かえんだん

タグ:片岡優希

和「何といわれましても」

京太郎「いや、麻雀が得意なのはわかるけどさ、他にも趣味とか、あるだろ?」

咲「私も気になる」

和「そんなにですか?」

咲「家でも麻雀してるの?」

和「そうですね、インターネットで」

京太郎「部活でやったらもういいわ~俺」

咲「他は?」

和「他ですか…」

京太郎「当ててみようか。読書!」

咲「それ私だよ」

和「たまにしますけどね。ただ趣味と言えるほどでは…。それこそ咲さんほどではありませんから」

京太郎「咲は本の虫だからな」

咲「京ちゃんはもうちょっと読んだ方がいいと思うよ」

京太郎「じゃあ~料理か?」

和「料理もできなくはないですけど…」

咲「ピアノとか、楽器は?」

和「縁がないですね」

京太郎「テレビ見たりとか」

和「自分の部屋にはありませんから…」

京太郎「マンガ読んだりとか」

咲「京ちゃんじゃん。和ちゃんはそういうことしませんから」

和「…私、普段何をしているんでしょう」ウーン

咲「悩みこんじゃった!?」

和「勉強して、ご飯を食べて、ネット麻雀をして、お風呂に入って…」

和「私って無趣味なんでしょうか?」

京太郎「聞かれてもなぁ…。ホントに何にもないの?」

和「思いつきません…」

京太郎「帰ってからやりたいことがあった方が、もっと楽しくないか?人生」

咲「人生って」

和「そうなんでしょうか」

京太郎「麻雀以外で何か始めてみたら?それこそテレビでドラマ見るくらいの」

和「何がいいでしょうか…。考えてみます」

咲「楽しみ作るのに悩ませてどうするの!」

京太郎「まあ最初のうちだけだって!こういう真面目ちゃんだからこそ、一息つけるポイントが必要なんだよ。分かる?」

咲「普段ダラダラな人に言われても」

京太郎「今日冷たくない!?」

咲「言ってることはすごく分かったよ」




和「手始めに読書をしてみようかと思いまして」

咲「うんうん。楽しいよ!」

和「何かおすすめの本がありましたら貸していただけないかと…」

咲「そうだなー……今日ちょうど読んでたこの本、結構面白いよ。こないだ賞も獲った人が書いてる本なんだ」

和「ふむ、手堅そうですね。今日中に読んでお返しします」

咲「ゆ、ゆっくりでいいよ!自分のペースで読んで!」

和「そ、そうですか」

~数日後~

咲「和ちゃん、どうだった?」

和「す、すみません。1/3ほどは読めているのですが」

~また数日後~

和「半分くらいは読めました…」

~さらに数日後~

和「読み終わりました…」

咲「あ、ありがとう。どうだった?」

和「面白かったと思います…けど」

咲「?」

和「早く返さなければ、と思いすぎて焦ってしまって…」

咲「何かごめんね?」

和「いえ…自分で買えばまた違うのかもしれませんが、どうも向いていないようです」シュン

京太郎「取っ掛かりならもっと気楽なのがいいんだって!ほら、和でも読めそうなマンガ持ってきた」

咲「校則違反だー」

和「須賀君、マンガは持ってきてはいけませんよ?」

京太郎「そんなー」

久「そうね、没収」

京太郎「」

久「で、何の話?」

咲「和ちゃんの趣味探しです」

和「何かやっておいた方がいい趣味ってありますか?」

久「資格みたいなこと言うのね」

久「普通にテレビ見てるのとかはダメなわけ?旅番組とかいいわよ~?」

京太郎「おじさんみたいなこと言いますね」

久「馬鹿にできないのよ?心空っぽにして見れるし」

和「父が良く見ていますが、そういうものですか」

久「行った気になれるっていうのもいいわよね」

和「今度見てみます」

久「今日さっそくあるわよ?私がいつも見てるやつ」

和「分かりました」

~翌日~

久「お、和!どうだった?昨日の。鎌倉特集だったけど」

和「…すみません」ペコリ

久「え」

和「父と一緒に見ていたら『勉強しなさい』と追い出されまして…」

久「あー…『いつも見ているんですよね!私も見たいです!キラキラ!』みたいなこと言わなかった?」

和「誰ですかその人」

まこ「なんじゃ、こないだのまだ続いちょったんか」

和「染谷先輩」

まこ「テレビもダメっちゅうとハードル高いのう」

久「まこは何かないの?」

まこ「そう言われるとわしもパッと出てこん…料理とか?」

和「女子ですね」

久「そりゃ女子よ、これでも」

まこ「最後の、ニュアンスが違う」

まこ「でも弁当作ってきちょるじゃろ」

和「まあ母が不在だからというものありますから…。日常的に作るわけではないので」

久「お菓子作りとかしてみてよ。そして私にちょーだい」

まこ「ずうずうしい」

~翌日~

和「作ってきてみました。クッキー」

京太郎「和の手作り…」

久「須賀君は最後。私が頼んだんだもの」

優希「ずるいー!」

和「た、たくさんありますから…」

久「ん、普通に美味しい」モグモグ

咲「サクサクだね」モグモグ

和「」ホッ

まこ「で?趣味にはなりそう?」

和「…正直、手間暇がかかって、何とも…」

まこ「確かに、そこも含めて楽しめる人とほうじゃない人とおるのう」

和「食べてもらうと思うとなんとなく不安でしたし」

京太郎「十分うまいのに。また作ってきてよ」モグモグ

優希「彼氏でもない男にやる飯はないじぇ」モグモグ

京太郎「頑固親父か」

咲「優希ちゃん、和ちゃんに合うものとか、思いつかない?」

久「付き合い長いしね」

優希「うーん……結局麻雀じゃないか?」

京太郎「それを言い出したら元も子も」

優希「麻雀が一番好きで麻雀やってても嫌だ!ってならないんだから、麻雀が趣味でいいと思うじょ」

まこ「…何か名言っぽいのう」

優希「私だってタコスが一番好きでタコス食べ続けてても嫌ってならないからな!」

咲「食品そのものが趣味…」

和「…色々やってみて結論がこれって、何だか寂しいというか切ないというか」シュン

久「まー合わないもんやっててもしんどいってことよね」

和「」グサッ

まこ「フォローになってない」

和「わかりました。麻雀以外にも、私に合う趣味見つけてみせます!」

咲「変なスイッチ入ったね」

久「わお。いつまでに?」

和「えっ」

和「………」

和「部長が卒業なさるまでには」

まこ「」ズルッ

まこ「だいぶ余裕持ったな」

和「結構な仕事ですから、ちょっとお時間を…」

京太郎「息抜き見つけるのに義務感が生まれてしまった…」

咲「原因京ちゃんにもあるんだからちゃんと手伝うんだよ?」

京太郎「わ、わかってるよ」

優希「手始めにタコスづくりを極めてみないかのどちゃん」

和「それはゆーきがやってください。それか須賀君に頼んでください」

優希「えー」

京太郎「え、何で俺に振った?」

京太郎「いや好きで裸足なわけじゃないですよ。水たまりにハマったんで」

久「それで窓際に干してあるわけ」

京太郎「そうです」

久「咲の真似かと思ったわ」

京太郎「靴下脱いだだけで強くなれたらみんなやってますって」

ガチャ

まこ「おう、来とったんか」

久「ん、おはよー」

まこ「しかし雨全然止まんのう」

京太郎「行きはもっと酷かったですからね」

まこ「わしのカバンもやられたわ」

久「ああ、あれね。でも降ってたら乾かないでしょ、あそこに置いといても」

まこ「気休めじゃ」

久「まこはカバンを水たまりに放り投げたの?」

まこ「通学中にそんな奇行に走りゃあせん。車の水はねをカバンでガードしたらああなったんじゃ」

久「あーそういうね」

京太郎「学校前のあのガッタガタの道路っすよね?」

まこ「ほうじゃ」

京太郎「あれ何とかならないですかねー…。穴に水たまってそこを車が走るもんだから水しぶきがこっち来るんですよね」

まこ「工事して欲しいのう。…こういうのは目安箱に入れてええんか?」

久「残念だけどウチ土木課じゃないのよ。市役所に行ってちょうだい」

京太郎「市役所受け付けてるんすか」

ガチャ

咲「こんにちは…」

久「はいこんにちはー。やる気満々じゃない?もう裸足なの?」

咲「いえあの、来るとき水たまりに」

京太郎「そのくだり俺が済ませたわ。ごめん」

咲「何、京ちゃんもハマったの?」

京太郎「俺は反対側から自転車来たから端に避けたらそこが水たまりだったんだ」

咲「…私大きめの水たまり飛び越すのに失敗してハマった」

まこ「いやかわして行けばよかったのに」

咲「その道しかなかったんですよ…。飛び越せるなんて思ってなかったんですけどつい」

久「そういう時『濡れてもいいから早く辿り着きたい』って思うのよね。分かる分かる」

咲「そうなんですよ。替えの靴下持ってきとくんだった…」

京太郎「あそこに干しとけば?俺のもあるぞ」

咲「…違うとこに干す」

京太郎「えっ」

咲「帰り間違えられそうだから」

京太郎「見りゃどっちが自分のなのか分かるわい」

ガチャ

優希「遅れたじぇ~」

和「」ペコリ

まこ「おう。…2人とも肩濡らしとる」

和「ゆーきが傘を壊すから私のと一緒に入りながら来たんですけど」

優希「のどちゃん持ってたの折り畳みだったから小さくて小さくてな」アハハ!

和「貸してもらった人の態度ですか!」プンプン

和「まったく、足元も濡れるし大変でした…」

久「…何みんな、雨が苦手なの?私も濡れてきた方がいいの?」

まこ「…ネタ被りしない方向じゃと全身ダイブかのう」

久「…さすがにハイリスクノーリターンだわ」

~阿知賀~

和「穏乃、そのドレッシング取ってくれませんか?」

穏乃「はい」

和「ありがとうございます」

※よく振ってご利用ください

和「…」ジャボジャボ

ドバァ

穏乃「ああああ!何やってんの和ぁ!」

和「それはこっちのセリフですっ!」ベトベト

憧「あーあー…」

玄「拭くもの持ってくるね?」

和「何で蓋を開けたままにしておくんです!?」

穏乃「だ、だってどうせ使うし」

和「渡す時には閉めてください!」

憧「キレイな服なのにねー。ごまドレがぐちゃぐちゃ」

穏乃「ご、ごめんよ」

和「…仕方ないです。次気を付けてください」グスン






憧「あの服どうなった?」

和「…染み落としに出しています」

憧「親に何か言われた?」

和「怒られました」

憧「…ごめん」

和「憧が謝ることではないですよ」

ガチャッ

和「こんにち」

ゲシッ ドバドバ…

穏乃「ああああ!!!私のサイダー!!!」

和「……しーずーのー?」

穏乃「あ、あっ」

和「なぜ蓋のないペットボトルを、入ってすぐのところに置いておくんですか」

穏乃「のどか、か、顔怖いよ」

和「ちゃんとしてくださいっ!!」ドカーン

穏乃「ああああ!!!」ダッ

和「待ちなさいっ」ダッ

憧「…和がいるとツッコまなくていいから楽だなあ」

玄「こんにちは…床びしょびしょ!?」

憧「おはー」

玄「どうしたのこれ!」

憧「穏乃と和がちょっとね」

チョ、チョットハシルノハヤイデスヨ!

ゴ、ゴメン…






~長野~

和「優希、ドレッシングを下さい」

優希「おう!」

和「ありがとうございます」

和「…」クイッ

カチッ

和「ふう」ジャボジャボ

優希「あ、開けっ放しだったじぇ」

和「いえ、大丈夫ですよ」




和「」ガチャ

和「…」シタヲミヤル

蓋なしペットボトル「」

和「…危ない」

和「」つテーブルノウエニ

久「…あ、和来てたの。ってあれ、ここにあった午後ティーは」

和「蹴ってしまいそうだったのでここへ」

久「ああ、ごめんありがと」

和「いえ、大丈夫です」

~長野~

京太郎「よーし」ピッ

京太郎「夏休みはゲームするに限るな!」

バンダイナ○コ

京太郎「俺のスタゲ道は始まったばかりだ!」

京太郎「ようやくランクマ出ても恥ずかしくないレベルに慣れたしね」

kyoutarodesu スターゲイザー

京太郎「お、相手決まった」

チームA:kyoutarodesu スターゲイザーAB
      mikokasumi スターゲイザーBB
チームB:tacospuro ガンダムスローネドライBB
      junnjuwa- クシャトリアBB
トロヤステーション

京太郎「げっ機体被った」



~鹿児島~

霞「あら機体が同じだわ」

初美「霞ちゃんはそればっかり」

霞「親近感湧くのよね、このキャラクター」

初美「こういうこともあるんですねー」



~長野~

京太郎「まあ、こういうこともあるか。別にいいや、好きだしね」

ペーペー ガシャン ミーハーテヌーソラー

STANDBY     GO

京太郎「地雷蒔き~」

チョム チョム




~長野2~

優希「相手2人とも同じやつだじぇ」

優希「まとめて倒してやる!」

イケヨファング!

優希「にぃにぃずは頼りになるな!」

スローネアイン!
アハハ♪



~長野3~

純「何だよこの相方、動きめちゃくちゃだなオイ」

智紀「力押し…」

ファンネル!

純「あ、やべ味方に引っかかった」

智紀「でも向こうからこっちきたからしょうがない」

純「だな」

ナラバコレ、ウケテミルカ!




~鹿児島~

霞「ああ」

初美「強そうなビーム当たっちゃいましたねー」

霞「でもね」

イキテイタイノヨ

初美「おお!フラフープ」

霞「これも武器なのよ」




~長野~

京太郎「展開するの早めだな。俺もやっちゃうか」

イコウ、スターゲイザー!
アテル!

京太郎「ドライはともかくクシャ強いなあ。ドライ3タテで行きたい」

イキテイタイノヨ



~長野3~

純「こいつら、相方つぶしにかかってんな!」

チョコマカト…  アタレ!

智紀「クシャがうまいから相手できないと思ったんじゃないかな」

純「ありがたいけど今はありがたくないねえ!」

ヒカリノナカニキエロ!



~長野2~

優希「ひええ、もう2回も落ちちゃったじょ」

優希「景気づけにあれやっとくか!」

コレデナニモミエナイワネ!




~長野3~

純「何で今それやる!?狙い撃ちだろ!」

ファンネル! オソイッ!

智紀「的だ」




~長野~

京太郎「地上でステルスフィールドとか何がしたいんだ?」

サポートヲ!イマガチャンスデス!

京太郎「ありがたくいただくよーっと」




~鹿児島~

霞「どうなるかと思ったけど勝てそうね」

初美「覚醒しないんですか?」

霞「しなくても良さそうだけど、せっかくだしね」

コノママセンソウヲツヅケテイイモノカッ!

イッケエエエエエエエエ!



~長野2~

優希「じぇえ…ボコボコにされた…」

優希「残り59しかない…でも」

コイツヨッワーイwww

優希「覚醒が残ってるもんな!」



~長野3~

純「いまさら覚醒したって取り戻せねえよ!」

ファンネルタチ アタレ!

智紀「すごいプレーヤーだね」

純「これ負けんだろうなー」




~長野~

京太郎「初心者さんか何だか分からないけど、勝ちはもらうぜ!」

コノママセンソウヲツヅケテイイモノカッ!

京太郎「いっけえええええええ!」

ピヨーン



~長野2~

優希「げっ」

ガガガガガガ シューン

優希「負けちゃった」




~鹿児島~

霞「普通に勝てたわ」

初美「技まで同じで終わりましたねー」

霞「息ぴったりだったってことね♪」



~長野3~

純「1周回って逆に面白かったわスローネドライ」

智紀「ブースト切れ膠着を毎回敵の目の前でやってあげるサービス…」

純「それとアシスト乱発な!待ってるのがバレバレだって」

智紀「始めたばかりなら仕方ないかもね」

ブログネタ
今年後半に向けての抱負は? に参加中!
いちご『佐々野いちごのCHA-CHAラジオ!』



いちご「皆さんこんばんは!鹿老渡高校3年佐々野いちごです」

いちご「この番組は、私ちゃちゃのんが弓・槍・剣などたわいもない話をするトーク番組じゃ!ちゃちゃのんの普段見られん部分が見られるかも!」

いちご「今回のゲストはこの方じゃ」

優希「どーも!清澄高校1年生の片岡優希!好きなものはタコの付くもの!よろしくだじぇ」

1ddfdb03-s


いちご「よろしゅうの!元気いっぱいでええね」

優希「ふふふ、今日も事前にタコスを食べてきたからな!」

いちご「そんな片岡ちゃんですけれどもね、麻雀では東場が非常に得意ということなんですよね?」

優希「そう!タコス力だじぇ!」

いちご「つまり前半戦が得意?」

優希「うむ」

いちご「今年も上半期終わってしまいましたけど、どうですか?」

優希「急な話の展開!」

いちご「(笑) いやね、もう7月に入ってしまったわけですよ。そろそろ振り返りとか、残りの半年に向けて目標を決めるとかあってもいいんじゃないかなと!」

優希「なるほどー」

いちご「というわけで、どうじゃろ?」

優希「まあ期末テストは散々だったな!」ハッハッハ

優希「それ以外は楽しかったからよし!」

いちご「初めての高校生活だったのはどう?」

優希「のどちゃんも一緒だったし、クラスも麻雀部も仲良くやれてるから不安は1つもないじょ」

いちご「中学からの友達が一緒っちゅうんは心強いよね!」

いちご「というわけで今日のテーマは『今年もあと半年!上半期はどうだった?下半期はどうしたい?』です!振り返ってもらってもよし、抱負を述べてもらってもよし、どっちも答えてもらってもよし!皆様の様子、教えてください」

いちご「メッセージ・曲のリクエストはこちら。chacha@karoutofm.jp

いちご「Twitterでもメッセージ募集中!#chachaを付けてつぶやこう!」

いちご「ほいじゃあ、下半期こそ一発当てたいちゃちゃのんと、片岡優希ちゃんとでお送りします!チャチャラジスタートです!」

優希「イェイ!」






いちご「さて、1通目のメッセージですー。東京都ラジオネーム 糖分が頭に行ってない さんからです」

いちご『佐々野さん、片岡さん、こんばんは』

優希「こんこん!」

いちご『私の上半期は、お菓子を食べすぎたことです』

いちご「それでもまだ頭に行ってないんじゃね(笑)」

いちご『まず基本的に毎晩箱アイスを1本食べて、かつバレンタインのチョコみたいな季節ものが毎月出てきてしまっては食べ過ぎにもなるというもの』

いちご『加えてしょっちゅう友人とスイパラに通っていたのです。カロリーもですがお金が…』

いちご『下半期は節制したいと思います、色々と』

優希「確かにお金はどんどん出てったじぇ」

いちご「何に使ったん?」

優希「あんまり覚えてないなー…。漫画とか買い食いしてたらなくなってた」

いちご「そういう身に覚えのない出費は気をつけんとのう。ちゃちゃのんもマメじゃないけぇ何に使ったとかは記録してないんじゃ」

いちご「今ではレシートを撮るだけで家計簿もどきを作れるっちゅうアプリもあるみたいなので、使ってみたいね!」

優希「おそらくそれすらサボるじぇ、私は」

いちご「(笑) 年末お金が飛ぶ時期に貯金がなくなってる!なんてことにならないように気を付けようね!」

いちご「ほいじゃあリクエストかけましょうか!糖分が頭に行ってない さんからのリクエスト、UNISON SQUARE GARDENで『シュガーソングとビターステップ』」






いちご「では続いてのメッセージ!ラジオネーム 何が分からないのか自分でも分からない さんからです」

いちご『ちゃーさん、優希ちゃんどうかいのー』

いちご「はあい元気じゃよ!」

いちご『私は仕事であちこち移動することが多いんだけど、しょっちゅう待ち合わせ時間に遅れちゃうんだよね』

いちご『自分ではちゃんとしてるつもりなんだけどねぃ。気づくと20分くらい遅れてる…』

いちご『連れには毎回怒られてしまってます。どうしたらいいかね?これを無理のない範囲で、できるだけ力を使わずに直すのが下半期の目標です』 

優希「最後の1文の時点で変わろうとする気が毛頭ない!」

いちご「なー(笑) まあ待たされてる相手の身になって考えてみるっちゅうんが基本じゃろうねえ」

優希「ただ何となく待ち合わせに間に合わない、っていうのは分かる気がするじょ。ぐうたらしてたらいつの間にか出なきゃいけない時間になってたー、とかよくあるじぇ!」

いちご「朝とかは特にねー。ゆっくりしたい気持ちが勝ってしまうんじゃろうか…」

いちご「このメッセージくれた人もう社会人みたいじゃけぇ、もう手遅れかもしれんが…(笑) お友だちが口酸っぱく言ってればだんだんと直そうかな?って気になるんじゃなかろうか?」

いちご「メッセージありがとうございました。解決しなかったけども!(笑)」

優希「そういえば私もリクエスト曲流したい!」

いちご「わっ急に」

優希「せっかく来たならやってみたいと思ってたんだじぇ」

いちご「その曲があれば流せると思うよ?何が聞きたい?」

優希「たこやきマントマン主題歌!」

いちご「ええー(笑) ある?あ、……あるって!(笑)」

優希「よっし!これで残り時間頑張る!」

いちご「それじゃあ片岡ちゃんのリクエスト、さねよしいさ子で『たこやきマントマン主題歌』です!」









いちご「はい、今回のチャチャラジもEDとなりました!」

いちご「全体的に『今年1年はあっという間だった!』ってメッセージが多かったのう。毎年同じことを言ってる気もする…(笑)」

いちご「1日1日ゆっくり進んでいきましょ!」

優希「私はとりあえず夏祭りが楽しみー♪」

いちご「7月のお楽しみといえば、って感じじゃね!下半期最初の一大イベント!」

いちご「さてそれでは、MVPの発表ですけれども、今回はラジオネーム ニードルニードルさんです!おめでとうございまーす!ストラップお送りしますね!」

いちご「『先程の遅刻魔の友人です。良く言って聞かせます』だそうです(笑) まああの大らかさが良い所なんかもしれんからほどほどにな!」

優希「気を付けないと私ものどちゃんにいつ怒られるか分からないじょ…」

いちご「もう半年、ちゃちゃのんも頑張るけぇみんなも誰かを怒らせないように頑張ってな!(笑) お相手は鹿老渡高校3年佐々野いちごと?」

優希「清澄の切り込み隊長こと片岡優希でした!」

いちご優希「「また次回!」」

このページのトップヘ