2016年09月22日

エフェクトボード製作162★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


いやはや、、、今年は「台風当たり年」という事もあり、連日台風での被害報道が続いております凹
例年と明らかに違う点として「台風の勢いが凄い」「進行経路が違う」など。

いきなり北海道に直撃するものもあれば、お隣の台湾にはアメリカなどに襲来する"ハリケーン"並みの超大型台風が来るなど・・・異常極まりない年ですね。

被害に遭われた方々のお見舞いを申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈りします。







福島県在住・大型ボーダー様ご依頼のボード
162-1ちょっぴりブログご無沙汰気味でしたが、ボード製作は連日続いております★小規模ボードからボード内の修正作業など、既に一度組ませて頂いたお客様のボード内容を変更したり・・・納期に間に合わせるべく突貫作業もあったりで結構忙しい毎日です。
今回、ご依頼頂いたボードはw1050×d450×h110(mm)の巨大ボード!!!!一人で運べる限界をちょっと超えるかな?という位のビッグサイズのボードを「店長・三宅」プロデュースで組み上げました♪


162-4スイッチャーはFreeTheTone ARC3をメインで使用し、歪み系(Blackstar HT-Dual、Centaurクローン〜SweetHoney Overdrive)は手前のOne Control/TRI Loopで呼び出しする様にしております。
また、今回ケーブルは惜しまれつつ絶版となってしまったElixerのケーブルを使用しております。
ここで問題となるのがケーブルの太さ。このケーブルの外径に合うプラグOyaide P-285M/Lを採用しての配線となりました。プラグのサイズ・ケーブルの屈折などを考慮するとエフェクターの平置き設置に限界があり、今回通常の床上げ台に加えて、HT-DualとCentaurクローンを別途床上げして設置となりました。


162-3床上げ台の右端にある銀色のBoxは、既製のBufferをKnock Downしてケースに収めた物です。
音声ラインの流れとして、、、
Input→Buffer→Comp→Vol.→Wah→ARC3(L8)
Loop8=TRI Loop(歪み系ペダル)→Buffer→ARC3(in)
Loop1〜Loop7=各エフェクター→Output


162-5StrymonのTimelineはARC3のMIDI信号を活用してプログラムNo.の呼び出しが出来る様にしております。
またStrymon Blue Sky(Reverb)は今後"Big Sky"にアップデートする予定との事でしたので、電源もBig Skyに対応可能な電源にしております。
基本的にデジタル機器は全てVoodoo Lab./PedalPower2+から供給。その他のアナログ系ペダルは隣に2段積みにされたMighty DCで供給となります。


162-2電源に余裕を持たせるという部分と、よりローノイズを実現する為に試行錯誤を繰り返した結果、この様に2台のパワーサプライを使用しました。
(実際に実装した上でノイズレベルを事細かに計測しながら最良の条件にした結果となります。)
また、Blackstar HT-Dualの様にDC24Vを使用するペダルはパワーサプライでは供給不可能な為、今回床上げ台の下に専用アダプターを設置しております。




ここからは、大型ボーダー様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

電源を入れて5秒で音が出る
あくまで一枚のボードにエフェクターを詰め込みたい
エフェクターを交換する余地を残しておきたい

この3つを軸にお店で相談させていただきました。

●完成後のご感想
まず、最初に驚いたのはノイズがないことです。ドライブをかけた時に前のボードの時にあったジーというノイズがなくなっていたので驚きました。

音に関してもほとんどイメージ通りの、今まで弾いてきたいつもの音を維持することが出来ており、大変満足しております。

ドライブは直感的に選べるところを残すため、あえてループには入れませんでした。
さらに、コーラスは前がけと後がけで2つほしい等々細かい要望、設計図作成後の再三にわたる変更にも柔軟に対応していただき、心から感謝しています。

納品の際には私のために簡易マニュアルを作っていただいたり、最後の最後まで細かくフォローしていただき、感動致しました。

重く、大きなボードで運搬には手を焼きますが、大事に使わせていただきたいと思います。






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年09月06日

エフェクトボード製作161★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


突然ですが、、、個人的な告知をm(_ _)m

私MORZY率いる"BRIMAR"のライブが控えておりまして。。。

brimar_photo19/11(日曜日)名古屋・新栄Heartland Studio

open/start 18:00/18:30〜
adv/door \2,000/\2,500(drink別\500)


w/ kaneshigeism/PEPESALE

BRIMARの出演は、20:00からとなりますので、是非お時間のある方は遊びに来て頂ければと思います★
チケットご予約・当日取り置き(ご決済は受付にてお願いします)は、メールもしくはドクターMusic藤原までお電話頂ければご用意致します♪

是非是非、皆さまお誘いあわせの上ご来場お待ち申し上げます!!




名古屋市在住・カズキ様ご依頼のボード
161-1こちらのお客様は地元名古屋の在住という事で、直接ご来店頂きました★ボード製作のお問い合わせを連日全国より頂いており、大変嬉しく思っております。
勿論、ご自身で組込みをする楽しみもあると思いますが、よりビシッと整然と組み込まれたボードとなると、なかなか製作は難しいかと思います。そんな時は是非お気軽にご相談下さい!!またこれを期にスイッチャーやMIDI連動などをご検討される方も、その使い方なども含めてしっかりサポート致しますのでご安心下さい★


161-2今回ご依頼頂いた内容として「一部新規機材導入と併せてボードを新調、スイッチャーを導入して一括コントロール。アンプのSend/Returnに接続出来る様に。」
CAJ Loop&Link2のLoop数を考慮して少しアレンジした接続方法となりました。
ギター→Wah→Tuner→Loop5(歪み系ペダルは直列配線)→Amp Inputへ。
Amp Send→Loop1〜Loop4(空間系)→Amp Returnへ。
という接続順になります。


161-3アンプのSend/Returnに接続する事も考慮して、ボード右上にJunction Boxを設置。一番奥の段に設置してあるCAE/MXRのOverdrive/BoosterはリアルタイムでOn/Off切替えが出来る様に床上げしてあります★通常平置きで設置すると一番奥のペダルは遠く感じてしまうところですが、当店製作の床上げ台を使用する事で全体的に手前に全てエフェクターが設置出来る様になりますので、とっさの操作が非常に楽になるとご好評を頂いております。



161-4この様にスイッチャーの直ぐ奥に2列目のペダルが来る様になります★Line6 DL4やM5はそれぞれプログラムNo.の切替えやTap設定など、演奏中にも操作される事がありますからね。






161-5電源部分ですが、今回Blackstar HT-Dual、Line6 DL4,M5など特殊な電源を要する機器がありましたので、専用アダプター及びFreeTheTone CUBYを使用してコンパクトに設置してみました♪かなぁりタイトな設置となりましたが、手前のアダプターなどはコンセントケーブルを短く切って加工したりと、とにかく弛みや余りが無い様に綺麗な設置を目指しました。
という事で、MainのFreeTheTone PT-1DにACケーブルを挿すだけで全ての機器に電源供給が可能になりました★勿論、DCケーブルも付属品のケーブルを流用しつつ、適切な長さに切ってプラグ取付けをしておりますので、かなりスッキリとした仕上がりになっております。




ここからは、カズキ様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
毎回ジャンルの違うバンドの練習の度に、エフェクターやケーブルを繋ぎかえていましたが、トラブルも多く何より手間だった為、一つに纏めたかった。


●完成後のご感想
繋ぎ替えの手間やトラブルが0になり、セッティング時間も驚く程短縮され、非常に満足しています。
また、liveではステージの転換時に時間の余裕が生まれ、これまでに無い程の安心感がありました。

ゴツめのエフェクターが多い中、キレイにボード内に収めて頂きありがとうございました!
どれも自分にとっては外せない物ばかりだったので、非常に感謝してます。








この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年08月27日

特選USED品が続々入荷中♪

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


あっという間にリオ・オリンピックが閉幕しましたね。(パラリンピックは9/7開催です)

観ましたか???
閉幕式の東京オリンピックのアピール。
私、それ程のめり込む程では無かったものの、今回の閉幕式でのあのパフォーマンスには感動してしまいました。
日本と言えば、やはり「和」と「おもてなし精神」、そしてスポーツに「礼」を重んじる文化ですね。
でも、今回のパフォーマンスには、むしろ現代日本(東京)から世界に発信するメディア文化を大きくアピールした画期的な演出をしていました★

後半の首相がマリオに変身して、土管を通じてリオに行く(笑)

何ともコミカルで皆んなを笑顔にしてくれる・・・そんな演出だったと思います。

勿論、賛否はあると思います。

でも、こんなユーモア溢れるパフォーマンスが出来る日本って、、、やっぱり凄いなぁって思えます。



あ、、、、そして閉会式のパフォーマンスで使用された楽曲は、あの椎名林檎さん監修の曲なんです!!!!


何だか、2020年が楽しみになって来た。。。。


さて。
本日は当店に続々入荷して来ております「特選USED商品」の一部をご紹介します!!

Hughes&Kettner /Tubeman2(USED)
販売価格 ¥15,120(税込)

h&k tubeman2_160823 topこ最近、様々なメーカーより「フロアタイプのプリアンプ」が発売されておりますね★それらの多くは所謂"モデリング"回路を搭載したモデルになりますが、何だかんだで「やっぱり真空管が入ってないと・・・」という方も多く見られます。
そんなギタリストにお勧め★12AX7真空管を搭載した3ch.プリアンプです♪クリーン、クランチ、オーバードライブまで幅広く音作りが出来る人気のプリアンプ。アンプのReturnに接続して使用するも良し。直接PAに接続してレコーディングするも良し。手元のタッチ感をしっかり増幅してくれるリアルな質感はモデリング全盛期においても、まだまだ健在です。
(こちらのモデルは初期モデルにつき、Topパネルは光りません)


Fender Japan /JM-66 "Jazzmaster"(USED)
販売価格 ¥69,984(税込)

fenderjapan_jm66 top最近、ギター雑誌にも特集を組まれた"Jazzmaster"ですが、その内容が本当にマニアックで笑えてしまう程(笑)でもそんなJazzmaster愛を持つギタリストが本当に多いのも、この独特なフォルムにあるのでは?と。王道から少し離れたところに位置づけされるギターですが、今尚多くのギタリストが愛用している名機とも言えます。
こちらのギターはFender Japanですが、ブリッジはMustangタイプに交換済み。POTはCTS 1MΩに、Output JackもSwitchcraftに交換しており、実用性の高い一本に仕上がっております。
当店にてフレット擦り合わせ、調整済みですので安心してご使用頂けます。
社外ギグバック付きで大変お買い得♪


Dr.Z / Mazerati Head w/Tour Case(USED)
販売価格 ¥259,200(税込)

drz_mazeratti_head top発売当初から"Point-To-Point"製法で作り続けている、ブティックアンプの先駆的ブランド「Dr.Z」の38w Headです。あのEaglesのJoe Walshからのリクエストで開発された、フラッグシップ・モデル"Carmen Ghia"の大出力バージョンになります。シンプルな1Vol.1Toneのみのコントロールではありますが、その音圧・臨場感・タッチレスポンスの良さは、Matchlessにも匹敵する程の素晴らしさを持っています。
何だか、このアンプを弾くと「コイツは弾き手を試しているのか?」と、思える程ワクワクさせてくれるアンプです。
今回は、初期モデルの鮮やかなシースルー・ブルー色のWood Panel仕様★
しかも専用のTour Case付き!!
(正規品ではありますが、120V仕様になりますのでステップアップ・トランス併用をお勧めします)
勿論、既に製造終了となっているモデルです。
是非この機会を逃さない様に★


FreeTheTone /Silky Comp(USED)
販売価格 ¥27,000(税込)

FTT_SilkyComp topここ数年前からジワジワと人気再上昇のエフェクターと言えば「Compressor」ではないでしょうか?
私が学生時代の頃は「Compなんて変化少ないし、ノイズ増えるだけでつまらない」なんて言って、敬遠していた事を思い出します(苦笑)でも、現在のCompはノイズも少なく、そして何より掛かり方が自然になっており、原音を崩す事なく粒立ちをしっかり揃えてくれる・・・ギタリスト/ベーシストにとって非常に嬉しいエフェクターなのではないでしょうか?
このSilky Compも、そんな上質なCompとして人気があります★
私の様にCompに敬遠気味だった方、是非一度お試し頂ければと思います。


THD / Hot Plate 16Ω(USED)
販売価格 ¥23,760(税込)

thd_hotplate16_160827 topVintage Marshallの様な大型アンプを自宅でも使用したい!!という方にお勧めのアッテネーターが入荷です★THDは発売当時、最も人気のあったアッテネーターとして、今尚多くのニーズがあります。
アンプのOutputとスピーカーのInputの間にスピーカーケーブルで接続するだけ♪
4段階の音量調整(-16dB時は右側のツマミで音量を微調整可能)が出来、また音質劣化の補正回路も搭載。放熱を促すFANモーターが背面に設置されていたりと、、、実用性の高い機器です。
こちらのモデルは16Ωモデルとなりますので、アンプ側に16Ω出力が搭載されているアンプで接続するスピーカーも16Ωの物であればOKです★
既に製造終了となっており、USEDでの出物も減って来ております。
是非この機会にご注文お待ちしております!!



これ以外にも、続々新品・USED品が入荷しております♪

HPでの新品リストは、こちら。

HPでのUSED品リストは、こちら。

デジマート掲載分は、こちら。







jmp1959 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

エフェクトボード製作160★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


日本の裏側で開催中の「リオ・オリンピック」は、予想以上のメダル・ラッシュの日本ですね★
実は私、こう見えても高校生時代「ラグビー」をやっていた事もあり、7人制ラグビーは逃さず観ておりました。

が、、、もう一歩というところでメダルを逃し、残念凹

でも、冷静に考えても日本のラグビーが世界に通用する事を世界に知らしめる事にもなったと思います♪

これって凄い事なんですよ!!!!!ホント。


そして、それ以外の種目でも日本代表のアスリートの方々が頑張っている姿を観て、沢山元気を貰えます。


オリンピックも後半戦。

引き続き「がんばれニッポン!!」





横浜市在住・k.miyajima様ご依頼のボード
160-1こちらは横浜からのご依頼です★ドクターMusicにしては珍しく(笑)床台無しの平置き設置のボードです。スペース的に問題が無ければ平置きが一番いいと思いますし、個人的にはこの様にケーブルが行ったり来たりするルックス嫌いじゃないんです。とは言え、これなかなかタイトな造りになりますので、ボードサイズの割に設置機器の数が限定されてしまうところもあります。今回は平均的なサイズのエフェクターのみという事で、綺麗にカッチリ組込みが出来たと思います★


160-4今回はボードをARMOR PS-1Cに組み込む事となりましたので、ご覧の様にボードの向きは逆(従来のボードの多くは、取っ手側が手前に来る様に組み込む)のですが、このボードは端部分がアングルになっておりまして、右奥に設置するJunction Box"CAJ In and Out"へのプラグ差し込み部が引っかかるので、この様にボードの向きを逆にして設置しております。



160-5今回、スイッチャーの仕様上の問題もありt.c.electronic Polytune2はWahペダルの後に接続する事になりました。
なかなかタイトな設置となりましたが、この辺りも組み込む側としては萌えるアングルですね(笑)
エフェクターの固定はマジックテープ(カーペット側)をエフェクター同サイズに切ってボードに貼りつけておりますが、これだけでは外れる危険性がありますので、所々ケーブルをインシュロックと結束バンドで固定しております。


160-2RAT2,,,私世代的には名機ですね★こちらは脚部分のゴムを外して、更に電池ポケット部分の締めネジが出っ張っている部分を考慮して、その上でこの様な台座を作成して固定しました♪この様にボードへの固定が困難なエフェクターも時々ありますが、当店ボード製作の場合は様々なアイディアで、しっかり固定致します。




160-3その他のエフェクターも、この様に整然と並ぶ様に設置しました。Loop&Link(スイッチャー)から出るプラグ分のスペースを取り、無駄の無い様にケーブルを引き回して固定しております。電源部分は、FreeTheTone PT-3Dで一括供給しており、エフェクターの数の割にスッキリしていると思います。勿論DCケーブルは全て長さを計測してプラグを取り付けて接続しておりますので、無駄の無い配線になっています♪
こちらの組込みは2日で完成★



ここからは、k.miyajima様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
今回、当店にボード製作の依頼をした経緯・ボードのコンセプト
長年直列で使用してきたコンパクトエフェクター達をなんとかしたいと思い、
また学生時代からの念願であったスイッチャーの導入に今回踏み切りました。


●完成後のご感想
他の製作例に劣らない出来ばえで、大変満足しております。
音を出せば出すほど、幸せな気分に浸れます。







この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年08月11日

エフェクトボード製作159★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


意外に盛り上がっております「リオ・オリンピック」。
開会前までは、何かと問題視されていた「治安問題」「反対運動」に加えて、ここ数年多発している「テロ」など、、、会場周辺を取り巻く環境について、メディアを通じてしか得られないので実際どうなんだろう?と、考える事も多かったのですが、、、、

始まってからの日本のメダルラッシュ★★★
かなり沢山の協議に日本選手が参加し、そして良い結果を出している事もあり、地球の反対側ここ日本でもジワジワと盛り上がって来ております!!

個人的には、、、、やはり「柔道」ですかね???

「美しい投げ技、寝技」そして礼に重きを置いた正に「柔の道」を世界中に見せつける事が出来ていると思います!!

この調子で最後の競技まで「頑張れ!!日本」



さて。
世間一般は「お盆休み」に入りましたね★★★

この機会に名古屋に帰省される方、行楽やイベントで名古屋に立ち寄られる皆さまも、是非ドクターMusicにお立ち寄り頂ければと思います♪

ドクターMusicでは新製品が続々入荷しておりますので、是非この機会にご来店お待ち申し上げます★

因みに、、、、毎年恒例ではありますが、ドクターMusicにはお盆休みはありません♪
(水曜日のみ定休となります)




愛媛県在住・アイ様ご依頼のボード
159-1こちらは遠く四国の愛媛県よりご依頼を頂きましたベース用のエフェクトボードです★こちらのご依頼者様は、ベースを弾いておられる愛娘さんの為に「しっかりと組まれたボードシステムを用意してあげたい」という思いでご相談を頂きました。
聞けば、3人の娘さんでバンドを結成されているとの事で・・・さぞお父様も嬉しい事と思います。
そんなお父様の気持ちを聞けば断る理由も御座いません!!バッチリ綺麗に組み上げさせて頂きました♪



159-4今回、よりスムーズに音質の切替えが出来る様にと、プログラム式のスイッチャーを導入される事となり、セッティングを簡略化するJunction Boxを設置しました。ボードサイズ的にも、なるべくコンパクトに収めたいとのご意向がありましたので、結構ギリギリのサイズ(w495×d395×h100mm)のPULSE製ボードを採用。エフェクターの固定は全てマジックテープで。ケーブル類は当店では定番のCAJ+Switchcraft製プラグを使用しました。


159-5当店ブログをお読みの方はご存知かと思いますが、当店ボード製作によく出てくるのが「床上げ台」ですが、、、今回は一部のエフェクターのみ少し床上げするのみで他は直接設置してみました。スイッチャーからのケーブル類が床上げする必要性が無い量であった場合は、この様に直接固定でも配線可能です★
Loop1:Comp Loop2:M-80(歪みとして使用)  Loop3:Bass IQ Loop4:SANS Bass D.I Loop5:ToneHammerという接続となります。
主にSANSとToneHammerをプリアンプとして選択可能にして使用する事を想定しております。


159-3ToneHammerの設置スペースが、かなりギリギリスペースですので、この様に30mm程度床上げして下にケーブルを通しております。
ただでさえこのToneHammerは背が高いエフェクターですので、極端に上げると蓋が閉まらない事態になります凹予めボード蓋の深さも計算して設置しております。
また、今回の電源周りはTRUETONE 1Spot pro CS7を採用しました★
主な理由として、今回設置した機器の電源事情が「DC9V×6系統、DC9V(500mA)×1系統、DC18V×1系統)」を一括供給出来るパワーサプライという事で、、、CS7は「DC9V×4、DC9V(500mA)×2、DC18V×1」を出力出来る為1系統足りないDC9Vはカスケード配線をして供給しております。



159-2配線ラインが結構タイトですが、設計図を描いている段階で組み込む際には予めどの様にラインを這わせて行くべきか?を考えておりますので、バッチリ綺麗に組込みが出来たと思います★そして最終的に音出しチェックしたのですが、、、いやぁなかなかCS7もしっかりしていますね♪パワーサプライの良し悪しで音質って結構変わるのですが、やはりサプライ内でトランス変換されているタイプは音質がクリアでローノイズ♪ガッチリ歪ませてもノイジーにならない!!
シンプルではありますが、非常に実用性の高いボードに仕上がりました★



ここからは、アイ様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
自作の限界を感じたといいますか、ドクターMUSIC様のブログに
掲載されているボードの洗練度合に惹かれたといいますか、コンセプトといえる
ほど高尚なものはまだ持ち合わせておりません。
有名どころのエフェクターは集めてみたのですが、エフェクトボードがいつもバラバラになるので、娘が使うの
を億劫がってたので、これからに期待しています。



●完成後のご感想
まだ写真で確認しただけなのですが、十二分に伝わっています。
自分ではできなかった事や、ブースター、スイッチャー、ジャンクションボックスなど、勉強になりました。








この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年07月31日

エフェクトボード製作158★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


先日は「東京都知事選挙」でしたね★
ここ名古屋は直接的には関係ないにしても、この先2020年の東京オリンピックも控えており、その準備も含めて都政が安定し、無事開幕まで漕ぎ着けて欲しいところ。

結果は、、、小池さん圧勝でした。

まぁ予想範囲内ですけど、全ての候補の方々皆さん急な都知事選という事もあり、色々大変だったと思います。
そんな簡単にポンポン政策なんて思いつかないだろうし、準備も出来ない人も居たと思います。
それでも、こんなに沢山の立候補者が出る東京って凄いなぁ、、、と。
(皆さん個性的ですし)



さてさて。
7月もあっという間に終わり、8月突入★★★

ドクターMusicでは新製品が続々入荷しておりますので、是非この機会にご来店お待ち申し上げます★

因みに、、、、毎年恒例ではありますが、ドクターMusicにはお盆休みはありません♪
(水曜日のみ定休となります)
つきましては、名古屋に帰省される方、お盆休みを利用して名古屋に来られる方も、是非この機会にご来店お待ち申し上げますm(_ _)m




仙台市在住・武石直樹様ご依頼のボード
158-1こちらは名古屋から遠く離れた「仙台市」からのご依頼です★遠方からのお問い合わせの方の場合、メールかお電話でのやり取りが殆どとなりますが、当店では担当スタッフが責任を持ってご相談にお応えしております。スムーズに話を進める為に、ある程度の構想をお考えの上ご相談されると良いです。ただ、これらのボード設計知識の無い方も多いと思いますので、その場合は「〇〇〇〇みたいな感じ」でも結構ですし、過去のブログ掲載例を見て「No.〇〇〇の様なレイアウトを」などでも結構です。是非お気軽にご相談下さい。



158-3今回のご依頼ボードは、当店でも初めて採用します「FreeTheTone FP6043」に平置き設置となりました★まず、入出力を集約したJunction Boxを設置。隣にはSony製のワイヤレスを設置してJunction Boxにケーブル接続してあります。これはJunction BoxのInputにプラグを入れるとそちらを優先する様にスイッチングとなっております。
最近、本当にワイヤレスが高性能になり、また小型化されておりますので、この様にボード内に設置する事も多くなりましたが、音質を考えるとやはりワイヤードには敵わないですね。。。
という事で、電波状況が悪い場所であったり音質重視のステージの為にシールドケーブルでプレイする事も考慮しております。



158-2搭載エフェクターは、ここ最近新製品を続々リリースして復活の兆しが著しいBOSSのニューモデルをインストールしております★手前のTU-3wをはじめ、ベース用のコンプレッサーBC-1x、ベース用プリアンプ/ドライバーBB-1xなど、どれも耐久性が高く、また高性能なエフェクターです♪スイッチング・マシンはFreeTheTone ARC53M(Black)を搭載。演奏中に個々のエフェクターを瞬時にOn/Off出来る様にCAJ Tap Boxを設置し、ARC53MをDirect Modeに切り替えられる様にしております。



158-4ケーブル類は、CAJ+Switchcraft製を採用し一本ずつ計測しつつ接続しております。また併せてDCケーブルも付属品を最大限活用しつつ、長さも全て計測・加工しての接続となります。なお、個々のエフェクターの固定は通常のマジックテープを使用しておりますが、ケーブルをそのままにせず、ボードにポイント毎にインシュロック固定する事で剥がれたり外れない様にする事が出来ます。




158-5電源はFreeTheTone PT-1Dを採用しました。最近では他社からも続々パワーサプライが発売されており、PT-1D独走な感じは薄れて来ておりますが、専用アダプターを使用する必要性が高い機器も多い中においてAC Tap出力は非常に大きなメリットと言えます。
実際には「電源は入るが、何故か音質的に単体で使用した時よりパンチが無い」とか「エフェクターの効きが弱く感じたり、音が潰れたりする」などのお悩みの一端に"電源事情"が絡んでいる場合があります。
これをご覧の皆さんに一言。
「ボード製作の肝は、ズバリ★パワーサプライ」です。



ここからは、武石直樹様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
今まではエフェクター不要派だったのですが、コンプの必要性を検討しだしてからアンプ入力の前に自分の音作りを固めるシステムを導入しようと思いました。
サウンドは基本(クリーン)、スラップ用、歪み、その他マルチでの空間系などの4種類。
それにワイヤレスとワイヤードの切り替え、ベース持ち替えを考慮したプリアンプのラインナップ、今後の変更への対応などを踏まえた 結果、スイッチャーを導入したシステムとなりました。

組み込みにあたってはインターネットで色々と調べてみたのですが、製作実績やノウハウの豊富さ、知人の評価などでドクターMusicさんにお願いしました。



●完成後のご感想
何度かのやり取りを経て惚れ惚れするような仕上がりにしていただき大満足です!
これぞまさにプロの仕事!
迅速丁寧な対応と的確なアドバイス
ドクターMusicさんにお願いして本当に良かったです。
三宅さん、今回は本当にありがとうございました。








今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 14:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年07月25日

厳選USED品続々入荷です★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


学生さんは夏休みに入り、いよいよ夏本番♪
(梅雨って何時明けたんでしょうか???)

予想通りではありましたが「ポケモンGO」流行っているみたいですね。。。
早い人は、海外で既に全てのポケモンをゲットした方もおられるとか。

それに伴う事故や問題もあったりで、、、こういう画期的なゲームは、ある程度最初の段階で厳格なルールやセキュリティーが必要なのかもしれませんね。

とはいえ、しばらくはこのブームが続くのでしょう。



あ、、、私はポケモン世代じゃないしw
ポケモンをゲットする時間すら御座いませんので、恐らく一生GOしないと思います(笑)







さて。
本日は当店に続々入荷して来ております「特選USED商品」の一部をご紹介します!!

Zemaitis / C24MF(USED)
販売価格 ¥108,000(税込)

Zemaitis_C24MF_NAT top小振りなレスポールシェイプに、高級感ある装飾が美しいZemaitisのコストパフォーマンスモデルがUSED入荷しました★
メタルパーツ・インレイなどの伝統的なルックスを継承しつつお手頃な価格を実現したCASIMEREシリーズ。
トップにインパクト抜群のメタルプレートを施したMETAL FRONTの24フレットモデルです♪
ビジュアルに目を惹かれるモデルですが、メタルプレート特有の音響特性による倍音豊かなサウンドも魅力です!!
本体には目立った傷はありません。ハードケースにはシールを貼った跡が残っておりますが、使用上は全く問題無し。是非この機会に御注文お待ち申し上げます。


Fender Custom Shop /1964 Jazz Bass Closet Classic(USED)
販売価格 ¥278,640(税込)

FenderCS_64 JB Closet Classic_top2007年製のFender Custom Shop製Jazz Bassが極上コンディションで入荷しました★ 1964年製のモデルを忠実に再現しており、その色合い・シェイプ・そしてサウンド面もVintage迫る完成度です。
closet classicは、その極薄に塗装されたラッカー仕上げにより、非常に生鳴りが良いです★
P.Uは決してパワーがある訳ではありませんが、指先のタッチセンスに俊敏に反応しくれるので、様々なジャンルに対応してくれるベースです。
サウンド的には、アッシュ系ボディのJazz Bassよりも柔らかく暖かみのあるトーンが得られますが、強く弾けばしっかりとした芯のあるトーンも得られます。
フレットの減りも殆ど無し。ロッドにも余裕あります。
裏側に2か所の傷がありますが、それ以外は大変綺麗なコンディションとなります。
専用ハードケース、鑑定書、ブリッジカバー等が付きます。
是非この機会にご注文お待ち申し上げます。


Dr.Z / MAZ 38watt+10"×4 Cabinet(USED)
販売価格 ¥248,400(税込)

DRZ_MAZ38RED_topDr.Zの代表的モデル"Carmen Ghia"の様に1Vol./1Toneのモデルとは違い、TREBLE/MIDDLE/BASSに加えて、CUTフィルター、MASTER Vol.も搭載したオールラウンド性の高いアンプです。
EL84パワー管を4本使用し、整流管を搭載した38wattモデルになりますが、その音圧感や立体感はMatchlessやBad Catにも引けを取らない程素晴らしいです♪

とにかくピッキングのタッチレスポンスが素早く、煌びやかなトーンが得られます。
Volumeを上げて、Master Vol.で音量調整をすれば59 Bassmanを彷彿させる様なナチュラルなオーバードライブも得られます。
今回、Dr.Zオリジナルの10"フェライトスピーカー×4発の専用キャビネットに加えて117VへのStep Upトランスもお付けしてのお届けとなります。
是非この機会にご注文お待ち申し上げます。


soldano /Avenger 100(USED)
販売価格 ¥145,800(税込)

soldano_100wAvenger top1ch仕様の100Wヘッド!怒涛のハイゲインディストーションが魅力のAvengerがUSED入荷です★
soldano独特の引き締まった低域、鋭くエッジの効いた中〜高域は正に90年代を代表するロックサウンド!!
多くのハイゲイン・アンプにありがちな「歪むが抜けが悪い」ということもなく、ガッツリとギターサウンドを押し出したいギタリストにお勧めです。
今回入荷分はノーマルモデルに加え「Gain Boostスイッチ」、ソロボリュームとして便利なMatser Volumeを1系統追加した「Dual Master」、100W/50Wの出力切替の「Half Power」のオプション付きモデルで使い勝手の優れた仕様となっております♪
Dual Master Volumeは汎用ラッチスイッチにて切替可能です。(スイッチは付属しません。)
是非この機会にご注文お待ち申し上げます。



これ以外にも、続々新品・USED品が入荷しております♪

HPでの新品リストは、こちら。

HPでのUSED品リストは、こちら。

デジマート掲載分は、こちら。







jmp1959 at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USED商品 

2016年07月10日

エフェクトボード製作157★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


本日は参議院選挙の投票日ですね。
(私は既に期日前投票済みです)

正直、政治の世界については知識が無さ過ぎて、立候補者の方々の演説やインタビューに公約、、、どれもこれも一理ある内容ばかりですね。
今回から満18歳からの投票となった選挙です。
またお時間もありますので、まずはご自身の心に少しでも気になった内容があれば、是非投票してみましょう。


さて。
数日雨に降られてジメジメしていた名古屋ですが、今日は気持ちよく晴れております♪
もう梅雨は終わったのかな?と錯覚しますね。

こんな暑い日は、クーラーの効いた当店に是非www
続々良い商品が入荷して来ておりますので、是非こちらもチェックしてみて下さい★





台湾在住・Yota from TAIWAN 様ご依頼のボード
157-1つ、遂にドクターMusicのエフェクトボードも国際的シェアを・・・なぁんて大袈裟ですね。実は今回ご依頼頂いたYota様は、以前当店によく通って頂いたお客様で、現在お仕事の都合でお隣の台湾にお住まいの事。
以前よりSNSなどでお付き合いもあったりで、今回日本で組んでいたバンドで復帰するべく一時来日。
その際にボード製作のご依頼を頂いた訳です★
アンプはHughes&Kettner Tube Meister36をご使用されているという事で、アンプのch.切替えも同時に行えるボードシステムをご依頼頂きました。


157-2入力部にLine6 Relay G30ワイヤレスを組み込んでいるのですが、ちょっとアレンジを。Junction Boxからシールドを引き出してワイヤレスに接続して、シールドを直接差し込むとそちらを優先出来る様にしてみました。その他、Send/Return間に接続する為のJackとMIDI THRU OUTも搭載しております。


157-3Wah Pedalは、今当店でも最も人気のある"Xotic Wah"を入れました★通常のWahより少しコンパクトではありますが、踏み心地も良く可変幅やEQも搭載しており、非常に高いポテンシャルを持ったWahですね。
設置面がカーペット地という事で、Wahの裏面にはE.W.S Wah Board Specialを設置して固定しております。



157-4ボード自体が既製品のPULSE EC-06ですので横幅600mmのスペースに組み込むともなると結構ギリギリになりますので、この様に各エフェクターは床上げしてケーブルは下に流します。SP Compもスペース色々考えた結果、この様に横置きとなりましたが設置しました。
よりコンパクトに・・・という想いはお客様も私も同感ですが、とは言えケーブルなどで音質に妥協もしたくないので、CAJ+Switchcraftプラグでガッチリ結線・固定をしております。



157-5パワーサプライは安定のFreeTheTone PT-1D。スイッチャーにARC3を使用しておりますので電源は専用アダプターで供給となります。そんな時に上部に設置されたAC Outletは大変便利ですね。
最終的に全ての動作確認を済ませた後、MIDIでアンプとの同期も確認してからの納品となりました★
名古屋のバンドメンバーさん経由で台湾に無事届き、その際もエフェクターが外れたり破損という事が無かったとの事。あとはライブまでにしっかり音作りをして頂き、素晴らしいサウンドを響かせてくれる事を祈っております♪



ここからは、Yota from TAIWAN様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
約6年振りに日本で活動しているバンドに正式復帰する事になった為、LIVEで対応出来る足元にしたかった。
基本は手持ち機材で、大好評で評判のドクターMusic様で製作して頂きたかった。
歪みはアンプで、MIDIでアンプチャンネルとエフェクターの組み合わせを自由に設定。
今後エフェクターが増える可能性があるので、スイッチャーはそれに対応できる物で。



●完成後のご感想
完璧、感動の一言です!!
配線から使用感まで、芸術と呼べるのではないでしょうか。
当方、台湾在住ですが、しっかりくっついた頑丈な造りで安心です。
LIVEなどで使用するのが今から楽しみです!!
と、同時にこんなに素晴らしい足元ですので、演奏も練習せねば(笑)

モージーさん、ありがとうございました。







今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年06月17日

エフェクトボード製作156★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



少し前にボード制作が立て込んでいた時に、一件ブログ掲載を忘れていた事が判明しました凹凹凹
ジジヘン様、大変申し訳ございませんでした。

遅ればせながら製作例を掲載させて頂きます。




岩手県在住・ ジジヘン様ご依頼のボード
156-1こちらのご依頼者様は、以前当店にてボード製作をさせて頂いたお客様でして、今回数点エフェクターの追加・変更をする為にお送り頂きました。
ベース用のボードとなりますので、シンプルではありますが結構拘りのエフェクターを詰め込んだ利便性重視のボードに変身しました★
これをご覧のベーシストの皆さんも、是非この機会にボード製作のご相談を頂ければと思います♪


156-2前回組ませて頂いたボードをそのまま流用している事もあり、元々のボードサイズ(w500×d400×h100mm)というコンパクトな内寸にギッシリと詰め込む形となりました。MXRのEnverope FilterEBS Multi Compはスペースがギリギリで一番奥側に設置するしかなく、演奏中に踏み易くする為に床上げ台に設置してみました。
勿論、下にケーブルが通過する様に横穴も空けてあり、見た目もスッキリしました★
その手前にはPolytuneにaguilarのTone Hammerがあり、プラグが当たらない様に工夫してあります。



156-3手前に設置されているミニ・スイッチャーは"One Control"のWhite Loopです♪これは2系統のLoop回路をワン・スイッチで切り替えられる便利なスイッチャーです。勿論Bypassスイッチも搭載。そしてDC Out端子も2系統搭載しているので小規模なシステムを組む際に大変便利なスイッチャーですね。
このWhite LoopでTone HammerとSANS Bass Driver D.Iを切替えております。
因みに所々プラグの形状やケーブルが違うのは、お手持ちのケーブルを最大限流用・加工して欲しいというご要望にお応えして。今後はこのケーブルも何処かのタイミングで新調されると、更に音質がクッキリとするかと思います♪



156-5あ、、、忘れておりました★今回のオリジナル製作品がコレ♪ちょっぴりゴツいスイッチボックスですが、これは2 In 1Out+Tuner Outが切り替えられるSelecter Switchになります。
中央のLEDはInput 1時はREDに。Input 2時はBLUE。奥のスイッチを踏むとTuner OutになりLEDがGREENに変わります。
Junction Boxも兼ねており、アンプへのOutput端子も搭載されています。
この様なオリジナルBoxなども製作致しますので、是非この機会にご相談頂ければと思います。



156-4最後に電源部分です。お持ち込み頂いたCAJ AC/DC STATION 3をそのまま活用し、一部の電源のみ専用アダプターを使用しました。手前に設置されているt.c.electronic ChorusはAC100V仕様なので、奥に設置されたAC TAPに直接接続。
AC/DC STATION3は6系統しかDC9V供給が出来ないので、一部手前のWhite Loopからお裾分けしてもらったりで8系統のDC供給が出来ました★




ここからは、ジジヘン様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
複数のベースを使用する時の為にジャンクションboxを設置できるか?
以前に組んでいただいたボードを変更できないかということを、
兼ねてお世話になっている藤原様に相談したところ快くお返事いただき製作していただきました。




●完成後のご感想
こちらはプロじゃない音楽の好きなオヤジなので、エフェクターに関しては
いろいろご相談して自分の使い易いものを作っていただいています。
今回もスッキリとした配置できれいに作っていただいて感謝しております。







今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年06月04日

エフェクトボード製作155★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



またまた私事ではありますが、、、、ここ数年ずーっと使用している自作のスイッチャーがありまして。
このスイッチは所謂9P端子のTHRU BYPASS配線が出来るアナログスイッチになります。
(ガッチン!!と踏む時音が出るスイッチです)

しかもFulltone製のスイッチ・・・そんなスイッチでも壊れるものですね凹

よくよく考えれば瞬間的には数十kg程度の力が掛かるのです。
しっかりシャーシに固定されているとは言え、スイッチ内部の端子もガンガン踏めば何時かは壊れる。

スタジオ・リハでスイッチ切り替えたらいきなり音が出なくなって焦りました。
(ライブ中じゃなくて良かった、、、)


ここ最近多いTHRU BYPASSのエフェクターの多くも、これと同じタイプのスイッチを採用しているので
踏む頻度が高い機器に関しては、ある日突然壊れる事があります。

多く見られる傾向として、、、
●音が出なくなる。
●音が小さくなる。
●切り替わらなくなる。

ですが、それ以前にスイッチを踏んだ時のクリック感が小さくなったり、スイッチ途出部のグラ付きが酷くなったりした場合はお気を付け下さい。
またナットで固定されている物が殆どですので、このナットが緩んでいる物に関しては、ナットだけを強引に締めず、エフェクター裏パネルを外してスイッチ自体をしっかり固定(ペンチなどで持って)ナットを締めてあげて下さい。(なるべくボックスレンチなどを使用した方が本体塗装を傷付けないで済みます)

また上記の様に故障してしまった場合は、無理にご自身で触らずに当店にお持ち込み頂ければ即日修理致します♪


と、、、改めてBOSS系などの電子制御式スイッチの耐久性の高さを痛感しましたwww
(でもBOSSなどのスイッチも、動作不良が起きるんですけどね。。。)






長野県在住・MASA 様ご依頼のボード
155-1こちらのお客様は、足元のエフェクターを「Pre Effects」に限定し、空間系は全てラックシステムを使用されるという事で、そのラック側のパラメーターもコントロール出来る様にと、MIDI機能が豊富なスイッチャー"BOSS ES-5"を御選択頂きました★
このES-5はご存知とは思いますが、5つのLoop回路を持つコンパクト且つシンプルなプログラム式のスイッチャーですが、それらのLoopの並び替えが可能だったり個別にBufferのOn/Offが出来たりする便利なスイッチャーです♪
ボード一番右端に搭載したERNIE BALLのVol.PedalはEXP Pedalとして接続されており、ラック側のパラメーター・コントロールを可変出来る様になっております。


155-3今回ボードシステム構築と併せてご依頼頂いたのが、このWah Pedalの改造。THRU BYPASS改造と併せてLEDを搭載、その上DC In端子を増設しております。少し前のVOX V847(USA made)にはDC端子付いてないんですよね。。。
ボードへの設置にE.W.S Wah Board Specialを使用してバッチリ固定しております★


155-4ギター入力は、Line6 Relay G50からJunction Boxへ接続しております。実は当初ギターから直接シールドを繋いでボードに入力も出来る様にプラグを付けようと試みたのですが、ボックスのサイズ的問題があり、この様に着脱式となりました凹
このJunction Boxの端子は左からInput、Output、ES-5のCTL1/2 out、CTL3/4 out、そしてMIDI THRU Out端子となっています。


155-2ボード2列目はご覧の様に床上げをして、下にケーブルが這っている状態になっています。
また後列にあるMaxon CS550はサイズが大きい為、横置きに設置。他のエフェクターに入れ替えされる事も考慮してパッチケーブルは長めに取っています。




155-5電源ですが、、、このFreeTheTone PT-3Dは9VDC端子×6系統+500mA 9VDC端子×2系統を搭載したコンパクトなパワーサプライとなります。
今回、Relay G50とES-5を500mA 9VDC端子から供給しており、残りの7個のエフェクターの電源を・・・えっ?

7個???あら。困りました凹端子1系統足りません。。。。
という事で、歪み系が一番消費電流が少ないのでSuhr Shiba DriveとXotic SL Driveは電源をカスケード配線(並列)して供給しております♪
これで見た目もスッキリ★セッティングも素早く行えるボードシステムが完成しました!!!!




ここからは、MASA様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

長野のライブハウスに出演した時に、他バンドのギタリストの足元の
ペダルボードがとても綺麗に組まれていて、、「これ、どうやって組んだのですか?」
と聞いたら、「ドクターミュージックさんで組んでもらったよ」と情報を得ました。
アカさんの紹介でした!!

ボードのコンセプトは、
大きすぎず、できるだけコンパクトに、状況に応じて自分でもペダルの変更ができる事。
アンプの前掛けエフェクター用のボードに限定して空間系等はラックで。
このボードだけで、アンプの切替、MIDI プログラムチェンジ、EXPペダルでCCバリュー値を可変できること。


●完成後のご感想

知識の少ない私でしたが、毎度に渡る藤原さんの丁寧なメールのやり取りにより、
理想通りのエフェクターボードを組むことが出来ました。
スイッチャーの選択、wahのトゥルーバイパス改造等、大変満足しています。
また、作業もとてもスピーディーで驚きました。 

仕上がり具合ですが、さすがプロです!!
ペダルの並べ方、配線の引き回し、底上げ台の取り付け、
既製品のようでした!!
是非、バンド仲間にも紹介したいと思いました!!

今後のバンド活動が楽しみです!!

次回は、アンプ修理でお世話になりたいと思います!






今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月30日

エフェクトボード製作154★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



いやはや、弦がよく錆びる季節が到来ですね凹

弦だけならまだしも、ピックガードのネジとかブリッジのイモネジが錆びると、後々大変な事になるのをご存知でしょうか???

ピックガードやエスカッションのネジも錆びると金属劣化が進んで、ネジを緩めようとドライバーで回すと頭の部分だけが「ポキッ」と折れてしまう事があります。。。
これ、ネジ部分がボディから少しでも出ていれば何とか取れるのですが、ボディスレスレの位置で折れてしまうと大変凹
ネジの周辺を少し削って、ネジの金属部分を掘り起こして、慎重に慎重に回して取らなければなりません。

ブリッジのイモネジは錆てしまうと可変が出来なくなってしまうだけでなく、無理に回して六角レンチの穴が潰れてしまう事もあります。
この場合ネジ部分に55-6などを噴射した後、裏側に途出した部分をロックプライヤーで固定して少しずつ回して錆を浮かしながら外します。
上手く外れればいいのですが、完全に固まっていたり六角穴が錆て完全に塞がってしまっている場合は、新しいネジに交換しなければなりません。

勿論、これらは追加してパーツ代・工賃が必要となりますので、メンテに出したのに余計に費用が掛かってしまった・・・などという事もあります。

皆さん(特に古いギターや手荒に扱ってしまったギター)のネジは、定期的に交換しておくと良いと思います。

そしてケースの中には「湿度調整剤」を入れておく事もお勧めします★







名古屋市在住・ なみZ様ご依頼のボード
154-1こちらのご依頼者様は、当店のお客様からのご紹介を頂きましたお客様になります。
ボード製作件数が多くなると、この様に多方面からのご紹介で依頼が入る事もあり、本当に嬉しい限りです。
今回、殆どの機材は揃っておられるとの事でしたが、これらのエフェクターを一括コントロールしたいというご希望に沿って、新規でプログラム式のスイッチャーを導入される事となりました★
サイズ、セットアップの簡単さ、そして価格も含めてご検討頂き、今回「CAJ / Loop&Link2」をご選択頂きました♪


154-2音声経路は、
Guitar→Whammy→Wah→Loop&Link2へ
Loop1:Comp Loop2:SONIC DRIVE Loop3:HEAT BLASTER Loop4:Chorus→Amp(input)
Amp(send)→10 Band EQ→Loop5:Carbon Copy→Amp(Return)
という流れとなります。ケーブルのスペースを考えて低めの床台を設置し、その上にエフェクターを一部設置しております。


154-3今回、お客様のご希望により手持ちのケーブル・プラグを一部流用して欲しいという事でしたので、一部プラグやケーブルのタイプが違う事が分かるかと思います。それ以外のケーブルは全てCAJ+Switchcraft製プラグにて製作させて頂いております。
ボードは、PULSE EC-07(w695×d395×h100mm)を使用。固定は全てマジックテープにて固定となります。



このボードの設置に伴い、実はこんな細かい作業をしております。
154-5今回設置しましたWah Pedalは「TECH21/Killer Wail」というモデルのWahで、少し小振りなサイズで当時人気があったモデルです。
こちらのWahは、何とペダルの裏側に3パターンのWah Modelが選べるスイッチが搭載されているのです★
classicなワウから低域に深く掛かるワウまでスイッチひとつで引き換えられる・・・当時はセンセーショナルでしたね♪そんなスイッチがボード取付には少々邪魔に凹凹凹
という事で、当店店長がオーダーにてこんな取付ボードを作ってみました★
しっかりスイッチ部分をくり貫いて、取り付け後もマジックテープを外せばスイッチ切替えが簡単に出来るのです。流石ですね★


154-4そして電源はFreTheTone PT-1Dを。MXR 10 Band EQの様に18VDC仕様のモデルはこのサプライの上部にあるAC Outletに専用アダプターを挿して供給しております。
あ、そーです。Whammyは9VDCですが電流消費量が大きいので専用アダプターを使用します。







ここからは、なみZ様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

システムの整頓と簡略化


●完成後のご感想

ボード作成にあたり、何より以前から気になってた移動時に伴うエフェクターのズレやケーブルのグチャグチャ感がなくなり、いつ空けても・どんな時でもベストな状態で準備ができるのが素晴らしかったです。

あと、気のせいではないかと思いますが音抜けが以前に比べクリアになった感じがありました。

プレイヤーにとって、いつでもフラットな状態に持っていけるシステム・心地良いサウンドでいられるのって素晴らしいことですよね。
そんな機会を与えてくれたドクターMusic様に感謝です!












今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月22日

エフェクトボード製作153★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


さてさて。本日より始まりました「伊勢志摩サミット」。

G7首脳が集まり、世界経済や紛争・核問題・領土問題など幅広く協議をするサミットの様です。

その開催地がお隣の三重県・賢島という事で、、、

周辺地域は厳戒態勢です。(仕方ないですね)

ここ名古屋も駅周辺及び繁華街に警察官が増員され警備を行っております。

そして交通機関なども警備が厳しくなっており、高速道路や電車での移動など、なかなか面倒凹


とにかく無事閉幕してほしいですね。

テロとか嫌ですからね。。。


警備にあたっている全国の警察関係者の皆さん、お疲れ様です★
大変かと思いますが、頑張って下さい。







福井県在住・ T.U様ご依頼のボード
153-1前回に続いてベーシスト様よりご依頼頂きました★
メールでのやり取りをしながら構想を纏め、一番使いやすく、綺麗なボードレイアウトをご提案させて頂きました。(見た目も大切ですからね♪)
ペダルの位置、リアルタイムで踏む/踏まない、スイッチャーなどで呼び出す機器の配置など、少しばかり変更をして最終的なレイアウトを決定しました★
ボードはPULSE EC-07(w695×d395×h100mm)を採用しております。


153-2スイッチャーは、今尚多くのギタリスト/ベーシストが愛用しているコンパクトなプログラム式スイッチャー"Providence PEC-04"を搭載しております。
メモリー数は4パターンと限定されますが、シンプルなセッティングのプレイヤーにとってはコレで充分なパフォーマンスが出来ます♪
また入出力は、この様にJunction Boxを設置する事により素早くセッティングが出来る様にしております。
スペース的問題(これはボードのサイズが既製サイズ故)でコンプが横置きとなっておりますが、、、スイッチャーで呼び出すので、問題ありませんね。


153-3PEC-04の奥に設置されたDT-10、SA143、Hot Handは床上げして設置しており、下にケーブルが通る様にしてあります。
このsouce audio /Bass Enverope Filterは結構ベーシストに人気でして♪Filter系ペダルの中でもバリエーション豊富な23種類のパッチを持ち、7 Band EQも搭載している優れもの★唯一、少しサイズが独特という事を除けば非常に良いエフェクターだと思います!!最近は少し小型のモデルも発売されている様ですので、是非そちらもチェックしてみて下さい。


153-4最近のベーシストは歪み系のペダルも結構使いますね。先程のsouce audioから発売されておりますSA-125"Multiwave Bass Distortion"を搭載。また隣にはkagetsu RockというショップオリジナルのFuzzを入れております。
そしてこちらは初心者からプロのベーシストからも人気があります「ZOOM B3」を搭載。
お手頃価格にしては機能も豊富で、プログラムのバリエーションはアンプシミュレーション〜空間系、そして飛び道具的なエフェクト効果も得られる実践向きなベース用マルチです♪
今回、エクスプレッションペダルを設置する事により、内部パラメーターを可変させたりも出来ます。
必ずしも高級品だけが「良い」という事ではなく、利便性なども考えるとこの様なマルチも利用価値が高いと思います。


153-5電源はFreeTheTone PT-1Dを搭載。
専用アダプターが必要な機器も相変わらず多いので、この上面に設置されたAC Outlet端子は重宝しますね♪
また電源コンセントへはアンプなどで使用するACコードで供給出来ますので、更にグレードアップされる方には当店もお勧めのOyaideのACケーブルなどに換えてもいいかもしれませんね。
こんなに沢山のエフェクターを設置してもパワーサプライ一台できっちり供給出来るので、スタジオやライブでのセッティングが素早く・正確に行えるかと思います★
ケーブルはCAJ+Switchcraft製プラグにて一本ずつ製作しております。






ここからは、T.U様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
長年、自前でエフェクターを組んでましたが、限界を感じて、もっとスッキリかっこよくしたい!と悩んでました。どうせお金をかけるのであれば、いっその事プロに任せて満足いく足元にしたいと思い、依頼しました。


●完成後のご感想
箱を開けてビックリ、とても真似できないクオリティでした。
ケーブルや電源の取り回しが完璧で満足してます。思い通りの操作ができるようになりました。
最初の依頼からメールのみのやりとりでしたが、親身になって考えていただいて、最後の最後まで親切に対応していただいたのは感動しました。
毎回メールを開くのが楽しみでした。
ありがとうございました。













今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月20日

エフェクトボード製作152★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



気が付けば5月も後半ですね。。。

この季節になるとよくあるのが「機材や楽器の接触不良などによる現場トラブル」です凹

「演奏中に突然ブーーーーーーーっとノイズが発生」

「ゲインが弱くなったり強くなったり、音がふら付く」

「プラグを触る度にバキッ!!バシッ!!とポップノイズが出る」

そんな時ってありませんか???


これらの原因の多くは「使用環境の湿度変化によって接点部分に埃や水分が付着し、酸化被膜を作ってしまう事による接点不良」と考えられます。



で、、、そんな時に対処法としてよく挙がるのが「接点復活材」の噴射。

皆さん何気に「55-6」とか噴射してませんか???


ハッキリ言います!!


「55-6では接触不良は治りません!!」


55-6の主な効果は「錆取り・金属部分の潤滑剤」です。
成分的にも石油系なので、勢いよく電気機器に吹き掛ければ内部に油分が付着してベタベタになるだけです凹(臭いも油臭くて苦手な方も多いはず)

接触不良が無くならないだけでなく、物によっては逆に機器を壊してしまう恐れがあります。



そして当店がお勧めするのがコレ★★★
P1070225Sunhayato
POLY-COL KING

電気機器関係のリペアをされている方ならご存じかと思いますが、接点洗浄剤など国内ではかなりのシェアを持っているメーカーです。
このPOLY-COL KINGはペン・タイプの接点洗浄剤でして。
使い方は簡単♪まずは機器に挿してあるケーブルのプラグ部分にPOLY-COLを塗って下さい。
プラグに全体的に塗ったら、後はJackに挿して抜いて挿して抜いて・・・を数回繰り返すだけ。
これでOKです★

これならギターやアンプ、エフェクターのJackの中に過剰に噴射する事もありませんので内部機器に優しい♪
ペンのおしり部分をプッシュする事でペン先にしっかり溶剤を補充可能。
(結構長持ちします♪)

しかも、このサイズですのでギターケースのポケットに入れておいても大丈夫。
勿論、スプレータイプの様にケースの中で誤噴射したり液漏れもしませんwww

実は、、、密かに当店でバカ売れしている便利商品です!!!!!

是非この機会にご注文お待ちしております。



Sunhayato / POLY-COL KING

販売価格 ¥650 (税込 ¥702-)





名古屋市在住・ オオノコウ様ご依頼のボード
152-1ここ最近、本当にベース用のペダルって増えてませんか???特にプリアンプ系、歪み系、フィルター系など様々な国のブランドから発売されていますね。
それは何を意味するのか?少し考えてみましたが、、、デジタル・ミュージックやEDMの様な現代音楽に使用されているベースサウンドの影響が大きいのかもしれません。
ただただボトムを押さえるだけのリズム・ベースでは無く、メロディ楽器としての可能性も広がっていると再認識されているのだと思います。
そんな時代にピッタリの今回のボードシステム★構想段階から「ご依頼者様が、どんな音を目指しているのか?」考えながら製作を致しました。


152-3最近巷で人気の「Darkglass」"B7K ULTRA"を搭載★こちらは既に大人気モデルとなりました"B7K"にDistortion回路を独立させた実用性の高いプリアンプです。そのサウンドは非常に図太く芯があり、歪ませても決して腰抜けになる事はありません。
そして隣には珍しい赤色のSANS AMP BASS DRIVER D.I。まぁこちらは言わずもがな・・・時代の音ですね♪あのジュリジュリ♪とした質感は他では得られない独特なトーンですから好きな方にとっては外せないサウンドですね。
その奥には、ここ最近元気のあるBOSSのベースドライバー"BB-1x"も搭載しております。


152-4フィルター系として、MXR Bass Enverope Filterの他にPrometheus DLXを搭載しております★こちらも本当に人気がありますね。ベースシンセの様なサウンドを欲しがる方にとっては大好物だと思いますが、、、実際に鳴らしてみると使いどころが限定されるかな???と。
とは言え、私もそーですが「ライブ中に一度踏むか踏まないか?だけの為に入れるペダル」ってあるんですwww
それでいいんです!!その一瞬が大切で、それによって少しばかりボードが大型になろうが、重たくなろうがそんな事は問題ではありません。ロックってそーいうものだと勝手に思っております(笑)


152-2ボード最前列にFreeTheTone ARC3を設置し、それぞれのエフェクターのOn/Offを制御する為、音声の入出力端子はこの様にJunction Boxを設置。
スペース確保の為にPolytuneを上部に設置して視覚的にも見やすくしております。
その下にはDigitech Whammyが。ベーシストもWhammy使う時代ですねwww最終チェック中にWhammyを踏みながらちょっとしたフレーズが思い浮かんだので、近くウチのバンドのベースにも買わせようかな???と。


152-5電源部分は、スッキリとFreeTheTone PT-1Dで全て供給。その手前にあるStrymon /Mobiusは揺れもの系のマルチタイプで、Chorus/Flanger/Phaser/Tremolo/Vibrato・・・・それぞれハイ・クオリティなエフェクト効果が得られる人気機器です★それらのプログラムの呼び出しをARC3のMIDI信号で制御しております。



で、、、しっかり採寸して設置したつもりですが、蓋がギリギリ閉まる位立体的なボードになりましたwww
エフェクターボードはPULSE EC-08を使用し、固定は全て通常マジックテープ固定。随所に結束バンドでしっかり固定してありますので、余程の衝撃を与えなければプラグが抜けたりエフェクターが外れたりはしないと思います♪




ここからは、オオノコウ様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
もともとブログをよく拝見させていただいており、自分でだいぶ無理矢理に組んでいたエフェクターボードを、一度ちゃんと組もうと思い、この機会にぜひ自分のボードも組んでいただきたいと思ったからです。

●完成後のご感想
まず出来上がりの美しさに感動しました!
スタジオで音を鳴らしてみて音のクリアさにも驚きました!元が乱雑だっただけに違いがすごい!
また、MIDI制御などわからないところは丁寧に教えてくださり非常に助かりました。
エフェクターの配置に関してもしっかりとプレイヤー視点で一緒に考えてくれたのでとても満足のいくエフェクターボードになりました!

これからもブログ楽しみにしております!

この度は本当にありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。









今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月14日

エフェクトボード製作151★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。



私事ではありますが、、、先日あるバンドのライブを観に行って参りました★

「Dizzy Mizz Lizzy」というバンドをご存知でしょうか???
151-dml190年代に彗星の如くデンマークからデビューした当時20歳程の若いロックバンド。当時流行っていた音楽と言えば「Grunge Rock」に「Hip Hop Music」と、決してハードロック系バンドにとっては有利と言えない音楽シーンの中において、彼らはメロディアス且つ叙情的な旋律を持った音楽性で、一躍世界の大物バンドと肩を並べる存在になりました★
しかし、その後ハードなツアーで疲れ切ってしまい、2作のアルバムをリリースして突如解散。
その後、ソロ活動などを経てチャリティーを期に2010年に期間限定の再結成ツアーを敢行し、その後また解散。

で、、、2015年のLOUD PARKに再々結成して来日★
更に2016にはニューアルバムをリリースして再び来日★★

151-dml2こんな感じになって、大人になった(オヤジになった)見た目とは裏腹に、今回のアルバムは激太のサウンドを響かせてくれています♪彼らのバックボーンにはHR/HMと並んでBeatlesが大きく影響しており、今までのHR/HMには無い独特なコード進行やボイシングには定評があります★
一般的には「再結成」バンドは過去の曲を中心に演奏し、そして昔のファンに向けてプレイをする事が殆どと言われていますが、彼らはあえて新曲を前面に出して現在進行形のバンドとして戻って来ております。
そんな姿勢に心惹かれてしまうのは私だけでは無いと思います。

そんなDizzy Mizz Lizzyのライブは、楽曲が素晴らしい上にテクニックも凄い★
決して超速弾きをする訳でもなく、ハイスピードなTuneも無いのに、、、とにかくアンサンブルが凄い★
そしてミスが少ない。全ての楽器が生き生きとしている。一曲たりとも捨て曲が無い。

そんな素晴らしいライブを観て、久しぶりに高校生の頃の様に大興奮しまくっていた46歳でしたwww


もし宜しければ、皆さんも是非Dizzy Mizz Lizzyのニューアルバムを手に取って聴いて頂ければと思います♪


余談失礼しました。



岐阜県在住・ きの たかひで様ご依頼のボード
151-1こちらのご依頼者「きの様」は、以前当店にてボードの組込みをさせて頂いたお客様のお友達という事で、彼のボードを観て「自分も組みたい!!」と思ってご連絡を頂きました。私もそうですが、、、やはりギタリスト同士、足元が気になりますもんね★
今回は久しぶりにPedaltrainで組む事になりまして、私も過去の製作例を見ながらおさらいをしてました。(最近めっきり組んでなかったので、、、)
そんなPedaltrainですが、最近モデルチェンジしまして。
今回使用したボードは、旧モデルで言う"Pedaltrain 2"同等サイズで「Pedaltrain classic2」というモデルを使用しました。(ラインナップも更に充実してますね★)


151-4基本的には全て直列接続のシンプルなボードになりますが、入力にShin's Music Baby Perfect Volumeを搭載したり、最終段にt.c.electronicのDITTO Looper→ソロ時の音量UpにXotic RC Boosterを接続するなど、拘りも詰まった実用性を考えたボードとなります。
今回、新規で導入したVolume Pedalや、このSuhr/Koji Comp、Riot Re-Loadedなどは、ご来店頂いた際に実際に弾いて頂き、気に入って頂いた商品★
この様に、当店には様々なブランドのエフェクターを多数揃えておりますので、ボード組込みに新規導入機器のセレクトも併せてご相談頂ければと思います。


151-2過去にも色々とアレンジをした事がありますPedaltrain。一時はPedaltrain自体に何個もJackを取り付けて「Junction Box付き」にしたり、MIDI端子を付けたりと。
今回のボードの場合、一番最終段にRC Boosterを接続するのですが、見た目も考えて後列左端にはStrymonを2台。RCからの出力は、、、、PedaltrainのサイドにOutput Jackを設置してみました★
これは割と簡単で、元々Pedaltrainはアルミ製の筐体ですので、金属用ドリルとリーマーを使用してギター用などに使用する筒形Jackが入る位の穴を開けて入れるだけ♪これでしたら、これを見た自作派の方も簡単にアレンジ出来そうですね♪


151-3裏側は、こんな感じになっています。
極力ケーブルの長さを短くし、所々に結束バンドで留める事でマジックテープ固定されたエフェクターも外れ難くする事が出来ます★そして電源は、Pedaltrainの背面に取付が出来るVoodoo Lab./PedalPower2+をインストールしました♪
しかぁし!!現在のPedaltrainには、このPedalPower2+を留め付ける金具は入っていないのです凹凹凹
(別途¥2,500と、なかなか高額)
お見積りの段階で別途必要だと分かって慌てて再度お見積りをした位です(汗)



151-5後列に並べて設置したStrymon El.CapistanとBluesky。表から見ると綺麗に並んでいるのですが、一方で後ろのプラグ部分はアクロバチックな状況にwww
El.CapistanのFavorite Switchを手前に設置するのでプラグが5個になります。プラグ同士が接触しない様に・・・一部のプラグにはヒシチューブ(収縮チューブ)で絶縁させています。
そして電源自体も、ボード内をよ〜く見てみると全部で9台電源が必要ですよね。。。という事で、手前のKTRとKoji Compは当店にてカスケード・ケーブル(並列2系統出力)を製作させて頂き、供給しております。

と、、、なかなか手の込んだボードでしたが、お預かりして2日で納品★★★





ここからは、きの たかひで様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
友人のエフェクターボードを見て丁寧な配線に惹かれ、またお見積りの段階で思っていたよりも格安な工賃だったため。


●完成後のご感想
今までボードを組んだことがないため、エフェクター、配線に関する知識などが乏しく、失敗もしたくなかったのもあり、一から丁寧にご説明して頂けた藤原さんのおかげで満足出来るボードに仕上がったと思います。
今後とも宜しくお願い致します。








今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月12日

エフェクトボード製作150★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


素晴らしい晴天となりました今日の名古屋です。





さて。今月も中盤に差し掛かる感じで、店内も色々と入れ替わりが激しくなって来ています♪

ちょっとお知らせ。

当店USED商品は、6か月保証をお付けしているってご存知でしたか???

所謂「中古品」という扱いの場合、"現状渡し"で販売するところもあるみたいですが、、、

確かに新品よりはお手頃ではあるものの、やはりご購入頂くお客様にとっては高額の商品である事は変わりなく、当店としても長く愛用して頂きたい商品ばかりです。

故に全てのUSED品は、必ず全ての機材を当店にてメンテナンス及びクリーニングをしております。

勿論、期間内に何らかのトラブルが生じた場合は、完全保証にて対応致します★
また、期間経過後もご購入頂いたお客様がファーストユーザーである限り、格安にて修理・点検も行います。



今月もレア品・お買い得品・実用性の高い人気商品が続々入荷しておりますので、是非こちらでもご確認頂ければと思います♪

デジマート掲載商品はこちら




三重県在住・ SUNARU@チエリスト様ご依頼のボード
150-1こちらのお客様はメールにてお問い合わせを頂き、機材等はお送り頂いてのご依頼となります。ボードサイズは、CAJ System Board 4410(w1000×d440×h100mm)のBIG SIZE!!なかなか巨大要塞の様なボードになりました★横幅1000mm位が一人で持てる限界かな???エフェクター設置面はFRPボードとなりますので、今回はBonding Solutionの強力なマジックテープで固定しております。(一部、取り外しを考慮して通常マジックテープでの固定箇所もあります。)


150-4まず目を引くのは、やはりこの3台並んだペダル類です★右からShin's Music Perfect Volume。やはり音質重視のギタリスト/ベーシストの間で、このVolume Pedalは欠かせないみたいですね。とにかく減衰した際の音痩せ・音質変化が殆ど感じられません!!しかもコレゴールド仕上げぢゃないですか?!見た目も最高★
そしてFulltone Clyde Deluxe。Wahカーブを3段階に切り替えられる機能やInputゲイン設定が10段階に選べる本格的なWah Pedalです。
そしてBlack Catの最新作「Monster K-Fuzz」を搭載。3段階のDIODE切替え、3種類のVoicing切替えが可能になったペダルタイプのFuzzです。そのサウンドは正に異次元の強烈な歪みで、単音リフやソロ時に効果的だと思います!!


150-5そしてARC3のLoopには各種ペダルが接続されており、その中でもこちらのCompressorは、あのPete CornishのOC-1です♪ギター本来の質感を崩さず、しっかりとしたコンプレッションが得られる孤高のコンプレッサーとして、多くのトップギタリストが愛用しております。
サイズがかなり大きい事もあり、既製ボードのサイズに収めるべく横置きとなりましたが、しっかり固定されており外れる心配もありません。
その隣には、Shigemori PuretoneShin's MusicのDumbloid Twinと、、、高級品がズラリ★
更に手前には、ギッシリと歪み系がwww


150-2こちらも高級品ですね★Shigemori Stone DriveとMighty Driveです。硬質でありながらジューシーな歪みサウンドが得られるStone Driveはアルミ削り出しのボディならではの音抜けの良いトーンが得られます。
Mighty Driveは怒涛のディストーション・サウンドが得られ、2種類のサウンドが切替え可能という事でHR/HM系のギタリストにもお勧め出来るペダルです。
2列目は、この様に床上げ台に設置しておりますが、このCAJのSystem Board自体の蓋が閉まるか???という点とARC3に接続されるプラグが接触しないか?など、、、色々と考えながらギリギリの寸法で入れてみました★メーカーそれぞれエフェクターのサイズ自体も自由なので、大型ペダルを床上げする際は念入りに採寸する必要がありますね。。。


150-3そして空間系のペダルですが、、、Eventide H9×2系統で全てリカバー★H9は言わば「オールマイティ」な空間系として、コンパクトでありながら様々な効果が得られるエフェクターです。しかしながら一台で得られる効果は一種類凹ですので、今回2台接続してMIDIでプログラムを呼び出すという贅沢なシステムとなりました。
勿論、内部のプログラムをダウンロードする事を考えて、ここは通常マジックテープで固定を。
MIDI信号はARC3→H9(Gold)→H9(White)という流れになっており、各H9はMIDI ch.を分けてARC3側から個別のプログラムNo.を送信しております。

電源は、FreeTheTone PT-1Dから供給しており、一部の機器のみ専用アダプターで供給しております。
システム的には割とシンプルなセッティングとなりますが、これら全ての合計額を考えると・・・・凄いですね★
実際に完成後、サウンドチェックをしましたが、、、ため息が出ます(笑)

あ、、、そーです。
Tunerは何処???と、聞かれそうですが、、、H9に高品位なTuner搭載されてますので別途要りませんね★





ここからは、SUNARU@チエリスト様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

 ■依頼経緯
ドクターミュージック様のHPはよく拝見しており、制作例のようなボードを作成したいと思い今回依頼致しました。
また、スイッチャーを導入したシステマチックなボードを組みたかった事も依頼した理由の一つです。
   
 ■コンセプト
・ボード内で音作りを完結できるボード
・スイッチャーを導入したシステマチックなボード




●完成後のご感想
完成したボードの最初の感想としては、"美しい"ということでした。エフェクター10個にスイッチャーを用いているにも関わらず、 ケーブルの数が少ないと錯覚するような見事な配線です。

細かい所では、作成して頂いた電源ケーブルの端についても、非常に丁寧に処理されていました。
また、美しいだけでなく踏みやすさ・使いやすさを兼ね備えたエフェクター配置でストレスなく、ギタープレイに集中できます。 

今回、長年集めたエフェクターをボードにするということで多少の心配もあったのですが、設計図等の懇切丁寧な対応で心配は杞憂に終わりました。
ボード作成全体を通しての感想は、期待をさらに上回る出来で非常に満足致しました。









今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年05月07日

エフェクトボード製作149★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


GWも終盤戦です。

一日出勤してまた連休という方も多いのでは。

皆様如何お過ごしでしょうか?


4月1日よりドクターMusic店長に「三宅」が就任して早1か月。
本当に頑張ってくれる店長を見ながら、そろそろ私も私なりに次のアクションを起こそう★と、少しずつ計画をしている訳ですが、、、、

なかなかそーも簡単にいかないもんですwww



そして、もう一つ問題が。。。

私の呼び名ですwwww


既に「店長」では無いので、「役員」と呼ばれるのもなんですし(笑)



という事で、これからは当面私MORZYは

「常務」

として業務に努めたいと思います。


まだまだ未熟者ではありますが、皆さまのご指導・ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げますm(_ _)m





さて。
エフェクトボード製作もガンガン承っております★
デッカイのから可愛いのも全然OKですので、是非お気軽にご相談下さい♪



愛知県在住・ H.K様ご依頼のボード
149-1こちらは「足元で音色の殆どを作り、アンプはクリーンセッティング」で使用されるシステムになります。
この様に最近では足元主導での音作りをされるプレイヤーも増えましたね♪それに応える様に一部のアンプ・ブランドから発売されている「クリーンのみ」のシンプルなアンプも注目されていますね★
これは「エフェクターの進化」と「アンプの多機能化」と大きく関係するところです。。。
あえて詳しい事は割愛させて頂きますが、真空管アンプ本来の「温かく立体感のあるクリーン」を求めるプレイヤーにとっては、ch.切替えなどの機能は不要ですし、歪ませたければ最近人気の上質なオーバードライブも沢山発売されているから、それで充分満足なサウンドが得られる!!という事なのでしょう。


149-2話を戻しましてwwwこちらのシステムはスイッチャーに"FreeTheTone ARC3"を搭載し、CompressorとLine6 DL4を除く8個のエフェクターを制御しています。今回使用したボードは床面がFRPパネルのCAJ System Board 4408(w800×d440×h100mm)という事ですが、エフェクター自体は全てマジックテープ固定に致しました。まぁパッチケーブルを床面にガッチリ固定しておけば滅多な事では外れないですしね♪
とは言え、BOSS系ペダルは裏ゴムパネルを全部剥がして全面にマジックテープを貼って設置しておりますので普通のマジックテープでもしっかり固定出来るのです★
因みにこのボードで一番大変だったのが、、、、RATの床面。
電池取り出しパネルに出っ張ったゴム足など、、、裏面に一枚特注のパネルを製作し、そこにマジックテープを貼るという手の掛け様。
あと、、、お預かりした段階で個々のペダルの動作チェックを必ず行うのですが、、、中にはInput/Outputのジャックやツマミが緩んでいたりガリが出ていたりする時もあります。
サービス出来る範囲ではしれっと修正しちゃうのですが、故障している物の場合は・・・併せて修理対応(別途費用は掛かりますが)も可能ですのでご安心下さい。(これも当店ご依頼のメリットのひとつです♪)


149-3ボード右上にJunction Boxを取付け、その上にPolytuneを搭載。但し、ケーブル自体をしっかり固定しておかないと上のエフェクターが外れ易いので、ご自身で組まれる方も気を付けて下さいね。
ケーブルは、やっぱり音質重視で「CAJ+Switchcraftプラグ」を採用しました。
コストや手間を考えれば、solderlessも一考の価値ありですが、折角こんなガッチリとしたシステムを組むのですからケーブルもプラグも拘りたいところですよね♪



149-4床上げ台をオーダーで製作して2列目のペダルを設置。
今回は既製品ボードサイズという事で、設計の段階でこれらのエフェクターを全て組み込むのに限界ギリギリのサイズでした。よって左側の取っ手部分は上から見るとDL4に隠れてしまっています。
既製サイズ故の難点はココですね凹オーダーのボードを製作するとなると2か月位待たされるので、、、予め時間に余裕のある方はオーダーを。そーじゃない方は既製ボードに。設計の段階で、こちらも最善の設置レイアウトを考えますが、時に設置エフェクターを厳選しなければならない時もあります。


149-5電源ですが、、、今回はVoodoo Lab/PedalPower2+と持ち込みのCAJ /ACDC Station犬鯤四しております。
その奥にはARC3用のアダプターを設置して、PedalPower2+のAC Outletから接続しております★
DCケーブルもアダプターも全て長さを測り、適切な長さに加工して取付けをしておりますので、かなりスッキリとした仕上がりになっていると思います。
少なからず、この様な小さな事も音質に影響しているのです。コレ本当。
あ、そーです★DCケーブルも実は付属品からオーダー製作したケーブルに変えると、グッと音質がクリアになって良い音質になったりするのです。

完成してみて、最後の音出しチェックをします。
溜息が出る位、クリアで個々のペダルの効果がしっかり得られている事を確認。






ここからは、H.K様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

ギタリストとは、音に拘る、そんな生き物である。
自分の音、ボード(ノイズ、痩せ、配線トラブル等)に不満を持っている人は少なくないだろう。
私もそんな不満を持つギタラーの一人だったでのある。

何か打開策はないのか調べては日々を浪費していた。

そんなある日たどり着いた先がドクターミュージック様のブログの
エフェクターボード制作一覧だった。
100を超える制作記、エフェクター配列や配線は正に芸術の域。

私の中で決心はついていた、
ここならマイボードの決定版を完成させる事が出来る。。!


気が付くとドクターミュージック様宛にメールを送っていたのであった。



●完成後のご感想

完成までの間、迅速かつ丁寧に対応して頂き感謝しています。

ケーブルの取り回し、エフェクター配列の美しさ、操作性、ノイズの無さ、
完成されたマイボードを目の前にして顔がニヤついてしまいます。
心なしか最近体調がすこぶる良い気がします。

またエフェクターの交換や新たなボードを作成する時は相談させて頂きたいです。
本当にありがとうございました。

今夜はエフェクターボードと一緒に寝ます。









今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5,000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


となります。
また、各種ローンなどもご用意しております★
まずは、お気軽にお電話かメールにて担当:フジワラ/ミヤケまでお問い合わせ下さい。
Tel:052-739-6412 (水曜定休)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。






jmp1959 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年04月29日

エフェクトボード製作148★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


いよいよ今年もやって来ましたG.W★

今年は最長で10日間の連休・・・なんて方もおられると聞きました(苦笑)

社会人になってからは、ここまで長期間のお休みを取った事が無い私からすると「どうやって過ごしていいのか?分からなくなる」のと、連休明けの仕事は切替えが大変なんだろうなぁ、、、とw

あ、、、そうです。

ドクターMusicは、G.W期間中も平常通り営業致します!!!!!!!!

(水曜日のみお休み)

ですので、暇を持て余した方も是非ご来店お待ちしております★
こんな機会ですので、じっくりとアンプやギター、エフェクターをチェックしに来て頂ければと思います。



藤原(MORZY)の"BRIMAR"G.Wは静岡に久しぶりの遠征ライブです★
12049478_481893381984157_1681490177065856341_n
5月5日(子供の日)

静岡Sunash
RYOMA/TETSURO Presents
「LOUD FIST」
w/GRUDGE、Herrschaft、Track's、Betrayal、RUMBLE、シソウ、ときめき♪ショコラ

OPEN:16:30 / START:17:00 前:¥1,000 / 当:¥1,500(D代別¥500)




G.W最終日(人によっては、まだ続くみたいですがwww)
是非お時間のある方は遊びに来て下さい!!
チケットご予約等は、ドクターMusic藤原まで。







名古屋市在住・ しばた様ご依頼のボード
148-1昨今は「スイッチャー時代」とも言われる位、皆さんプログラム可能なスイッチャーを導入されておりますね。ライブやスタジオ練習でギターの音色切替えがワン・プッシュで劇的に変えられる・・・誰もが一度は憧れると思います。
でも、ここはあえて直列配線にするという考え方も悪くないと思います。どんな接続方法であっても、その出音で決まるところですので★こちらのボードは、そんな直列配線システムでありながら所々に「音への拘り」を詰め込んだボードになっております♪


148-2とは言え、ボード内に収める機器の数は大小含めて12台。ボードはARMOR PS-2NB+(w554×d413×h105〜84mm)という事で、なかなかタイトです。ご依頼者より予め設置位置をご指定頂いていたので、収納自体は可能だったのですが、、、、このボードはエフェクター設置面が傾斜しておりまして。よって写真の様に床上げして後列のペダルを踏み易くしようと思っても、奥に行くにつれて内寸が狭くなっていくのです凹これに作業を行っていた店長・三宅は素早く気付いてギリギリの高さで床上げ出来る様にアレンジを施しました★


148-3エフェクターの固定は通常のマジックテープを使用しておりますが、接続しているパッチケーブルを床面に固定していますので思いのほかガッチリ固定が出来ております。ケーブルは「軽量・省スペース」で人気のFreeTheToneのSolderless Cableを採用。




148-4今回のボード、最大の音への拘りは「電源」です★過去、幾度となく当ブログにて「電源部分を後回しにするとエフェクター自体のポテンシャルは引き出せない」と言っておりました。ご依頼者様よりご指定頂いたアレンジは以下の通りです。
●Catalinbead /Beele Epoch→18VDC
●Drybell /Vibe Machine、Xotic /SP Comp→12VDCにて駆動。
その他の機器も通常9.8VDC出力が出せるFreeTheTone PT-1Dから供給。
そして、手前のLovePedal /COT50に限っては、元々DC In端子が搭載されていないモデルでしたので、こちらでDC端子取付改造を施して設置しております。

(注意)上記の様に電圧アレンジが出来る機器は一部に限られております。
試される前に必ずご購入されたショップの方に確認されるか、取扱説明書をご確認頂きます様お願いします。
また、お客様が判断を誤りエフェクターを破損させたり故障させてしまった場合も、当方は責任は負いかねます。
予めご理解頂きます様お願いします。



148-5最近発売されてから、ジワジワと人気が上がって来ました1SPOT /CS7です。独立した7系統のDC Out端子9V (500mA)×2、9/12V (200mA)×4、18V (100mA)×1を搭載しております。その隣は当店でも定番になりつつあるFreeTheTone PT-1Dを設置。
最近ではボード内にパワーサプライが2台並ぶのも珍しくなくなりましたが、これはこれで結構スペース取るもんですね。。。正にボードサイズを余すところなくギリギリまで詰め込んだボードに仕上がりました★★★





ここからは、しばた様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
漢の12個詰め込み直列配線(^^;; ビンテージサウンドを担うアナログペダル群と、デジタルペダルとの融合です。



●完成後のご感想
超綺麗で便利!三宅さんのセンスとお仕事流石です。
色々なワガママを上手く整理していただき、完成させて頂きました。
ありがとうございました。
byドクターミュージックのペダルボード絶対にお勧めします。








今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,200/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)

となります。
また、各種ローンなどもご用意しております★
まずは、お気軽にお電話かメールにて担当:フジワラ/ミヤケまでお問い合わせ下さい。
Tel:052-739-6412 (水曜定休)



jmp1959 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年04月24日

エフェクトボード製作147★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


4月14日に発生した熊本の大震災。
この震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。
そして今回の震災で被災された多くの方々が、一日も早く元の生活に戻れます様に心よりお祈りしております。

私たちに何が出来るか?色々と考えます。
何等かの形で少しでも熊本の皆さんの力になれる様にアクションを起こして行こうと思っております。
皆様も「出来る範囲」で構いません。
被災者の皆さんに寄り添うべく、何が出来るか考えてみましょう!!



藤原(MORZY)の"BRIMAR"G.Wは静岡に久しぶりの遠征ライブです★
12049478_481893381984157_1681490177065856341_n
5月5日(子供の日)

静岡Sunash
RYOMA/TETSURO Presents
「LOUD FIST」
w/GRUDGE、Herrschaft、Track's、Betrayal、RUMBLE、シソウ、ときめき♪ショコラ

OPEN:16:30 / START:17:00 前:¥1,000 / 当:¥1,500(D代別¥500)




G.W最終日(人によっては、まだ続くみたいですがwww)
是非お時間のある方は遊びに来て下さい!!
チケットご予約等は、ドクターMusic藤原まで。







名古屋市在住・ がっきー様ご依頼のボード
147-1こちらは実際にご来店頂き、システム構築のご相談をさせて頂いたお客様になります。「とにかくセッティング時間を短縮したい!!」という思いがあり、電源部分も一括供給出来るシステムを考案しました♪整然と並んだエフェクター群は、見た目もスッキリ!!ライブやスタジオでバッチリ使える実用性の高いシステムになったかと思います。



147-2こちらはワイヤレスをボード内に搭載したライブ向けのシステムになります★最近のワイヤレスシステムはどんどん進化を遂げておりますね。
今回導入されたSHURE /GLXD16は2.4GHz帯のデジタル・ワイヤレスになります。こちらの商品の特徴は「アンテナ無しでも電波をしっかりキャッチする安定感と高音質サウンド、そしてTuner内蔵」の優れもの。
トランスミッター側の電源は充電池タイプなので、コスト的にもお得なモデルです。


147-4スイッチャーはNoah'sark PTBSを採用しております。最近、各メーカーより最新スイッチャーが続々発売されておりますが、こちらのモデルは根強い人気がありますね♪また、ボード内にアンプのch.切替用フットスイッチも収納されており、ライブ中の切替えもし易くなっております。
勿論、当店では定番となっております「床上げ台」を設置してケーブルの引き回しをスマートに短く、綺麗に仕上げております。
PTBSの右側に設置されているWahは、最近人気があります"HOTONE"のVOW PRESSを搭載。
このペダルはWahにもVolume Pedalにもなる優れものでして、それらはサイドに設置されたミニスイッチで切替が可能です。


147-3ボード右上に設置されたJunction BoxはWireless/Wired Input、Output、Send、Returnに加えてアンプ用フットスイッチ出力端子も搭載しております。
通常Wireless Inputは接続されたままになっており、Wired Inputにシールドを繋ぐとこちらが優先される様になっております。
この様にボード毎にオーダーで製作させて頂いておりますので、ボード製作ご依頼の際に併せてご相談頂ければ格安にて製作・設置致します。



147-5電源部分です。今回、Blackstar HT-Dualを設置しており、この24VDCは流石にサプライでは供給出来ませんので専用アダプターを使用しました。
メインのパワーサプライはFreeTheTone PT-1Dを使用。PTBSも専用アダプターを使用するので、この様に上部のAC Outletより供給してみました。
Blackstar用アダプターは、この様に結束バンドを活用してボードにしっかり固定。
その他、シールドはCAJ+Switchcraft、DCケーブルは基本的にはPT-1Dの付属品を活用し、長さが必要な物だけ当店オリジナルのDCケーブルを使用しました。
既製品PULSEボードでありながら、なかなかタイトでジャストサイズな仕上がり♪
設計段階から考えに考え抜いたレイアウトになっております★





ここからは、がっきー様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

セッティング時間を軽減したい!


●完成後のご感想

これまでは持ち運び時にズレや傾きが起こりやすくセッティングに時間を費やしていました。
今回製作したものでセッティング時間は1分になりました。






今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,200/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)

となります。
また、各種ローンなどもご用意しております★
まずは、お気軽にお電話かメールにて担当:フジワラ/ミヤケまでお問い合わせ下さい。
Tel:052-739-6412 (水曜定休)



jmp1959 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年04月07日

エフェクトボード製作146★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


先日は各地で小学校、高校の入学式だった様で。

桜咲く校舎前で記念撮影をしている初々しい新入生、そして父兄の方々。

お子さんの成長って、本当に早いものですね(遠い目)

自分の腰辺りまでしかなかった背丈は、気が付けば自分を追い越して行くのです。

そんな大きくなった我が子を見て、改めて自分も歳を食ったんだなぁ、、、、とwww


一瞬だけ、そんな事を思いながら、次回のライブに向けて断末魔の如く絶叫する私でした(☆゚∀゚)



そんな私、藤原(MORZY)の"BRIMAR"今度は地元名古屋でライブです★
12049478_481893381984157_1681490177065856341_n
4月15日(金)
名古屋・藤ヶ丘 MUSIC FARM

ANATO LAST LIVE〜束の間の夢〜"BRIMAR参戦!!"

OPEN:18:00 / START:18:30 前:¥2,000 / 当:¥2,500(D代別¥600)

出演:ANATO / 三角形の時間 / BLIND BIRD / BRIMAR


平日となりますが、是非お時間のある方は遊びに来て下さい!!
チケットご予約等は、ドクターMusic藤原まで。







愛知県在住・ みおこ様ご依頼のボード
146-1こちらのお客様は、当店にボードの調子が悪いとの事でご相談にご来店頂いたお客様です。
ご来店頂いた際に色々とお話を聞かせて頂くと、やはり「足元での操作性を向上したい」「ボードに設置した割にサウンドが安定しない」「ノイズや接触不良のトラブルを防ぎたい」という事で、この際ボードを製作してみませんか?と、ご提案をさせて頂きました。
結局のところギタリストのみならずバンドマンは「ライブステージで不安無く全力でプレイをする」のが本分ですよね?その都度、不安定な機材やノイズ・接触不良にヒヤヒヤしていたら本来のパフォーマンスは出し切れないのでは?と思うのです。

私も少なからずライブハウスでプレイする身です。
当店スタッフは、常にお客様と同じ目線で色々とご提案を出来る様に心がけております★


146-5こちらのボードはスイッチャーに"CAJ /Loop&Link2"を設置しまして、各エフェクターのOn/Offの制御を行っております。
Loop&Link2は、お手頃な価格でありながら5系統のLoop回路にBuffer搭載、プログラムは6パターンまで記憶・呼び出しが可能なスイッチャーです♪
よく見ますと、Xotic EP BoosterはLoopには接続されておらず、右上のJunction Box→EP Booster→Loop&Link2へと接続しております。
この場合、EP Boosterは"ギターからの出力を少しふっくらとした音質に」という目的で、常時ONにしております。またBufferの役割もありますのでLoop&Link2側はBuffer OFFに設定します。
その上、Loop1:SP Compressor、Loop2:BOSS BD-2w、Loop3:VOX Dual Overdrive、Loop4:TRUETONE H2O、InsertにはMXR 10 Band EQ、Loop5:BOSS DD-20を接続しております。


146-3Tunerは、この様にJunction Boxの上にPB-01を設置しました。写真を見て頂ければお分かりかと思いますが、何せ個々のエフェクターが結構大きかったりでスペースが殆ど無いのです。。。視界性なども考慮すると、どうしてもこの位置となってしまうのです。





146-4そして左側に設置しましたH2O(これはコーラスとディレイが合体したモデルで有名ですね)、そしてその奥には定番のDelayペダルBOSS DD-20を。
BOSS DD-20は床上げ台に載せて設置しており、これで演奏中のTap調整やプログラム呼び出しがし易くなっております。
因みに当店では、この様な床台は「ボード製作をご依頼頂いたお客様に限定してオーダー製作」をさせて頂いておりますので、個別での販売は行っておりませんm(_ _)mこの様な立体的なボードをご検討されている方は是非当店にご相談下さい。


146-2電源は、コンパクトで最大8系統のDC9V出力を供給可能なFreeTheTone PT-3Dを設置しました★
ISOLATEされた2系統の500mA DC9V端子を搭載しており、大型デジタルエフェクターの供給にも大変便利です♪
但し、今回のボードにはMXR 10 Band EQのみ18Vが必要でしたので、このエフェクターのみ別途専用アダプターでの供給となりました。
DCケーブルは基本的に付属のケーブルを加工して接続しておりますが、ご要望があれば当店お勧めのDCケーブルでの製作も可能です。

ボードは、当店お勧めのPULSE EC-06(w595×d395×h100mm)にマジックテープで固定をしておりますが、しっかりガッチリ結束バンド等で固定する事で、外れたりする事も無く綺麗に設置する事が出来ます★





ここからは、みおこ様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
ライブ中に踏むペダルが多すぎて切り替えのミスが生まれてしまう。スイッチャー使ってみたい。という悩みがありました。
そんな中、同じバンドのリードギターかドクターミュージックさんでボードを組んでもらったという話を聞いたので、お店を訪ねてみました。



●完成後のご感想
ただただカッコええ…笑
見た目も、音も大満足です。また、スイッチングもボタン一つになったので、演奏し易くなりました!
ボードに見合った演奏をしないといけないというプレッシャーはありますが、より楽しんでギターが弾けそうです!!
ありがとうございました。





今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,200/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)

となります。
また、各種ローンなどもご用意しております★
まずは、お気軽にお電話かメールにて担当:フジワラ/ミヤケまでお問い合わせ下さい。
Tel:052-739-6412 (水曜定休)



jmp1959 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年04月04日

エフェクトボード製作145★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


桜並木を眺めながら、気の合う仲間と美味しいお酒を・・・などという妄想をしながら仕事してますw
夜桜くらいは観れるかな???と、空を見上げれば雨凹凹凹

お願いです。水曜日(定休日)まで桜散らないでぇ~~~~~~~



はい。4月より店長職から離れましたが、、、、



安心して下さい!!



相変わらずお店に居ますし、

接客もします(^_^)ニコニコ


無駄話もしますしwww 勿論、真面目な話も致します。


新店長「三宅」共々、

今後共ドクターMusicを宜しくお願い

しますm(_ _)m



そんな私、藤原(MORZY)の"BRIMAR"今度は地元名古屋でライブです★

4月15日(金)
名古屋・藤ヶ丘 MUSIC FARM

ANATO LAST LIVE〜束の間の夢〜"BRIMAR参戦!!"

OPEN:18:00 / START:18:30 前:¥2,000 / 当:¥2,500(D代別¥600)

出演:ANATO / 三角形の時間 / BLIND BIRD / BRIMAR


平日となりますが、是非お時間のある方は遊びに来て下さい!!
チケットご予約等は、ドクターMusic藤原まで。







福井県在住・n.t 様ご依頼のボード
145-1こちらのお客様は、福井県からのご依頼です★最近SNSや雑誌などでも「自作のエフェクトボード」を紹介するページがあったりで、なかなか全国規模でニーズがあるんだなぁ、、、と実感しております。非常に精巧なボードを組まれる方も、そしてにかく繋いだだけの方も、思い思いに組んだ自分の機材を見て欲しい♪その気持ち、凄く分かります!!当店Blogにご紹介させて頂いたボード製作例を観て頂き、是非お気軽にご依頼頂ければと思います。


145-3こちらのボードはスイッチャーに「FreeTheTone ARC53M」を採用し、下記の様な順番でLoopに接続しております。

Junction→Wah→ARC53M(HTS in)
(Loop1:Q Tron Loop2:KATANA Boost Loop3:E.W.S LFD Loop4:Fulldrive2)
ARC53M(out)→Timeline→ARC53M(Loop5 in)
                      Loop5:WET
                      ARC53M(Loop5 out)→BOSS DM2w→Junction

145-2Junction Boxはこの様にKORG DT-10の下に設置しております。スペース的な事を考えると、この位置ですね。
その手前にはXotic Wahが設置されております。このXotic Wah何気に良く売れていますね♪音質の良さもさる事ながら、少し小振りなサイズに加えてBooster/EQ搭載という事で、VintageっぽいWahサウンドも現代的な激しく掛かるWahも思いのままです★ひとつだけ、、、ひとつだけ気になるのは、On/Off時の音切れ。
一瞬なのですが、気になる人もいるかもしれませんね。これは今後改善して欲しいところでしょうか。

そしてARC53Mの両サイドに設置されたミニ・フットスイッチですが、、、
ARC53M右側は、ARC53MのProgram/Direct modeを切り替えるスイッチになります。
また左側に設置されたミニ・フットスイッチはTimelineのTAP/EXP PEDALの設定をEXP PEDALのHEELとTOEの設定にしてスイッチで操作するそうです。



145-4更に、TimelineはARC53MのMIDI信号でプログラムの呼び出しとBypass設定が出来る様にしておりますので、TimelineはあえてLoopには入れずLoop4とLoop5の間に設置しております。
ケーブル類は全てCAJケーブル+Switchcraft製を使用しており、一本ずつ計測しながら製作します★
solderlessもいいのですが、やはり「音質重視」に拘ると内芯の質や導電率は気になるところですので。



145-5電源は当店では定番となります"Voodoo Lab.PedalPower2+"を採用し、専用アダプター用にAC Tapを増設しております。
クリアな独立電源を各エフェクターに送れるので、そのエフェクターのポテンシャルを100%引き出せます。
よく見るとAC Tapも2連結して設置していまして。ボード内に綺麗に収める為にこの様にしたのですが、固定自体もマジックテープだけでは心もとないので、この様に結束バンドを使って締め上げしました♪

既製品のPULSEボード(EC-07)にギッチリと詰め込んでみましたが、出来上がると本当に美しい★★★
事前にお客様と綿密なディスカッションを行い、実寸サイズの設計図をしっかり起こす事で、この様な仕上がりになるのです。正にお客様と二人三脚での作業と言えますね♪




ここからはn.t 様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

セッティング時間の短縮と足元の手数を減らしたいと思ったのですが、自分でボードを組む事に限界を感じ相談させて頂きました。




●完成後のご感想

MIDIスイッチャー導入の提案、機能の説明や便利さ等分かりやすく説明して頂きありがとうございました。
まだ使いこなせてませんが、足元の操作がかなり楽になりそうです。
散らかっていたケーブルも綺麗にして頂きセッティングもかなり早く出来るようになりました。
もう組み替えることはないかもしれませんが、新規でボードを作る時はまたお願いしたいです。

あとボードが軽いのかエフェクトボードのサイズが前のよりも大きくなっているのにボードの重さが変わってない気がしました。

ありがとうございました。





今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。






今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店店頭での販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ\2,200/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 \5000〜
中規模 \15,000〜
大規模 \25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)

となります。
また、各種ローンなどもご用意しております★
まずは、お気軽にお電話かメールにて担当:フジワラ/ミヤケまでお問い合わせ下さい。
Tel:052-739-6412 (水曜定休)



jmp1959 at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例