かえんだん

タグ:桃子のバスケ

フクダ総合高校

1年 戒能良子
  「キセキの世代」と呼ばれ始める前にテイコウにいたプレーヤー。相手の技を奪う。恋人は奪わない。



衣「何!?次の試合よしこが出てくる!?」

和「ええ。静岡県代表のフクダ総合というところです」

衣「まだ続けていたとはな…」





良子「Long time no see、マホ」

e05e58aa-s


マホ「お久しぶりですね、良子ちゃん」

友香「こいつは一体誰なんでー?」

マホ「戒能良子。テイコウで私がスタメンになる前のレギュラーです」

マホ「ですが転校していきました」

良子「Fatherの都合だったので突然でした」

友香「入れ替わりだったのか」

良子「そういうことですね」

マホ「でもなんでまたバスケをやってるんです?」

良子「いやあ、私がテイコウを出てから『キセキGeneration』というものがもてはやされるようになったので」

良子「ちょっと寂しくなりましてね」

友香「なるほど」

マホ「次の試合、ウチとですよね!そこで存分にやり合いましょう!」




~IH会場 観客席~

友香「って言う具合に戒能って人に会ったんでー。どんなプレーヤーなの?」

桃子「そうっすね。しばらくすると分かると思うっすよ」



恭子「元テイコウだかなんだか知らへんが!」ダムダム

恭子「」ガゴン


友香「ふうん。あ、先制した」

桃子「…」


良子「へえ…。いいですねえ それ」

良子「こんな感じでしょうか」ダムダム

良子「ほいっと」ガゴン

恭子「な!」


友香「あれは…夢乃ちゃんと同じコピー能力!?」

桃子「ちょっと違いますね。良子ちゃんはマホちゃん同様一度見ただけで相手の技を自分のものにできる」

桃子「ですが…」


恭子「お前!ウチのドライブコピーしたやろ!」

良子「Copyではありませんね。Respectです」

恭子「何か腹立つなその英語」イラッ


桃子「良子ちゃんはリズムやテンポを、その胡散臭さで我流に変えてしまう」

桃子「その結果…」


恭子(こんないい加減な奴にやられてたまるかい!)ダムダム

恭子「さっきより早く抜いたる!」バンッ

ポロッ

恭子「あ…」

マホ「っ…」


煌「そんな!あの末原さんがボールをこぼすなんて」

桃子「見た目が全く同じでリズムがわずかに違う技を見せられた相手は、無意識に自分本来のリズムも崩され、その技を遣えなくなるっす」



良子「Unfortunately,それはもうあなたのSkillじゃないですよ」

恭子「くっ…」

良子「私のものです」シタペロリ



桃子「良子ちゃんは相手の技を奪う」






恭子「ホンマ腹立つなあ…」

マホ「あのナチュラル煽りに反応してたらキリがないので気にしないでください!というかしっかりしてくださいキャプテン!」

恭子「こいつもムカつくなあ…」イライラ

ラクザン高校

1年 福路美穂子
  キセキの世代のオッドアイキャプテン。2重人格かもしれないPG。『目』を使った状況把握、先読みに長ける。



~12月・ウィンターカップ会場~

未春「いやあ来たねえ全国大会!ウィンターカップ!」

淡「まさかキリサキ第一を倒せた勢いそのままに勝ち上がってウィンターカップへの切符を勝ち取れるとはね!さすが私の監督力?」

華菜「カントク、誰に説明してるんだ…?」

煌「そういえば友香ちゃんは?」

桃子「帰国したのがさっきで、開会式は出られないんでー、とのことっす」ユラァ

煌「うわ!?いたんですね!」

華菜「あのバカ、間に合うように帰って来いよな…」

ピロリロ♪

桃子「ろ?」ポチポチ

桃子「すみません、ちょっと外します」

淡「ちょいちょい、あんまりフラフラされると困るんですけどー」

桃子「申し訳ないっす…。福路さんからの呼び出しで」

未春「福路って」

煌「キセキの世代のキャプテン、ですね…」

淡「…何だか深刻っぽいね。分かった!行ってきていいよ」

桃子「すぐ戻るっす」タタッ



~会場外~

衣「む?遅いぞももこ!」

まこ「そんなに遅れてもないじゃろ。ワシらが早いんじゃ」

豊音「スカイツリー、見えたー?」ヨイショ

マホ「うーん?どっちの方角でしたっけ?」カタグルマサレー

まこ「目立つからやめんしゃい」

桃子「…相変わらずっすねみんな」アハハ…

桃子「まほちゃん、その手に持ってるはさみは」

まこ「ラッキーアイテムじゃ」

衣「危ないからしまえ!」

まこ「嫌じゃ、ワシのかばんの中が傷つくじゃろ」

豊音「アハハ」

マホ「…呼び出した本人が一番最後みたいですね」

桃子「それも相変わらずっすかね」

??「ごめんなさい、待たせたわね」

マホ「全くですよ!美穂子ちゃん!」

cac6f31c


美穂子「衣、マホ、まこ、豊音、そして桃子。またこうして全員そろって会えたのは感慨深いわね」

美穂子「ただ…。関係のない人も混ざっているみたい」

桃子「?」クルッ

友香「釣れないんでー。仲良くしようよ」

桃子「友香ちゃん!」

友香「遅れてごめんね!」

美穂子「…まこ、はさみを貸してくれない?」

まこ「何に使うんじゃ」

美穂子「うふふ、ちょっとね。ありがとう」

美穂子「森垣友香さん、よね?」

ジャキッ

桃子「友香ちゃん!?」

美穂子「ごめんなさいね、ちょっとした身内話をしたいの…」

美穂子「そのプロ麻雀煎餅のカードあげるからお引き取り願える?」ポトッ

友香「え、あの」

美穂子「私カードは集めていないのだけど、ポテトチップスは欲しくて」

まこ「何に使うかと思えばカードの開封かい…。手で開けれるじゃろ」

美穂子「カードが折れちゃうでしょう」

友香「キャプテンっていうからどんな人かと思ったら…。ずれてるけどいい人、かな…?」

桃子「おおむねその評価で合ってるっす。体育館の掃除とか酷いときはドリンクとご飯の用意までやってくれてたっす」

友香「練習の合間で?」

桃子「練習の合間で」

豊音「あ、そういえばー、今日美穂子ちゃんどうやってメール打ったの?機械音痴克服したの?」

美穂子「…チームの子に頼んだわ///」

マホ「ですよねー」

衣「まあ使えなくても携帯電話は持っていてくれないと。居所が掴めんからな」

まこ「アンタには言われとうないな」

桃子「いい人なんすけど…。在学中何回も部室のテレビとDVDデッキを交換しなくちゃいけないほど機械壊しちゃうんす」

友香「なぜ触ろうと思うのか」




←第7話    第9話→

ヨウセン高校

3年 井上純
  「イージスの盾」のデカい人。男ではない。
2年 郝慧宇
  「イージスの盾」の留学生の人。語尾にアルを付けるほど安直ではなかった。
2年 本内成香
  片目見えてますか?消えるシュート「陽炎のシュート」を打てる。
1年 姉帯豊音
  キセキの世代の超巨大穏やか系C。ゴールをダンクシュートで壊したという噂があるが本人は否定している。




~ストリートバスケ会場~

成香「友香ちゃんじゃないですか!」

友香「なるか!本当に久しぶりでー」

煌「どなたです?」

友香「私がアメリカにいたころの幼馴染でー」

成香「向こうでは私とずっとバスケしていたんですけど、友香ちゃんが突然帰国してしまって…。それ以来です」

友香「お姉ちゃんみたいな存在なんでー。こんなんだけど」ポムポム

成香「頭撫でるのやめてください!」

友香「なるかは何で日本に?」

成香「私も今年から日本の高校に通うことになったんですよ。ヨウセン高校というところで」

桃子「ヨウセン高校…」

煌「それって」

桃子「そうっすね。キセキの世代の1人が通っている高校っす」

成香「そうなんですよ!それで私たちインターハイ出ていたので…」

桃子「ヨウセンは全国3位でしたよね」

成香「いろいろありまして…」

??「あーいたー。ちょー探したんだけどー」

??「っていうかストバスしてんじゃねえよ。公式戦以外の試合ウチ禁止なんだから」

煌「…!」

??「ってあれ?モモちゃんだー!どうしたのー?ちょー久しぶりだねー」ギュッ

888d0386


桃子「苦しいっす豊音ちゃん」

煌「キセキの世代最強のセンター…、姉帯豊音。それにヨウセンの主将の井上さんまで」

純「お?知ってんのか。ていうかお前無冠の五将の花田だろ?何でここにいんだよ」

煌「いえ、私はここでバスケを」

豊音「そうなんだー……。バスケやめて遊びに行こうよー?疲れちゃうよ?」

桃子「いや、エントリーしちゃったんで…。終わってからならいいっすけど」

友香「ねえねえ、キセキの世代なんだったら一緒にやってってよ?戦ってみたいし」

豊音「えー…大変だから嫌かなーとかとか…」

友香「何でそんな乗り気じゃないんでー?」

桃子「豊音ちゃんは背高いから親に言われてバスケ始めさせられたんっす。でも本人は未だに乗り気じゃなくて」

豊音「私は手芸部に入りたかったのにー」グスン

桃子「テイコウの手芸部は入学する2年前に廃部になってたんっすね」

煌「下調べが甘いとしか…」

成香「それで、中学まででやめればよかったのですが……」

純「高校3年間の学食食べ放題に釣られてバスケしてるんだよな。アホだわ」

豊音「学食おいしいもん!仕方ないじゃん!」プンプン

桃子「ますます成長しちゃうっすね」

豊音「!! もう身長いらないよー!ヨウセンやめます」

純「何バカなこと言ってんだよ」バシッ

友香「何というか…。随分のんびりというか穏やかというか」

桃子「普段の性格はおっとり系、でも嫌々ながらやるバスケはとても強いです」

友香「この身長とオーラを見れば分かるんでー。だからやってこうよ!」グイグイ

豊音「ダメだよー今日私服だから汚したくないしー…」

ハオ「というか野良試合全般がダメなんですって、さっき主将から説明あったでしょう」

豊音「あーハオ先輩!」

友香「うわ、こっちもデカい」

ハオ「成香もあまりこういうことはしないでくださいね。久保監督に言いつけますから」

成香「あああああああ!それだけは、それだけはやめてください!!」プルプル

桃子「どんな監督なんすか…」

煌「バスケはすごそうなのになぜ2人とも小動物っぽいのでしょうかね」アハハ


←第6話    第8話→

キリサキ第一高校

2年 竹井久
  無冠の五将「悪待ち」。頭の良さによって相手を追い込むゲームメイクが得意。マナーは良くない。



煌「お久しぶりですね、竹井さん」

久「そうね。会えて死ぬほどうれしいわ」

煌「あ」

久「何?」

煌「またそうやってシューズのかかとを踏んで!行儀が悪いですよ!」

久「私のバッシュなんだから私がどうしようが勝手でしょう?」ケラケラ

煌「そういう問題ではありません!物には命が宿ると言いましてですね…」クドクド

久「長くなるなら50文字くらいにまとめてもらっていいかしら?」

煌「つまりはすばらくないんです」

久「出たすばら(笑) まだ言ってたんだ」

煌「いつまでも言い続けますとも」



未春「全中3連覇したテイコウ中学のキセキの世代。でもその1つ上にもいたんだ。キセキの世代と渡り合えるだけの力を持った選手が5人」

竜華「その人らは『無冠の五将』て呼ばれとったんや。ウチの煌含め残り4人、そのうちの1人がさっきすれ違った竹井久」

淡「去年キリサキ第一と予選で戦ったんだけど、プレーがひどいのなんのって!」

友香「何かされたんで?」

淡「ベンチにトリモチとかブーブークッションとか仕掛けられるし、なんかうるさいヤジの人がコートの傍に立ってるし、やる気でなかったよ」プンスコ

桃子「普通に反則っすよね?」



久「今年も当たるわね~。ま、お互い悔いが残らないように頑張りましょ?」

煌「小細工なしで戦ってくれますか?」

久「どうかしら。私いたずら好きだからまた何かしちゃうかも」

煌「なぜそこまでして…」

久「…このぐらいやらなきゃ勝てるもんも勝てないからよ。実力もない人間はどんな手を使ってでも…」ボソ

煌「…」

久「なあんて嘘よ嘘!楽しいからやってるだけ!」

煌「…私個人としてはすばらくないと思いますが…、それでも私たちが勝ちます」

久「怖い顔しないの!笑って笑って」グニグニ

煌「ひっはらはいへふははい」

久「あ、天井からアンパンが次々と降ってる!」ユビサシ

煌「!?」クルッ

久「そんなわけないじゃん(笑) じゃあもう行くから!バイバイ!」ピューッ

煌「あ、ちょっと!」タタッ

久「もーイジリがいがあるなー」ポチッ

パパパパパパパパン!パン!パン!

煌「ぎゃっ!ば、爆竹ですか!?」

煌「もう!室内で火薬を使うなんていけませんよっ!」




桃子「…何か爆発音と怒号が聞こえるんすけど」

華菜「あいつらいつもあんなことやってるんだ。トムジェリみたいなもんだから気にすんな」

桃子「はあ…」



←第5話    第7話→

~インターハイ、控え室・トウオウ学園高校~


和「マホはおそらく衣のコピーするタイミングをうかがっています」

梢「キセキの世代のプレイヤーの技はコピーできないのでは?」

和「中学までは少なくともそうでした。ですが成長してできるようになっていてもおかしくありません」

浩子「そうなると天江と夢乃をマッチアップさせるのは難しいなあ」

浩子(天江が負ける何てことはありえへんが…。『天江がもう一人向こうにいる』のは避けたい)

衣「なぜ衣から逃げなければならない?模倣されてしまう前に試合を決するだけ点を取れば良いだろう」

和「な、何を言ってるんですか!」

衣「いくら模倣しようが最後に勝つのは衣だ」ゴッ





~控え室・カイジョウ高校~


恭子「ドリンクいるか?」

マホ「ありがとうございますー」

恭子「どうや、コピーできそうか?」

マホ「…もう少し時間かかるかもしれません。その間に点差が開いたら…」

恭子「アホか。お前はそんなこと心配せんでええわ、コピーに集中!」バシッ

マホ「痛いですー…」





淡「試合再開して結構経つけど、トウオウ有利は変わらないね」

桃子「ただカイジョウ、特にマホちゃんは機会を伺っているようにも見えるっす」

友香「機会?」

桃子「衣ちゃんのコピー」

煌「でもキセキの世代の技のコピーはできないと…」

桃子「ポテンシャルならあの子たちの中でナンバーワンっすから、不可能ではないはずっす」

友香「ただ後半戦始まってまともに衣ちゃんとやり合ってないんでー」

淡「自分の中のイメージとズレがあるんじゃないかな?だから修正に時間をかけて、1on1を避けてる」

竜華「でもこのままズルズル行ったら負けてまうで」


マホ(先輩たちが粘ってくれてる間に何とかしなくちゃ!今自分が何をすべきか?)

マホ「衣ちゃん!」

衣「?」

マホ「マホ、衣ちゃんのこと嫌いになります!」

衣「!?」

衣「衣、何か悪いことしたかな…」ジワ

マホ「あ、違くて、嫌いにはなるんですけど友達ですよ?」アセアセ

衣「???」

マホ「あの、憧れを捨てるというか、その、言葉の何とかってやつです!」アセアセ

衣「理解できないよ!」ウルウル

マホ「…やっぱり衣ちゃんの言語力欲しいですー」ウルウル


華菜「何か急に泣き出したし」

桃子「何やってんすかね…」



←第4話    第6話→

このページのトップヘ