かえんだん

タグ:清水谷竜華

怜「この子はまた何言うとんねん、かっかせんと、ほら、サイダー飴食べや」

泉「あ、どうも…」ペリペリ

泉「そうやなくて!」コロコロ

泉「お三方みたいな、三文字の苗字ってかっこええなあって思うんですよ」

竜華「そうかな?」

泉「だって親戚以外に会うたことあります?清水谷さんとか園城寺さんとか船久保さんとか」

竜華「あー、確かにないかも」

浩子「その理論でいうと二条もなかなかおらんけど」

泉「ま、まあ確かにですけどね、でも三文字苗字ってとにかく強そうでしょう?」

怜「そんなに?」

浩子「逆に泉はこの中の誰が一番強い名前やと思うん?」

泉「うーん… バランス的には清水谷先輩ですかね」

竜華「いえーい」ブイ

怜「あ、何か今のイラッとしたで」

浩子「先輩のは竜が入っとるからとちゃいます?」

竜華「そうなん?」

泉「いえ、そういうわけでは…。こう、説明が難しいんですけど、縦に書いても横に書いてもバランスいいでしょ?」

浩子「まあ確かに清いの字以外はほぼ線対称やな」

泉「それとあの、3+2っていうんが私の好みなんですよ」

竜華「結局好みの問題になってくるんやね(笑)」

怜「えーなんやじゃあ次に強いんフナQやーん。お姉さんやる気なくなったわ~」グデン

泉「と思うでしょ、実はですね、2番目は園城寺先輩なんです!」

怜「お」

泉「3+2は王道で好きなんですけど、3+1っていうんも逆に趣があると言いますか」

浩子「何の逆やねん、ていうかどの点を取って王道邪道が決まるんや」

泉「それでこの『園城寺』!って来て」バンバンバン

泉「『怜』って締めるんが…ええんですよ」スッ

怜「…りゅーか、こんな分からん世界持った子ぉやったっけ泉は?もっとしっかりしてた思っとったけど」

竜華「あはは」

浩子「モーション激しいな。で、ウチが最弱なのは何でなん」

泉「船久保先輩はまた流れの違う三文字苗字ですからね」フフン

浩子「聞かせてもらおうか」

怜「何でちょっとドヤっとんの」

泉「清水谷先輩も園城寺先輩も、清水に谷、園城に寺がくっついてますよね?でも船久保先輩は船に久保なんですわ」

浩子「ほう」

泉「十分素晴らしいんですけど、なかなかこのお2人には勝てませんね…」

浩子「私の知らんところで勝敗決まるの嫌やわ~、何なんこれ?」

泉「でも、とにかく三文字が良かったです、私も!」

竜華「うちの子になる?」カモン

怜「うちおいでや、毎食プリン出したるで」カモン

浩子「うちはええわ」

泉「流れ!船久保先輩も呼んでくださいよ!」

浩子「そんなん言うて、うちより他のとこの苗字がええ思うてる子に来てもらったら、複雑な四角関係になるし」

竜華「浮気はいかんな~」

怜「ちゃんとうちらとの関係清算してや」

泉「何でちょっと怪しい言い方するんですか!」

セーラ「二条泉……贅沢な名だね」

泉「げ、江口先輩!いつから!?」

浩子「二文字苗字の相方やん」

セーラ「今日からお前の名は二条城泉だよ!」

竜華「いや増えてるよ!セーラ婆増えてる!」

セーラ「誰が婆さんや!良かったな泉、二条+城やで、待望の」

泉「二条城は露骨すぎて嫌ですわ~!」

怜「もうええやん後三条みたく、後二条泉で」

泉「何か高貴すぎて恐れ多いですって!」

http://blog.livedoor.jp/jlmnag/archives/61536972.html の続き

セーラ「眠そうやな」

竜華「うん?寝とったからね…」

セーラ「なんちゅう誕生日や」

怜「祝わわんとアカンで」

竜華「ええの!?何してくれるん?」

セーラ「よし!奢ったろか!」

竜華「お、ホンマにー?」

怜「ゴチです」

セーラ「怜の分は買わんで」

怜「けち」

竜華「太っ腹!」

セーラ「奢り1つでこうも評価違うか」

……

怜「奢りっちゅうからスウィーツかと思っとったわ」

竜華「せやなぁ。女子高生やしスウィーツやと」

セーラ「その発音イラッとすんなぁ(笑)」

セーラ「ええやろマクドやって!見てみい!」

おkvじゃおへぽv

セーラ「エグチや!アレ奢ったるで~」

竜華「エッグチーズバーガー…」

怜「ウチピクルス食べられへんねんけど」

セーラ「それやったら抜いてもらえばええやん!っちゅうか奢らんて、怜の分は!」

怜「アップルパイ食べたい」

竜華「ウチも~」

セーラ「エグチ食べへんのやったらこの話はお流れや」

竜華「どんだけ推すんや…。でもせっかくのご厚意やし、いただいてこうかな」

セーラ「うまいで~」

怜「そこそこいいとこの娘がマクドで満足しててええんか」

セーラ「別に人それぞれやろ!」

竜華「あとアップルパイ」

セーラ「どんだけアップルパイ食べたいんや」

竜華「口がもうそうなってしもうて」アハハ

怜「りゅーか、2つ頼んで1つ分けて」

セーラ「怜の誕生日ん時に買ったるから我慢しいや!」

怜「人の名前でダジャレにせんで」

セーラ「……指摘されて気づくパターン恥ずかしいからやめて」

竜華「すみません、アップルパイ3つください」

セーラ「エグチ頼めやエグチ!」

怜「こんにちは」

竜華「zzz」

怜「りゅーかしか来とらんのか、って寝てるし」

竜華「zzz」

怜「何や机に突っ伏して…疲れとるんか」

竜華「zzz」

怜「しかも口開けて寝とる…こういうとこだらしないなりゅーかも」

怜「!」

怜「」ゴソゴソ

怜「トッポ食べさせたろ」ペリペリ

怜「ほれほれ」

竜華「…もぐもぐ」zzz

怜「おお!食べた!」

怜「子どもみたいでかわいいなぁ。もう1本食べや」

竜華「」ポリポリ

怜「寝とんのに何で食べるんやろか。不思議や」

竜華「」ポリポリ




竜華「…んん?寝とった?」

怜「おはようさんです」ザッシペラペラ

竜華「ん、あれ…。口の中何か甘ったるい…。水…」

怜「フフッ。水あるで水、ほれ」

竜華「あ、ありがとうな!」ゴクゴク

怜(疑問に思うても深く追及せんのやな)

いちご『佐々野いちごのCHA-CHAラジオ!』



いちご「皆さんこんばんは!鹿老渡高校3年佐々野いちごです」

いちご「この番組は、私ちゃちゃのんが赤・緑・青などたわいもない話をするトーク番組じゃ!ちゃちゃのんの普段見られん部分が見られるかも!」

いちご「いやーめっきり暖かくなりました!こう暖かいと眠いのう」

いちご「お昼電車乗ってたんじゃが、口開けて寝てる人結構おる!と思ってこっちも眠くなっちゃった」

いちご「ちゃちゃのんはそーゆーことはしないように一応頑張っちょるよ(笑)アイドルじゃけえ!」

いちご「そんな春の放送ですが、今回もゲストお呼びしてますー。どうぞ!」

竜華「あ、はい、こんばんは!千里山女子の3年生、清水谷竜華です」

りゅーか

いちご「名門からどうもどうも~」

竜華「あはは…。緊張するなあ」

いちご「テレビにはよう出ちょるよね?」

竜華「こう60分も喋ると思うとアカンのー!わーってなるの頭が」

いちご「もっと頼りになりそうな人じゃと思っちょった…なんてね」

いちご「そんな重荷に感じんで、普段通りでええんじゃ」

竜華「がんばる」

いちご「さてさて、竜華ちゃんはお花見したかの?」

竜華「あ、したで!部活の子らで」

いちご「大阪だと桜の名所ってどこ?」

竜華「色々あるけどー、やっぱり近所やし万博公園やね!こないだもそこやったんよ」

いちご「どうじゃった?」

竜華「もうぶわーってなって!ちょうど満開の時に行けたからすごい良かった!」

いちご「お弁当も持ってって?」

竜華「うん、作ってってな。ただ風が強くて大変やったなぁ」

いちご「あー、もう見ごろも過ぎちゃうかもねえ」

いちご「4月ももう2桁の日付ですよ。北の方にお住まいの方はこれからかもしれませんけれど、今回のテーマは『散る』にしました!」

竜華「何か切ないなぁ(笑)」

いちご「『散り際が美しいと思う!』とかね、あと『散る』が入った単語でもいいですよ!『散歩』とか『拡散』とかね」

いちご「拡散といえば、Twitterのメッセージ募集中!#chachaを付けてつぶやいて、盛り上げてほしいんじゃ!」

いちご「それと、いつも通りメッセージ・曲のリクエストはこちらで。chacha@karoutofm.jp

いちご「あなたのメッセージ、待っちょるよ!」

いちご「無事3年生に進級できたチャチャラジ、スタートです!」




智美「ワハハ、時代は自動運転だな」スイー

自動運転に切り替えます

ゆみ「ずっとこのままならいいんだがな」

智美「たまにはドライビング・テクを見せないと鈍ってしまうからな」ブオン!

自動運転を終了します

睦月「うっ」クチオサエ

今までなかったワクワクを。



いちご「さあメール届いてますよー紹介してきましょうね」

いちご「長野県ラジオネーム っす さんです」

いちご『ちゃちゃのん、ゲストさんこんばんは』

いちご「こんばんはー」

竜華「こんばんは!」

いちご『私は今年から高1なんですが、それの準備で『散財』が激しいです!』

いちご『通学鞄と自転車通なので自転車、それと教科書ノート、制服体操服とか、とにかくお金がかかるんです』

いちご『まあ出してくれるのはお父さんお母さんなんですが…。それでも子どもながらに恐怖を覚えます』

いちご『新生活ってお金、出ていくものなんですね…』

いちご「そっかそっか、高校入学おめでとうね!最初はまあかかるもんじゃ」

竜華「必要なものが多すぎんねんなー」

竜華「採寸とかめっちゃ待たされた覚えあるわ」

いちご「ね!実際届くと制服だ~!ってなるけど、あの時間はちょっとね」

竜華「ウチは友達と一緒に進学したからその間も暇やなかったけど、みんながみんなそうやないし」

いちご「ちゃちゃのんも困ったのう…」

竜華「えっ、ガンガン話に行くタイプやと思っとった!ちゃうん?」

いちご「いやさすがにアウェー感が強すぎるよ…(笑)」

竜華「確かに独特の空気はあるよね」

いちご「こうでもさ、色々新品のものがそろってくっていうのも楽しくない?」

竜華「分かる!ワクワクするよね」

いちご「不安半分期待半分でドキドキな子、いっぱいいると思うけど、そんなあなたもチャチャラジに来てみませんか?いっぱい友達おるよ!」

いちご「さて曲行きましょうか!ラジオネームは…ないのか、匿名さんからですね、CARPENTERSで『I Need To Be In Love』」

胡桃「シロ!遅刻するよ!」

白望「やだ」

胡桃「ほら早く起きて!!」

白望「…出かけたくない」ダルン


ずっと離れたくない居心地のいい家、宮守建築 

いちご「では続いてのお便りです!ラジオネーム おしゃれで勝つ さんからです」

いちご『ちゃちゃのん、清水谷さん、どうかいの?』

いちご「花粉症が…」

いちご『この間『散髪』に行ってきました。こう言うと男子が床屋行くみたいな感じありますが、女性です』

いちご『そこの美容室は子供の頃から通っていたので安心してお任せしています』

いちご『話も盛り上がるんですが、その時はいつ髪を切る練習をしてるのか?という話に』

いちご『そのお姉さんは「月曜日とか、お店が閉まった後とかかな。いずれは独立してやっていかなきゃって思ってるから」とのことでした』

いちご『お仕事でも、というかお仕事だからこそ鍛錬って欠かせないのかなぁとしみじみ思いました』

いちご「なるほどのう…。美容室は月曜は基本お休みなんじゃが、そんくらいせんといかんよ、ってことか」

竜華「お客さんで練習するわけにもいかんしね」

いちご「麻雀のプロも練習して研究して戦っちょるわけじゃけぇ、どんなフィールドでも同じなんじゃねえ」

竜華「ちゃちゃのんは何か月に1回ペースで行く?」

いちご「いやー割とまめに行くかな。整えてもらったりするから。ここのあの、両側のこれとか」

竜華「えっこれウィッグやないの!?」

いちご「地毛地毛!」

竜華「ようできとんなぁ…触ってええ?」

いちご「ダ メ !」

竜華「けちー。隙見て触ったろ」

いちご「そういう竜華ちゃんは」

竜華「私も結構長いかな。2か月に1回くらい」

いちご「イメチェンとかする?」

竜華「あんまりせんなあ最近は。前髪なくしたりとか、ボブにしたりとかしてみたいなーとは思うけど、髪で遊ぶんは何か大学生から、って感じするし」

いちご「分かる!先生の手前もあるけぇ変なことはできんよね!」

いちご「じゃあ2曲目行こうかの。ラジオネーム キングスレイ京さんからのリクエスト。こないだミニドラマもやってましたね、福山雅治で『桜坂』」






いちご「チャチャラジ、エンディングでーす!」

竜華「はや!」

いちご「そうじゃろそうじゃろ」

竜華「思ったより楽しめてたんや!」

いちご「大阪の人じゃけぇがんがんボケてくるのかと思っちょったけど天然ボケじゃったね」

竜華「ひどない!?」

いちご「そういう魅力っちゅうことじゃ」アハハ

いちご「さてースケジュール確認ですね。再来週のWeekly麻雀Todayさん、ちゃちゃのんのインタビューとカラー写真が載ります!」

いちご「インターハイについて色々おしゃべりしましたのでぜひ見てみてくださいね」

いちご「そして5月11日にニューシングル出ます!タイトルは、『サイレントマジョリティ』です!電子的な、テクノな感じって言ったらいいのかな、そういう仕上がりになっていますよ!」

いちご「またお渡し会も予定していますので決まったらここで発表するね」

竜華「色々やっとるんやねえ」

いちご「ふふ、尊敬した?」

竜華「そんなにしてない」

いちご「うそー!?」

竜華「嘘(笑)」

いちご「ひどい」

いちご「さてー、MVPの発表に参りましょうか!今回はですね…」

いちご『散り散りになっていた友達と数年ぶりに再会!楽しい飲み会でした』

いちご「と送ってくれた、ラジオネーム 飛ぶ鳥 さん、おめでとうございますー!! 何よりなご報告でした!また会えるといいですね!」

いちご「それでは今回はここまで!お相手は鹿老渡高校3年佐々野いちごと?」

竜華「千里山女子高校3年、清水谷竜華でした!」

いちご竜華「「また次回~!」」

いちご「週麻、竜華ちゃんも載るみたいじゃ!」

竜華「買って♡」

~電車~

怜「」ポチ

怜(またこの曲か…)

怜(好きな曲でもシャッフル再生で回ってくると『今やない!』ってなるよね)

怜(誰に同意求めてるんか知らんけど)

怜「」ポチ

怜(ほらまたや~)

怜(何千曲もあると今聞きたい曲までポチポチすんのめんどくさいなぁ)

怜(…トリプル、3巡先!)ギュギュギュ

怜「…けほん」

怜(次がPerfume、その次が大原櫻子、次の次が…、お!小倉唯ちゃんのHoney♥Come!!やん!)

怜「」ポチポチポチ

怜(はにかむー)




怜「てことない?」

竜華「ない?っちゅうかそないなことで使わんで!倒れられたら困るわぁ!」ユサユサ

怜「揺らさんで」

浩子「そない無理されんでも」ポチポチ

浩子「プレイヤーの方から次コレですよ~言うてくれますけどね」スッ

怜「どこや」

浩子「右下の方出てるでしょ?一覧みたく」

怜「…ホンマや」

怜「ウチの未来が視えるんはこんぴゅーたーでもできるっちゅうんか!」

浩子「いやいやそうやなくて」

怜「浩子はいじわるや」

浩子「子どもか!」

このページのトップヘ