かえんだん

タグ:石戸明星

小蒔「ごちそうさまでした」

初美「誕生日のご飯は豪華でいいですねー」

明星「姫様もご満足いただけたようで」

小蒔「毎年大がかりにやっていただけてほんとにうれしいです!」

霞「それじゃあ催し物やりましょうか」

春「これ、割り箸」

小蒔「?? 何をやるんですか?」

湧「ずばり!王様ゲームならぬ『姫様ゲーム』です!」ドンッ

小蒔「姫様ゲーム…?」

巴「この割り箸をみんな一斉に引いて、赤く塗ってある割り箸を引いた人が『お姫様』ってことで、他の人に命令できるゲームなんです」

初美「命令は名指しじゃなくって番号で言ってもらうんですけどね」

春「違うのゲームの名前だけ」コレデス

小蒔「…なるほど。分かったような分からないような」

明星「言うより慣れろですよ!難しくないですしやってみましょう!」

霞「じゃあ私が割り箸持つわね」バラバラ

霞「はい、ここから引いてね」

巴「姫様、先にひいてもらって」

小蒔「あ、私まだ姫様じゃ」

巴「ああ、そ、そういうことではなくて」

春「ややこし…」

小蒔「ええと、これにします」

霞「みんなも決めて?」

……

霞「それじゃあ行くわね?せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あ、赤く塗ってあります!!」

湧「姫様がお姫様ですね」

小蒔「返り咲きですねっ」

初美「これで、姫様が他のメンバーに命令できるんですよー。さあ!」

小蒔「番号で言わなくちゃですよね…。そうですねえ…」

小蒔「2番の人が6番の人のいいところを発表しましょう!」

春(2番)「う」

巴(6番)「わ、私が言われるんだ…。恥ずかしいなぁ…」

霞「お姫様の命令は絶対!よ」ウフフ

春「…わかった。言う」コホン

春「…自分のことだけじゃなくて言われなくても周りのフォローに入ってくれるところ。そんけいです」

春「…//」ポリポリ

巴「あ、あはは、ありがとうはるる…///」

明星「と、こんなようなゲームです」

小蒔「ふむふむ。命令はこういうもので良かったのでしょうか」

湧「誰も傷つかないけどちょっと恥ずかしい具合が絶妙ですよ!」

巴「間をあけずに、どんどん行きましょうどんどん!」

霞「じゃあまた引いてもらえるー?」

……

霞「はい、じゃあ2回目ね。せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あれ、また私です」

春「わー」

巴「引き強いですね…」

小蒔「うーんと……。1番の人が6番の人の真似をしましょう!とか…」

霞(1番)「うっ…。6番って誰かしら」

初美(6番)「私ですよー」

霞「…やりづらい」

巴「いろいろかけ離れてますからね」

初美「ほら、私色々あるでしょ!見て見て!」

湧「…それじゃあ、モノマネどうぞ!」

霞『…およぎなら、おまかせですよー』パタパタ

霞「…似てなかったわね、ごめんね初美ちゃん」

初美「そんなおバカみたいな感じかな私」

霞「他意はないのよ他意は」アセアセ

明星「つ、次!次行きましょう!」

………

お姫様だーれだ!

小蒔「4番と5番の人が明日のご飯当番です!」

お姫様だーれだ!

小蒔「7番の人は宿題を手伝ってください…」

お姫様だーれだ!

小蒔「1番の人は、私の頭を撫でてください///」

………

霞「…なんというか」

初美「本物の姫様だとここまで引きが良くなるんですねー」

巴「結局誰もなれなかったねお姫様に」

小蒔「私、今日すごいですー!またお姫様です!」

~朝~

霞「小蒔ちゃん、今日は夕方から雨だからちゃんと傘持って行ってね」

小蒔「あら、そうなんですか。忘れないようにします!」



~お昼すぎ~

小蒔「やることも済みましたからそろそろ帰りましょう。夕方は雨だということですし」

ポツポツ…

小蒔「あれ?もう雲行きが…」

ポッポッ………ザアーッ

小蒔「ひゃあ!いきなり降りだしました!傘…」

ザァーッ

小蒔「……傘立てに置いてきてしまいました!」ガーン

小蒔「早く早く」バシャバシャ



~夕方~

小蒔「ただいま戻りました…」ガラガラ

明星「おかえr… びしょびしょじゃないですか!雨具持っていかれなかったんですか!?」

小蒔「色々予想外なことが積み重なって…」

小蒔「夕方だと思った雨が15時くらいにもう降って来て、その時傘を建物の中に置いてきてしまってて、そこから戻る間にこんな感じに」グッショリ

湧「タオル持ってきましたー…、けど、足りますかね…?」

小蒔「ありがとう、大丈夫だと思います」ゴシゴシ

小蒔「靴の中もずぶずぶです…」

明星「しばらく使えませんね…。洗って干さないと」

湧「でも今週いっぱいずっと雨だって」

小蒔「」ガーンッ

小蒔「お気に入りの靴なのに…」

明星「し、しばらくの間ですよ」

湧「ともかく、お風呂で体を温めてください!体を壊されては大変ですから!」

小蒔「そうですね…。そうします…」トテトテ

明星「…姫様、あんなに濡れたのに普通に帰ってこれるって…」

湧「大らかというか、余裕を感じるよね…」

小蒔「うわ~!満開ですね!!」ピョンピョン

霞「今年もきれいに咲いたわねー」

初美「でも…。ここまで来るのは大変ですよ…」フゥ

明星「この山も荷物持ちながらだと厳しいですね」

初美「何ではるるには一回も荷物持ち番が回ってこないのですかー。じゃんけんで決めてたのに…」

春「何となく出す手が分かったので…」

初美「やっぱり透視能力!」

巴「ないない」

湧「皆さーん!このあたり良さそうですよー!」フリフリ

小蒔「去年よりも大きくなりました?この木」

春「そんな感じします」

霞「私たちより長生きだけど、私たちと一緒に成長してるのね」

初美「感慨にふけるのもいいですけど、は、早く始めませんか!疲れちゃいました…」バタリ

明星「じゃあシート広げますね!」




巴「お料理と飲み物も出しましたよー」

小蒔「玉子焼き!サンドイッチ!!たこさんウィンナー!!!」

霞「手が汚れにくいものをそろえるあたり、さすが巴ちゃんね」キラリ

巴「それほどでも」フフフ

湧「ではいただきましょうか!」

霞「小蒔ちゃん、音頭取る?」

小蒔「今回は…。ハルにお願いしたいと思います!」

春「えっ」

小蒔「たまには名前が春のハルがやるのもいいかなあと」

明星「何だかややこしいですね(笑)」

春「あ、あまりそういうのは向かないと思いますが…。ご指名とあらば」コホン

春「えっと、本日はお日柄もよく」

初美「お見合いですかー?」

巴「ヤジらないの」

春「桜も満開でご飯もおいしくいただけると思います。下山に苦労しない程度に楽しみましょう。いただきます」

みんな「いただきまーす」

霞「小蒔ちゃん何飲む?」

小蒔「オレンジジュースを!」

湧「あ、こっちですね。お注ぎします」コポポ

小蒔「ありがと…あ」ヒラヒラ

小蒔「花びらがコップの中に!」

初美「こういう穏やかなの、いいですねー…」ノンビリ

小蒔「」ドキドキ

霞「それじゃあ改めまして」コホン

六女仙「姫様、お誕生日おめでとうございます!」パーン!

小蒔「わあ!」

初美「これを引っ張ってくださいね」

小蒔「は、はい」ピッ

くすだま「お誕生日おめでとう!」パッカーン

小蒔「おお!!すごいです!」

湧「紙吹雪片付けて…」テキパキ

明星「ごちそう来ますよ」テキパキ

巴「いつも頑張っているつもりですけど、今日は何倍も頑張らさせていただきましたよ!」フフフ

小蒔「わ!私の好きなたくさんあります!!ハンバーグとカニクリームコロッケ、筑前煮、甘露煮、ししゃもフライ、それと……」

春「毎年のことだけどジャンルが違うものを1日に出すの大変そう…」

巴「喜ぶ顔が見られるだけで疲れなんて吹き飛ぶものだよ」

霞「さあさ、主役には座って頂いて」

小蒔「あ、はいっ」

霞「神代小蒔さん、誕生日を迎えたことを踏まえて、今年1年どんな年にしたいですか?」

小蒔「ええっと、勉強も麻雀も結果が出るように頑張りたいです!ちょっとずつでも進んでいくことを大事にします!!」

霞「はい、ありがとうございました。それでは皆さんお飲み物をお持ちくださいね。あ、湧ちゃん私ジャスミンティーがいいわ」

春「姫様は何になさいます?」

小蒔「私はいちご牛乳をいただきます!」

春「ではコップを」

小蒔「わー、ありがとうハル!」コポポ

霞「はい、それじゃあ乾杯しましょう。姫様のお誕生日を祝してー?乾杯!」

みんな「かんぱーい!」カチン

小蒔「」ゴクゴク

小蒔「…この程よい甘さ、素晴らしいです」

霞「ではプレゼントが届いていますので、先にお渡ししていきましょうか」

明星「こちらは清澄の片岡さんからです」スッ

小蒔「手紙も付いてますね。『巫女のおねーさん、お誕生日おめでとう!今度会ったら本場の味を楽しんでもらいたいじぇ』」

小蒔「……むむ、これは」

巴「タコスキットですね」

小蒔「巴ちゃん、お手伝いしてもらっても…?」

巴「ええ、一緒にやりましょうか」ニッコリ

小蒔「ありがとうございます!」

明星「こちらは姫松の上重さんからです」スッ

小蒔「『神代さん誕生日おめでとう。タメやし次会うた時はもっとフランクに話そうなー。これ、持ってくるの忘れんでな!』」

小蒔「お好み焼きのコテですね!通な感じがしますっ」

明星「続いて宮守の小瀬川さんからです」スッ

小蒔「『神代さんお誕生日おめでとう。そっちに行くのはダルいから、今度はそっちがウチに来てくれるとうれしいな。ともかくめでたい。うん』」

小蒔「わ!かわいいパジャマです!!」

初美「これは何でしょう…。うさぎモチーフのパジャマでしょうかー」

小蒔「早速今日から使います!」

明星「そして赤山の藤原さんからです」スッ

小蒔「利仙さんからも!…『お誕生日おめでとう。まだ寒い日もありますのでご自愛を。次戦うことがあれば負けません』」

小蒔「ストールですか!と、とても良さそうな生地ですね」フワフワ

湧「その他分家の方や地域の方からもいただいています。後でゆっくりご覧になってください」

霞「それじゃあ最後は私たちからね」

巴「ちょっと渋めですが…」スッ

小蒔「ありがとうございます!一体何でしょう…」ペリペリ

小蒔「!! これ、前お店で見てたミニ盆栽です!」

初美「女子高生にあげるというところでどうかなーって感じだったのですがー…」

春「どうでしょう」

小蒔「とっっっってもうれしいですっ!大事に立派に育てますね!!」

初美「良かったですよー」ホッ

小蒔「……何だかいつも以上に幸せな誕生日です。本当にありがとうございます、皆さん!」ペコリ

小蒔「これからも仲良くしましょうね!」パアッ




 

1f5a3127


初美「最近どうも霞ちゃんや巴ちゃんから子ども扱いされる気がするんですよー」

湧「まあ…」

明星「しょうがない気もしますけど…」

初美「しょうがなくなーい!本来同い年なのに扱いが違いすぎますー!」

初美「この間も霞ちゃんが食べていたたこ焼き見てたら、『しょうがないわねえ』って感じで分けてくるし」

初美「巴ちゃんのメガネ掛けてたら『あんまり似合わないね(笑)』って言われるし」

初美「挙句姫様から『初美ちゃんといると童心に帰れる感じがしますね!』って言われるし」

初美「とにかく、大人なレディーになりたいのですよー!」プンスカ

春「その発言が既に大人ではない…」ポリポリ

初美「シャrrラップ!早くアイデアを出し合うのですよー!」

湧「やるだけやってみましょうか…」







初美「思い付いた人から挙手!」

春「ん」ハイ

初美「はい、はるる!」

春『牛乳を飲もう。もー』(みちくさぼーや様、カンちゃん様、匿名様など多数 案)

明星「良く言いますよね、成長するには牛乳」

湧「明星ちゃんも好きでしょ」

明星「うん」

初美「牛乳は飲めない…きらい…」

湧「大人なら好き嫌いしないはずでは」

初美「ぐっ」

春「採用で。今晩から毎日出してもらうよう巴さんに頼んでおくから」ニッコリ

初美「むむむ…。つ、次行きましょう!誰か!?」

明星「それじゃあ私が…」ハイ

初美「はい、明星ちゃん!」

明星『敬語』(くろもち 様案)

湧「これはすぐできますよ?」

春「うん、どうぞ」

初美「そうですね、確かに簡単にできそうですー」

明星「はい、語尾伸ばさない!」

初美「うっ…。分かりました。努力します」

春「おもしろ…」

初美「さっき…、先程から私のことをバカにしていらっしゃいませんか!?」

明星「語気を強めない!」

初美「は、はい…」

初美「次のアイデアを頂戴してもよろしいでしょうか?」

湧「では」ハイ

初美「うがー!!もう限界ですよー!堅苦しすぎますー!湧ちゃんお願いしますー」

湧『女性誌購入』(せーや 様案)

初美「……週刊女性自身とか?」

春「Esseとか?」

湧「年齢層高すぎないですか?(笑)」

明星「ニコラは?」

湧「高校3年でニコラって…」

春「やっぱりセブンティーンかノンノかな…?」

初美「それでファッションを磨けばいいんですねー?買ってきます!」ダッ

明星「えっ」

春(大人になるというよりようやく高校生らしい格好になれる、が正しい…)










~夕食時~

霞「あら、はっちゃん珍しく牛乳飲むのね?」

初美「やっぱり臭いが…」

巴「自分で言ったんだからね?私たちは飲まないから」

初美「殺生ですよー!」

小蒔「好き嫌いは良くありませんね!牛乳おいしいですよ!」

霞「小蒔ちゃんもそう言うなら酢豚のピーマンよけないで食べましょうね?」

小蒔「」

初美「大人になるには避けては通れぬ道ですねー…。薄墨初美、気合見せますよー!」グビグビ

春「おおー」パチパチ












◎はっちゃんが大人の女性になるために普段から取り組んでいることとはいったい何でしょうか? のSSです。

このページのトップヘ