かえんだん

タグ:松実宥

晴絵「街に銀行とか買い出しとか行くから、誰か付いてきてほしいんだけど」

穏乃「はいっ!行きますっ!」

晴絵「うん、シズは力あるしいいかもね。じゃあ行こうか」

穏乃「よろしくお願いします!」

4人「いってらっしゃーい」

………

晴絵「先に銀行寄って、その後諸々買い物に行くからね」

穏乃「分かりました!銀行は何かの振り込みですか?」

晴絵「まあそうだね。部費もおろしたいし」

穏乃「マネージャーみたいなこともするんですね先生」

晴絵「人いないから、大人は頑張らないと」

穏乃「さすがですね!」フムン

晴絵「っと、いうわけで着いたけど、どうする?車の中にいる?」

穏乃「いえ、ついてきます!」

………

……



晴絵「戻ったよー」

4人「おかえりなさーい」

穏乃「ただいま~」

4人「おかえr」

憧「…何で銀行の風船持って帰って来てんの」

玄「懐かしいねー」

穏乃「いやー見つけたら欲しくなっちゃって」

晴絵「受付の子に『ご自由にお持ちいただいていいですからね~』ってニッコリ笑顔で言われた時の私の気持ち」

灼「恥ずかし…」

穏乃「あはは、すいません」

穏乃「でもこれ、貰った時よりだいぶしぼんじゃった」

宥「売り物じゃないしねえ」

穏乃「それもですけど、ちょっといじくりすぎたかもしれません。乗ってる間ずっとバインバインして遊んでたんで」

灼「さすがに買い物に持ってっては」

穏乃「そりゃもう、荷物持ちでしたからさすがに!」

憧「その考えがなぜもらうときにもできなかったのか」

穏乃「童心に帰っちゃったもんだから」

憧「年中子どもでしょうが」

穏乃「何をー!」

玄「身長的には、灼ちゃんもセーフだよ?」

灼「…私、別に欲しがってないけど」

穏乃「週末暇?遊びに行こうよ」

憧「どこ行く?」

穏乃「街とか」

憧「遠出ねえ…」

憧「あ」

穏乃「何?」

憧「土日どっちも雨」

穏乃「マジかー…」

憧「やめる?」

穏乃「いやーでも行きたいなあ…」

憧「! そうだっ」

穏乃「ん?」

憧「宥姉連れてこ!」

穏乃「宥さんを?いいけど何で?」

憧「宥姉と出かけるときってあんま雨降ってるイメージないでしょ?」

穏乃「晴れ女ってこと?」

憧「そうそう!」

穏乃「なるほどー。普通に宥さんとも遊びたいし、いいよ!」

憧「おっけ」

………

宥「2人と遊びに~?」

憧「そう!暇?」

宥「うん。土日どっちかな?」

憧「どっちがいい?」

穏乃「じゃあ土曜日で!」

宥「うん、分かったよ。駅集合?」

憧「そうね。9時で!」

宥「頑張って起きるね~」

………

穏乃「曇ってるね。降る感じではないけど」

憧「街もこれくらいでもってくれてると助かるわ」

穏乃「何で?」

憧「あんま晴れすぎてても焼けちゃうでしょ?」

穏乃「気遣うねえ」

憧「アンタが気を遣わなさすぎなの!」

宥「あ、もう2人とも来てたんだね。ごめんね」トテトテ

穏乃「厚着!!!」

憧「知ってたけど!!!」

宥「ええ…? 今日はお昼暑いって聞いてるからちょっと薄着なんだけどな…」

穏乃「ブレないですね…」アハハ…

憧「じゃあ行きましょ、ちょうどロープウェイ来たみたいだし」

………

~市街~

穏乃「暑い」

憧「…そうね」

穏乃「雨どころか曇ってもないけど」

憧「ここまで晴れさせるなんてさすがというかなんというか」

宥「いい天気で良かったねぇ」ウフフ

穏乃「宥さんさすが晴れ女ですね!」

宥「え、私が?」

憧「宥姉と出かける時って雨降ってること少ないなと思って」

宥「うーん、確かにそうかも。晴れてると暖かくていいよねぇ。太陽に好かれてるのかな?」

穏乃「両想いですよ!」

宥「そっか!両想いか!えへへ」

憧「それなら納得いくわ…。お似合いのカップルよ…」

~春・吉野~

宥「今年も満開だね~」

玄「ホントにね~。お姉ちゃんお茶いる?」

宥「うんっ。ありがとう」ズズッ

宥「……はぁ~」ホッコリ

玄「お年寄りみたいだよ…」

宥「春って落ち着くから~」

玄「まあねー」ゴソゴソ

玄「」カシャ

玄「…うーん」ポチポチ

宥「写真撮ったの?」

玄「うん、ブログに上げようと思って」

宥「わ、すごいね」

玄「もう1回撮ろ」カシャ

玄「うん!いいかも」

宥「ブログって玄ちゃんが全部やってるんだもんねえ」

玄「元があるのを更新してるだけだよ?一から作るなんてことできないし」

玄「内容も普通のことしか書いてないよ」

宥「そうなの~?」


ーーーー


宥「松実館で検索すれば出るよね」カタカタ

宥「あ、ブログのリンク」カチ

4/2 桜前線がやってきました

こんにちは!

ここ吉野山も桜が満開に近づいております。

写真は松実館近くの桜です。大きいですよね!

私が小さい頃から見守ってくれているんです!


今年の桜のシーズンの宿泊予約なのですが、土日祝日はすべて予約が入っております。。。

平日でしたら空きがある日もございますので、ぜひご相談くださいませ。

またこれからいらっしゃるお客様、お気をつけてお越しください。

従業員一同、心よりお待ちしております!

ブログ担当 くろ


宥「へ~、すごいなぁ」カチカチ

宥「ほとんど毎日更新してる…」

4/1 うそつき?

3/31 今日のお食事♪

3/29 金剛峯寺へ

3/27 ねこ

宥「コメントも結構来てるんだね」

Name ななし

くろちゃんこんにちは。
今度泊まらせてもらう予定です。
今年もきれいな桜ですね!ご飯ともども楽しみです!


Name くろ

お越しいただけるのを楽しみにしていますね!
ビュースポットなどこちらでお教えできることもありますので、お気軽にお声掛けくださいね!
食事の方も腕によりをかけますよ!



Name 名無し

くろちゃん!
吉野にお泊まりした後、帰りに遊べるようなところありますか?
奈良県内で!


Name くろ

遊びですか…。
どのようなルートでお帰りになるかにもよりますが、やっぱり神社仏閣ではないでしょうか!
和の旅ということで行くといい雰囲気だと思いますよ!
またお越しの際にご相談くださいませ♪



宥「すごい、何というか慣れてる…」

玄「お風呂あがったよ~」

宥「あ、おかえり~」

玄「あ、ブログ見てたの!?」

宥「う、うん。すごいね玄ちゃん」

玄「恥ずかしいよー…。普段の私と違うから…」

宥「ほとんど同じじゃないかなぁ?」

玄「うかつなこと書けないから気を遣うんだ」

宥「あーそうだよねぇ」

玄「でもねでもね、最近アクセスが増えてるの!ほらここ」

宥「ホントだ、今日だけでも800人近く来てる」

玄「この間のお休み1000人超えたの」

宥「すごい…」

玄「だからね、もっといっぱい見てもらって、たくさん泊まってくれたらいいなって思うんだ!」

玄「写真もいっぱい撮っちゃうよ」キラン

宥「…できる広報さんみたい!カッコいい!」

玄「えへへ~」

~部室~

宥「ないねぇ…」

玄「家に持って帰ったんじゃないかなあ…。あ、これ何だろう」シュルシュル

宥「タスキ?」

玄「あー、宴会で使うのだよ。忘年会とかでよく見る」

宥「『本日の部長』だって」

玄「お姉ちゃん、部長になっちゃう?」

宥「ええぇ、いいよぉ私は」

玄「ほらほら」

宥「あぁ…。部長になっちゃった」

玄「今日はお姉ちゃんが部長です!何か一言ありませんか?」インタビュアーノマネ

宥「ええと、精一杯職務に励みます」

玄「抱負を教えてください!」

宥「うーんと、仲良く暖かくやっていきたいです」

灼「こんにちは」ガチャ

宥「!!! あ、灼ちゃん!?」

灼「はい、どうかしました?」

宥「」ホンジツノブチョウ

灼「…」

宥「ち、違うのぉ!灼ちゃんの部長が不満ってことじゃなくて、たまたまこのタスキが見つかってそれで」

灼「そ、そんなに弁解してもらわなくても分か…。パーティグッズですね」

玄「ヘアアイロン探してたんだけどこれが出てきちゃって」

灼「はぁ。……宥さん、部長やってみますか?」

宥「むむむむむ無理無理無理だよぉ!!灼ちゃんじゃなきゃ無理!これあげる!」

灼「そんなですか…」ホンジツノブチョウ

宥「部の顔になるなんてできないもん」

玄「お姉ちゃんにはちょっと大変だね」

灼「わ、私もそこまで意識してやってるわけじゃな…。ハルちゃんぽくできればってくらいで」

宥「できてるからすごいんだよ~。ねえ玄ちゃん」

玄「うんうん」

灼「///」

穏乃「海人って言葉あるじゃん」

憧「沖縄でよく聞くやつね」

穏乃「あの理論で行くと私山人だと思うんだ」

憧「はぁ」

穏乃「何その反応」

憧「無関心を表現したの」

穏乃「ひっどい!」

憧「たぶん山人はもう他の誰かが使ってると思うよ」

穏乃「そっかー……。じゃあ森人でもいいや」

憧「こだわりないの!?」

穏乃「憧のも決めてあげるよ」

憧「えっ」

穏乃「実家神社だしー、神人とか」

憧「現人神!」ガーン

憧「女子高生がそんないい身分になれないって!」

穏乃「でも他に思い付かないからなあ」

憧「…没個性って言いたいわけ?」ムニーッ

穏乃「いひゃいいひゃい!ひょうやないっひぇ!」

ガチャ

灼「…何してるの」

穏乃「あ、灼さんは簡単ですよ!球人!」

灼「状況が読めな…。何のこと?」

憧「みんなに『海人』的な表現をあてはめてってるんです」

灼「あー。なるほどね」

灼「……球人は何か嫌だな」

穏乃「えー?でもボウリングですよね?」

灼「でもって何」

玄「私は?」ヒョコッ

穏乃「あ、こんにちは!」

憧「にゅっと出てきたわね」

玄「えへへ。私は何になる?」

穏乃「玄さんはー。竜人かな」

玄「どらんちゅ!」

灼「玄人とか考えちゃった」

憧「何かかわいくていいなあ。私神だったんだけど」

玄「竜と神どっちがいいんだろうね」

憧「竜人と神人、どっちが上か決めようか…?」ニヤリ

玄「何で?」

憧「神聖さ」

玄「基準が…(笑)」

ガチャ

宥「こんにちは~。何だか楽しそうだね」

灼「こんにちは」

穏乃「海人命名ゲームしてるんですよ!」

宥「海人…?」??

穏乃「今私は山人です」

憧「私神人」

玄「私は竜人!」

灼「…え、私のって球人で確定なの」

宥「…」

宥「何となく分かったかも」ニッコリ

穏乃「さすがです!」

憧「洞察力がすごいわ」

宥「それで、私はどんなのになるかなあ?」

憧「暖人でしょ」

玄「ぬくんちゅ!」

灼「かわい…」

穏乃「宥さんは暖人!」

宥「暖かくていいね」ウフフ

このページのトップヘ