かえんだん

タグ:滝見春

小蒔「先日面白いものを拝見しまして」

春「はい」

小蒔「神セブンなる団体が存在するそうですね!」

巴「それは団体というかくくりというか…」

小蒔「知っていますよ。女の子のアイドルグループですよね!」

巴「あ、はい」

小蒔「中でも特にふぁんから人気のあるのがその神セブンの方々だとか」

春「そうみたいですね」

小蒔「どんなに神聖な方々なのでしょうか…!お会いしてみたいです!」

巴「いや、神聖かどうかは…。まあそれを差し置いてもたぶん会えないけど」

小蒔「そうなのですか」

巴「あんまり詳しくはないですけど、ああいうのはいつも熱心に応援している人しか会えないんですよ」

小蒔「それはそれは…」

小蒔「で、また話は変わるのですが」

春「はい」

小蒔「私たち霧島神境の女子って、ちょうど7人ですよね!」

春「そうですね」

小蒔「まさに『神セブン』!!」フフン

巴「…あー、正真正銘のですねー…」

小蒔「そこで今回は、アイドルの神セブンの方々もお持ちの『きゃっちふれーず』を考えてみました!」

巴「姫様と六女仙の?」

小蒔「そういうことです!アイドルですよ!」

春「キャッチフレーズだけでは何ともアイドルとは…」

小蒔「誰が1番とかはなしにして、学年順に行きますよ」ワクワク

巴「だいぶ言いたかったんですね?」

小蒔「霞ちゃん!『私は怒りません!優しさであなたを幸せに!永水女子3年、石戸霞です!』」

春「とにかく優しそうですね」

小蒔「実際優しいです」

巴「なーんか違うような気もするけど…」

小蒔「次、巴ちゃん!『フォローはお任せ!クールな仕事をお約束します、永水女子3年、狩宿巴です!』」

巴「プログラマーさんみたいな」

春「企業」

小蒔「次、初美ちゃん!『ダンスと運動大好き!でも1番は麻雀!永水女子3年、薄墨初美です!』」

春「このダンスって」

小蒔「ボゼのです!」

巴「ずいぶんな意訳ですね…」

小蒔「次、私!…は飛ばして」

巴「いやいやいや、聞かせてください?」

小蒔「自分で読み上げるのは恥ずかしいので…」

春「これ作るのは恥ずかしくなかったの」

巴「はるる言い過ぎ!」

小蒔「む、仕方ないですね。…『途中で寝てしまったらごめんなさい、助けてください。永水女子2年、神代小蒔です』」

巴「寝るの前提ですか!」

小蒔「何時間も歌って踊ってしていたら…ねえ?」エヘヘ

巴「ねえ、って」

春「というか歌って踊るんですね」マージャンスルダケカト

小蒔「そうですよ?アイドルですからねっ」

春「…」

小蒔「次はハルですよ!『黒糖大好き!途中で食べてしまっても許してね!永水女子1年、滝見春です!』」

春「そんなキャラじゃないです」

小蒔「そうでしょうか」

春「そうです」

巴「しかも途中で~のくだり引っ張られてますしね」

小蒔「ふふふ、ここはわざとですよ!『てっぱん』というものです」

巴「こなれているところもあるんですね…」

小蒔「次、明星ちゃん!『霞ちゃんは私のいとこ!そして、みんなの妹!永水女子中3年、石戸明星です!』」

春「…おー」

巴「急にぽくなった」

小蒔「みんなの妹というのはかわいいです」

小蒔「ラスト、湧ちゃん!『明星ちゃんとは仲良し!成長期真っ盛りです!永水女子中3年、十曽湧です!』」

巴「元気なテイストですね」

春「成長期なんですか?」

小蒔「中学3年生ですから」

巴「姫様くらいまでは大体成長期では…」

小蒔「と、いうわけで、7人そろって『霧島神境の神セブン』!です!」

小蒔「いかがでしょう!?」

巴「た、楽しかったですよ?アイドルになったみたいで」

春「でも全国では勝てないと思う」ポリポリ

小蒔「そんなっ」

春「巫女服でアイドルやってたらあざといとか思われそう…」

巴「そんなネガティブな」

春「だから、鹿児島ローカルならいいと思う。『○○島出身~』とか付けて」

小蒔「…おお!おお~!」アクシュ

春「わ」アクシュサレル

小蒔「一気に現実味を帯びました!さすがハルですね!」

巴「そうかな…」

小蒔「目指せ鹿児島のご当地アイドル、です!」ドーン

春「ふぁいとです」ポリポリ

小蒔「そうとなれば撮影の手配を」

巴「何を撮るんですか!?」

霞「初美ちゃん」

初美「なんでしょうかー」

霞「右腕のそこ、擦り傷できてるわ」

初美「え、あ、ほんとだ。いつの間に」

霞「痛くなかったの?」

初美「別に何とも。言われて気づきましたー」

霞「どこでやったのかしら?」

初美「うーん……。たぶんアレですね、草むら突っ切って近道した時だと思います」

霞「わんぱくね…」

初美「ちょっと急いでたのでー」



巴「ねえはっちゃん」

初美「はい」

巴「顔の傷、どうしたの?」

初美「へ?傷なんか付いてます?」

巴「ほら、鏡で見てみなよ」

初美「…あら」

巴「気付いてなかったんだ」

初美「こういう謎の傷よく負うんですよー」

巴「怖いよ!」

初美「今日は別に何かしたわけでもないし…何だろう…」

巴「寝てるときにどっかこすったとか」

初美「ですかねー…」

巴「とりあえず絆創膏いる?」

初美「いいですいいですー、そのうち治りますから」

巴「ワイルドだね」

初美「たぶん明日になったら別の傷ができてるし」

巴「…体は大事にしてね」



初美「頭打った…」タンコブ

小蒔「大丈夫ですか!?病院へ!?」

初美「だいじょーぶですよー!!病院は何か怖いので行きたくないですし、そこまでの怪我では」

春「毎週どっか怪我してる」

初美「そんな体弱くないんですけどねー…」

春「どんくさいんじゃ」

初美「何をー!」

小蒔「初美ちゃんは元気いっぱいですから、よく動く分そういう危険性も上がると思いますよ」

初美「そ、そういうことです!」

小蒔「怪我しないためには、お家でのんびりしているのがいいですよ」ゴロン

春「お菓子食べて、ゆるりと」モグモグ

初美「…動かなさすぎも体に悪いと思うけど……」

小蒔「誕生日を迎えたということで」

春「はい」

小蒔「また同い年になってしまったと」

春「そうですね」

小蒔「私と同級生になりましょう!」

春「…というと」

小蒔「気さくな感じに話しかけてください。全く怒らないので!」

春「周りから怒られます」

小蒔「その時は私が怒りますっ」

春「どんな感じで?」

小蒔「私がやってほしいと頼んだのですから、怒らないであげてください!」

小蒔「と」

春「頼もしい…」

小蒔「ふふふ。さあどうぞ!」

春「ええっと…」

春「今日はいい天気、だったね」

小蒔「はいっ。日本晴れです」

春「学校はどうだった?」

小蒔「ほぼ寝てました!」

春「声を張って言えることじゃ、…ないね」

小蒔「ああも暖かいと耐えられません」

春「いつも耐えられてない、よ」

小蒔「そんなことは」

春「季節関係なく」

小蒔「そ、そうですか…」

春「…ちょっとタイム」

小蒔「はい」

春「…同級生な設定なんですよね?」

小蒔「そうです」

春「何で私がため口で姫様は敬語のままなんですか?」

小蒔「うーん…そこまで考えていませんでした…」

小蒔「でも今から口調を砕くのはちょっと変な感じですね」フム

春「それを私やっていたんですが…」

小蒔「クラスでも敬語ですしね」

春「丁寧ですねえ」

小蒔「…神境にも同級生欲しいです」

春「私もです」

19:00

小蒔「もう寝ますね…」フワァ

春「さすがに早すぎでは」

小蒔「眠気が限界で…」

初美「昨日も20時前には寝てましたー…。もうちょっと遊びませんかー?」

小蒔「うぅん…」

小蒔(昨日は20時、今日は19時、このペースで行くと…)

小蒔(起きた時間=お布団に入った時間になる…!?)

小蒔「じ、時間がゆがんでしまいます…!」

春「え」

小蒔「寝る時間が早まっていったら起きる時間と合体してしまうんですっ」

初美「いや、学校のある時間は起きててください」

小蒔「ともかく、今日は今からは寝ません。もうちょっと遊びます」

春「…まあ、私たち的には嬉しいです」

小蒔「最低20時、昨日と同じくらいまでは」

初美「それでも小学生の生活ですよー」

小蒔「ごちそうさまでした」

初美「誕生日のご飯は豪華でいいですねー」

明星「姫様もご満足いただけたようで」

小蒔「毎年大がかりにやっていただけてほんとにうれしいです!」

霞「それじゃあ催し物やりましょうか」

春「これ、割り箸」

小蒔「?? 何をやるんですか?」

湧「ずばり!王様ゲームならぬ『姫様ゲーム』です!」ドンッ

小蒔「姫様ゲーム…?」

巴「この割り箸をみんな一斉に引いて、赤く塗ってある割り箸を引いた人が『お姫様』ってことで、他の人に命令できるゲームなんです」

初美「命令は名指しじゃなくって番号で言ってもらうんですけどね」

春「違うのゲームの名前だけ」コレデス

小蒔「…なるほど。分かったような分からないような」

明星「言うより慣れろですよ!難しくないですしやってみましょう!」

霞「じゃあ私が割り箸持つわね」バラバラ

霞「はい、ここから引いてね」

巴「姫様、先にひいてもらって」

小蒔「あ、私まだ姫様じゃ」

巴「ああ、そ、そういうことではなくて」

春「ややこし…」

小蒔「ええと、これにします」

霞「みんなも決めて?」

……

霞「それじゃあ行くわね?せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あ、赤く塗ってあります!!」

湧「姫様がお姫様ですね」

小蒔「返り咲きですねっ」

初美「これで、姫様が他のメンバーに命令できるんですよー。さあ!」

小蒔「番号で言わなくちゃですよね…。そうですねえ…」

小蒔「2番の人が6番の人のいいところを発表しましょう!」

春(2番)「う」

巴(6番)「わ、私が言われるんだ…。恥ずかしいなぁ…」

霞「お姫様の命令は絶対!よ」ウフフ

春「…わかった。言う」コホン

春「…自分のことだけじゃなくて言われなくても周りのフォローに入ってくれるところ。そんけいです」

春「…//」ポリポリ

巴「あ、あはは、ありがとうはるる…///」

明星「と、こんなようなゲームです」

小蒔「ふむふむ。命令はこういうもので良かったのでしょうか」

湧「誰も傷つかないけどちょっと恥ずかしい具合が絶妙ですよ!」

巴「間をあけずに、どんどん行きましょうどんどん!」

霞「じゃあまた引いてもらえるー?」

……

霞「はい、じゃあ2回目ね。せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あれ、また私です」

春「わー」

巴「引き強いですね…」

小蒔「うーんと……。1番の人が6番の人の真似をしましょう!とか…」

霞(1番)「うっ…。6番って誰かしら」

初美(6番)「私ですよー」

霞「…やりづらい」

巴「いろいろかけ離れてますからね」

初美「ほら、私色々あるでしょ!見て見て!」

湧「…それじゃあ、モノマネどうぞ!」

霞『…およぎなら、おまかせですよー』パタパタ

霞「…似てなかったわね、ごめんね初美ちゃん」

初美「そんなおバカみたいな感じかな私」

霞「他意はないのよ他意は」アセアセ

明星「つ、次!次行きましょう!」

………

お姫様だーれだ!

小蒔「4番と5番の人が明日のご飯当番です!」

お姫様だーれだ!

小蒔「7番の人は宿題を手伝ってください…」

お姫様だーれだ!

小蒔「1番の人は、私の頭を撫でてください///」

………

霞「…なんというか」

初美「本物の姫様だとここまで引きが良くなるんですねー」

巴「結局誰もなれなかったねお姫様に」

小蒔「私、今日すごいですー!またお姫様です!」

このページのトップヘ