かえんだん

タグ:園城寺怜

怜「この子はまた何言うとんねん、かっかせんと、ほら、サイダー飴食べや」

泉「あ、どうも…」ペリペリ

泉「そうやなくて!」コロコロ

泉「お三方みたいな、三文字の苗字ってかっこええなあって思うんですよ」

竜華「そうかな?」

泉「だって親戚以外に会うたことあります?清水谷さんとか園城寺さんとか船久保さんとか」

竜華「あー、確かにないかも」

浩子「その理論でいうと二条もなかなかおらんけど」

泉「ま、まあ確かにですけどね、でも三文字苗字ってとにかく強そうでしょう?」

怜「そんなに?」

浩子「逆に泉はこの中の誰が一番強い名前やと思うん?」

泉「うーん… バランス的には清水谷先輩ですかね」

竜華「いえーい」ブイ

怜「あ、何か今のイラッとしたで」

浩子「先輩のは竜が入っとるからとちゃいます?」

竜華「そうなん?」

泉「いえ、そういうわけでは…。こう、説明が難しいんですけど、縦に書いても横に書いてもバランスいいでしょ?」

浩子「まあ確かに清いの字以外はほぼ線対称やな」

泉「それとあの、3+2っていうんが私の好みなんですよ」

竜華「結局好みの問題になってくるんやね(笑)」

怜「えーなんやじゃあ次に強いんフナQやーん。お姉さんやる気なくなったわ~」グデン

泉「と思うでしょ、実はですね、2番目は園城寺先輩なんです!」

怜「お」

泉「3+2は王道で好きなんですけど、3+1っていうんも逆に趣があると言いますか」

浩子「何の逆やねん、ていうかどの点を取って王道邪道が決まるんや」

泉「それでこの『園城寺』!って来て」バンバンバン

泉「『怜』って締めるんが…ええんですよ」スッ

怜「…りゅーか、こんな分からん世界持った子ぉやったっけ泉は?もっとしっかりしてた思っとったけど」

竜華「あはは」

浩子「モーション激しいな。で、ウチが最弱なのは何でなん」

泉「船久保先輩はまた流れの違う三文字苗字ですからね」フフン

浩子「聞かせてもらおうか」

怜「何でちょっとドヤっとんの」

泉「清水谷先輩も園城寺先輩も、清水に谷、園城に寺がくっついてますよね?でも船久保先輩は船に久保なんですわ」

浩子「ほう」

泉「十分素晴らしいんですけど、なかなかこのお2人には勝てませんね…」

浩子「私の知らんところで勝敗決まるの嫌やわ~、何なんこれ?」

泉「でも、とにかく三文字が良かったです、私も!」

竜華「うちの子になる?」カモン

怜「うちおいでや、毎食プリン出したるで」カモン

浩子「うちはええわ」

泉「流れ!船久保先輩も呼んでくださいよ!」

浩子「そんなん言うて、うちより他のとこの苗字がええ思うてる子に来てもらったら、複雑な四角関係になるし」

竜華「浮気はいかんな~」

怜「ちゃんとうちらとの関係清算してや」

泉「何でちょっと怪しい言い方するんですか!」

セーラ「二条泉……贅沢な名だね」

泉「げ、江口先輩!いつから!?」

浩子「二文字苗字の相方やん」

セーラ「今日からお前の名は二条城泉だよ!」

竜華「いや増えてるよ!セーラ婆増えてる!」

セーラ「誰が婆さんや!良かったな泉、二条+城やで、待望の」

泉「二条城は露骨すぎて嫌ですわ~!」

怜「もうええやん後三条みたく、後二条泉で」

泉「何か高貴すぎて恐れ多いですって!」

http://blog.livedoor.jp/jlmnag/archives/61536972.html の続き

セーラ「眠そうやな」

竜華「うん?寝とったからね…」

セーラ「なんちゅう誕生日や」

怜「祝わわんとアカンで」

竜華「ええの!?何してくれるん?」

セーラ「よし!奢ったろか!」

竜華「お、ホンマにー?」

怜「ゴチです」

セーラ「怜の分は買わんで」

怜「けち」

竜華「太っ腹!」

セーラ「奢り1つでこうも評価違うか」

……

怜「奢りっちゅうからスウィーツかと思っとったわ」

竜華「せやなぁ。女子高生やしスウィーツやと」

セーラ「その発音イラッとすんなぁ(笑)」

セーラ「ええやろマクドやって!見てみい!」

おkvじゃおへぽv

セーラ「エグチや!アレ奢ったるで~」

竜華「エッグチーズバーガー…」

怜「ウチピクルス食べられへんねんけど」

セーラ「それやったら抜いてもらえばええやん!っちゅうか奢らんて、怜の分は!」

怜「アップルパイ食べたい」

竜華「ウチも~」

セーラ「エグチ食べへんのやったらこの話はお流れや」

竜華「どんだけ推すんや…。でもせっかくのご厚意やし、いただいてこうかな」

セーラ「うまいで~」

怜「そこそこいいとこの娘がマクドで満足しててええんか」

セーラ「別に人それぞれやろ!」

竜華「あとアップルパイ」

セーラ「どんだけアップルパイ食べたいんや」

竜華「口がもうそうなってしもうて」アハハ

怜「りゅーか、2つ頼んで1つ分けて」

セーラ「怜の誕生日ん時に買ったるから我慢しいや!」

怜「人の名前でダジャレにせんで」

セーラ「……指摘されて気づくパターン恥ずかしいからやめて」

竜華「すみません、アップルパイ3つください」

セーラ「エグチ頼めやエグチ!」

怜「こんにちは」

竜華「zzz」

怜「りゅーかしか来とらんのか、って寝てるし」

竜華「zzz」

怜「何や机に突っ伏して…疲れとるんか」

竜華「zzz」

怜「しかも口開けて寝とる…こういうとこだらしないなりゅーかも」

怜「!」

怜「」ゴソゴソ

怜「トッポ食べさせたろ」ペリペリ

怜「ほれほれ」

竜華「…もぐもぐ」zzz

怜「おお!食べた!」

怜「子どもみたいでかわいいなぁ。もう1本食べや」

竜華「」ポリポリ

怜「寝とんのに何で食べるんやろか。不思議や」

竜華「」ポリポリ




竜華「…んん?寝とった?」

怜「おはようさんです」ザッシペラペラ

竜華「ん、あれ…。口の中何か甘ったるい…。水…」

怜「フフッ。水あるで水、ほれ」

竜華「あ、ありがとうな!」ゴクゴク

怜(疑問に思うても深く追及せんのやな)

~電車~

怜「」ポチ

怜(またこの曲か…)

怜(好きな曲でもシャッフル再生で回ってくると『今やない!』ってなるよね)

怜(誰に同意求めてるんか知らんけど)

怜「」ポチ

怜(ほらまたや~)

怜(何千曲もあると今聞きたい曲までポチポチすんのめんどくさいなぁ)

怜(…トリプル、3巡先!)ギュギュギュ

怜「…けほん」

怜(次がPerfume、その次が大原櫻子、次の次が…、お!小倉唯ちゃんのHoney♥Come!!やん!)

怜「」ポチポチポチ

怜(はにかむー)




怜「てことない?」

竜華「ない?っちゅうかそないなことで使わんで!倒れられたら困るわぁ!」ユサユサ

怜「揺らさんで」

浩子「そない無理されんでも」ポチポチ

浩子「プレイヤーの方から次コレですよ~言うてくれますけどね」スッ

怜「どこや」

浩子「右下の方出てるでしょ?一覧みたく」

怜「…ホンマや」

怜「ウチの未来が視えるんはこんぴゅーたーでもできるっちゅうんか!」

浩子「いやいやそうやなくて」

怜「浩子はいじわるや」

浩子「子どもか!」

怜「」サラサラ

怜「」ゴクン

怜「」プチプチ

怜「」ゴクン

怜「…ふー」

竜華「薬多いなぁ」

怜「退院してすぐやししゃーないって」

竜華「具合どうなん?」

怜「ええと思うけど。でもここで気ぃ緩めたらアカンって薬貰い行ったとき念押されたわ」

竜華「あはは」

怜「しっかしなあ」

竜華「どうしたん」

怜「この食前ーとか、食後ーとか、いつやねん、と思うわけですよ。2種類とも貰ってしもうて」

竜華「そら書いてあるまんまやろ」

怜「けどな、食前って例えば朝ご飯食べたあとすぐ飲んでも、昼ご飯から見たら食前やろ」

竜華「…食事の前ではあるからな」

怜「つまりな」

7:00   12:00   19:00

怜「こうご飯のサイクルがあって」

7:00食前(昼の分)   12:00食前(夜の分)   19:00食前(朝の分)

怜「これでも通用せえへんかと」

竜華「いやこれ食後でしょ」

怜「でも食前でもあるやん」

竜華「何や難癖みたいで嫌やわ怜ぃ~」グスン

怜「そういうわけやないけども」

怜「せや、未来の自分にどうしてるか聞いてみよう」

竜華「は?」

怜「2巡先くらいを視てやるわ」ギュギュギュ

竜華「ちょちょ」

ーーー

明日の怜(7:00)「いただきます」つ食前の薬

明日の怜(7:00)「ごちそうさまでした」つ食後の薬

明日の怜(7:00)「」ゴクン

明日の怜(12:00)「ごちそうさん」つ食後の薬

明日の怜(12:00)「」ゴクン

明日の怜(19:00)「いただきます」つ食前の薬

明日の怜(19:00)「ごちそうさまでした」

明日の怜の母(19:00)「薬忘れんでな」

明日の怜(19:00)「ん」つ食後の薬

明日の怜(19:00)「」ゴクン

ーーー

明後日の怜(9:00)「いただきます」つ食前の薬

明後日の怜(9:00)「ごちそうさまでした」つ食後の薬

明後日の怜(9:00)「」ゴクン

明後日の怜(12:00)「ごちそうさま…」

明後日の怜(12:00)「あ、薬忘れたわ…」

明後日の怜(19:00)「いただきます」つ食前の薬

明後日の怜(19:00)「ごちそうさまでした」つ食後の薬

ーーー

怜「……ふぅう」クラリ

竜華「怜!!アンタ何しとんねん!」

怜「…未来の私は常識に則って飲んどったわ」

竜華「どうでもいいことに能力使うて…」

怜「でも薬飲み忘れた私もおったから気をつけんと」

竜華「せやで。そんでその薬を何で飲むようになったんかも思い出さんといかんで」

怜「……」

怜「…そうやったな」ケホッ

このページのトップヘ