かえんだん

タグ:瑞原はやり

~チーム事務所~

良子「Sponsorさんから、ということでしょうか」

マネージャー「そうだね、それも地元の企業さん」

良子「ふむ」

マネ「みかんジュースを作ってるんだけど、その新作を出すにあたって、戒能さんに出て欲しいと」

良子「私にできますか?演技とかあまり得意ではないのですが」

マネ「まあね、俳優さんでもないわけだし、大根でも構わないよ」

良子「? なぜ大根?」

マネ「演技がへたっぴな人のこと、『大根役者』っていうでしょ?」

良子「Oh、なるほど」

マネ「今回オファーが来たのはさ、地元出身・地元チーム所属の有名選手だから、ってとこが大きいと思うんだ」

マネ「だから自然体の戒能さんでさ、ぜひ出て欲しいんだけど…」

良子「…Imageが湧きにくいので、一度持ち帰ってもいいですか?」

マネ「あ、はい。前向きな返事を待ってますよ」




良子「というわけで、CMを撮ろうかどうか迷っているのですが」

はやり「地元企業さんなんでしょ?地域密着、って感じでいいね♪」

良子「はやりさんはいっぱい出られてますね?」

はやり「まぁアーティストでもあるしそれはねー。もう慣れっこだよ」

良子「Youtubeでも見れました」

はやり「はやー。何か恥ずかしいね(笑) 今まで出たのは… お菓子とか、電話とか、スマホのゲームとか
、旅行、化粧品……」

良子「よくそんなにたくさん顔をお持ちで」

はやり「…ちょっと棘ない?」

良子「私、やるとしたらできるでしょうか?」

はやり「うーん、そのポーカーフェイスじゃ厳しいかもよ?スマイルスマイル」グイグイ

良子「痛いです」

はやり「表情筋が鍛えられてないなー。もし撮影まで時間あるなら、顔の筋肉和らげとくといいよ!良子ちゃんは素材はいいから、そこがOKなら撮れると思う!」

良子「さすがentertainerですね」フム





健夜「…それ、たぶん私参考にならないと思う…」

良子「そう言わず」ホラホラ

健夜「ええー… 私そもそも人前出るのとか苦手だしさぁ…」

咏「でも解説とラジオやってんじゃん?」

健夜「あれは、まだ麻雀に関係あるから…」

咏「東京所属だった頃、要は誰も勝てなかった頃ね、そりゃあ名が売れてるからあちこち出てたんだよねぃ」

良子「ほう。探しましたが見つけられませんでした」

咏「何十年も前の映像だから残ってなかったんじゃね?知らんけど」

健夜「昭和の選手じゃないんですけど私!」

健夜「…あの時若かったし、そういうのもよく分からなかったから、とりあえず周りに言われるまま出てみただけで」

咏「今はどーなんすか?それこそ地元の何かあるでしょ」

健夜「あ、うん、まあ、そんな大々的なのじゃなければ出てるけど」

良子「仲間ですね。どんなものにご出演を?」ズイ

健夜「近い近い! ……えっと、信金さんとか。定期預金のCM」

良子「Bankですか」

健夜「ブリージングチキンズ貯金っていうのをやってくれてるから、それの宣伝で」

咏「それはうちの先輩もやってた」

良子「どんな撮影だったんでしょう?」

健夜「うーん、演技はやっぱりやったよね。難しいことは言われなかったけど、1日くらいはかかったかも」

咏「どんな内容?」

健夜「あの、駅降りたら貯金ののぼりが立ってて、それを『何だろ?』ってずーっと辿ってったら銀行の窓口にいた、っていう」

咏「セリフセリフ!」

健夜「やだよ!恥ずかしいから!」

良子「」ジッ

咏「ほら、後輩がメモ取る準備して待ってます」

健夜「う ……じゃあ触りだけね?」

健夜『…何こののぼり? 同じのがどこまでも並んでる!?』

健夜「…はい。で、追っていって入店する、って感じ!」

良子「お上手ですね」パチパチ

咏「確かに」ピッ

健夜「今録音してたでしょ!?消してよ!」

咏「これ聞いて帰ろっと」

健夜「ちょっと!」

良子「咏さんは何かご経験は?」

咏「そうだねぃ、それこそスポンサーのお菓子メーカーとか、ずっと出てんね」

良子「銘菓ですか」

咏「そうそう」

健夜「あ、じゃあ咏ちゃんもやってみなよ!その時の感じ!」←仕返ししたい

咏「んー、やってみると言っても、あんま変わんないっすけどねぃ」

咏『やべー、あめー!うんめー!今年のは抹茶入りなんすね!』

咏「で、ナレが入っておしまい」

健夜「ホントに変わんないじゃん!リテイクとかは?」

咏「いや、知らんけど『感想言ってあとは適当に』って言われるんで、いつも」

良子「ツーカーなんですね」

健夜「よく知ってるねそんな言葉…」







~撮影日、みかん畑~

マネ「今更だけど、ホント大丈夫?」

良子「Trust me.お任せあれですよ」

マネ「確認しときましょうか一応」

・今年のみかんジュースは「つぶつぶ入り」
・CMは30秒
・みかん畑をバックに飲む
・前後に一言二言
・無理に演技せず、自然体で

良子「OKOK」

マネ「監督さんがいらっしゃったらすぐやれるような感じみたいなので、頑張ってくださいね」

良子「ばっちりですよ」


監督「はいじゃあ戒能選手、緊張せずリラックスしてね、いきますよー。3,2,1」カンッ

良子「」スウッ

良子「青い空!白い雲!そしてみかん!」ハキハキ

良子「」カチッカチッ

良子「」カチッカチッ←プルタブ開かない

良子「」カシュッ

良子「」ゴクゴク

良子「うーん!Sweety&flesh!!今年はつぶつぶ入りなんですよ!」ハキハキ

良子「ぜひ飲んで、くださいね」ツクリワライ


監督「カット!……ちょっと打ち合わせましょうか」

良子「おや、どこがいけませんでしたか」スウッ

監督「ど、どこがかぁ…」

マネ(全体的にですよね監督…。普段の戒能さんじゃないもの…。何か別の人入ってませんでした?)

~東京~

はやり「もう3月になったんだし、出る準備しないとね!」

はやり「4年も住んでるとなかなか離れたくないけど……」

はやり「断捨離だよ!」


はやり「家電はいるでしょ、家具もいるでしょ、」

クッションたくさん「」

ぬいぐるみたくさん「」

はやり「う、うーんと、これもいる」

はやり「漫画とDVDはー…。また見るかもしれないし、いる」

卒論の資料「」

はやり「これは…、思い出いっぱいだし、いるよね」

はやり「机とイスは…向こうでも買えるし…」

机「」

イス「」

はやり「で、でもなぁ~…。一応持ってってもらお」

はやり「鏡もいる、化粧品もいる、…」

はやり「うわー!!」

プルルルル

慕『もしもしはやりちゃん?』

はやり「はやー。お久しぶり慕ちゃん」

慕『どうしたの?』

はやり「引越が進まないの!どうしよう!!」グスン

慕『あらら』

はやり「家事マスターの慕ちゃんなら何か知恵をくれるんじゃないかって思って!」

慕『確かに子どものときは引越多かったけど』

はやり「でしょ!」

慕『でも私が仕切ったわけじゃないし…』

はやり「だよねー」

慕『はやりちゃんが詰まってるのって、たぶん捨てる捨てないのとこでしょ』

はやり「はや!そうそう!」

慕『涙そうそうみたいだ。うん、で、そこをどうするかだよね』

はやり「思い出があったり、まだ使うかもって思ったりでねー…」

慕『ふふ、そうだと思った』

慕『寮に行くんだっけ?』

はやり「うん、1年目は強制だって」

慕『じゃあ、思い切って家具家電以外は捨てちゃおう!』

はやり「えー!!??無理だよ~!!」

慕『でも部屋に入れれるのも限りがあるでしょ?』

はやり「そ、そうかもしれないけど」

慕『また寮を出るときにさ、新しくそろえて思い出も作り直せばいいんだよ!別れと出会いの季節!』

はやり「あー、そういう考え方」

慕『…ホントは東京から通えればいいのにね』

はやり「あはは。ホントに!」

慕『近いんだもんね』

はやり「うんうんっ」

慕『私に言えるのはこれくらいかなぁ』

はやり「ありがとー!参考にするね☆」

慕『また遊びに来てね!私も行くかもしれない』

はやり「うん、時間作るね」

慕『じゃあね~』

ピッ

はやり「…よしっ、向こうでもそろえられるものはここで手放そう!」

はやり「高校と大学の思い出は、持ってこう!」

はやり「ちょっと進みそうじゃないかな☆」

杏果「中学に入って急に難しくなった気がするわ」

閑無「小学校までがぬるかったんだよ。こんくらいがフツーだって」

杏果「はやりちゃんはすごいわ。頭ここまでいいなんてさ」

はやり「はやや~。そうかな」

慕「中間テスト学年1位だもんすごいよ!」

はやり「えへへ」

閑無「ケッ」

はやり「中学に入ってから進研ゼミ始めたんだ」

慕「おお」

はやり「勉強する時間をちゃんと作れて、でも時間はかからないからすごく効率いいの」

閑無「何だなんだ付録漫画のセリフみてーなこと言って」

杏果「見てるのか…」

閑無「タダで毎月漫画が届くんだもんな!」

杏果「始めてやれ」

慕「…」


~自宅~

慕「ただいま帰りました」

耕介「おう」

慕「着替えてくるね」

耕介「あ、慕。これ届いてたけどいるか?」

慕「!! これ、進研ゼミのだ!」

耕介「よく送ってくるよなあ」

慕「…私、進研ゼミ始めたいの!おじさん!」

耕介「…うん?」

慕「中学生になって勉強難しくなってきたから、こういう分かりやすいテキストが欲しいの…」

慕「学校ごとの授業の進み具合でテキストの種類も選べるし、タブレットで添削もしてもらえるんだって」

慕「ダメ?」

耕介「いいよ」

慕「いいの!?」

耕介「いや驚かれてもな」

慕「これのおまけ漫画的には『どうせ溜めちゃうんでしょ?』って聞かないと、保護者の方は」

耕介「慕はそーゆー性格じゃないじゃん。計画立ててコツコツやれるし」

慕「…そうなんだけど」

耕介「じゃあ申込用紙の慕が書く欄は書いといてくれ。終わったら俺が手続きしとくから」

慕「…はーい」

慕(スムーズにお願い通っちゃった)

~居酒屋~

健夜「いい良子ちゃん?今は若いからいいけどね、急にしんどくなってくるときがあるの!」

良子「はぁ」

理沙「閾値!」プンスコ

健夜「そーそー。それが25歳の壁なの」

良子「25歳のWallですか」

健夜「もうまず体力がなくなるの!!ね、はやりちゃん!」

はやり「はやりに振るの!?」

健夜「あ、でもはやりちゃんはライブとかいい歳してもこなしてるし別だ」

はやり「いい歳って」

健夜「ともかく駅までダッシュしたり、夜通し遊んだりそんなことができなくなるの!というか諦めちゃう!」

良子「ふむ」

理沙「諦念!限界!」プンスコ

咏「それってもしかして私も関係あるんすか~?」

健夜「咏ちゃんもね、あんまり移動で送り迎えばっかりしてもらってると後が大変だよ!自分で動かなきゃ!」

咏「めんどくせーじゃないですか~」

健夜「体力づくりだよ体力づくり!」

良子「それは私週4でGYMに通っているのでNo Problemですね」

健夜「偉いっ偉いよ良子ちゃん!」ナデナデ

良子「ありがとうございます」

理沙「健康志向!」プンスコ

良子「移動も自転車ですので」

はやり「はやりもちゃんと運動してるよ?」

健夜「すごい」

理沙「鑑」

はやり「……良子ちゃんの時と態度違う」グスン

良子「よしよし」ナデナデ

健夜「それと年々寂しくなる一人暮らし!早く結婚しないといつまでも部屋が広くなってくよ!悲しいよ!」

咏「すこやんさん基本実家でしょ。知らんけど」

健夜「……それもそれで辛い」ゴクゴクゴク

理沙「冷ややかな目!」プンスコ

良子「焦ってするものでもないと思うのですが」

健夜「そうやってのんびり構えてられるのがそう、まさに25までだよ!覚悟しておこうね!」

良子「そうですか」

健夜「時間もないしさー」

咏「忙殺っすか」

健夜「そうっ!その通りだよ咏ちゃん」

咏「やったね」

健夜「朝起きて情報整理して試合して帰って寝て起きての繰り返し!もう歯車だよ」

咏「あっはは。実際時間ないっすよね~」

健夜「社会に慣れてくればくるほどそんな疑問抱いちゃうからね!」

良子「きちんとScheduleを立てれば」

健夜「それを破ってくるのが社会なの!」

良子「はぁ」

健夜「経験積んでいくと人付き合いも増えるし仕事も増えるからさ。自分の時間なんてないよ?」

理沙「しがらみ!」プンスコ

咏「囚われちゃいますよね~」ケラケラ

健夜「お休みもさ、楽しもうと思っても体は休みたがってるわけ!辛いよ!」

良子「それはさっきも聞きました」

健夜「だから咏ちゃんも良子ちゃんも今の内から運動しておかないと体動かないから!」

咏「うえ~」

良子「もう少し通う回数増やしてみますか」

<ソロソロヘイテンナノデ…

良子「あ、OKです。…みなさんお勘定を」

健夜「いーいーよー!私が全部持つよ!!」

良子「え」

健夜「年上に頼ってよー」

咏「やったね」

良子「…何だかすみません」

理沙「私も出す!」プンスコ

健夜「あ、ほんとに?じゃあ仲良く割って出そう!」

はやり「んー」zzz

良子「はやりさんそろそろ起きてください」

はやり「ねむい」zzz

良子「家まで頑張ってください」

はやり「よしこちゃんと帰る」zzz

良子「Taxi呼びますから」

はやり「」ムクリ

はやり「かばん…」フラフラ

咏「あ、こっちっす」



運転手「どちらまで?」

良子「とりあえずTerminalまで。お金は持ってるので出させてください」

健夜「じゃあね~」

理沙「また!」プンスコ

はやり「良子ちゃんばいばい」zzz

バタン ブロロロロ…

良子「…大人って大変ですね」

咏「かいのーちゃんも直ああなるんじゃね?知らんけど」

良子「十分Carefulします」

咏「どっちが年上だか分からないねぃ」

良子「三尋木プロは飲んでました?」

咏「こうなるかなーと思ってたからそんなに。……ウチでちょっとやってく?何なら泊まってってもいいよ」

良子「ちょっと気になりますね」

咏「ウチはすごいぜえ?でっけえからね!」

良子「買っても行きましょうか。気になる銘柄があるんです」

咏「度つよそー」

良子「強いかもしれません」

咏「それはかいのーちゃんだけで飲んでよ?私は強くはないからねぃ」

良子「OKです。でも飲ませてしまうかもしれません」

咏「嘘つけ!」

良子「嘘です」

ブログネタ
「夏の終わり」感じるのはどんなとき? に参加中!
瑞原はやりのー、はやアガリしNight!



はやり「皆さんはーややー☆ 朝酌女子の瑞原はやりです!」

はやり「瑞原はやりのはやアガリしNight。この番組は私瑞原はやりが60分おしゃべりさせていただく公開生放送です」

はやり「さてさて、早速歌のお知らせなんですが、新曲『スピードスター』が初週ランキング7位を獲得できました!ありがとうございます」パチパチ

はやり「まだ買ってないよぉ、聞いてないよぉ、という方。ご安心下さいね!この後またフルオンエアしますから!」

はやり「そして今日もゲストに来ていただいておりまーす。自己紹介お願いします!」

慕「あ、皆さんこんばんは。はやりちゃんと同じ朝酌女子の麻雀部、白築慕と申します」

はやり「慕ちゃーん!」

慕「ラジオってこういう感じでやるんだね」

はやり「ふふ、プロっぽいでしょう」

慕「うん、プロっぽい」

はやり「そんな慕ちゃんとお送りしますが、今日のトークテーマはこちらっ」ジャンッ

キッズスペシャル!『夏の終わりを感じるのはどんなとき?』

♪~ ナーツガスーギーカゼアザミー

はやり「もう9月に入ってしまいました。新学期始まってるのにまだ夏休みが抜けきってないちびっこ、多いんじゃないかな?」

はやり「はやりもだよ☆」

慕「え!」

はやり「今日はそんなみんな、中学生より下の子ね!の、夏の終わりについて聞いてみたいと思います!」

慕「はやりちゃんまだ夏休みモードなの?」

はやり「麻雀してたらあっという間だったから、延長戦が欲しいなって思っちゃう」

慕「頑張ったもんねえ今年も…」

はやり「慕ちゃんはどうかな?」

慕「最近はそうだね、セミの鳴き声が耳に痛くないというか、静かになってるなあって。そういうとき夏も終わりかー、って思うな」

はやり「うんうん、学校の木にもいっぱいいたのにいつの間にか静かだもんね」

慕「すぐヒグラシが出てくると思うけどね」

はやり「あの鳴き声はセミだけど秋のものだよね!」

はやり「さあ、全国のキッズ、はやはやまでメッセージ送ってみてください!送り方わかんない!って時は近くのお父さんお母さんに聞きながらやってみて?」

はやり「メールは hayahaya@matsue.net FAXは0852-??-◆○××です」

はやり「それじゃあ行くよっ!松江市朝酌からあなたのハートにチューンイン!『はやはや』スタートです!」






はやり「それじゃあ最初のメールを。長野県 ラジオネーム ももこちゃんからです。どうもありがとう!」

はやり『はやりん、ゲストさん、はーややー』

慕「はややー」

はやり『私が夏の終わりを感じるのは、すわ湖の花火大会が終わったあとです。長野で一番大きな花火大会です』

はやり『今年も家族で行ったんですが、お父さんもお母さんも私を見失っちゃってとってもさびしかったです』

はやり『でもあとでちゃんと見つけてくれて、お面をかってもらいました。ゆるしてあげました』

慕「ちゃんと合流出来て良かったね!ももこちゃん!」

はやり「迷子センターにいるときって周り知らない人ばっかりだし、でもお祭りは普通にやってるし、自分だけ別世界に来たみたいで辛いんだよね~」

慕「その感じ分かるかも。取り残されてる感じ?」

はやり「うんうんっ」

慕「私も小学生の時色々無茶をしていたからよくわかるよ」

はやり「今もしてないかな?」

慕「そんなことないよ!…ないよね?」

はやり「…今度部の子に聞いてみるといいと思うな☆」

慕「ええー」

はやり「話は戻って花火大会ですよ。確かに夏の一大イベントだもんね!あれを消化しちゃうとあとはもう新学期まで突っ走るだけになっちゃうね」

慕「ちょうど花火大会がある時って夏休みの折り返しだよね」

はやり「そうそう!だから後ろの日数を考え始めちゃうのもこのあたりな気がする…」

慕「ももこちゃんは心ゆくまで遊べたかな?」

はやり「ね!どんな夏になったのかなー? ではではここで、冒頭でもお伝えしました通り、私の新曲『スピードスター』をおかけしたいと思いますー☆」

慕「駆け抜ける感じが季節にあってて良かったよ!」

はやり「うふふ、ありがとう!それではお聞きください、瑞原はやりで『スピードスター』」






はやり「はい、では2通目のメール。広島県 ラジオネーム いちごちゃんからです。7歳だって!」

慕「ひゃー」

はやり『はやりんゲストさんはーややー☆』

慕「はーややー」

はやり『私が夏の終わりを感じるのは、24時間マラソンを見終わった時です』

はやり『毎年あれが終わると宿題やらなきゃ!ってあせらされます。』

はやり『今年は何とか終わることができました。あの歌が『夏休みはもう残りわずかだよ』のテーマソングに聞こえてしまってこまります』

慕「あはは…。でも終わって良かったね!」

はやり「私たち宿題に追われた夏休みってたぶんないよね?」

慕「私はそれこそお盆前には終わってたよ」

はやり「やっぱり宿題はコツコツやるのが一番だよ!宿題をこなしてきた高校3年の言葉ですよ!」

慕「そっか。24時間マラソンまでで宿題終わってないとピンチだよねかなり」

はやり「あれはいつも8月末の、始業式前くらいにやってるから、相当ピンチだと思う」

慕「『サライ』が最後通告かー。感動の場面なのに…」

はやり「そうだよね(笑)あの番組から先って大きな特番もあんまりないしね。『いつまでも夏休みじゃないぞー!』って気持ちにさせられるのも分かるなあ」

慕「いちごちゃんもいい夏休み遅れたかな?新学期頑張ろうね!」








はやり「さて今回の『はやはや』もエンディングのお時間です!慕ちゃん初出演はどうでしたか?」

慕「緊張してました…」

はやり「はやー。ホントかな?」

慕「してたよ!」

はやり「すらすら会話してたからね?」

慕「はやりちゃん相手だと考え始めたから普段通りになれたのかな」

はやり「うれしいこと言ってくれる友達だね☆」

はやり「最後に今後の予定を確認!オフショット満載の公式写真集が再来週発売予定です!価格は1500円です」

はやり「CDは最新曲「スピードスター」が好評発売中。今月もう1枚出す予定ではいますけれども、まだ未定です」

はやり「それからライブ情報!2ndLIVE"StarlyDecoration"が企画進行中です。……受験がひと段落するまで動き出せないと思うけど、必ずやるから安心してね!」

はやり「そんなところかな!」

慕「高校生しながらこれだけ活動してるのってすごいね…」

はやり「好きなことだから頑張れるんだよ☆」

慕「楽しそうだもんね」

はやり「楽しませてもらっていますよ!では今日はここまで。お相手は瑞原はやりと?」

慕「あ、白築慕でした!」

このページのトップヘ