2020年05月14日 23:45

つい先日ゲームをひとつクリアした。
前回の記事にも書いたMONKEY BARRELSである。
グッドフィールって何だ、と思う人もいるだろう。3DSのすれちがい広場、毛糸のカービィやヨッシーウールワールドの開発、もっと古いと「がんばれゴエモンシリーズの製作スタッフが在籍している」と言えばわかるだろうか。
その会社の開発したNintendo Switch向けダウンロードソフトである。

ジャンルはアクションシューティング、いわゆるトップビュータイプだ。
設定としてはポストアポカリプスもの、出てくるアイテムや敵キャラ、地形にニンゲンの営みの跡が垣間見られる。

エンディングまで一通りクリアしての感想は「ゲーム慣れしてないとちょっとつらいかな…」といったところだ。
まあまあネタバレのある感想と理由は「続きを読む」から

続きを読む

2020年04月23日 23:11

やはり長崎も肺炎ウィルスに脅かされて、さらには船が海外からやってきて恐ろしいことになっている。
市内の施設も閉まっているところが増えてきて、槌も必要な用事でのみ外出している。音ゲーマーだがゲーセンにも行かず、コーヒーが好きでもカフェにもおいそれとは行けない。
やっていることと言えばグッドフィールにお布施の気分で買ったゲームで遊んでいるくらいだ。

食料品を買いにスーパーマーケットに行くと時短営業だ。
日持ちのする食品などの棚には空きが目立つ。現代人特有の贅沢な悩みだが、棚が多く空いているのを見ると不安になる。これは誰かが買い占めたのだろうか。いや、違うだろう。

小売店には営業時間がある。その時間の間にお客さんが来て買い物をする。
営業時間が短くなるとお客さんの入る時間も短くなる。お客さんが減る。
お客さんが減ると売れる商品の数も減る。その数を見て次の商品を仕入れる。商品の数が減る。
商品の数が減ると棚に並ぶ数も減る。すぐ売り切れになる。売り切れになって空いた棚が増える。
空いた棚を見る。不便で不安になる。後から来た人は買いたいぶんだけ買いたいのに数が無くて買え。ない。買いたくなる。
補充されて買う。棚が空く。不安になる。
必要な分だけ買って、特別買い占めをしてないのに商品がどんどん減っていくことになる。

そんなことを考えながら今日も槌は必要な分だけ買っている…。


2020年01月29日 20:50

以前は缶コーヒーを始め懸賞によく応募したものだが、最近は応募の方法も変わったもので、あまり応募していない。
そして、最近の懸賞でたまに思うことがある。続きを読む

2020年01月06日 20:32

年明け早々に小銭入れを買った。

というのも、長く使っていたものが大晦日になってから壊れたからだ。
10年近くは使っていたと思う。主にアミューズメント施設や自動販売機で使っていた。
ファスナーが壊れて小銭を収めることができなくなったので、年明け早々に買いに行った。本格的に初売りに行くのは果たして何年ぶりなのか思い出せないほどだ。

購入したのは1000円の小銭入れ。デザインは全く同じ。芸がない。
なんでも年の初めに財布を買うのは縁起がいいらしい。初耳である。そもそも財布を買うという出費をしているのだが。

帰宅して中身を入れ替える。と、ふと懐かしいものが出てきた。
IMG_5312














アミューズメント施設のサービス券だ。小銭入れのポケットからはみ出した部分がボロボロになっている…。
以前なじみのゲーセンの閉店の記事を書いたが、この券もそのゲーセンで使えたものだ。
音楽ゲームで任意の機種に使いたいと店員さんに希望すれば、その場でサービスクレジットを投入してくれるというものだ。主にゲームのサーバの不調の時に配布されたり、スタンプカードで10個スタンプを貯めたら貰えたりした。槌も当時熱心に通っていたのでよく使っていたものである。
右上を隠しているのは店員さんの個人名が書いてあるからだ。隠しているのは槌が唯一持っているレアポプカ。それ以外は洋次郎やししゃものノーマルくらいしかない。

また、同じポケットにはSDVXの「赤より紅い夢 -lucid dream Mix-」のジェネシスカードもあった。東方アレンジ収録記念で印刷したものだろう。それが今やカードの発行そのもので勝負する機種があるのだから驚きだ。
名残惜しいがサービス券はいまやただの紙である。整理の名目で捨てることにした。

ところで、小銭入れを購入した際、「財布を購入した方は抽選に参加できます」とくじを引いた。
残念賞の福寿銭(を模した五円玉)だった。早速0.5%の福を手に入れた…のか?



2019年12月31日 10:45



小谷野敦氏。
いきなり人名になったのは最近読んだ本に影響されたからである。



なんとはなしに読んだこの本がやたらと面白かった。
内容、もとい作者のスタンスはもちろん、文章の癖がなんだか槌に近いような…気がする。
口語体、文末に()を使って自分に突っ込みを入れる流れ、言いたいことだけ言って読者を突き放すようなといった書き方は好みである。

衝動的な内容だが、それほど面白かったということで許してほしい。


2019年12月29日 20:38



信号待ち。
交差点で信号待ちをする度に思うことがある。もうちょっと無駄をなくしたい、と。
具体的には信号が青に変わってから歩き出すまでの間だ。
もうちょっと細かく言うと、
1.信号が変わる
2.(何故か)一度足元を見る
3.踏み出す
の2の部分を削りたい。信号が変わる前に足元を見て安全だとわかっているはずなのに。何故だ。
信号が変わった瞬間に踏み出せるように右足だけかかとを浮かせた状態で信号が変わるのを待って、とっさに右足から踏み出せるようにしても何故かその右足が痙攣して左足から踏み出そうとしてしまいうまくいかない。
ある程度交差点から距離をとって、「1秒後には信号が変わるな…」と思ったタイミングで先に動き出してもいいが、実質信号無視だし、他の人が釣られて歩き出そうものならなおのこと危ない。
現状は信号が変わる瞬間を見逃さないようにして極力無駄な時間を削るようにしている。

が、やはり無駄だと思うのだ…。

2019年12月27日 22:10



ミステリ。
最近は、本を読むジャンルが決まっている。
槌が読むのは「エッセイ(随筆)」か「海外ミステリ」と決めている。ずいぶんと偏食だな、と思う方もいるかもしれないが、槌の好きにさせてほしい。
随筆は特に古めがいい。大正か昭和辺りの日本の文豪ぐらいがいい。ラジオのように好き勝手に書いてくれているので好き勝手に読める。
海外ミステリは表現のところどころに異国の例えや調度品の表現に別世界を夢見るのがいい。その場ではわからなくとも良い。

2019年12月25日 17:37



カルボシステイン。
別にかっこいいゲームの名前でもなんでもない、薬の名前だ。
かつて槌は季節ごとに1度、年に4回は風邪をひいていた。
最近はそうでもなくなったが、それとは別に持病のような病気に罹りやすくなった。それは副鼻腔炎、いわゆるちくのう症だ。
最初は鼻づまり、のどの痛みと、風邪と間違えやすい症状だが、暖かくして眠っても治らない。そのうち頭痛や咳もするようになる。さらに風邪と間違えやすくなる。
風邪じゃないと気付いて耳鼻科に行き、先述の薬や鼻づまりの薬を処方してもらい、なんとか治している。
槌の場合は、低気圧でよく副鼻腔炎になりやすい。夏場など台風が来るときは毎月のように耳鼻科に通ったものである。
この記事を書いている今も、薬をせっせと飲んでいる…

2019年12月23日 13:59



路面電車。槌は長崎の路面電車に非常にお世話になっている。通勤通学はもちろんのこと、お出かけするにしても路面電車の停留所が行動基準となる。あまりにも路面電車中心だったので、電車通りの裏通りにはめっぽう弱い。
そして路面電車は地元民が利用すると同時に、観光客も多くの人々が利用する。一日乗車券を持った観光客を見ない日は無い。

今回は槌が地元民としてオススメするようなしないような路面電車のスポットを紹介しようと思う。特に観光地というわけでもない、路面電車のためのスポットだ。

続きを読む

2019年12月21日 13:37

て 定期券。 つい先日、通勤に使っている路面電車の定期券の更新に行った。 定期券の期日の前日の更新だった。窓口で職員の方から、「更新は期日の二週間前から出来ますよ」と言われた。 職員さんは「そんなにギリギリに来なくてもいいですよ」とアドバイスしてくれたつもりなのだろう。 しかし槌は別にそんなつもりはなく、ただ来れる日に来ただけだった。ついでに言えば同じことを前にも言われた。 槌としてはだらだら引き伸ばしたわけでもないが、もしかしたら他人から見たら性格がだらしないだけなのかもしれない。

最新コメント
Archives
管理者

槌賊

入っている所など
リンクについて
リンクフリー、相互歓迎ですが、一言コメントで知らせていただければ嬉しいです。(相互は必須)なお、貼り付けるバナーが横160ピクセル以上だとデザインが崩れてしまうため、こちらで縮小します。

ここ「槌。」のバナーはこちら(画像は縮小しています。元画像は08年3月8日の記事参照)

バナー


ぴぃv
とぃって−
その他
次のキリバン:20000
次の記念記事数:700
次の記念コメント数:200

星のカービィRPGプレイ日記完結。(09/7/27~9/29)
最近の勇者ときたらプレイ日記開始。(09/11/23~


なかのひと置いてみました


無料アクセス解析


長崎県公式ブログパーツ



長崎市公式ブログパーツ











QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ