かえんだん

タグ:末原恭子

恭子「模試とはいえ緊張するなあ」

由子「きょーこは頭ええやん」

恭子「そんなことあらへんよ。普通や普通」

由子「まあ妙に意識するのはあるかもしれんねー」

恭子「そうやろ?」

洋榎「そんなもんさっさと終わらせて部活行こうや~」

恭子「アンタかてちゃんとやらな怒られるで」

洋榎「うーんまぁな…。これで成績出るわけやないのに厳しいわ」

由子「ぼちぼち頑張ろ~」



~日本史B~

洋榎(…さっぱり分からんな)

洋榎(藤原さん苗字変えてくれな誰が誰だか分からへんで)

洋榎(しゃーない、5角鉛筆使おか)コロコロ

洋榎(…2)ヌリヌリ

………

洋榎(一応全部埋めたな。…アレ?)

12221224433224

洋榎(マークの番号寄りすぎちゃう?こんな同じ番号続くか?)

洋榎(…いい感じに変えたろ)ケシケシヌリヌリ

13251454123254

洋榎(うん、ええ感じに散らばった)




キーンコーン

洋榎「っし終わった終わった、洋榎ちゃんは部活に行くで~」スタコラ

恭子「どうやった?」

洋榎「どうもこうも、考えてもわからんのばっかやしカンでやったわ」

由子「さすがというか何というか…」

洋榎「国語と数学はちっとは抗ったけどな」

恭子「全部抗わんかい」

洋榎「マークが偏ってたから適度に散らせたわ」

恭子「どういうこと?」

洋榎「12223222みたいになっとったから、1353…とかそんな感じに」

由子「根拠ないのよー」

洋榎「その元のマークも鉛筆で転がして決めたからな(笑)」

恭子「テスト受けに来とらんなもう…」




~数か月後~

洋榎「結果返って来たで~」

恭子「どうやった?」

洋榎「…日本史82点やった」

恭子「嘘やん!?」

洋榎「運も実力の内?」

恭子「ウチと8点差なんが何か腑に落ちんわ」

洋榎「うらやましい?」

恭子「べっつにー」

由子「きょーこ拗ねちゃったのよー」

恭子「拗ねてへん!」

~2年前~

郁乃「よろしくな~」

ザワザワ…

郁乃(そら動揺するわな~…ん?)

洋榎「何か緩そうな人やな」

郁乃(カニ?)

由子「厳しくはなさそうよー」

郁乃(団子?)

恭子「監督は大事にしとるやろか…心配や…」

郁乃(手提げカバンの持ち手?)


~1年前~

郁乃「今年も仰山入って来たね~。よろしくな~」

洋榎「頑張ろうな絹!」

絹恵「うんっ」

郁乃(タコさんウィンナー?)

漫(う、中学でもそこそこ有名な奴がごろごろおるやん…。どうしよ…)

郁乃(…アレは何やろ。例えられんなぁ)

郁乃「…髪型の阪急百貨店やないかー」

恭子「何をいきなり」

郁乃(ここでは奇抜な髪型にせんと入れてもらえんのやろか)

洋榎「お小遣い減らされてもうて」

由子「何か悪さしたんー?」

洋榎「しいて言うなら何もせえへんかった。勉強せえへんかった」

由子「自分のせいやないかーい」

洋榎「これっぽっちでこのいんふれを生き残れとかなぁ。世も末やわ」

恭子「え?呼んだ?」

洋榎「え?」

恭子「今『世も末原』とか何とか言うたやろ」

洋榎「言うてない!」

由子「きょーこ、世界征服したん?」

恭子「いやしてないけども」

洋榎「世の人全員恭子になってもうたらみんな慎重派になってまうで」

恭子「ええやん平和で」

由子「何も決まらなさそうなのよー」

恭子「ウチかてちゃんとグイグイ行くときあるよ」

洋榎「見たことないわー」

由子「ねー」

恭子「むむむ…」

由子「せやけど日本人束になって苗字を末原にしても、中国のリーさんには勝てへんのよー」

恭子「…何で急に人口の話になったん」

由子「手始めに日本から末原化していくとして、途方もない道のりやと思うて。全世界70億人よー?」

恭子「いやしないし、何やねん末原化って。人をウィルスみたいに」

洋榎「S-ウィルスや!」

恭子「何でバイオやねん」

洋榎「そういうことか!それで世界征服を…」

恭子「…末原さんってウチの親族以外で会うたことないな」シレッ

由子「きょーこが私の人生で初末原なのよー」

洋榎「しれっと話題変えんで!」

恭子「まあともかく、何かウチがナルシストみたいになってもうたな」

由子「世も末やわ、世も末にゃにゃ、世も末はや、世も末原…」

洋榎「無意識に聞こえてきたらまあ世も末原に聞こえなくもないな」

由子「私もようあるよー。『このマセガキ!』って言われたらビクッてするもん」

恭子「公共の場でようそんなセリフ出てくんなぁ。ゆーこは育ちええんやから反応せんでええで」

洋榎「『小銭が落ちた!拾え拾え!』とかウチ反応してまうわ」

恭子「それは小銭に反応しとるやろ、拾えの方やないやろ絶対」

~姫松高校麻雀部~

セーラ「…」ガチャ

泉「…」

漫「…?」

セーラ「……な、何…?」

漫「いや何やないですよ!こっちのセリフ!」

セーラ「ああ、そうか、俺らが入って来て『何?』はおかしいわな、そらそうやな。ハハハ」

泉「ハハハ」

セーラ「…何?」

漫「いや分かってませんやん!何の御用ですか」

セーラ「じょーだんじゃ~。そこにおる愛宕洋榎が俺んとこに借金しとんねん」

泉「それで取り立てに来たっちゅうわけですわ」

由子「借金!?」

恭子「それでいくらなんですか」

セーラ「元金利息合わせて30円や」

由子「30円!?」

恭子「30円!?」

絹恵「30円!?」

漫「30円!?」

洋榎「合わせて120円!?」

漫「いや何で合わせんですか!違うでしょ!」

セーラ「ええからとっとと払わんかい120円!」

漫「いや増えてますよ!?30円ですよね?」

セーラ「お、おおそうや30円や。その、洋榎が120円とか言いよるから、『120円ってええ数字やな、フフ』って思ってつられてもうたやないか!おい!」

洋榎「すんません!!」

セーラ「い、いいよぉ~」

漫「いいんですか」

セーラ「いいよいいよアイドルみたいなええ声で謝ってくれたからええよぉ~。誠意見えたよぉ~」

洋榎「すんません!!」

セーラ「あぁいいよいいよ気ぃ遣わせてごめんね?」

漫「謝ってしもうてますけど」

セーラ「まあ何にせよ借金は払ってもらわんと困るのう。払わんとどうなるか、俺がきっちり教えたろやないかい!」

アーーオッ!

セーラ「アオッ!」

You Know I'm Bad-You
Know-Hoo!

セーラ「アオッ!」クルクル

You Know I'm Big-I'm Bad-
You Know It, You Know

セーラ「ポウッ!」ムーンウォーク

And The Whole World Has To
Answer Right Now
Just To Tell You Once Again . . .

洋榎「あ、もしもし?」

一同「」ズッコケ

恭子「着信音やったんかい!」

洋榎「いや麻雀部とは思えん身のこなしやで」

由子「キレイなムーンウォークだったのよー」

セーラ「ちょっと洋榎!!」

洋榎「はい」

セーラ「何で途中で止めんの!」

洋榎「何でって」

セーラ「今着信音マイケルで俺マイケルめっちゃ好きやから気持ちよく踊ってたでしょ!」

洋榎「おお」

セーラ「最後Who’s Bad?のとこ決めポーズあったのに途中で止めちゃうから最後こけちゃったやんか!」

洋榎「ええ、決めポーズあったの!?」

セーラ「あったよー!!!」

洋榎「すんません!!」

セーラ「あ、い、いいよぉ~」

漫「いやええんかい!」

セーラ「いいよいいよちゃんと謝ってくれたらいいよ平和だよ~」

セーラ「…まあしゃあないな。すぐ戻ってくるさかい、それまでに30円きっちり用意しとけよ。行くで泉」

泉「へいっ」

洋榎「…あの後ろの改造制服の後輩何もしとらんで」

泉「…」

洋榎「予言しましょ。次来るとき彼女は自分から一発ギャグをやりたいと進言しますわ」

泉「余計なこと言わんでええねん!」ガチャ

洋榎「おい!」

セーラ「何や!」

洋榎「次また来るんやろな!」

セーラ「当たり前じゃ!」

洋榎「…ダンスさっきのよりスゴイの期待してええんか?」

セーラ「…」

セーラ「頑張るよっ」ガチャ

漫「借金取り立てに来たんとちゃうんかい!」

恭子「わけわからんな」

絹恵「30円くらい返したりや」

洋榎「ない袖はふれんわ」

由子「30円もないのー?」

ガチャ

憩「お邪魔しますーぅ」

一同「」ズッコケ

恭子「また何か来たで」

絹恵「けったいなあいさつはやめてーな」

キョウくん「モヤモヤあわぁ~ず2。見つけると放っておけません」



誠子「こんにちは」

尭深「こんにちはー」

誠子「まいど!」

尭深「早速方言使っていくね」

誠子「いやー来てもうたな、関西に!」

尭深「私初めて来る」

誠子「何か電車の中暑くなかった?みんなあれでよく我慢できるね」

尭深「人もいっぱいだしね」

誠子「そこは東京もだよ(笑)」

淡「まいどっ」

誠子「おう!」

淡「オーオーサーカーだー!!」

尭深「元気だ」




キョウくん「っつーことで、今回は、冷房が効きにくい町、大阪の姫松周辺
をブラブラします」

moyamoya

キョウくん「大阪府の阿倍野区にある、姫松。地名は古今集から来てるらしいっす」

キョウくん「すぐ近くの帝塚山は高級住宅地なんで、姫松駅の周りにも高そうなお店が並んでるんだよね」

キョウくん「ちなみに、麻雀がすごく強い姫松高校もこの近くにあります」

キョウくん「そんなお高くとまる街、姫松と、天王寺をブラブラします」




淡「何かよくわかんないけど、ワクワクするね!」

誠子「旅行だからって言うのもあるけど、不思議と高まるな!」

淡「旅行じゃなくてロケだよ!」

尭深「すっかり業界って感じだね」


モヤモヤPOINT 職業人。


淡「大阪だけど、その中でも天王寺周辺をブラブラするよ」

誠子「やっぱ何と言ってもこれでしょう!」チラッ

1439004220886


モヤモヤPOINT あべのハルカス。


尭深「もう早速入りたい!」

淡「興味津々だね!」

尭深「ここ暑いから…」

誠子「暑さかよ!」


モヤモヤPOINT 気温35度。


誠子「じゃあ行きましょうか」


キョウくん「朝から暑い天王寺ブラブラスタートです」

キョウくん「そして入っていったのが、あべのハルカス」

キョウくん「地上300mの高さは、ビルとしては日本一っつー、去年3月にオープンしたピカピカの建物なんだよね」

キョウくん「中には近鉄百貨店とか、美術館とか入ってて、充実してるらしいっす」

キョウくん「ちなみに、あべのは『阿倍野』から、ハルカスは古語の『晴るかす』から来てるんだって」





淡「すごい不思議な形してるけどさ、中は普通にショッピングセンターって感じだね」

誠子「あー涼しい」

淡「建物についてなんか言ってよ」

尭深「いつもと立場が逆だ」


モヤモヤPOINT 職務放棄。


誠子「ついつい忘れちゃうねカメラを」

尭深「せっかくだから美術館見たいなあ」

淡「行きましょうか!16階だって」

キョウくん「美術館に行ってみるみたいですよ」


誠子「お、企画展やってるね」

IMG_0373


尭深「ムーミンだ!」パアァ

淡「ムーミン好きなの?」

尭深「世界観がね!ムーミントロールも好きだし」

誠子「本名そういうんだ」

淡「学生3枚くださいな!」


キョウくん「16階っつー、高みにある、こちらの美術館」

キョウくん「この日は『トーベ・ヤンソン展』が開催されてました」

キョウくん「トーベ・ヤンソンさんはフィンランド出身の画家。ムーミンが代表作として有名だよね」

キョウくん「最初は絵を描いていたんだけど、だんだんと児童向けのものにシフトしていったらしいっす」

キョウくん「食事階でも各店コラボメニューが出てるみたいですよ」


ムーミンパンケーキ 1,134円
パンケーキ


淡「ムーミンかわいいよね!ほっこりする」

誠子「これ、ムーミンが住んでた家かな」

IMG_0372


恭子「ちゃうで、これは作者の別荘の再現や」

淡「あっ一般人の方はちょっと…。これテレビなんで…」

恭子「あ、カメラ、……すんませんでした」

恭子「って何でやねん!」

尭深「ノリツッコミだ」


モヤモヤPOINT 本場。


由子「恭子もうちょい静かに見れん?」

恭子「あ、ごめん」

誠子「姫松の末原さんと真瀬さんですか?」

恭子「いかにも」


キョウくん「姫松高校麻雀部のこちらのお二人」
6153a72f-s

ゆーこのよー


キョウくん「どちらも同じ学年で、レギュラー張ってるっつー、なかなかの腕前らしいっす」


尭深「お好きなんですか?」

恭子「ん、ゆーこが見に行きたいっちゅうから」

由子「きょーこも好きやんムーミン」

恭子「う、ウチは普通や。人並み程度に好き」

由子「たくさんグッズ買うためにお金おろしとったやーん」

恭子「」

尭深「参謀タイプなのに、何かかわいいですね♡」

恭子「やかましいわ!」


モヤモヤPOINT ギャップ萌え。


誠子「何が好きなんですか?」

由子「ウチはスナフキンよー」

恭子「……ニョロニョロ」

bakeobpnore

誠子「この不思議なのですか」

恭子「これに乗って運ばれたいとか…思ったりな…」

淡「かーわいい!」

恭子「初めて会うた人にようそこまでグイグイ来るな!」


モヤモヤPOINT 積極性。


キョウくん「グッズショップに寄るみたいですよ」


淡「ここで買ったもので、視聴者プレゼントを選びましょう!」

誠子「誰が一番センスあるおみやげ選べるか、ってことか」

尭深「自信ないよお…」


キョウくん「今回の視聴者プレゼント、誰が1番センスあるか、応募総数で決めるみたいですよ」


淡「これかな~♪」

誠子「」チラッ

淡「ダメだよ!カンニング!」

誠子「し、してないしね!」





誠子「じゃあ選べたんで、まず尭深から」

尭深「はい。私は無難に…」コトッ

淡「わあ、マグカップ!」

誠子「攻めが足りないよね!うん。守り入っちゃってる」

尭深「別にいいもん、芸人さんじゃないから」

誠子「そういえばそうだったね」


モヤモヤPOINT 現役高校生。


誠子「それじゃあ私はですねえ…」

淡「ポストカードとー、メモ帳」

尭深「一緒だね、ほとんど」


モヤモヤPOINT 守り入っちゃってる。


淡「最後私ー」

誠子「え、絵本か?」

尭深「しかも英語だね」

誠子「いやーやっちまったな淡」

淡「外国語の絵本って普通にインテリアにならない!?なると思うよ!」


誠子:ポストカード・メモ帳
尭深:マグカップ
淡:絵本


誠子「じゃあこの3点で、1番センスあるやつに応募してくださいね!コイツ嫌いだからとかっていうのはダメよ」



キョウくん「ムーミンさん、これからも展示、頑張ってください」

このページのトップヘ