かえんだん

タグ:獅子原爽

成香「またトビ終了です…」

爽「成香、表情に出すぎなんだよ。喜怒哀楽。いや、怒はないけど」

誓子「そうかもね」

爽「チカも大概だぞ」

誓子「嘘だぁ」

爽「いやいや結構露骨に」

爽「ユキを見てみろ、勝っても負けても無表情」

由暉子「別に無表情というわけでは」

爽「楽しい?」

由暉子「楽しいですよ」

誓子「ユキちゃん心理戦に強いよね」

成香「トランプでも勝てたためしがありませんね!」

由暉子「感情表現が得意な方がいい気がしますけど」

爽「出すとこの2人みたいになるぞ」

誓子「言い方」

成香「どうしたらポーカーフェイスになれますか?」

由暉子「うーん…集中しつつのめりこみすぎないことでしょうか」

誓子「…もうちょっと大衆向けなのない?」

由暉子「夜ご飯のことを考えて打つとか」

爽「集中しろよって感じ」

成香「一朝一夕でできるものではないんですね…」

由暉子「すみません、自然体がこんな感じで」

誓子「卒業までにババ抜きでユキちゃんに勝つわ」グッ

爽「麻雀はいいのか」

ガチャ

揺杏「おっす~」

爽「おう、先やってた」

揺杏「ほいほい」

爽「揺杏もなかなか表情に出る方だよな」

揺杏「何が?」

成香「ゲームで一喜一憂してしまうっていう…」

由暉子「それが顔に出るかどうかについて話してました」

揺杏「あ~、それは出る方だな~…」ポリポリ

誓子「で、対策したいなーと思ってたんだけどね、難しくて」

揺杏「まあ今からじゃ、できることも限られてるし…」

揺杏「!」

揺杏「顔が見えなきゃおっけーじゃね!?」ゴソゴソ

爽「?」




H&Q リアル マスク 赤ちゃん ベビーマスク コスプレ 大人の赤ちゃん (泣き顔)

H&Q







DJ LOVE ラブ ピエロ マスク アフロ ヘア SEKAI NO OWARI 風 コスチューム マスク+レッドウィッグ





お面 キラキラ☆プリキュアアラモードキュアホイップ






シンゴジラ マスク コスチューム用小物 男女共用





泣き顔「…」タン

DJLOVE「…」タン

キュアホイップ「それポンです」カチャ

シンゴジラ「…」タン

キュアホイップ「ロン。白1000点」

シンゴジラ「はーい」ジャラジャラ


爽「いや仮面舞踏会か!仮面麻雀会か!」

シンゴジラ「これで大会出てさ、『ぷいきゅあがんばえー!』って」

DJLOVE「プッ」

爽「出禁になるわ!」

♪~ ♪~

爽「……んー」モゾモゾ

爽「…うっさいなあ」ピッ

爽「もしもしぃ?」

爽「…あ、おはようございます、はい」

爽「えーと、9時2分だな」

爽「…え?知ってたよ、集合時間。9時だろ?」

爽「いや、今ケータイ見たけど、今起きたわけじゃないから。ずっと起きてたから」

爽「その、……体調悪くてさ。げっほごっほ」

爽「いやマジでマジで、咳止まんねーし。嘘っぽくはねーし」

爽「熱もあるし」

爽「…計った計った、計ったんだけど、あの…」

爽「36度8分」

爽「微熱だから!熱じゃんて!体調不良じゃんって!」

爽「あー、大声出したからまたクラっときたわこれ。チカのせいだわこれ。全部チカのせいだ」

爽「…言いすぎましたすいません」ピピピッ

爽「……まったく信じてないって!そりゃあ酷いな!友達だろ?」

爽「あ、友達でいてください…お願いします…」

爽「…え?いや、ちゃんとは知らない」

爽「うんうん。…え、マジか」

爽「そこのケーキは食べたいわ。今から支度してく」

爽「…風邪だけどもー、ケーキは食べられるんですよ」

爽「だ、だから、うつんないって。私の風邪はうつんない系だから」

爽「は?替わる?誰に」

爽「…」

爽「…」

爽「…はい、はい。すいませんでした」

爽「電話取ってからここまでほとんど嘘でした。はい」

爽「熱?…36度ちょうど」

爽「はい、至って元気です。たくさん寝たんで」

爽「疲れてたわけじゃなくて、ちょっと夜更かしをですね…」

爽「真屋さんごめんなさい、そんな失望したトーンはおやめになって」

爽「あの、一応女の子なんで、そっちに着くの11時くらいかと。ホントごめんなさい」

爽「……なんだよあのユキ!めっちゃキレてんじゃん!静かに!」

爽「…あ、はい。チカもごめんなさいでした」

爽「寝坊しました」



いちご『佐々野いちごのCHA-CHAラジオ!』



いちご「皆さんこんばんは!鹿老渡高校3年佐々野いちごです」

いちご「この番組は、私ちゃちゃのんが小学校・中学校・高校などたわいもない話をするトーク番組じゃ!ちゃちゃのんの普段見られん部分が見られるかも!」

いちご「いやーカープ!残念でしたね~!!! ちゃちゃのんも1戦目と6戦目見に行ったんじゃが、悔しかった!」

いちご「打線がいつもより元気のうて、それでジャクソン選手がね、調子悪うて…」

いちご「じゃけど、やっぱり下向いてたらダメ!ですよね!ポストシーズンここまで長く戦えたのが25年振りですよ!?生まれとらんわちゃちゃのんも!」

いちご「そんな舞台で頑張る姿を見せてくれた、それだけでありがたいことじゃと、ね」

いちご「…合わせて、これでもうクロダ選手の投げる姿は見られん、っちゅうことじゃね…。寂しいのう…」

いちご「去年から投手陣のお手本になって、それが今年実を結んだと思うとね、ジーンときますよね~」

いちご「クロダ選手、それから日本シリーズには出られなかったけど、クラ選手、ヒロセ選手、お疲れ様でした!」

いちご「あと、今日15番が永久欠番になるって発表もありましたね!」

いちご「クロダ選手のはホームビジターと200勝Tシャツ持っとるんじゃが、まだグッズ出るならホント今の内じゃ!」

いちご「3人はファン感出られるんかの?もし会える機会があるならうれしいですけどもね」

いちご「この間ドラフトもあって、それこそファン感でまた新しい選手と出会えると思うと楽しみもありますよね」

いちご「さて、ゲスト、来てもらっちょるんじゃが…。わざとかな?この方ですー」

爽「はいこんばんは、北海道はでっかいどう、有珠山高校3年獅子原爽です」

75f17088-s

いちご「はい、というわけで北海道からはるばるね」

爽「1個いいかい?」

爽「前振りなっげえ!

いちご「そ、そうかのぅ?」

爽「野球熱どんだけ熱いんですかって」

いちご「いやー何せ久しぶりなもんだからつい」

爽「しゃべらないで待ってるのって結構アレだったよ、もどかしいよ」

いちご「ごめんねゲストなのに」

爽「サインで許そう、ここのこの、Tシャツの下んとこ」

いちご「わ、分かりました…。ところで爽ちゃんは」

爽「待って待ってちゃん付けは何かハズい、あんま呼ばれたことないから。君の方がまだ」

いちご「ええー女子なのに?爽くん?」

爽「うん」

いちご「…さわちゃんは」

爽「あー、あだ名でならちゃん付けでも、ってこと?そういうスタンスね?」

いちご「今回もはるばる広島まで来てもらいましたけれども、旅行先の何かって取っといたりする?」

爽「あーそうだなあ…。私はあんまり気にしないかな。飛行機で来たけどチケットとか捨てちゃう」

いちご「そうなんだ。写真とかは?」

爽「名所なら撮るかもしんないけどあんまり多くないと思うよ、普通の女子高生よりは」

いちご「雰囲気通りさばさばしてるのう…。ちゃちゃのんは写真も撮るし、あとそこで買い物したレシートも取っといてあるんじゃ」

爽「ちゃちゃのんは自撮り好きそうだもんなー、アイドルだし、一応」

いちご「一応て何じゃ!とにかく行った思い出ってちっちゃなことでも取っときたい派なんですよね」

いちご「今回のテーマはこちら!『旅行の思い出、取っておく?』です!」

いちご「まず取っとくかおかないか、理由もあれば聞かせてもらいたいですし、あとは取っといてある人、これは『過去何年分』くらいまであるんでしょう?そのあたりも教えて欲しいです!」

爽「神社とか行く人だとあれでしょ、あのースタンプ押してもらえるノートみたいな」

いちご「あ、御朱印帳?」

爽「詳しいな。さすが厳島」

いちご「大人の方だと何冊にもなってたりするんでしょうかね。ぜひメッセージお寄せください!」

いちご「この番組では、Twitterでのメッセージも募集中!#chachaを付けてつぶやいて、盛り上げてほしいんじゃ!」

いちご「それと、メッセージ・曲のリクエストはこちらから。chacha@karoutofm.jp

いちご「あなたのメッセージ、待っちょるよ!」

いちご「それでは、頂上決戦的なチャチャラジ、スタートです!」



ネリー「私は外国人ネリー。質屋でバイトしながらこの国を調査してるよ」

店長「ものを見極める目っていうのは簡単には身に付かないからね、見て覚えていくしかない」

ネリー(この国ではお金に困ったら自分の持ち物を手放して、それに見合ったお金を貰えるらしい)

お客さんA「このバッグ、いくらで引き取ってもらえます?」

店長「ああこれなら…」

ネリー(店長さんはどうやって金額決めてるんだろ?テキトーかな)



お客さんB「すみません、このサファイア、いくらになります?」

ネリー「そうですねえ、10円ですかね」

お客さんB「ええ!?そんなに安い!?」

ネリー「使い込んでらっしゃるから」

お客さんB「そうですか、じゃあ他のとこで見てもらいます…」



お客さんC「あ、このバッグ欲しかったやつだ。いくらですかー?」

ネリー「ああ、それは109万円ですねえ」

お客さんC「たっか!じゃあやめます…」

店長「ちょっとネリーちゃん!勝手に値段決めないで!」

ネリー(ただ、実際のところ、どうやって価格を決めているのか、謎だね)

缶コーヒーはDOSS。

いちご「さて、では最初のメッセージ。長野県のラジオネーム メイド雀士さんから」

いちご『ちゃちゃのん、ゲストさん、どうかいの?』

いちご「元気元気!」

いちご『私は取っておかない派ですね。頭の中に思い出は取っておくようにしています』

いちご『何やかんやで溜まっていってしまいますし、保存にも困ります』

いちご『それに、例えば誰かと行った楽しい思い出なら、それを丸ごと「こういうこともあったなあ」と覚えておくぐらいがちょうどいいんじゃないかとも思います』

いちご『今はきれいな写真もすぐ撮れるけど、私はそこまで急いで思い出作りしなくても、と思います』

爽「うーん、達観してんね。高校生?」

いちご「そう、高校生」

爽「まあ気持ち分かる。思い出せなくなるほどの年でもまだないしね~」

いちご「何でもかんでも記録したり取っといたりするんじゃなくて、こう『行ったよ!』っていうことそのものを1つとしておくっていうのは参考になるのう…」

爽「もちろん旅先も楽しいんだけどさ、その間の誰かとわちゃわちゃしてんのが楽しいもんでもあるからねー旅行って」

いちご「1つ目からすごいいいメッセージありがとのう!」

いちご「じゃあリクエスト、ここで行きましょうか。えっと、ラジオネーム 糖分が頭に行ってない さんからです」

いちご「『ノーベル文学賞、どうなるんでしょうね』、ということですけど、確かにどうなるんでしょうね?Billy Joelで『Piano Man』」



いちご「CM中にサイン済ませたんじゃが…これ書いて良かったやつ?普段着じゃないんか?」

爽「いや、ライブTだからOKOK」

いちご「誰の」

爽「誰のっつーかサマソニの」

いちご「ちゃちゃのん出てないし!出たかったけど!書いちゃった!」

爽「一流の仲間入りじゃん。やったね」

いちご「とんでもないものに書いちゃった… 気を取り直して、次行きましょ!ラジオネーム フレンドライトさん」

いちご『ちゃちゃのん、爽くんさん、こんばんは。勉強しながら聞いてます』

いちご「頑張ってな!」

爽「今さかなクンさんみたいに言ったね」

いちご『私は写真たくさん撮っちゃいます(笑) この夏大会で東京にいたんですが、色々珍しくて、気付いたら1日100枚とか200枚とか撮ってました(笑)』

いちご『地元に戻ってきた今ではみんなで見たりしながら楽しめていますが、冷静に考えると完全にお上りさんだったなあと、ちょっと恥ずかしい気持ちです…』

いちご『お2人は東京とか行かれますか?教えてください!』

いちご「とのことでしたー」

爽「1日200枚はやべーな!そんなにあるかね東京、撮るとこ」

いちご「しかも大会中じゃけえ」

爽「先輩たちの様子とかかな?」

いちご「駅の様子とか撮っちょったなら結構なお上りさんじゃね(笑)」

爽「いやでも私も初めて新宿行ったけどさぁ、あれヤバいね!迷宮じゃん!」

いちご「地下はねー」

爽「周りキョロキョロしたら負けだと思ったから流れに身を任せてたわ」

いちご「何に負けるんじゃ(笑)」

爽「んで、私はほぼ初めてだったわけだけど。ちゃちゃのんは…鹿老渡強豪だもんな、そこそこ来るっしょ」

いちご「1年からずっとだね、全国大会は」

爽「強いねー!もう東京マスターじゃん」

いちご「いや、会場周りくらいしか分からんよ… あ、でもリリースイベントとかでは来ることあるね」

爽「すげー。ガチのアイドルじゃん」

いちご「ふふん」

爽「案内して」

いちご「じゃけえ行けるほど詳しくないって!(笑) とまあ2人ともこんな感じ…」

いちご「ではフレンドライトちゃんのリクエスト、かけますからね!この曲ホントリクエスト多いんですよ、みんな見に行ったかな?もうすぐ終わると思うけぇお早めに!RADWINPS、『前前前世』」





いちご「お送りしてきましたチャチャラジ、そろそろエンディングのお時間です!」

いちご「まずはプレゼント当選者。今回は、ラジオネーム 二条城 さんです!大阪の方ですね、おめでとうございまーす」

いちご「二条城 さんは取っとく派!観光案内のパンフとか貰って来るんじゃって!」

爽「それねー、溜めてどうしようもなくなるやつですよ」

いちご「言い方!」

爽「あの三つ折りの細長いのでしょ?二度と見ないって~」

いちご「さわちゃんは見んでも二条城 さんは見るの!」

いちご「というわけで久々に賑やかなゲストでしたけども、どうじゃった?」

爽「いやーまずね、リアルちゃちゃのんちょーかわいいんですけどー」

いちご「え、何でちょっとギャル風…でもありがと!」

爽「オーラ違うわ。控え室の時より面白い」

いちご「ちょっと!(笑)素のちゃちゃのんが面白くないみたいな言い方やめて!」

爽「うん、楽しかったですよ」

いちご「全く… 最後にスケジュール確認!クリスマスソングですけど、新曲作成中です!もうそんな時期なんじゃねえ…」

いちご「それから、冒頭ずっと言っちょったカープのファン感!取材行かせてもらえることになりました!」パチパチ

いちご「鹿老渡FM代表って聞いちょるけぇ気合入れてきます!プレゼントも考えてるから、もらえたらお楽しみにね!」

いちご「たぶんパレードも行けるんじゃないかのう… こちらもお楽しみに!」

いちご「はい、では今回はここまで!お相手は鹿老渡高校3年佐々野いちごと?」

爽「有珠山高校3年獅子原爽でした。ニャー!」

いちご爽「「また次回~!」」」

いちご「何で猫さん?」






~数時間前~

爽「」ポチポチ

揺杏「何見てんの?」

爽「見てるっていうかちょっと着信音を変えてる」

揺杏「へー」

爽「ぎゃああああああ!!!!!!」

揺杏「な、何何何!?」

爽「」ポチ

ギャアアアアアア!!!!!!

爽「うん」

揺杏「いやうんじゃなくて何!焦った!」

爽「電話かかってきたら絶叫しだした~、ってちょっと素敵じゃないです?」

揺杏「いや素敵じゃないです」

爽「日常にもそういうハラハラドキドキって必要だと思うんだ」

揺杏「そうかあ?」






~今~

誓子「今日は集まり悪いね」

爽「いろいろ忙しいんだろ」

誓子「何かして待ってる?」

爽「スピードしよう!」

誓子「トランプどこにしまったっけ……」

ギャアアアアアア!!!!!! ギャアアアアアア!!!!!!

誓子「うわああああ!!!!」

爽「ああああああああ!!!!」

誓子「何!?だれ!?え、ええ誰!?」キョロキョロ

爽「ああぁ、わ、忘れてたぜ」ゴソゴソ

ピッ

爽「はい!」

誓子「え、ケータイ?」

爽「え、声が?いやフツーだし平気平気。うん、うん、分かった分かった。ゆっくりな」

ピッ

爽「ユキ、もう少し遅れるって」

誓子「何であんたの着メロ絶叫してるの…」

爽「いやー驚くかなーと思ってさ。私も忘れてたからやられたよ」ハハハ

誓子「心臓止まるかと思った!」

爽「私も」

誓子「今変えて」

爽「…そうな。これ良くないわ」ポチポチ

爽「揺杏はいいよな~、今年流行る前からルーティン持ってんだもんな」

揺杏「トイレで気合入れるやつな」

爽「五郎丸の先駆けだよな」

誓子「なんておこがましい発言」

由暉子「それにルーティンなんて昔からあるんじゃ」

爽「…昨日みんなの分も考えてきたから」シレッ

誓子「スルーしたわ」

由暉子「というよりルーティンいりませんけど」

爽「今より強くなりたくないの!?」

成香「やったから強くなるというものでもないのでは…」

爽「特に成香ちゃん、あなたはメンタルが課題なんだからもっとかなきゃダメよ」

成香「私ですか!?」

爽「決まった形で試合に臨めばメンタルも強くなるって。たぶん」

誓子「プロなら納得できるけど私たち高校生だし…」

成香「ちなみにどういった…?」

爽「対局前には必ずメロンパンを食す」ドン

成香「べ、別にメロンパン好きではないんですが…」

爽「いや、このあと練習で1局打って成香に勝たせてやるからさ、その前にメロンパン食べといて。勝った時のいいイメージをメロンパンに宿すんだ」

揺杏「ヤラセじゃねーか」

爽「でもできなくないだろー?」

成香「…まあ、確かに」

爽「次チカな」

誓子「いらないんだけど…」

爽「チカは会場手前までうさぎ跳びで向かう」

誓子「嫌!そして無理!」

爽「こうさ、これから困難に立ち向かうけど『跳ね返すぞ!』っていう意思を見せるわけ」

誓子「文化部が何でうさぎ跳びよ!運動部でもやってないわよ!」

爽「可能なら対局前は野菜スティックを食べてもらいたいぞ」

誓子「不可能」

由暉子「やたら食べさせますね」

爽「んで、揺杏には引き続きトイレ個室で咆哮してもらうとして」

揺杏「待て待て咆哮はしてない。静かに気を溜めんの」

爽「大差ないよ」

誓子「大差あるよ」

爽「ユキな」

由暉子「はい。衣装着て出てくのではダメなんでしょうか?」

爽「そりゃそれだけじゃ不十分さ。野球選手だってユニフォーム着て終わりじゃないだろ?」

揺杏「そーゆーことか?」

爽「ユキはアイドルだから前口上を文章化してみた」ペラ

由暉子「はぁ」

きゃるーん!!私、真屋由暉子!有珠山高校の1年生!(1回転してダブルピース)
普段は麻雀が大好きな女の子だけど、(背中で手を組んで恥じらうように)
今日はちょっと大胆になっちゃう♡(小ジャンプ)
な、ぜ、な、ら、大事な大事な場面だから!
変身、マジカル雀士ユキコちゃん!(4回転して決めポーズ→これはテキトーに決めて)


由暉子「」ポイッ

爽「ちょい、捨てんな!何がご不満か?」

由暉子「これを毎試合前にやれと」

爽「そう」

由暉子「覚えられませんしそんなに器用じゃないです」

爽「そっかー。もっと簡単にしないとか」

由暉子「まあ簡単にしてもやりませんが」

爽「せっかく考えたのに」チェッ

誓子「せっかくって」

成香「獅子原先輩のはないんですか?」

爽「おーあるよ。全員分だからね」

揺杏「へー。どんなん?」

爽「前の日ライオンキングを見て王になるイメージを膨らませる。当日は力水しか飲まないで、対局前にソーラン節を2分やる」

成香「ええっと」

揺杏「自分のキャラとゲン担ぎとルーティンとごっちゃになってんね」

由暉子「強くなりたいっていうのは何となく伝わります」

爽「これやってたの深夜2時とかだからもう覚えてないんだよね実際」ハハハ

誓子「じゃあルーティンはなしね。やりたかったら五郎丸さんの拝借すれば」

爽「チカちゃん冷たい~…一緒にやろうよ~」ゴロウマルポーズ

誓子「嫌!」

このページのトップヘ