須波地域鉄道部の独り言

鉄道好きが独り言であまり意味のないことを書いているブログです

ドタバタしています

昨日祖母が亡くなりました
先ほどお通夜がおわりました
今夜は葬儀場に泊まりです
明日が葬儀です
当面なんだかんだで忙しくなります
今夜はできる限り徹夜です

休めない

本日 15:00より新造船の試運転に乗船

下船は日曜日夕方

月曜日は修繕船に訪船

はい、3連休はきれいに吹っ飛びました

ま、仕事だから・・・・・


最近のBGM

 最近の作業用BGM



これを永遠に聞いています
この作者のシリーズは作業用にはちょうど良い物が多いです


パンタを交換

今日は先週に引き続き同じ機関車のねた

午前中、広島の藤原模型に注文していたパンタを購入
DSC_0752

帰宅後作業開始

まずTOMIXの510のパンタをIMON製のパンタに換装

DSC_0753DSC_0754

交換後、今度はKATOの510にTOMIXのパンタを取り付け
DSC_0755DSC_0756

これでパンタ周りが見れるようになった

模型って屋根から見ることが多いからどうしてもパンタ周りが気になります
(そんなことを言っていますが昔は配管は省略してました)

TOMIXの510はプレステージもどきになった

あとはKATOの510にグレードアップパーツを取り付けて
おしまい

これが済んだら今度は紙との格闘だな・・・・・


KATO 16番の機関車についてい

昨日追加増備したKATOのEF510

例の脱線王(初回ロットは)です

ですが、今回の増備車は改良品で素直に走ってくれましたが

初回の機関車は広庚機関区長宅にあったレイアウトでの走行

今回は我が家のレイアウト

条件は異なるのでハッキリとは言えませんが

地上から高架のカーブ(34インチ)の上り坂 高架から地上カーブ(32インチ)の下り坂
高架本線のカーブ(36インチ)は問題なく通過
(カーブ線路の基本は篠原の固定カーブ)

8番カーブポイントの突き合わせも問題なくクリアー

これで問題は解決かな

急遽導入のC56は

2.5%の上りカーブの坂は客車5両で上れませんでした
(客車はKATOの12系)

本物と同じで換算両数17両で上れません(やまぐち号の12系5両が170t 換算17両らしい)

だから本物と一緒でDD51の補機が必要です

平坦線なら問題は無いのですがやはり機関車が軽いと牽引力が無いようです

今年の計画の新型車両を作るときにはある程度軽量化もしないといけないかもしれない
(軽すぎるとまた問題はあるのだが・・・)


この感想はあくまでも個人的な意見です
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード