かえんだん

タグ:石戸霞

小蒔「この間、流行語大賞なるものが発表されましたね!」

初美「神ってるですねー」

小蒔「若い人の言葉遣いは面白いですね。神様が動詞になるなんて…」

霞「小蒔ちゃんも若いでしょう?何なら大賞の人よりも」

小蒔「神っているのは野球選手だけではないですよ」フフン

小蒔「私たちはいわば日常的に神ってますからね!」

霞「…まあ確かに」

初美「寝たら強くなったりー、東南西北が集まってきたりー、手持ちが一色に染まったりー」

霞「ちょうどここにいるメンバーなのね」アラ

小蒔「麻雀だけではありませんよ。普段から神ってますから」

小蒔「『今日の夜ご飯は湯豆腐が食べたい!』と思うと本当に湯豆腐が出てきます!」

霞「…湯豆腐が食べたいのね?」

小蒔「今日のお話ではありませんっ!前の話です!」

霞「うーん、そんなこともあったかしら…?」

初美「私もそういえば神ってたことありましたー!」

初美「ちょっと電車に乗って出かけたんですけど、寝ちゃって」

初美「ふっと目が覚めたら降りる駅だったんですよー!」

小蒔「神ってますね!」

初美「霞ちゃんはそういうのないですか?」

霞「私?えーと…」

霞「新しい料理を試したとき、味付けを勘でやったらうまくいったことがあったけど」

小蒔「神ってますね!」

霞「そ、そうなの?どちらかというと日頃の家事の成果だと思うのだけど…」

初美「私こないだ、体育でスリーポイント決めましたよー!」

小蒔「すごい!神ってますね!」

初美「ノーマークでしたし」フフン

小蒔「私、1日に同じブランドの服を着た人を10回も見たことあります!」

初美「おおー。なかなかないですよー!」

初美「CMに入ったからテレビのチャンネル変えたら、変えた先もおんなじCMやってました!」

小蒔「神ってますね!」

霞「…」

霞(大神様、小さな奇跡も起こしていただきありがとうございます…)

いちご『佐々野いちごのCHA-CHAラジオ!』



いちご「皆さんこんばんは!鹿老渡高校3年佐々野いちごです」

いちご「この番組は、私ちゃちゃのんがジーンズ・チノパン・スカートなどたわいもない話をするトーク番組じゃ!ちゃちゃのんの普段見られん部分が見られるかも!」

いちご「うふふ…パンパン期待に!パンパン応える!パンパン勝利の!パンパン一撃!ここで、決めろ、ちゃちゃのん!」

いちご「カープ、絶好調も絶好調よね!毎日楽しいうれしい!」

いちご「打線も元気で投手も良くて非の打ち所がないんよ~」

いちご「ちゃちゃのんも産まれる前ぶりの優勝、ここまでくると見たいのう!」

いちご「さて、ゲストですね、今回も来てもらってますんで、自己紹介どうぞ!」

霞「皆様こんばんは。永水女子高校3年、石戸霞と申します」ペコリ

8817a3fe

いちご「ラジオなのに深々と頭下げてくれましたけれども…」

いちご「霞ちゃん、霞さん?」

霞「同学年でしょう?さん付けでなくてもいいのよ?」

いちご「いやその、大人なオーラがちゃちゃのんと違いすぎて」

霞「よく言われるわぁ~」

いちご「その、いい意味で!」

霞「うふふ、ナイスフォローと言っておきましょうか」

いちご「と、ところで霞ちゃんは野球とか見ることあります?」

霞「そうねえ…全く」

いちご「有名な野球選手って言ったら?」

霞「イチローさんとかは分かるわ」

いちご「ふむ、さすがに有名どこですな!広島カープは分かる?」

霞「名前だけなら…ここに来るまでにもたくさん赤いの見たし」

いちご「確かにいっぱいじゃね!そんなカープなんじゃけど、最近『神ってる』ってワードがよく使われとるんよ!」

霞「神ってる?動詞なのかしら?」

いちご「そんな感じ!サヨナラ勝ちが続いたりたくさん勝ってるときに監督が使ったんじゃ。神宮にいる霞ちゃん的にはどうなんじゃろ?」

霞「神様が動詞になってるのは不思議な感じだけれど……、要はすごい!ってことよね」

いちご「そうそう!それを今風に言った、なんて監督も言うとったね」

いちご「そこで今回のテーマはこちら!『あなたの周りの神ってる!な瞬間』です!」

いちご「『試験鉛筆ころがしだけで挑んだら自己ベスト取っちゃった!』『遠足の前の日高熱だったけど、当日治っちゃった!』などなど、これ、神ってる!ってエピソードを教えてください!」

霞「それはなかなかすごいわね…」フム

いちご「あくまで例じゃけえ!(笑)あなたにとっての『神ってる』で構いませんからね!」

いちご「この番組では、Twitterでのメッセージも募集中!#chachaを付けてつぶやいて、盛り上げてほしいんじゃ!」

いちご「それと、メッセージ・曲のリクエストはこちらから。chacha@karoutofm.jp

いちご「あなたのメッセージ、待っちょるよ!」

いちご「それでは、本家神ってる霞ちゃんとチャチャラジ、スタートです!」


ネリー「私は外国人ネリー。飲食店でバイトしながらこの国を調査してるよ」

店長「ネリーちゃん接客とかできる?」

ネリー「任せてよ。いらっしゃいませ~」ニッコリ

ネリー(接客のポイントは作り笑顔、これで引き込むんだって)

店長「お、いい顔だ、大丈夫そうだね」

ネリー(愛想が良ければ何とかなるもんだ)

ネリー(……とはいえずっとこのままもしんどい。もっと楽して稼ぎたいよ)

店長「お疲れ様、休憩入っていいよ。まかないも出るけど、何食べたい?」

ネリー「まかない?」

店長「ご飯のことかな、簡単に言うと」

ネリー「それじゃあ、炒飯とチャーシュー麺と春巻と…」

店長「まかないの域超えてるから!!」

ネリー(ただ、働く合間に食べるただ飯は、しんどくない)

缶コーヒーはDOSS。



いちご「はい、ちゃちゃのんがお送りしてますチャチャラジ、早速1通目のメッセージです」

いちご「ラジオネーム ん?びょうよう?や、まい…?」

霞「わくらば、ね」

いちご「わくらば?そんなん読めんよ!ルビ振っといてよ!……はい、病葉さんからのメッセージですね」

霞「確かに難しい読み方よね」

いちご「逆によう知っとったね…」

いちご『ちゃちゃのんゲストさんこんばんは』

霞「こんばんは」

いちご『私の神ってるですが、ラジオネームほどではないですが育てていたお花が枯れかけてしまうということがありました』

いちご『お花はペチュニアやサルビアとかよく見るものです。ちょっとお水をあげ忘れる時期があって、ここ最近の蒸し暑さでふと気が付くと全滅寸前に!』

いちご『原因はいろいろありそうですが、どうも風通しや日当たりが良くない場所にあったようです』

いちご『すぐに家の日が当たるところに持っていき、肥料やお水をきちんとあげるよう心がけました』

いちご『すると、1週間後くらいには枯れかけのときからは見違えるほど元気に!お花ちゃんたちの「神ってる」復活劇に感心するとともに、お世話の大変さを知りました』

いちご「ウチでも育てちょるけど簡単なようで意外とね!水やりとか忘れがちだし…」

霞「帰ってくるのが遅かったりするとどうしても、ね。その気持ちは分かるわ」

いちご「肥料もあげすぎはいけんし、水のあげ方も考えんといけんし、子どものように可愛がってあげんとね」

いちご「神宮というか、霞ちゃんのとこはお花はどう?」

霞「アジサイね。こう家の周りを囲う感じのアジサイがあるのだけれど」

いちご「まだシーズン?」

霞「そうね。梅雨明けしてしまったからもうピークは終わるかも。いい時はものすごくたくさん咲くの」

いちご「ほえー!」

霞「写真あるかしら」ポチポチ

いちご「おお!!!飾りみたい!ぶわーってなっちょるね!」

霞「お屋敷が大きいからなおさらね」

いちご「後ほどTwitterの方にも上げさせて欲しい!ぶちきれい!」

霞「見せ物になるかどうか…」

いちご「なるなる!すごいよ!ぜひ見て欲しいです!」

いちご「じゃあ1曲行きましょうか!えーラジオネーム スキーっ子さんからのリクエストですね。ジャスティン・ビーバー、『What Do You Mean?』」




恒子「7月8月、夏がやってきましたねっ」

健夜「そうだね」

恒子「麻雀インハイの季節ですねっ」

健夜「そうだね」

恒子「夏の平日の22時、お聞きの放送局でオンエアー!ふくよかじゃない福与恒子と」

健夜「すこやかじゃない小鍛治健夜の」

恒子「ふくよかすこやかインハイレディオ!燃えろ青春!!」



いちご「はい、では2通目のメッセージ。長野県のラジオネーム 柿ピーさんです」

いちご『広島、調子いいみたいですね。まさかがあるかもしれません』

いちご「まさかじゃのうて確信!」

いちご『さて、神ってるですが、先日バンプのライブに行ってきました。インターネットはパソコンからスマホからたくさん使えるものを用意して、電話も準備してチケットの販売時間に備えました』

いちご『途中、やっぱり繋がりにくかったんですが、まさか買うことができるとは……!購入ボタン押せた瞬間、今年の運を使い切っちゃった気がします』

いちご『先輩と2人で行ってきまして大変盛り上がりましたよー』

いちご「いやーライブの時期になりましたからねー」

霞「夏に多いのね?」

いちご「そうなんよ!今はちょうどフジロック、で、この後有名な所だとサマソニとかロッキンとか」

霞「外でやるとなると暑さに負けてしまいそう」

いちご「アドレナリンも出るし、体調管理はしっかりせんとあかんね!」

霞「佐々野さんは出られないのかしら?」

いちご「…ちゃちゃのん、まだまだそこまでじゃないんよ…。でもいずれ!ね!」

霞「晴れ舞台に立つ時が来たら見に行きたいわ」

いちご「うん、頑張る!」

霞「最近の歌分からないけれど」

いちご「そこはちょっと聞いてきて!(笑)」

いちご「そんなわけでフェスとかライブの参加レポもお待ちしてますのでね!行ったよーっていう人はぜひ!」

いちご「次のリクエストもそんなROCK IN JAPANに出演する方のナンバーですね。ラジオネーム 千利休さんからのリクエスト。miwaで『fighting-φ-girls』」






いちご「お送りしてきましたチャチャラジ、エンディングのお時間ですよ~」

いちご「まずプレゼント当選者、MVPの発表ですね。今日神ってたのは…岐阜県のラジオネーム 蝶番さんですー。おめでとうございます!」

霞「良く読めたわね、ちょうつがい」

いちご「決めた瞬間に調べたからね、ネットで(笑)」

霞「蝶番が何かは分かる?」

いちご「あの……ドアの後ろでパカパカなる…」

霞「そうね」

いちご「何か小馬鹿にしたじゃろ!」

霞「してないわ、そんな失礼なこと」

いちご「あ、うん、そっか…」

いちご「今日は読みが難しい方がいっぱいいらっしゃいましたけども、霞ちゃんほとんど分かってたね」

霞「漢字は得意なのよ?和風だから」

いちご「ずばりイメージ通りって感じじゃね!さて、ではスケジュール確認などです!」

いちご「ちゃちゃのん7月のニューシングル、『ちゃちゃのん音頭2016』がリリースされます。来週ですね!」

いちご「お祭りの日ぜひ使って欲しい!そんな曲でございますのでぜひ」

いちご「あと中国地方だけじゃけど、あちこちのお祭り、法被着てPRキャラバンさせてもらいますー。いつ、どこに行くのかはTwitterとかブログとか、随時発信してきますよ!」

いちご「今日はどうじゃった?霞ちゃん」

霞「たくさん喋って疲れないのかしら?と思ったわ」

いちご「何で他人事(笑)」

霞「だってこんなに普段喋らないでしょう?」

いちご「まあそうかもしれんけど、ちゃちゃのんアイドルじゃけん!」

霞「プロね…」

いちご「今日はでもね、霞ちゃんに助けてもらったので、ホントありがとうね」

霞「いえいえ私も楽しかったわ」

いちご「それでは今回はここまで!お相手は鹿老渡高校3年佐々野いちごと?」

霞「永水女子高校3年、石戸霞でした」

いちご霞「「また次回~!」」

霞「初美ちゃん」

初美「なんでしょうかー」

霞「右腕のそこ、擦り傷できてるわ」

初美「え、あ、ほんとだ。いつの間に」

霞「痛くなかったの?」

初美「別に何とも。言われて気づきましたー」

霞「どこでやったのかしら?」

初美「うーん……。たぶんアレですね、草むら突っ切って近道した時だと思います」

霞「わんぱくね…」

初美「ちょっと急いでたのでー」



巴「ねえはっちゃん」

初美「はい」

巴「顔の傷、どうしたの?」

初美「へ?傷なんか付いてます?」

巴「ほら、鏡で見てみなよ」

初美「…あら」

巴「気付いてなかったんだ」

初美「こういう謎の傷よく負うんですよー」

巴「怖いよ!」

初美「今日は別に何かしたわけでもないし…何だろう…」

巴「寝てるときにどっかこすったとか」

初美「ですかねー…」

巴「とりあえず絆創膏いる?」

初美「いいですいいですー、そのうち治りますから」

巴「ワイルドだね」

初美「たぶん明日になったら別の傷ができてるし」

巴「…体は大事にしてね」



初美「頭打った…」タンコブ

小蒔「大丈夫ですか!?病院へ!?」

初美「だいじょーぶですよー!!病院は何か怖いので行きたくないですし、そこまでの怪我では」

春「毎週どっか怪我してる」

初美「そんな体弱くないんですけどねー…」

春「どんくさいんじゃ」

初美「何をー!」

小蒔「初美ちゃんは元気いっぱいですから、よく動く分そういう危険性も上がると思いますよ」

初美「そ、そういうことです!」

小蒔「怪我しないためには、お家でのんびりしているのがいいですよ」ゴロン

春「お菓子食べて、ゆるりと」モグモグ

初美「…動かなさすぎも体に悪いと思うけど……」

小蒔「ごちそうさまでした」

初美「誕生日のご飯は豪華でいいですねー」

明星「姫様もご満足いただけたようで」

小蒔「毎年大がかりにやっていただけてほんとにうれしいです!」

霞「それじゃあ催し物やりましょうか」

春「これ、割り箸」

小蒔「?? 何をやるんですか?」

湧「ずばり!王様ゲームならぬ『姫様ゲーム』です!」ドンッ

小蒔「姫様ゲーム…?」

巴「この割り箸をみんな一斉に引いて、赤く塗ってある割り箸を引いた人が『お姫様』ってことで、他の人に命令できるゲームなんです」

初美「命令は名指しじゃなくって番号で言ってもらうんですけどね」

春「違うのゲームの名前だけ」コレデス

小蒔「…なるほど。分かったような分からないような」

明星「言うより慣れろですよ!難しくないですしやってみましょう!」

霞「じゃあ私が割り箸持つわね」バラバラ

霞「はい、ここから引いてね」

巴「姫様、先にひいてもらって」

小蒔「あ、私まだ姫様じゃ」

巴「ああ、そ、そういうことではなくて」

春「ややこし…」

小蒔「ええと、これにします」

霞「みんなも決めて?」

……

霞「それじゃあ行くわね?せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あ、赤く塗ってあります!!」

湧「姫様がお姫様ですね」

小蒔「返り咲きですねっ」

初美「これで、姫様が他のメンバーに命令できるんですよー。さあ!」

小蒔「番号で言わなくちゃですよね…。そうですねえ…」

小蒔「2番の人が6番の人のいいところを発表しましょう!」

春(2番)「う」

巴(6番)「わ、私が言われるんだ…。恥ずかしいなぁ…」

霞「お姫様の命令は絶対!よ」ウフフ

春「…わかった。言う」コホン

春「…自分のことだけじゃなくて言われなくても周りのフォローに入ってくれるところ。そんけいです」

春「…//」ポリポリ

巴「あ、あはは、ありがとうはるる…///」

明星「と、こんなようなゲームです」

小蒔「ふむふむ。命令はこういうもので良かったのでしょうか」

湧「誰も傷つかないけどちょっと恥ずかしい具合が絶妙ですよ!」

巴「間をあけずに、どんどん行きましょうどんどん!」

霞「じゃあまた引いてもらえるー?」

……

霞「はい、じゃあ2回目ね。せーの」

お姫様だーれだ!

小蒔「…あれ、また私です」

春「わー」

巴「引き強いですね…」

小蒔「うーんと……。1番の人が6番の人の真似をしましょう!とか…」

霞(1番)「うっ…。6番って誰かしら」

初美(6番)「私ですよー」

霞「…やりづらい」

巴「いろいろかけ離れてますからね」

初美「ほら、私色々あるでしょ!見て見て!」

湧「…それじゃあ、モノマネどうぞ!」

霞『…およぎなら、おまかせですよー』パタパタ

霞「…似てなかったわね、ごめんね初美ちゃん」

初美「そんなおバカみたいな感じかな私」

霞「他意はないのよ他意は」アセアセ

明星「つ、次!次行きましょう!」

………

お姫様だーれだ!

小蒔「4番と5番の人が明日のご飯当番です!」

お姫様だーれだ!

小蒔「7番の人は宿題を手伝ってください…」

お姫様だーれだ!

小蒔「1番の人は、私の頭を撫でてください///」

………

霞「…なんというか」

初美「本物の姫様だとここまで引きが良くなるんですねー」

巴「結局誰もなれなかったねお姫様に」

小蒔「私、今日すごいですー!またお姫様です!」

~朝~

小蒔「…寒いです」モゾモゾ

<コマキチャーン デカケルジュンビデキター?

小蒔「…あ!街に行くんでした!」ガバッ


霞「小蒔ちゃんにしては頑張ったわね」

小蒔「起きていたんですよ?起きていたんですが布団から出られなくて」

霞「それは起きてないのと一緒よ」

小蒔「とにもかくにも、この服でお出かけは初めてですから楽しみです!」ヒラヒラ

霞「この間買った服ね…。ん?」

小蒔「そうなんです!かわいいですよね!」

霞「ええ、かわいいのだけれど、値札が付いたままよ」

小蒔「えっ!どこですか!?」

霞「ほらここ。服の中からちらっと見えてる」

小蒔「わわ、ホントです!切らなくちゃ…」

霞「しかもスカートにも付いたままよ。腰のところ」

小蒔「じょ、上下でですか!?凡ミスです……」

霞「小蒔ちゃんに値段付けてるみたいで嫌だわ……。今日の小蒔ちゃんはー…1万2400円なのね」

小蒔「…すぐ切ってきます///」

霞「急がないから他にもタグ付いてないか確認してみて?」

小蒔「はいっ」

このページのトップヘ