かえんだん

タグ:戒能良子

~チーム事務所~

良子「Sponsorさんから、ということでしょうか」

マネージャー「そうだね、それも地元の企業さん」

良子「ふむ」

マネ「みかんジュースを作ってるんだけど、その新作を出すにあたって、戒能さんに出て欲しいと」

良子「私にできますか?演技とかあまり得意ではないのですが」

マネ「まあね、俳優さんでもないわけだし、大根でも構わないよ」

良子「? なぜ大根?」

マネ「演技がへたっぴな人のこと、『大根役者』っていうでしょ?」

良子「Oh、なるほど」

マネ「今回オファーが来たのはさ、地元出身・地元チーム所属の有名選手だから、ってとこが大きいと思うんだ」

マネ「だから自然体の戒能さんでさ、ぜひ出て欲しいんだけど…」

良子「…Imageが湧きにくいので、一度持ち帰ってもいいですか?」

マネ「あ、はい。前向きな返事を待ってますよ」




良子「というわけで、CMを撮ろうかどうか迷っているのですが」

はやり「地元企業さんなんでしょ?地域密着、って感じでいいね♪」

良子「はやりさんはいっぱい出られてますね?」

はやり「まぁアーティストでもあるしそれはねー。もう慣れっこだよ」

良子「Youtubeでも見れました」

はやり「はやー。何か恥ずかしいね(笑) 今まで出たのは… お菓子とか、電話とか、スマホのゲームとか
、旅行、化粧品……」

良子「よくそんなにたくさん顔をお持ちで」

はやり「…ちょっと棘ない?」

良子「私、やるとしたらできるでしょうか?」

はやり「うーん、そのポーカーフェイスじゃ厳しいかもよ?スマイルスマイル」グイグイ

良子「痛いです」

はやり「表情筋が鍛えられてないなー。もし撮影まで時間あるなら、顔の筋肉和らげとくといいよ!良子ちゃんは素材はいいから、そこがOKなら撮れると思う!」

良子「さすがentertainerですね」フム





健夜「…それ、たぶん私参考にならないと思う…」

良子「そう言わず」ホラホラ

健夜「ええー… 私そもそも人前出るのとか苦手だしさぁ…」

咏「でも解説とラジオやってんじゃん?」

健夜「あれは、まだ麻雀に関係あるから…」

咏「東京所属だった頃、要は誰も勝てなかった頃ね、そりゃあ名が売れてるからあちこち出てたんだよねぃ」

良子「ほう。探しましたが見つけられませんでした」

咏「何十年も前の映像だから残ってなかったんじゃね?知らんけど」

健夜「昭和の選手じゃないんですけど私!」

健夜「…あの時若かったし、そういうのもよく分からなかったから、とりあえず周りに言われるまま出てみただけで」

咏「今はどーなんすか?それこそ地元の何かあるでしょ」

健夜「あ、うん、まあ、そんな大々的なのじゃなければ出てるけど」

良子「仲間ですね。どんなものにご出演を?」ズイ

健夜「近い近い! ……えっと、信金さんとか。定期預金のCM」

良子「Bankですか」

健夜「ブリージングチキンズ貯金っていうのをやってくれてるから、それの宣伝で」

咏「それはうちの先輩もやってた」

良子「どんな撮影だったんでしょう?」

健夜「うーん、演技はやっぱりやったよね。難しいことは言われなかったけど、1日くらいはかかったかも」

咏「どんな内容?」

健夜「あの、駅降りたら貯金ののぼりが立ってて、それを『何だろ?』ってずーっと辿ってったら銀行の窓口にいた、っていう」

咏「セリフセリフ!」

健夜「やだよ!恥ずかしいから!」

良子「」ジッ

咏「ほら、後輩がメモ取る準備して待ってます」

健夜「う ……じゃあ触りだけね?」

健夜『…何こののぼり? 同じのがどこまでも並んでる!?』

健夜「…はい。で、追っていって入店する、って感じ!」

良子「お上手ですね」パチパチ

咏「確かに」ピッ

健夜「今録音してたでしょ!?消してよ!」

咏「これ聞いて帰ろっと」

健夜「ちょっと!」

良子「咏さんは何かご経験は?」

咏「そうだねぃ、それこそスポンサーのお菓子メーカーとか、ずっと出てんね」

良子「銘菓ですか」

咏「そうそう」

健夜「あ、じゃあ咏ちゃんもやってみなよ!その時の感じ!」←仕返ししたい

咏「んー、やってみると言っても、あんま変わんないっすけどねぃ」

咏『やべー、あめー!うんめー!今年のは抹茶入りなんすね!』

咏「で、ナレが入っておしまい」

健夜「ホントに変わんないじゃん!リテイクとかは?」

咏「いや、知らんけど『感想言ってあとは適当に』って言われるんで、いつも」

良子「ツーカーなんですね」

健夜「よく知ってるねそんな言葉…」







~撮影日、みかん畑~

マネ「今更だけど、ホント大丈夫?」

良子「Trust me.お任せあれですよ」

マネ「確認しときましょうか一応」

・今年のみかんジュースは「つぶつぶ入り」
・CMは30秒
・みかん畑をバックに飲む
・前後に一言二言
・無理に演技せず、自然体で

良子「OKOK」

マネ「監督さんがいらっしゃったらすぐやれるような感じみたいなので、頑張ってくださいね」

良子「ばっちりですよ」


監督「はいじゃあ戒能選手、緊張せずリラックスしてね、いきますよー。3,2,1」カンッ

良子「」スウッ

良子「青い空!白い雲!そしてみかん!」ハキハキ

良子「」カチッカチッ

良子「」カチッカチッ←プルタブ開かない

良子「」カシュッ

良子「」ゴクゴク

良子「うーん!Sweety&flesh!!今年はつぶつぶ入りなんですよ!」ハキハキ

良子「ぜひ飲んで、くださいね」ツクリワライ


監督「カット!……ちょっと打ち合わせましょうか」

良子「おや、どこがいけませんでしたか」スウッ

監督「ど、どこがかぁ…」

マネ(全体的にですよね監督…。普段の戒能さんじゃないもの…。何か別の人入ってませんでした?)

~居酒屋~

健夜「いい良子ちゃん?今は若いからいいけどね、急にしんどくなってくるときがあるの!」

良子「はぁ」

理沙「閾値!」プンスコ

健夜「そーそー。それが25歳の壁なの」

良子「25歳のWallですか」

健夜「もうまず体力がなくなるの!!ね、はやりちゃん!」

はやり「はやりに振るの!?」

健夜「あ、でもはやりちゃんはライブとかいい歳してもこなしてるし別だ」

はやり「いい歳って」

健夜「ともかく駅までダッシュしたり、夜通し遊んだりそんなことができなくなるの!というか諦めちゃう!」

良子「ふむ」

理沙「諦念!限界!」プンスコ

咏「それってもしかして私も関係あるんすか~?」

健夜「咏ちゃんもね、あんまり移動で送り迎えばっかりしてもらってると後が大変だよ!自分で動かなきゃ!」

咏「めんどくせーじゃないですか~」

健夜「体力づくりだよ体力づくり!」

良子「それは私週4でGYMに通っているのでNo Problemですね」

健夜「偉いっ偉いよ良子ちゃん!」ナデナデ

良子「ありがとうございます」

理沙「健康志向!」プンスコ

良子「移動も自転車ですので」

はやり「はやりもちゃんと運動してるよ?」

健夜「すごい」

理沙「鑑」

はやり「……良子ちゃんの時と態度違う」グスン

良子「よしよし」ナデナデ

健夜「それと年々寂しくなる一人暮らし!早く結婚しないといつまでも部屋が広くなってくよ!悲しいよ!」

咏「すこやんさん基本実家でしょ。知らんけど」

健夜「……それもそれで辛い」ゴクゴクゴク

理沙「冷ややかな目!」プンスコ

良子「焦ってするものでもないと思うのですが」

健夜「そうやってのんびり構えてられるのがそう、まさに25までだよ!覚悟しておこうね!」

良子「そうですか」

健夜「時間もないしさー」

咏「忙殺っすか」

健夜「そうっ!その通りだよ咏ちゃん」

咏「やったね」

健夜「朝起きて情報整理して試合して帰って寝て起きての繰り返し!もう歯車だよ」

咏「あっはは。実際時間ないっすよね~」

健夜「社会に慣れてくればくるほどそんな疑問抱いちゃうからね!」

良子「きちんとScheduleを立てれば」

健夜「それを破ってくるのが社会なの!」

良子「はぁ」

健夜「経験積んでいくと人付き合いも増えるし仕事も増えるからさ。自分の時間なんてないよ?」

理沙「しがらみ!」プンスコ

咏「囚われちゃいますよね~」ケラケラ

健夜「お休みもさ、楽しもうと思っても体は休みたがってるわけ!辛いよ!」

良子「それはさっきも聞きました」

健夜「だから咏ちゃんも良子ちゃんも今の内から運動しておかないと体動かないから!」

咏「うえ~」

良子「もう少し通う回数増やしてみますか」

<ソロソロヘイテンナノデ…

良子「あ、OKです。…みなさんお勘定を」

健夜「いーいーよー!私が全部持つよ!!」

良子「え」

健夜「年上に頼ってよー」

咏「やったね」

良子「…何だかすみません」

理沙「私も出す!」プンスコ

健夜「あ、ほんとに?じゃあ仲良く割って出そう!」

はやり「んー」zzz

良子「はやりさんそろそろ起きてください」

はやり「ねむい」zzz

良子「家まで頑張ってください」

はやり「よしこちゃんと帰る」zzz

良子「Taxi呼びますから」

はやり「」ムクリ

はやり「かばん…」フラフラ

咏「あ、こっちっす」



運転手「どちらまで?」

良子「とりあえずTerminalまで。お金は持ってるので出させてください」

健夜「じゃあね~」

理沙「また!」プンスコ

はやり「良子ちゃんばいばい」zzz

バタン ブロロロロ…

良子「…大人って大変ですね」

咏「かいのーちゃんも直ああなるんじゃね?知らんけど」

良子「十分Carefulします」

咏「どっちが年上だか分からないねぃ」

良子「三尋木プロは飲んでました?」

咏「こうなるかなーと思ってたからそんなに。……ウチでちょっとやってく?何なら泊まってってもいいよ」

良子「ちょっと気になりますね」

咏「ウチはすごいぜえ?でっけえからね!」

良子「買っても行きましょうか。気になる銘柄があるんです」

咏「度つよそー」

良子「強いかもしれません」

咏「それはかいのーちゃんだけで飲んでよ?私は強くはないからねぃ」

良子「OKです。でも飲ませてしまうかもしれません」

咏「嘘つけ!」

良子「嘘です」

良子「このお祝い金は何に使ったらよいのでしょうね。寄付?」

良子「先輩たちに聞いてみよう」



良子「Prizeを獲った時のお祝い何に使いましたか?」

健夜「ええーっとね…たくさんもらったからアレだけど基本貯めてたよ」

はやり「ナチュラル自慢だね」

健夜「そ、そういうわけじゃないけど!」

良子「Save moneyですか。手堅いですね」

健夜「それにルーキーの子にこんなこと言うのもなんだけど、活躍すればするだけ税金で持ってかれるからやっぱり貯めといた方がいいと思うな」

健夜「大沼プロとか若い頃調子乗ってすごい高い車買ったら痛い目見たって言ってたよ」

はやり「ロマンのかけらもないね健夜ちゃん」

良子「参考になります」

はやり「でもー、普通のお給料と違ってボーナスみたいなものなんだからさ、使いたいことに使ってもいいと思うよ?」

良子「使いたいことですか」

はやり「欲しいものとかないの?」

良子「特に…」

健夜「はやりちゃん何買ったことある?」

はやり「海外旅行行ったりー、鞄買ったりー、化粧品買ったりー…あと引越もしたなあ!あとねあとね」

健夜「浪費癖なの?!」

はやり「違うよ!」

良子「何分この間までStudentだったもので。こんな大金もらってどうしたらいいか分からないのが現状ですね」

健夜「そりゃそっか。身近なものでもいいんじゃない?家電とかさ」

良子「ふむ。あ、アレがいいかもしれません。足つぼマッサージ器」

はやり「ええ…もっとないの?」

良子「そうですね…。ホットアイマスクとか」

健夜「良子ちゃん疲れてるの!?」

良子「体のMaintenanceは大事ですよ。日頃からやってます」

はやり「偉いね☆」

良子「何となく見えてきました。ありがとうございました」ペッコリン






咏「へー、お金の使い道がないの?」

良子「Yes」

咏「じゃあちょうだい」

良子「それ以外で何かありませんか」

咏「きびしっ」

理沙「当たり前!」=3

良子「野依さんは何に使いましたか?」

理沙「っ…タブレット!」

良子「Tablet?」

理沙「」ゴソゴソ

理沙「これ!」

咏「うはー、画面ピッカピカだねぃ」

良子「ケータイの仲間でしょうか」

咏「まあそんな感じじゃね?」

良子「咏さんは?」

咏「私は着物っしょー。すっげー買ったね!30着くらい」

理沙「呉服屋!」=3

良子「ほう」

咏「あと猫飼い始めた!」

良子「Petですか…。それは考えてませんでした」

咏「まあこないだまでガキンチョだったんだし迷え迷え!」アハハ





秋一郎「賞金の使い道?」

良子「Yes。Veteranの大沼プロにもご意見を伺いたく」

秋一郎「……好きに使えばいい。が」

良子「が?」

秋一郎「あまり高い資産には手を出さない方がいい」

良子「…」

※足つぼマッサージ器・新しいスマホ・グッピー(魚)を買い、残りは実家に送ることにしました

フクダ総合高校

1年 戒能良子
  「キセキの世代」と呼ばれ始める前にテイコウにいたプレーヤー。相手の技を奪う。恋人は奪わない。



衣「何!?次の試合よしこが出てくる!?」

和「ええ。静岡県代表のフクダ総合というところです」

衣「まだ続けていたとはな…」





良子「Long time no see、マホ」

e05e58aa-s


マホ「お久しぶりですね、良子ちゃん」

友香「こいつは一体誰なんでー?」

マホ「戒能良子。テイコウで私がスタメンになる前のレギュラーです」

マホ「ですが転校していきました」

良子「Fatherの都合だったので突然でした」

友香「入れ替わりだったのか」

良子「そういうことですね」

マホ「でもなんでまたバスケをやってるんです?」

良子「いやあ、私がテイコウを出てから『キセキGeneration』というものがもてはやされるようになったので」

良子「ちょっと寂しくなりましてね」

友香「なるほど」

マホ「次の試合、ウチとですよね!そこで存分にやり合いましょう!」




~IH会場 観客席~

友香「って言う具合に戒能って人に会ったんでー。どんなプレーヤーなの?」

桃子「そうっすね。しばらくすると分かると思うっすよ」



恭子「元テイコウだかなんだか知らへんが!」ダムダム

恭子「」ガゴン


友香「ふうん。あ、先制した」

桃子「…」


良子「へえ…。いいですねえ それ」

良子「こんな感じでしょうか」ダムダム

良子「ほいっと」ガゴン

恭子「な!」


友香「あれは…夢乃ちゃんと同じコピー能力!?」

桃子「ちょっと違いますね。良子ちゃんはマホちゃん同様一度見ただけで相手の技を自分のものにできる」

桃子「ですが…」


恭子「お前!ウチのドライブコピーしたやろ!」

良子「Copyではありませんね。Respectです」

恭子「何か腹立つなその英語」イラッ


桃子「良子ちゃんはリズムやテンポを、その胡散臭さで我流に変えてしまう」

桃子「その結果…」


恭子(こんないい加減な奴にやられてたまるかい!)ダムダム

恭子「さっきより早く抜いたる!」バンッ

ポロッ

恭子「あ…」

マホ「っ…」


煌「そんな!あの末原さんがボールをこぼすなんて」

桃子「見た目が全く同じでリズムがわずかに違う技を見せられた相手は、無意識に自分本来のリズムも崩され、その技を遣えなくなるっす」



良子「Unfortunately,それはもうあなたのSkillじゃないですよ」

恭子「くっ…」

良子「私のものです」シタペロリ



桃子「良子ちゃんは相手の技を奪う」






恭子「ホンマ腹立つなあ…」

マホ「あのナチュラル煽りに反応してたらキリがないので気にしないでください!というかしっかりしてくださいキャプテン!」

恭子「こいつもムカつくなあ…」イライラ

b3acfde2

健夜「何それ」

恒子「有名人っていうか、活躍した人ってそういうの建てるじゃん?すこやんどうかなーって思って」 

健夜「わ、私はいいよ…」

恒子「でも成績的にすこやんクラスの人が建て始めないとなかなかみんな続いてかなくない?」 

健夜「勝手に始まっていくでしょ?」

恒子「あとあれだよ、地元振興?すこやんミュージアムが茨城の観光名所になるかもよ?」

健夜「恩返しってこと?」

恒子「そうそう!やってる人も多いしさ、来る人も多くなるんじゃないかな」

健夜「ふーん…」

恒子「他の選手にも聞いてみたら?」

健夜「みんな話来てるのかな」

恒子「前向きになったら教えてね♪」

健夜「こーこちゃんがどうこうできることじゃないでしょ」アハハ…




健夜「ねえはやりちゃん」

はやり「どうしたの?」

健夜「はやりちゃんって、自分の記念館造りませんかー?みたいな話ってある?」

はやり「はややー。実はあるよ☆」

健夜「あるの!?」

はやり「はやりは麻雀もだけどアイドルもやってるから、それ関連の展示もできますよ、って」

はやり「真深さんのときはオフィシャルショップだけだったし、新しいことやりたいなって意味では結構前向きだよ☆」

健夜「そっかー」

はやり「でもー、日本のエースが1番先に作らないとね!」 

健夜「やめて!」




咏「へえ、記念館をねぃ」

健夜「そうそう」

咏「いんじゃね~?健夜さんが造るってんなら納得するっしょ」

理沙「最強!」プンスコ

咏「トロフィーとかメダルとかジャージとかぶわーって飾ったりしてな~。ね?ノヨリさん?」

理沙「豪華!」プンスコ

健夜「ジャージはいいよ飾らなくて!」

理沙「干物!」プンスコ

健夜「うるさいよ!」

健夜「そ、それで、2人はどうかなって思って」

咏「私はまだまだ若すぎんじゃね~?知らんけど」

理沙「何を飾っていいか分からない!」プンスコ

咏「明太子?」

理沙「それ!ハクハク!」プンスコ

咏「ってことで当分かな~」ケラケラ

健夜「そうなんだー…」

咏「まあ健夜さんが建てたらみんな建てんじゃね~?」ヒラヒラ

健夜「うぅ…」





良子「はあ、Museumですか」

健夜「そうそう」

良子「自分がそういうものでもてはやされるのはImageできませんね…」ウーム

健夜「まだ今年で2年目だもんね」

良子「いえす。私のMuseumに来てくれるくらいなら応援してもらった方が良い気がします」

健夜「なるほど。そういう考え方もあるか」

良子「私がJAPANの代表になってLong time活躍できればあるいは、でしょうか」

健夜「ありがとね良子ちゃん」

良子「その時までに小鍛治プロのMuseumができてなかったら建てません」

健夜「ま、またぁ…?」





健夜「結局みんな私の後なら~、って言うの」

恒子「ほらー、やっぱそういうところもパイオニアでなきゃダメってことだよ!」

健夜「うーん………」

恒子「まあ40近くなったら地元からそういう話くると思うよー」

健夜「まだ20代なんだけど!」

健夜(…)

健夜(と、とりあえずお母さんに相談してみようかな…。大きなことだし1人じゃ決められないよ…)

恒子「すこやん大人なんだから親御さんに聞いちゃダメだかんね!」

健夜「」 

このページのトップヘ