須波地域鉄道部の独り言

鉄道好きが独り言であまり意味のないことを書いているブログです

パソコンのデーターを

今日は、極早生みかんに肥料を入れてその後のんびりしていた

そんなわけでパソコンをいじっていた
(最近見ていなかったフォルダーをチェックしていた)

すると懐かしい写真が出てきた

103系瀬戸内色
103系瀬戸内色

103系岡山色
103系岡山色(広島転属後)
115系リニューアル車
115系2000広島リニューアル色

すべて天神川駅で撮影

P5060004
381系やくも(スーパーやくも色)
倉敷駅

このころはまだ写真を撮っていたが
最近は行くことも少なくなりました


カプラーの話

最近、カプラーがらみの話がちらほら聞こえてきます

先日の松江での運転会やFacebookの模型グループで話をしましたが

ブログで扱うのは初めてかな?

自連型の連結器で有名なのはKDカプラーだと思います。

で、最近ではIMON、KATO、TOMIXなどプラカプラーあります
,
KATO、TOMIXのカプ,ラーをKDに換装するときに通常5番タイプを使用します
(5番タイプ=No.5,58,118,148,156のMedium Centerのこと)

ただ車種によってこれがうまくいかないことがある

DSC_0621
TOMIXのコキ100系シリーズなど
5番タイプを使うと基準ゲージとあわず低くなる

DSC_0619
そこでカプラーを147番を使用すると
基準ゲージと問題なく連結できる
(No.47,147,27,37 Medium Underset)

DSC_0623
双方を連結すると約1ミリ違う
これが面白いことに純正の連結器と147番の連結は
まったく問題なく連結できる

DSC_0625DSC_0626
機関車との連結状態
5番タイプを使用している方は貨車の連結器が低い

こうなると走行中の開放やポイントや踏切レール通過時に引っかかる可能性がある
DSC_0631
ポイント通過時の写真
低い方のひげがポイントレールに接触しそう
ほぼすれすれ

このコキ100系は実車の連結器が上上がりになっています

カプラーポケットは今回は純正の物を使用しています

KDは物の構造にもよりますが、板バネを使用する標準型よりは
連結にVの字ついている方が使いやすいです
(140番台と150番台)

連結器の調整はやはり最終的には205番カプラーハイトゲージ等で確認しておいた方が
トラブルもすくなくていいかもしれません

KATOの車両は一部の車両ですが純正のカプラーポケットを改造すると
KDを組み込むことができます

KDカプラーも多種多様でここではすべて書ききれません
参考にKDのカタログのリンクを貼っておきます

https://kadee.com/htmbord/catalog.htm


Free Downloadをクリックすると無料でダウンロードできます
ただすべて英語です

ここで書いた内容はあくまでも今まで自分が経験した内容で
これがすべて正解とは限りません

参考程度だと思ってください


目が-

ここ数日目に違和感が

疲れ目では無く何となくかゆい

我慢していたのですが辛抱できず

薬局に行って目薬を買ってきました

やはり、薬

多少は楽になりました


理解してもらえないと

何かと理解してもらえないことが多々ある

こちらの言い分とあちらの言い分

食い違うことがある


一番面白いのが電話でする模型談義

目の前で見て話をしている人とそれを電話で聞きながら想像する人

これがうまく話が伝わらない

これだけ文明が進化して写真なんか簡単に送れる世の中になっても
全ての人が出来るわけではない
(て、言うか自分もあまりする気は無い)

たぶんこれは永遠の課題かな


やる気で・・・・・

今日は広島方面に出かけてきました

目的は模型屋さんに注文していたキットを引き取りに

で、どこかで写真を撮ろうとコンデジをもって出かけたが

結局撮影しないで帰宅

昼過ぎには帰宅していたのでその後はゴロゴロと

なーんにもしていません

買ってきた、キットすらそのまま・・・・・

ちなみにキットは金属キット

形式は秘密です
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード