で2放送分撮るの!?」

尭深「凝縮されてるね」

依藤P「ちなみに明日の方が外中心になるので」

誠子「マジかー…」

尭深「本来ブラブラするのって外だから本質は合ってるよね(笑)」

淡「あ、視聴者プレゼントのキーワード!何にする?」

誠子「えーじゃあ…」

尭深「『簡単にしろ』で」

誠子「(笑)」

キョウくん「ハガキに住所・氏名・年齢・電話番号・欲しいプレゼントとキーワード、何か面白いコメントを載せて送ってください」




次 回 予 告

キョウくん「次回は、新今宮と、ちょっと離れて千里山をブラブラします」

キョウくん「病弱でムチムチなモヤモヤがたくさんあります」

洋榎「缶が」

漫「何しょーもないこと言うとるんですか先輩」

洋榎「缶が空かんねん!」カシュッカシュッ

漫「しかもメロンソーダですね」

洋榎「雑にやったら風味を失ってまうけどはよ飲みたいんやウチは!漫!何とかしてくれ!」

漫「しゃーないですねえ…」カシュッ

漫「……あれ」カシュカシュッ

漫「…ダメでした」エヘヘ

洋榎「何でや!」

漫「昨日私爪切ったんでしたわ」

洋榎「ぐぬぬ…。あ、ゆーこきょーこ!」

恭子「栃木芸人みたいに呼ぶのやめてもらえますか」

由子「どうしたの?」

洋榎「このメロンソーダの缶、空かんねん」

恭子「何がアカンのです?」

洋榎「ちゃうねん、空かんねんて!」

由子「あー、ふたが空かんのねー」

恭子「ああ、そういうことか」

洋榎「2人のどっちでもええから空けてくれ!今メロンソーダがはよ飲みたくて仕方ないねん!」

恭子「はいはい。………」カチッ

恭子「あっれー」カチッ

由子「空かへん?」

恭子「ゆーこやってみてや」

由子「こういうのはコツがあるのよー」カスッ

由子「……こういうのはコツがある」カスッ

由子「………こういう」

洋榎「もういいっ…!休めっ…!」

恭子「もうこれプルタブ変形してるんじゃ」

洋榎「えー!諦めろっちゅうんか、メロンソーダを!120円を!」

漫「困りましたね…」

絹恵「あら皆さんお揃いで」

洋榎「おお絹!」

絹恵「どうしたんお姉ちゃん?」

洋榎「この缶を空けてくれ!全然空かんねん!」

恭子「4人がかりで行ったんやけどダメで」

絹恵「いいですけど…」カッッシュ!

絹恵「はい」

洋榎「おおー」パチパチ

由子「さすがサッカー部」

漫「馬力が違うわー」

絹恵「…何か空けられない方が良かった気がしてきた」

610a6326

洋榎「何を?」

漫「うちの店がどうやったら盛り上がるか、ですよ!」

由子「漫ちゃんちのお好み焼き屋さん最近奮わんらしいのよー」

洋榎「それで打開策をウチらに考えて欲しいっちゅうんか。そういうのアレやで、くりえいてぃぶなんは著作権がうんぬんでお金絡んでくるねんで」

絹恵「仲間のピンチくらいタダでやったりいな」

洋榎「だってウチの素晴らしい案で漫んちが大儲けしてもウチには一銭も入らんのやろ!不公平やん!」ジダンダ

漫「も、もちろんいい感じになったらそれなりの形でお返ししますよ。2時間無料で食べ放題とか…」

洋榎「しゃーないやったるか」

恭子「随分大安売りやなアンタのアイデア」





漫「……というわけで、大喜利風の座布団配置にしてみました」

恭子「これは真面目に考えんとボケろっちゅうことか?」

漫「ちゃいますよ!真面目でええんです!ただミーティングっぽくするのも違うかなと思うて…」

由子「でもこれボケに走る人が出てきそうなのよー」チラ

洋榎「な、なんや!いつもボケばっかりと思ったら大間違いやからな!ウチには食べほがかかってんねんから飛ばしてくで!」

絹恵「私にも小学生の時から暖めていたアイデアがありましてですね…」ジュルリ

由子「絹ちゃんも景品につられてわけわからんこと言うとる」

漫「早速やっていきましょうか。『客足の伸びていないウチのお店、その盛り上げ方とは?』さあフリップにお書きください」

恭子「フリップ買うとる金あるんやったらそれ節約せえよ…」カキカキ

絹恵「ぬふふ」ジュルリ

由子「絹ちゃーん舌じゃなくてペン動かしてなー」カキカキ

洋榎「……っしゃい!」

漫「お、主将早かったですね。『客足の伸びていないウチのお店、その盛り上げ方とは?』」

洋榎「『麻雀で勝てたら無料』」(匿名 様)


恭子「ボケへんのか」

由子「大真面目にきたのよー」

絹恵「さすがに正気に戻ったわお姉ちゃん」

洋榎「何やねんお前ら!漫やって真面目に~言うてたやんか!」

漫「まあどうでしょうね、東1局戦くらいなら時間もかかりませんかね」

恭子「解説も真面目や」

由子「それでもお客さんの回転悪うない?あと勝った人無料にできるくらい余裕ないとあかんし」

漫「何枚か頼んでもろうて、それ焼いてる間に1戦くらいはできるんじゃないですかね?2枚まで無料なら何とか…」

絹恵「ちゅーことは修正可決やんな」

洋榎「ふふ、来週あたりにはもう結果出とるで」

由子「じゃあ私もー」ハイ

絹恵「真瀬先輩ってどっち側の人間なんでしょう、ボケるんか真面目なんか」

恭子「時によってちゃうから何とも…」

漫「『客足の伸びていないウチのお店、その盛り上げ方とは?』」

由子「『プロ雀士とタイアップ』」(みちくさぼーや 様)


洋榎「ええやん」

由子「せやろー?」フフン

漫「ただギャラを払えるかどうか…」

由子「漫ちゃん、やってもろうてから売り上げで取り返せばええのよー」

洋榎「ウチのおかんならタダで使うてもええで」

恭子「雅枝さんは身近すぎてタイアップ感ないですよ」

絹恵「指導してもろうたよしみで戒能プロとかは?」

漫「戒能プロ!これですわ!」

由子「聞いてみるのよー」ピポパ

洋榎「何でパイプあんねん」

…………

由子「チームの広報の人にconfirmation取ってみるけどたぶんOKです、やって」

恭子「何で似せてきてん。ちょっとうまいし」

漫「これは採用濃厚ですね!ありがとうございますー!」

絹恵「私も負けられへんな!」ハイ

漫「お、絹ちゃん。『客足の伸びていないウチのお店、その盛り上げ方とは?』」

絹恵「『バニースーツで接客』」(匿名 様)

漫「あー、コスプレ系はいつか来るなって思っとった」

恭子「あ」

洋榎「あ」

由子「のよー」

漫「どうしました?」

恭子「ほぼネタ被りや。『メイド服を着る』」(カンちゃん 様)

洋榎「『水着着て販売』」(せいてん 様)

由子「私なんてもうジャンルそのものよー。『コスプレ』」(せーや 様)

漫「ウチは着せ替え人形ちゃうんですよ!?」

洋榎「看板娘なんやからちっと体張りぃやー」

絹恵「漫ちゃんかわええんやし自信持ってやればええねん」

漫「じゃ、じゃあ皆さん一緒にやりましょうよ!せめて!」

由子「私のコスプレ姿はお嫁さんになるまで見せられへんのよー。ごめんなー」

漫「それウエディングドレスでしょ!コスプレやないですから!」

恭子「ウチも宗教上の理由でお好み焼き屋でのコスプレは禁じられとんねん」

漫「偉い限定的な宗教ですね!?」

漫「……ただまあ、一番現実的で一番手っ取り早いアイデアかもしれませんね…。お客さんが来るかはともかく」

恭子「実はもう1個用意してあんねん」ハイ

漫「先輩、次はお願いしますね?『客足の伸びていないウチのお店、その盛り上げ方とは?』」

恭子「『お好みの中に赤5筒が出たら半額ふつうの5筒だと倍額』」(匿名 様)


シーン

恭子「何やのこの空気」

漫「いや、食べ物に麻雀牌入んでくださいよ…」

洋榎「それに何で5筒なん」

恭子「そら形がお好み焼きに似とるからやん」

絹恵「…先輩、全部そろった麻雀牌から4枚5筒抜き出すんは大変ですよ…」

恭子「…おお、確かに」

由子「恭子たまにこういう天然発揮してくるから怖いなー」

恭子「て、天然ちゃうし!で、採用なん?」

漫「不採用ですよ!」

恭子「」

洋榎「ここまでツッコまれて何で通る思うたんや」






漫「結局末原先輩以外の案を採用してみることにしました。ホンマ助かりますー」ペコリ

恭子「お礼は結果が出てからやで漫ちゃん」

洋榎「いや、何もしとらんやん」

由子「恭子は今回ポンコツだったのよー」

恭子「う、ウチかてちゃんとしたアイデアくらい出せるんやで!あれはたまたまや!」

絹恵「食べほの魔力に憑りつかれとったっちゅうことにしときましょう」アハハ

洋榎「まあなんにせよいい方に向かうとええな、漫」

漫「そうですね!」





~数か月後~

漫「やっぱりプロの力は偉大でした!戒能プロにイメージキャラクターお願いしたら通りましてね」

漫「『戒能良子の変幻自在7種焼き』のおかげでだいぶ持ち直しました!」

恭子「冷静に考えたら松山のチームの選手が大阪のお好み焼き屋とタイアップって意味不明やな」

漫「何はともあれ、真瀬先輩のアイデアが1番効果出たんで、今度お店いらしてください!」

由子「やったのよー」ガッツポ

洋榎「さらばお好み焼き…」ガックリ

絹恵「コスプレはどうやったん?」

漫「メイド服でお好み焼き焼くんは暑かった。評判はボチボチやったよ」アハハ

洋榎「麻雀は?」

漫「お客さんみんな覚えたての人ばっかりで、サービス開始から爆発できずにめっちゃむしりとられてやめました。あと親に『麻雀部やのに何で勝たれへんのん!』って怒られました」ハイライトキエ

洋榎「さ、災難やったな」

このページのトップヘ