かえんだん

タグ:新道寺女子

校内放送「完全下校時刻です。生徒の皆さんは…」

朱里「」ビクッ

朱里「もうそげな時間か…」

朱里(掃除して帰らんと)

ガラガラ

煌「」ゴシゴシ

朱里「は、花田先輩!どうしたんですか?」

煌「あら友清さん」

朱里「1年生はどこに行ったんですか!?こんな、先輩を一人で掃除させるなんて!」

煌「あ、いえこれは」

朱里「上下関係ちゅうもんがなってなか!私も1年やけど!」

煌「あの、私が好きでやってることでして」

朱里「…部室の掃除を好きでやられるお方がおるとですか…」

煌「感謝の気持ちで1日を終えると、明日もいい1日が来る気がしませんか?」

煌「だから部室や牌を掃除するんですよ」スバラッ

朱里「もう並の女子高生やなかですね花田先輩は」

煌「並って(笑)」

朱里「そんな徳の深いこと言ってみたいものです」ウンウン

煌「そんなにいいことは言ってませんよ…?」

朱里「ばってん、頼んでくだされば私がやっておくのに…」

煌「いやいや、1人でも大丈夫ですから」

朱里「いえ、明日からは私が!先輩の分の気持ちも込めて頑張ります!」

煌「え、あの」

朱里「明日、お帰りのときに声かけてくださいね!その後やっておきます!」フンス

煌(…真面目ないい子ですね…)アハハ…

煌「私もどうせ最後でしょうから、2人でやっていくのはどうでしょう?何というか、ルーティーンのような形になっているんですよ、この掃除」

朱里「そ、そうでしたか、それなら無理にお帰りいただくのも良くないですね…」

朱里「先輩のお力になれるように頑張りますね」

煌「ありがとうございます」ニッコリ

朱里「ところで今日は?」

煌「あ、もう終わったところです」

朱里「それだったら一緒に寮に戻りましょう!」

煌「すばらっ!後輩と帰るなんて久しぶりです」

朱里「鍵、返してきますか?」

煌「そうですね、戸締りチェックして、職員室に行きましょうか」



朱里「いつから部室の掃除されてたんですか?」

煌「うーん、中学の時にはもうやってましたかね」

朱里「こ、こないだまで中学生でしたけど、自主的に掃除なんてしたことなか…」

朱里「やっぱり先輩って、仏様…」

煌「そんな、大げさですよ」

朱里「でもでも、人間ができてるというか!とにかくすごいですよ!」

朱里「プロ相手でもひるまず戦うし、勉強もできるし!ソンケーですっ」

朱里「…ボキャ貧ですみません…」

煌「じゅ、十分すぎますよ。褒められなれてないので照れますね…」

朱里「これだけ毎日やってたら、何かいいことありそうですけど」

煌「どうでしょうか…。おかげさまで毎日楽しいですけどね」

朱里「…深みがあるコメント」

煌「ないですよ(笑)」

朱里「やっぱり、自分のお部屋もきれいになさってるんです?」

煌「まめに掃除するようにはしてますねぇ。心の乱れにつながるらしいですから」

朱里「そ、そうなんですね…」

煌「友清さんは」

朱里「」ダラダラ

煌「…カラーボックス、お貸ししましょうか?」

朱里「違うんですよ!やろうと思えばきっとできるんです!ただご飯食べてスマホ見てたら寝ちゃうし、休みの日は遊びに行くし…」

煌「その感じだといつ勉強してるんでしょう…」

朱里「…ぼちぼちやってますよ!」

煌「変な間がありましたが…」




~翌日朝~

朱里「眠い…」フワァ

朱里(今日の朝ごはんはなんやったか…。焼いたシャケがよか…)

朱里「おはようございますー」

煌「あら友清さん、珍しく1番ですね!おはようございます」ペコリ

朱里「へ?はなだ先輩なんで?」

煌「朝からしっかり動くと、スイッチが切り替わりますからね!」

朱里「…もしかして、朝の支度のお手伝いを?」

煌「机の水拭きとか、配膳の準備とかですけどね!」

朱里「」ガーン

朱里(こ、ここまでとは思わんかった… 立派すぎて、何も言えなか…)

朱里「すみませんでした!」

煌「な、何にですか?」

朱里「放課後だけならまだしも早朝まで私たちの縁の下を力持ってもらって…」

煌(力持つ…?)

朱里「明日は私がやります!やらせてください!先輩は最後の方でゆっくり起きてきてくださいね!」

煌「は、はぁ…」

朱里「先輩が朝のんびりできるよう努力します!」

煌「そ、そうですか…」

煌(圧倒されてしまった… 大丈夫でしょうか、5時起きですけど…)




~翌朝5時~

ピピピッ ピピピtゥ

朱里「うるさい」バシッ

シーン

朱里「」ガバッ

朱里「食堂の準備せんといかんかった…」


朱里「ね、ねむすぎる…まだ太陽も出とらんし…」

朱里(とりあえず、水拭きと、掃き掃除と、お箸…)

朱里(毎朝こんなんやったら死んでしまう…花田先輩はすごか…)

ガチャ

煌「おはようございます!どんな調子で…」

朱里「zzz」

煌「ふふ、お疲れ様でした」

煌「焼き魚の匂いがしてくれば目も覚めますかね」

煌「いい後輩に恵まれたものです。すばらでした、友清さん!」




~放課後~

朱里「ほとんどの授業寝てしまいました…」

朱里「これを毎日はできなさそうなので、花田先輩にお返ししますね」

煌「そ、そうですか」

~IH会場~

爽「腹減ったな~」

爽「ていうかみんな私を置いて迷子になるとか情けないったらないな!」

爽「もう高校生にもなるんだからしっかりしてくれよー」フフン

爽「さて…」

爽「ここどこだ」



仁美「東京はええね。あちこちにジュースショップがあっけんね」チュー

仁美「これで今日も頑張れる」



爽「うぅ…。お腹がすいて力が出ない」

爽「こういうときは歌を歌おう!」


仁美「ん?前から人が来る?」チュー


爽「ジン、ジン、ジンギスカーン♪」

仁美「!?」

爽「エーラチャホーラチャエーラチャフンフンフンフン」

仁美(なしけんこん人は私の前でジンギスカンば唄っちいるん?)

仁美(羊に見えとるんちゃろうか…)

爽「やっぱ獅子原だしー、肉が食べたいよねー」チラッ

爽「…」

爽「ジン、ジン、ジンギスカーン♪」

仁美「!!??」

仁美(今こっち見た!飢えた肉食獣のごたる目で見とった!)※江崎ビジョン

仁美(やっぱり私を見てジンギスカンば唄っちいたんだ!)アワワ

仁美(狙われとる!)カタカタ

仁美「い、命だけは勘弁しちゃってん!」スタタタ…

爽「はい?何が?」

爽「……変な髪型だったなあ。湿気でくるくるしてんのかな?」

爽「あーさっきの人見てたら喉も渇いてきちゃったぞ」

爽「ちかー、ゆあんー、なるかー…は頼りにならないからいいや。ユキー、早く見つけてくれー。そして食べ物をくれー…」





~新道寺女子控え室~

美子「仁美ちゃん?どげんしたと?汗びっしょり」

仁美「いや、食われそうになって」

姫子「なんと!」

煌「何でちょっと食い気味なの姫子」

<リザベーション?>

哩(リザベーション…3!)

哩ケータイ「」ビビクン

姫子「またぶちょーのケータイ鳴っとる」ポチポチ

煌「勝手に触っていいの?」

姫子「だって断っとかんと…。あ、3件来とる。リザベ3か」

仁美「どっから来とうと?」

姫子「ちゃんこ鍋のお店のディナーとAmazonでジグソーパズル、それとはやりんのライブの先行予約ですね」

煌「なぜいつも勝手に予約されるんでしょう?」

姫子「中学ん頃はまだAmazonだけで済んどったんやけどなあ。パワーアップしとる」

美子「迷惑な能力…」





<すばらです>

煌「皆さんお揃いのようですね!すばらですっ」スバラッ

玄「須原さんですか?よろしくお願いしますね」ペコリ

煌「須原って誰です?」

怜「いや、アンタさっき名乗っとったやん」

煌「私は須原ではありませんよ?」

玄「じゃあ本当のお名前は?」

煌「あー……なんでしたっけね?」

照「…」





<あいつはトバん>

哩「聞けば点棒ばすべて失ったことはなかていう。あいつはトバん」

姫子「そりゃあ人間は飛ぶことなんてできせんですよぶちょー。鳥じゃなかですし」

哩「え?」

姫子「え?」




<ぶちょーどこ>

姫子「さっきから山の深うなるにつれ部長が感じられん…」

姫子「どこ…?」


仁美「ま た 迷 子 か」

哩「山奥に入りすぎてはいけせんとあれほど」




<タコスです>

煌「これ、食べませんか…?」

哩「なんそい…?」

煌「中学の後輩から差し入れてもらった…タコスです」ガサ

哩「花田」

煌「はい」

哩「ソースが漏れとる」

仁美「拭き掃除」

哩「仁美もカップの底からジュース漏れとる」


哩「バーベキューの準備完了したか?」

姫子「火付きました!完璧ですっ!」

哩「飯ごうは?」

美子「いい感じに炊けとうよ」

哩「食材は?」

仁美「安い肉から高い肉まで、もやしからシイタケまで揃っとるよー」

仁美「飲み物は私セレクト」チュゴゴ

哩「タレは?」

煌「エバラですっ!」エバラッ








姫子「花田これ何か似合うんじゃなか?」

煌「こんなふりふりなの似合わないよ…」

美子「見てみたくはあるよね」

仁美「私これにしよ」

yjimage

哩「何そい…誰ね?」

仁美「この方を知らんとは!この方はな」

煌「ゲバラですっ!」ゲバラッ









姫子「なー花田ー」

煌「なあに?」

姫子「何でそがん肌もちもちと?何か使っとる?」

煌「いえいえ。これが素肌ですっ!」スハダッ

姫子「…わるーんが一番の要因な気がしてきた」

煌「わるーん?」

姫子「ニコニコすることよ」









美子「親戚からカニばやらっしゃった。食べて」ドサ

哩「ずいぶん多か」

美子「やけん持って帰ってもええよ」

姫子「何ガニです?」

煌「タラバですっ!」タラバッ

仁美「よう分かったなー」

このページのトップヘ