2017年04月06日

エフェクターボード製作179★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


突然ですが、、、私morzy率いる"BRIMAR"のライブ告知です★

brimar live info
4月22日(土曜日) 名古屋・新栄SIX-DOG
open/start 18:00/18:30〜
adv/door \1,500/\2,000(drink別途 \500)

何気に2017年最初の地元ライブとなります★
来月以降は、地元を離れ遠征ライブが続くので、是非お見逃しの無い様に!!
因みにBRIMARは20:30からの出演です♪

チケットご予約、お問い合わせにつきましては、ドクターMusic藤原までご連絡下さい。
なお、当日チケットもご用意可能ですので、お時間間に合いそうでしたら直接ご来場頂いても結構です。




N県在住・S.S様ご依頼のボード
179-1こちらのご依頼者様は以前より何度かボード製作のご依頼を頂いております常連のお客様になります。今回のボードは前回よりガラっと中身が変わり大型エフェクターからスイッチャーまで大幅な変更となりましたので、ボード自体と新規導入機器を併せてご用意させて頂く事となりました。今回のボードはエフェクターだけで14個設置・・・という事で気合入ります★



179-2ボードサイズはw800×d500×h110mmのPULSE製をオーダーでご用意させて頂きました。ケーブル類も全て床面に固定出来るFRPボードの方が全体的に綺麗な組込みが出来ます。今回スイッチャーがProvidence PEC-2という事もありLoop数に限界がある為、この様にスイッチャー右にOne Control TRI-LOOPを2台設置して、1つのLoop内に直列接続してエフェクターのセレクトをし易くしております。このTRI-LOOPは2LoopながらMode変更により様々な用途に使えるスイッチャーです★

179-3そしてPEC-2左側には今巷で人気上昇中の"Source Audio"の高品位Delay「Nemesis Delay」を導入して頂きました★このDelayは12種類のDelayプログラムを自由にEDITし本体だけで8種類、MIDIを使用すれば128種類のプログラムに記憶・呼び出しが可能です。そのサウンド自体も非常に高品位という事で、ここ最近のEventide VS Strymonに割って入ってくる新鋭ブランドと言えます。


179-4床台にはリアルタイムで切替えをするCarl Martin/PlexitoneやLine6 M9などの大型エフェクターが設置されており、なかなかの立体感です(笑)
一番後列にアナログ系ペダルをズラッと並べてしっかり固定をしております。
Junction Boxの上にPoytuneを設置するなど、使えるスペースを最大限活用しボードのサイズを企画の段階より幅100mm圧縮しております♪
よってプラグ類も通常Switchcraft 226を使用するところ228というフラットタイプにしております。
(音質的には全く差が無いのと、当店は228もアース部分をハンダ付けしますのでトラブルも殆どありません)


179-5そして電源部分。今回のボードは特に個性的なブランドが多い為、一般的なパワーサプライのみでは供給は絶対不可能凹特にこれはユーザー様なら皆さん悩みどころの"Line6 M9のアダプター問題"です。。。思い切ってACケーブルを切りコンパクトに纏めてみました♪それに加えてDC9V出力が足りなさ過ぎですので、今回CAJ HUB6という超コンパクトなDCハブを使用しました。
アナログ系に限定し近距離のエフェクターのみとしているので、思いのほかクリアな音質をキープ出来ていると思います。


179-6今回のご依頼者様より「サブボードも併せて製作して欲しい」というご要望がありまして、この様な入力部のみのサブボードを製作しました。
こちらはシンプルにVol.Pedal、Wah Pedal、そして・・・・これはハッキリ言って"飛び道具"以外の何物でもありません!! MXR Talk Box導入です★★★いやぁコレ最高だと思いますが、皆さんどうでしょうか???
ここまで原始的且つ効果的で、しかもプレイヤー次第では極上の効果が得られ、そして使い過ぎるとバカになってしまうwwwそんなエフェクター最高です♪
ただ、、、残念ながらご依頼頂いたお客様の機器という事で流石に試奏は出来ませんでしたので、お金が溜まったら個人的に買おうかな?と。




ここからは、S.S様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
以前ドクターMusicさんでボード製作して頂いたのですが、好みが変わりバラしてしまい、現在の好みで新しく組んで頂きました。
コンセプトとしましては、以前のボードは歪みペダルを組込まずアンプの歪みのみの使用を考えていましたが、今回はどのアンプでも対応可能なように歪みペダルを多く組込み、ボードのみでも音作りを完結できるようにということを考えました。

●完成後のご感想
組込みの精度、ノイズの少なさ等、前回同様に大変満足しています。
ボードの仕様の打合せも、何度も変更がありましたが快く対応して頂きありがとうございました。





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年04月03日

エフェクターボード製作178★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


桜が満開になりそうだというのに、今日は雨。。。
昨日は本当に暖かく、街中では半そでの人も居た位でしたね★

そうそう。
これは楽器とは全然関係ない話ですが、、、地元「中日ドラゴンズ」目下"未勝利"という状況凹
シーズンのスタートダッシュってどんな事でも大事ですよね。

ドクターMusicも4月から新年度♪という事で、ガンガン良い商品をご提供出来る様に頑張ります!!

勿論、アンプやエフェクター、ギター関係の修理もガンガン承りますので、お困りの際はお気軽にご相談下さい★
そして「エフェクターボード製作」も随時受付しております。
コンパクトなシステムから大規模システムまで、新規導入機材のセレクトもお任せ下さい!!

詳しくは、担当:三宅、藤原までお気軽に♪



A県在住・オクムラ様ご依頼のボード
178-1こちらのご依頼者様は店頭にて直接ご依頼を頂いたお客様になります。今回ちょっぴり変わったご依頼で、ボード内に設置するエフェクターの殆どが「歪み系」というシステムでした。昨今のコンパクトエフェクター、特に歪み系ペダルに関しては「アンプのサウンドに迫るクオリティ」の機器が続々発売されております。シミュレーターやモデリングとは違い、完全アナログ回路を用いてここまで高いクオリティのサウンドが得られる時代です。私が学生時代がこうだったらどれだけテンションが上がっていただろうと思う程です(苦笑)とは言え、最近ではBOSSからDS-1が復刻モデルで発売されたり、、、当時のサウンドを懐かしむ傾向もあるかと思います。これからもコンパクトエフェクターは目が離せませんね♪


178-2これらの機器を一括制御すべくスイッチャーにFreeTheTone ARC3を導入して頂きました★設置に伴いセッティングを敏速に行える様にJunction Boxを設置。基本的にPre Effects(Guitar→Amp Input間)のみのボードとなりますので、Input/Outputのみ。更にアンプ側のch.やReverb,Loopなどをスイッチ信号でコントロールする為にARC3のLATCH CONTROL端子を4系統設置しております。(C1/2、C3/4はCombiでTRS端子になっています)
またMIDI信号もTHRU OUTを設置する事でMIDI対応の空間系エフェクターやアンプのコントロールも行える様になっております。

178-3ボードはPULSE製ECタイプ(設置面はカーペット)w695×d395×h100(mm)サイズという事もあり、スペースギリギリで設置となりました。
Vol.PedalとEP BoosterはARC3前段に設置。チューナーはARC3の左端にPolytune Miniを設置しております。





178-4ケーブル類は当店お馴染みのCAJ+Switchcraft製プラグで一本ずつ製作して結線しました。DCケーブルも当店オリジナルを使用しなるべくスッキリとした配線を目指しております。因みに青い大型エフェクターは"Ovaltone Q.O.O"というモデルで、Rock系のヤンチャな歪みとは違う、クリーミーで密度のあるLead向きのDistortionでした★床台にはMI AudioのMegalith DeltaFriedman BE-ODなど強烈なインパクトを持った歪み系が並んでおりますので、これらのゲインノイズを消す用途でiSP DecimatorをLoopに入れております。


178-5電源はVoodoo Lab.PedalPower2+を採用し、8系統では足らないDC電源は2箇所カスケード・ケーブルを作成して供給しております。
ARC3のみ専用アダプターを使用する事もありAC Tapもオーダーにて製作して設置しております。
流石に既製品のみで、ここまでコンパクトに収めるのは困難ですね。。。とにかく余計なケーブル類がボード内に散乱しない様に、長さ調整をするなどの工夫を施しております。




ここからは、オクムラ様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
―衢するエフェクターの中で、特にお気に入りのペダルに対し、スイッチャ―の導入でストレスなく切り替えができるようにしたい。
配線に対しても以前よりストレスを感じており、足元の電源・配線・in/outを整頓したい。


●完成後のご感想
見ての通り、歪み系に偏ったペダルボードの依頼でしたが、
ペダルの設置や今後の空間系エフェクターに対してのMIDI関係の導入といった将来的に発展性のあるボードを提示いただき大変納得のいくペダルボードを作製いただけました。
ペダル配置やケーブル配線といったヴィジュアル的な部分も、さすがプロの仕上がりで、音質と共にモチベーションにも大きく変化が得られました。
今後も空間系のペダル導入も含め、色々相談させていだきたいと思っております。









この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年04月02日

エフェクターボード製作177★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


4月になりました★★★
春が遂にやって来た〜って感じで一気に暖かくなりましたここ名古屋♪

まぁ確かに花粉も飛んでいるのだと思いますが、私全くもって花粉に無反応でして。

毎年「今年なるかな?」とビクビクしておりますが、今年もセーフっぽいです。

花粉症の方にとっては嫌な季節かもしれませんが、、、、私にとって「春」は最高の季節です(^^♪




とか言いつつ、また仕事色々入って来てるから今年もまた花見出来ないかも(ノд・。) グスン



ここで訃報を。

先日4月1日、Roland創業者の梯 郁太郎氏が死去されました。
享年87歳。

1972年にローランドを創業した後、鍵盤(けんばん)のたたき方で音に強弱をつけられる世界初の電子ピアノを開発、名器TR-808などを生み出し、電子楽器を繋ぐ世界共通規格「MIDI」の開発・普及に尽力された方でした。
米国で「音楽家の殿堂」と呼ばれるハリウッド・ロック・ウォークに2000年、日本人で初めて手形と署名を残したほか、13年に米音楽界の最高栄誉「グラミー賞」の技術賞を受賞。

生前、何度かお会いする機会があり、その人柄や物つくりに対する想いをお聞かせ頂いた際は当社の亡き先代と重なる部分がありました。


謹んでご冥福をお祈り致します。。。



O県在住・島袋様ご依頼のボード
177-1そうです♪遂に日本最南端のあのO県からのご依頼です★★★これで一応、ドクターMusicのエフェクターボード製作は日本の北〜南までご依頼を頂いた事になります!!今度は「47都道府県制覇」目指してコツコツ頑張ります。(嘘)
今回ご依頼頂いたボードは、FreeTheTone ARC53Mを中心とした利便性の高いベース用システムになります♪


177-2今回、床上げ台の上に設置するエフェクターにStrymon OB-1、BlueSkyがあり、床台の高さによっては蓋が閉まらなくなる危険性がありましたので、床台の高さを少し抑えて製作しました。ARC53MのLoop接続Jack上段部分だけは、台に当たらない様にショートプラグにて製作してみました。この様に既製品の床台ではアレンジし切れない部分も、設計段階からお客様とディスカッションを繰り返して決めておりますので完成度が違います★


177-3Tunerは今回偶然にも当店にUSED商品にありました"Sonic Reaserch ST-200"をゲットして頂き導入させて頂く事となりました♪とにかくチューニングの精度が高く視覚的にも非常に使い易いのがこのモデルの特徴。その下にJunction Boxを設置しており、音声の入出力端子を集約しております。
ボードはPULSE EC-06を採用しており、エフェクターの設置はマジックテープでの固定となります。
但し、ケーブル類をしっかり長さを測った上で製作させて頂いているので割と綺麗な配線になりました♪



177-4床台にはOB-1、BlueSkyの他にDarkglass B7K、ZOOM MS-60Bも設置しており、ボードのみで殆どの音作りが出来てしまう程。
奥には巷で俄に話題になっている"9overdrive9"という国産ブランドのベース用ドライブペダル"Planet Nine"を設置。自然な飽和感がVintage Tube Ampを大音量で出した様な迫力のある音が得られました♪
その他、ARC53MのProg/Direct Mode切替用のスイッチを設置。
演奏中に咄嗟のOn/Offなどをされるプレイヤーにとっては、この機能は必要不可欠かと思います★



177-5電源は既に多くのプレイヤーが愛用しているVoodoo PedalPower2+を設置し、ARC53MとMS-60Bは専用アダプター(MS-60BはFreeTheTone CUBY)にて電源供給する事になりました。
ZOOM MS-60Bってサイズがコンパクトでお手軽で利便性も高くって、、、と私も愛用しておりますが、こう見えて"デジタルマルチエフェクター"なんですよね。。。という事はそれなりに消費電流量も多いのかな?と。
よくDC端子のところを見れば「9VDC 500mA」と。
結構食いますね(苦笑)それ以下の電流量でも動くは動くみたいですが、、、予期せぬ誤動作や動作不良が起きるのはキツイので別電源で供給される事をお勧めしておきます。


そして完成後に発送・・・という事でこちらのボードは空を飛ぶ事になりました♪

早速ご使用頂き、ご満足頂けた様で一安心。



ここからは、島袋様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
使用するエフェクターが決まったのでどこかにボード制作を依頼したいと思い、調べていたところドクターMusicさんを見つけました。
自分で組んでたボードでは電源周りが上手く出来なかったのと配線が綺麗に出来なかったのでそこを直して欲しいと思いました。


●完成後のご感想
自分が直して欲しいと思っていたところが綺麗に解決されてていて素晴らしかったです。手元に届いて音出しをしてみると前よりノイズもなくなっていてさらに感動しました。
メールだけのやり取りだけでここまで綺麗に完成させてくれた藤原さんには感謝です。
ありがとうございました。









この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。
jmp1959 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年03月14日

エフェクターボード製作176★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


先月辺りからまたボード製作の案件が増えて来ており、大変嬉しく思っております★
また遠方から直接ご来店頂くお客様も増えており、聞けば当店にご来店頂く為にお仕事を休まれて何時間も掛けて来られたとか。。。

いやはや、、、本当に楽器店冥利に尽きます。

ありがとうございます★★★

今月は、店頭在庫アンプもなかなか豪勢で、Twitterでも話題のMesa/Boogie Mark2C+のHardwoodやDiezel HerbertTwo-Rock RubyFender Vibrokingなどの極上USED品も入荷しております♪

MESAの話題の新製品「Triple Crown Head」も店頭展開しております★

Fender待望のTweed Combo "57 Custom Deluxe"も入荷して参りました★

他のお店とはちょっと違う、ワンランク上のサウンドを求めるなら是非ドクターMusicへ!!

明日から3連休♪

是非この機会にご来店お待ち申し上げます!!
(当店店舗前に5台の駐車場御座います。)





F県在住・メガネビーム様ご依頼のボード
176-1ここ名古屋から遠く九州方面からのご依頼です★遠方からのご依頼の際は、基本的にメールでのやり取りが多いのですが、それ故にお客様の目指すサウンドについてはメールで、その意向に沿ったシステムやエフェクター選定を心掛けております。
組み手側の拘りより優先されるのは「お客様が目指すサウンド」です。
そしてあり物を闇雲に組み込むのではなく"現場でも使える実用性の高いボードシステム"でありたいと思っております。
それは時に「ボードの移動方法」「プレイされるステージの広さ」「プレイヤーの演奏スタイル」なども考慮しながら綿密にディスカッションを行いながら設計しております。

176-2今回のボードは、そんなお客様のご意向に沿いつつも、より実用性の高いシステムを。。。という事で、まずスイッチャーに「BOSS ES-8」をセレクトして入れてみました★Loopの順番を入れ替えたりも可能な便利なスイッチャーで、モダンなサウンドなら歪み系の後に空間系を。ヴィンテージサウンド志向なら歪み系の前に揺れものを接続するなど、色々と組み換えが出来るのが最大の特徴です。しかしながらエフェクター自体にBoostスイッチが搭載されている機器に関してはプレイヤー自ら踏む事が多いので、手前のJerseyGirl / PlusDriverのみ手前に設置し踏み易くしております。

176-3Junction Boxは当店にて製作しました。シンプルなIn/OutのみのBoxですが、スタジオやライブではコレがある/ないで大きく違います★
とにかくセッティングが早く済み、接触不良等のトラブルが各段に減ります。またご希望があればその他の接続端子やMIDI端子なども搭載した物をお作り致します♪こちらのJunction Boxのみの製作は個別に承っておりますので、是非お気軽にご相談下さい。


176-4この様に床上げして各エフェクターを設置しておりますので、立体感があるボードになっています。今回ボード自体が既製品の「PULSE製」という事で、床台の高さには結構迷いました。何せ、ES-8のSend/Returnジャックにプラグを挿すとその高さ45mmにもなるのです。(とは言えPULSEはケースメーカーとしては深めの100mm)
solderless使用すれば問題無いのですが、、、ここはやっぱり音質重視で組む事にしました。
よって、ギリギリ48mmの高さで製作してもらい、載せるエフェクターの高さを計測しつつギリギリ載せる事が出来ました♪蓋を閉める時に少し内側のクッションに押し返される程度で済んだので、一安心です。


176-5奥に設置されているHuman Gear/Vivaceは流石に本体のみで70mmはあろうか。。。これは床台に載せる事は出来ないので、この様に一番奥の部分に横置き設置を。ボードサイズが予め決まっているので、その中に綺麗に設置する事を考えると仕方ないですね。。。
電源はFreeTheTone PT-3Dを搭載し、足りない電源部分は一部カスケード結線して供給しております。
幸いES-8はDC9Vで400mA消費という事でPT-3Dなら満たしてくれますので、こちらもパワーサプライから供給しております。ボードへの取付は全てマジックテープでの固定となりますが、床台は直接ボルトオンしておりますし、その床台に設置したエフェクター類もケーブルを結束する事で、外れ難くしております。



ここからは、メガネビーム様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
久しぶりにバンド活動を再開し、4、5年振りにケースから出したら壊れてそうなエフェクターに断線してそうなケーブル…
これを機に一新し、思い切 ってスイッチングにしよう!と思い依頼させていただきました。


●完成後のご感想
とはいえスイッチングが何かもよくわからず、特にコンセプトというコンセプトもないままに依頼してしまいましたが、こちらの要望を叶えてくださり、音作りに関してまで相談に乗っていただきました。
また何かあれば相談させていただきたいと思います。
ありがとうございました!








この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年03月07日

エフェクターボード製作175★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


最近の話ですが、、、
「ムッシュかまやつ」氏がお亡くなりになりました。。。
昭和を支えた日本のロックの巨塔がまたひとり亡くなられた事に心より哀悼の意を。

彼の様に"大御所"でありながらも、若い世代のロックバンドとの交流が多い方も珍しく、その優しい人柄とバイタリティの豊かさに多くのアーティストから厚く支持されていたと聞いております。

私もそろそろ50代の足音が近くなって来ております(汗)

私も若い世代のバンドマンや音楽性にも耳を傾けて、もっと幅広く交流していきたいなぁと。
自分たちの世代感だけでは感じる事の出来ない感覚や思考など、刺激が沢山あると思いますし。

その意味でも、当店ではお客様の目線に立って理想の機材選びや音作りのサポートをして行きたいと思っております♪

是非、一度ドクターMusicに足を運んで下さい★

そして色々とお話を聞かせて下さい。

もれなく、めちゃめちゃ気さくなスタッフが全力でご相談に乗りますwww




A県在住・はせがわ様ご依頼のボード
175-1今回のご依頼者様は、以前当店にてアンプなどをご購入頂いたお客様になります。以前よりボード製作にもご興味を頂いておりまして、今回ご依頼を頂く事となりました。足元のペダル類をスッキリと整理整頓するだけでもモチベーションが上がりますし、また音質にも予想以上の効果が得られる様になります。
今回のボードシステムはシンプルに直列配線となりますが、より効率良い配線と操作性を重視したボードに仕上がっていると思います。


175-2組込まれたエフェクターは、それぞれしっかりとした効果が得られる機器が多く、中でも少し珍しいエフェクターもあったりで組み込む側としても興味津々です★
手前にあるYAMAHAのエフェクターなどは80年代後半に発売されていた懐かしい筐体ですね。
この様に最新モデルでは無いものの、その効果の素晴らしさ故に手放せないエフェクターも沢山あります。
一方でそれらのVintage系ペダルのサウンドを再現しているLine6 DL4なども設置されており、その拘りを感じさせるボードとなっております。
また新規で人気のXotic SP Compを導入依頼も頂き、それらのエフェクトの効果をより鮮明にしてくれます。


175-3ボードはPULSE EC-06を使用しております。このPULSEのボード自体が楽器店に置いていない・・・と、当店にご注文を頂く事も多々御座います。横幅は500〜800mmとバリエーション豊富で、しかも軽量で頑丈なFRPボードです♪エフェクター設置面に貼られたカーペットは非常に起毛が立っており、よくある中国製のボードとは比較にならない程しっかりとエフェクターの固定が出来ます。また奥行が400mm、そして高さも100mmあるので、この様な床上げボードシステムを組む際にも大変有効です★


175-4ケーブル類は全てCAJ+Switchcraft製プラグを使用し、一本ずつ計測しての配線となります。この様に段差を設けるスタイルも最近増えて来ておりますが、当店ボード製作に使用する床台は、この様にご依頼頂いたお客様にのみオーダーで製作させて頂く特注品♪(現在、床台だけのオーダーは受付しておりません)
頑丈な造りで支柱を所々に設置している事で、足でエフェクターを直接踏んでも変形する事はありません。


175-5電源部分は当店でも不動の人気「Voodoo PedalPower2+」を採用しております。確かにサイズや重量も最新パワーサプライよりかは大き目ではありますが、何と言っても「音質重視」ならコレが一番です★8系統独立出力のDCはとにかくクリアで安定感があり、余計な電源ノイズから解放されます。
アイソレートタイプなので接続方法次第では18V〜24V電源を作ったり電流量を増やすなどのアレンジも出来ます。一方では電圧、コントロール端子も搭載しており、Vintage Fuzzやオーバードライブなどの歪みの質感を電源側からコントロールも可能♪




ここからは、はせがわ様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
「こういう音を出したい」というよりも
利用しているギター/アンプの良さを
より出したかったというのがコンセプトです。

●完成後のご感想
電源/利用するケーブル/接続順や追加するエフェクター等
細かく相談させて頂きながら決める事が出来たので非常に助かりました。
これから色々楽しみながら活用していければと考えてます。







この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年02月11日

エフェクターボード製作174★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



びっくりしましたね。。。お隣の国の偉い人が海外で暗殺されたとの事。

私達はメディアの報道やインタビューでしか彼の事を知らない訳ですが、それらのイメージからすると
「もしもこの人が国の長となったら、あの国は笑顔の絶えない朗らかで自由な国になるのかも?」などと考えてしまいますw

単純に、インタビューでの笑顔で答えている物腰の柔らかさから想像してしまうだけですが。

それにしても、お隣半島はどっちも相変わらずドタバタ地域の様です(汗)

有事があってからじゃ遅いので、、、暫く警戒が必要ですね。




N県在住・Yu様ご依頼のボード
174-1こらちのボードは雪深いN県よりご依頼です★メールにてご相談を頂き、何度かメールにてディスカッションをしながら仕様を決めて行きました。
また新規でボード本体、電源部の一部とJunction Boxなどをご用意させて頂きました。
PULSE ECタイプのボードを使用し、エフェクターの設置は通常のマジックテープを使用。起毛のしっかり立ったPULSEボードはマジックテープの食いつきが良いので当店では大変人気のあるボードです。
また深さが100mmあるので、この様に床上げの台を設置しても蓋はバッチリ閉まります♪


174-2こちらのボードの最大の特徴は「パッチケーブル」をOyaide QAC-222Gで結線している点です♪このケーブルは既に国内の様々なアーティストが愛用しはじめている人気のケーブルです。勿論、この様なボード内のパッチケーブルでも、その音質の良さを実感して頂けるかと思います。極端な着色はありませんが芯がクッキリとしたクリアーなトーンが得られ、今後当店のボード製作でも使用されるケースが出てくるかもしれませんね。


174-6スイッチャーはBOSS ES-8を採用。最大8系統Loopを搭載し、Loopの順番入替えが出来る柔軟性の高いスイッチャーです♪またMIDI機能も充実しており、発売当初から多くのギタリスト/ベーシストに支持されております。
そんなスイッチャーに、Vemram Jan Ray、Darkness Dest Low、WAXX modのDA-2、SPH-1、ZOOM MS100BT、そしてStrymon Timelineと。。。なかなか厳選されたエフェクターを接続しております。


174-4ES-8のLoop端子にプラグを入れて当たらない程度の高さまで床台で上げて、その上にエフェクターを設置。Strymon TimelineはMIDI信号によってプログラムNo.等の呼び出しが出来る様にMIDI接続をしております。当店ボード製作にもよく出てくる「床台」は、ご依頼者様のボードサイズや設計に基づいて一台ずつオーダーにて生産しております。



174-5電源部分ですが、今回FreeTheTone PT-2とExpro PS-2との組み合わせとなりました。
その中で、Expro PS-2の500mA 9VDC端子からTimelineの電源が取れればと思い、仮配線で繋いで音出しをしたところ「ミーーーーっ」という微かなデジタルノイズが発生する事が判明しまして、結局専用アダプターにて供給する事にしました。この様にスペックだけでは分からない問題が時々起きるので、ボード製作の際は何度もテストを繰り返す事が多いです。
それにしても今回、慣れないケーブルを使用した事もあり製作に少し手間取りました凹
その甲斐あってか、完成して最終チェックで音出しをした時「なるほど」と思える良いトーンが得られました。
ただ、これが一番とも言えず、これからも色んなケーブルで試してみたくなって来ました★




ここからは、Yu様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
以前からブログを拝見しており、いつか製作を依頼したいと思っておりました。
今回スイッチャーの導入を検討していた為、良い機会だと思い、ご相談にのって頂きました。


●完成後のご感想
お忙しい中、製作して頂きありがとうございました。
同程度のボードを自ら組んでいましたが、このクオリティはプロの方にしか出せないと思います。
また、機会ありましたら、よろしくお願い致します。






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年02月02日

エフェクターボード製作173★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


私事でなんですが、、、

近くバンド仲間の結婚二次会って奴にお呼ばれする事になりまして。

勿論、自身のバンド"BRIMAR"でwww

二次会スペースにつき機材持ち込みが殆ど出来ないので、この度「Roland JC-120+Multi Effector」でプレイする事となりました。

正直何十年振りにJCに触れる。。。勿論Multiも同様。

身体に染みついた従来のサウンドを、このコンビで再現出来るのだろうか???と。

先日スタジオで音作りをして参りましたが・・・完敗です凹

・・・・悔しいです凹


他事ならば割り切れるはずな私ですが、、、自分のサウンドについてだけはどーしても割り切れない。


久しぶりにギタリスト魂に火をつけてくれますね★


という事で今週〜来週はJCとMultiとにらめっこが続く予定。





N県在住・こーすけ様ご依頼のボード
173-1こちらのボードは、N県からのご依頼となります。
メールでのお問い合わせからスタートしまして、細かい内容までディスカッションしながら決めて行きました。
基本的なボード内容として過去例の75と113にも共通する当店では「TKスタイル」というボードになります。"凛として時雨"のギタリスト T.K"氏の足元に近いシステムという事ですが、実際に使用してみるとその独創性に富んだサウンドが得られるエフェクターのチョイスは、なかなか侮れないかな?と。



173-2そんなボードの最大の特徴は、ボード右下に設置されたProvidence RX-S1というスイッチャー。これ自体はメモリーが出来る訳でもなく、シンプルに各LoopをOn/Offするだけの物なのですが、この設置の向きなどから「演奏中に踏む頻度は低く、単純に音声ラインの切り替えをするだけ」と思われます。よってスペースを考えるとこの様な位置に設置するのも理解が出来るところ。



173-3またDCのプラグについても今回Oyaide DC-2.1GLを採用しております。(パワーサプライ側はスタンダードなストレートDCプラグになります)ここで少し弊害が。。。
高級プラグの多くは頑丈に作られている一方、そのサイズ故に全ての機材にマッチするとは限らず、この様にスペース的に接続が難しいケースもあります。
今回は、この様に設置した上でプラグの穴部分にシリコンを入れて汗や水分が染みない様にしてみました。



173-4今回、音声ラインのケーブルは全てOyaide"FORCE77G"を使用。プラグも同社のP-275BGLを使用しました。全体的にケーブルの太さもあって取り回しに少し時間を要しましたが、FORCE77G特有の全面にガツンと押し出すクリアな音質が生きた仕上がりとなっております。この様に基本的に直列接続で組むボードの場合、使用されるパッチケーブルによる音質傾向は顕著に表れますので、皆さんも自身のボードのパッチケーブルに少し拘ってみては如何でしょうか?


173-5電源はExpro PS-2を採用。9VDCは8系統、電圧可変可能な端子が4系統と、、、このクラスのパワーサプライの中では最も供給数の多いパワーサプライですね。
このモデルはスペックが良い一方、付属の電源ユニットの設置も考えると決してコンパクトとは言えず、当店ではこの様に極力コンパクトに設置するべくケーブル類の長さも全て調整して設置しております。

また最近"ISOLATED"電源が人気ですね★それまでのパワーサプライはグランド部分が共通故にデジタルエフェクターのノイズ成分を他のエフェクターが増幅してしまったり干渉してしまうなどの問題もありました。
(よくある"数珠繋ぎのDCケーブルなどは最たるもの)
勿論電源不足による音質劣化や誤動作もそうですが、干渉ノイズが酷いなど演奏時の大きな問題となりますので、これをご愛読の方も是非「パワーサプライはエフェクターの心臓」と認識して頂き、是非最適なパワーサプライをご選択ください。(当店にて各種ご用意しておりますので、是非ご相談下さい。)




ここからは、こーすけ様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
ネットを見ていていたらドクターMusic様を見つけ、ボード製作を閲覧しました。その配線に一目惚れをし、ご依頼させていただきました!

●完成後のご感想
配線はもうヤバかったです、、、笑笑
綺麗すぎて見とれてしまいました!( ̄▽ ̄;)
音もノイズなどなく想像していた音に出来ました!
こちらのわがままを親切に対応してくださり気持ちよくやり取り出来ました!ありがとうございました!





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年01月23日

エフェクターボード製作172★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


つい先日、アメリカ合衆国45代大統領として、ドナルド・ジョン・トランプ氏が就任されました。

そんなアメリカで先週末、楽器の祭典があったのは皆さんご存知でしたか???

先日まで毎年恒例の世界の楽器が一同に集まる「Winter NAMM SHOW」が開催されておりまして、当社社長も出向いて各メーカー担当者と色々と協議をして参りました。

詳細については後程、このブログでもご紹介したいと思いますので、少しお待ち下さい♪



A県在住・H.N様ご依頼のボード
172-1昨今のエフェクター事情は、恐らく近年稀に見る程拡大の一途で流通に関しても世界中のペダルが手に入り易くなって来ている状況です。仕事上、沢山のエフェクターを販売、エフェクトボードの製作を行っている私達も時に未知のブランドに出会う事があります。
それぞれ独創的なサウンド、機能、そしてデザインに至るまで、、、見ていて楽しくなってきますね(笑)

でも何気に最後はBOSSに戻って来る・・・まるで川に戻る鮭の様にwww
今回ご依頼頂いたボードは、そんなBOSSの素晴らしさを再確認するボードとも言えます♪


172-2これらのエフェクターを一括コントロールするスイッチャーとしてCAJ Loop&Link2を選択しました。MIDI機能は不要との事で使い易さ、耐久性、コストパフォーマンス性を考えるとCAJはお勧めです★5つのLoop回路を搭載し、最大6パターンのプログラムを記憶・呼び出しが出来ます。更にLoop数を拡張されたい方は、もう一台ご用意頂き、専用Linkケーブルで接続するだけで10Loop/11パターンまでメモリー可能となります。



172-3ケーブルは全てCAJ+Switchcraft製プラグにて製作しております。音声ラインの流れとして、Junction Box→Tuner→Loop&Link2へ。Comp、Overdrive、Distortion、Noise Supressor、Digital DelayまではLoop1〜Loop4までに各接続。ChorusのみInsert In/Outに接続しておりますので、ここだけマニュアルOn/Off動作となります。そしてLoop5にFeedbacker/Boosterを接続してJunction Boxに戻しております。
電源はCAJ AC/DC Station靴ら供給しておりますが、計8個のエフェクターに対してパワーサプライは6系統と、、、不足分はNS-2から1系統のOut端子を流用。もう1系統は右端のCompの電源をカスケード配線して供給しております。
AC Tapを設置し、Loop&Link2とAC/DC Station3のアダプターを供給しておりますので、ACケーブル1本で全ての電源が供給される様になりました♪


172-4Junction Boxは当店にてオーダー製作しております。色々なメーカーより発売されておりますが、こんな感じでボード内の設置位置やプラグの向きなど、、、正直Junction Boxの為に配置を考え直さなきゃならないのは、どーなのかな?と。そーいう意味でも空いたスペースにスッポリ収まり、その上で利便性を確保するにはやっぱりオーダー製作が一番かな?と思えます。
(最近では小型Junction Boxも発売されていますが内部配線が基板になってるし・・・)


172-5今回、地味に面白いペダルがコレ★Hotone Tunerです♪世界最小のペダルタイプTunerなのですが、、、これ実はTunerだけじゃなくてBoosterとしても使用出来るのです。よく見るとTunerのメーター上にあるギター用ツマミ部分。これはOn時にLEDで光るのですが、このツマミを上げて行くと最大12dBまでBoostしてくれるという優れもの。逆にツマミを絞り切るとMute状態になっちゃうから面白い。Tunerとしては一般的なクロマチックタイプなので、使用上全く問題ありませんし、何といってもここまで小さく出来ちゃうのが新鋭メーカーの強みでしょうか。


ここからは、H.N様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
スイッチング

●完成後のご感想
先日はボード制作していただき有難うございました。
丁寧な仕事で最高に気に入りました!
特に右にホットーンのチューナー&クリーンブースターの配置、左にブースターの配置が最高です!







この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。


jmp1959 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年01月15日

エフェクターボード製作171★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


昨日の夜から、ここ名古屋も雪が降りはじめまして、一面銀世界に。

山間部や東北、北海道の方からすれば「毎年の事」と思われるかもしれませんが、、、名古屋って意外と雪が積もらない地域でして。

そんな地域故「スタッドレスタイヤ」や「チェーン」を持っていない車ユーザーも沢山おります。
(私もそのひとり)
昨日の帰りもズルズルと車のお尻を振りながら、何とか帰宅した次第です(汗)

個人的には暑さには慣れているものの、寒さには一向に慣れずガタガタと震えながら出勤しました凹

幸い交通機関がマヒする程では無いので一安心ですが、、、くれぐれも皆さま雪道の走行は充分気をつけて下さいね。



G県在住・K様ご依頼のボード
171-1こちらのボードは当店にご来店頂き、直接ご依頼を頂いたお客様です。昨今スイッチャー導入のお客様が増えている中においても、この様にシンプルイズベストな接続方法でご使用される方も沢山おられます。
ただ、それであってもレイアウト・電源環境によってはライブやスタジオワークでのパフォーマンスは大きく変わります。
またスッキリ、カッチリ組まれたボードは精神衛生上、プレイヤーのモチベーションを上げてくれる要因でもあります♪
是非、皆さんもお気軽にご相談頂ければと思います。


171-2今回使用したボードは「ARMOR PS-2C」と少し小振りではありますが重厚なFRPボードを採用しました。
巷ではお手頃なボードも沢山発売しておりますが、よくよく考えたら「高級エフェクターを収納するのにボードがフニャフニャと歪んでしまう物では不安では?」と思うのです。持ち運んでスタジオやライブハウスで使用される訳ですから、この機会にしっかりとしたボードに入れ替えては如何でしょうか?
当店ではARMORをはじめPULSE、Pedaltrain、最近ではFIREGLOWという新鋭メーカーも入荷しておりますので、是非この機会にご相談下さい。


171-3こちらのボードの音声ラインの流れは、
Wah→Blackstar HT-Dual→EP Booster→M5→AD999
と、至ってシンプルではありますが、ツボをしっかり押さえたシステムとなっております。
エフェクターの固定はマジックテープとなりますが、ケーブルをインシュロックにて固定しており、かなりガッチリと固定が出来ております★ケーブルは全てCAJ+Switchcraftプラグにてオーダー製作を致しました。
とにかく余計な余りの無い最短ケーブルで接続して、音質劣化を最小限に抑えております。



171-4電源部分ですが、、、流石にBlackstar HT-Dualは真空管を使用するだけあって極端な電源(24VDC)なので、この様に専用アダプターのACケーブルを調節してPedalPower2+のAC Outlet端子に接続しております。
またLine6 M5は9VDCではありますが、デジタル機器故に消費電流量が大きい為、今回PedalPower2+の2端子をパラレル接続して500mA供給可能にして接続しております。
(この様に2端子を接続して消費電流量を上げたり電圧を上げる事が出来るパワーサプライは一部のモデルのみとなりますので、対応機種については当店スタッフまでお問い合わせ下さい。)
アナログエフェクターに比べてデジタルエフェクターは電源にナイーブなので、この様に余裕を持たせて期要求する事により、予期せぬ誤動作を防ぐ狙いがあります。




171-5ARMORボードを前開きでご指定頂いたのですが、、、採用したVoodoo PedalPower2+をボード奥側に設置すると端部分が邪魔してACケーブルが挿せないので、この様に少し床上げをして固定しております。本当にちょっとした事なのですが、組んでみて後から「使い難いなぁ」と思う事が多々ありますので、ボード企画の段階から色々と考えてこの様にアレンジをするのも当店のサービスの一環です♪(ARMORボードを使用される方の多くは、この問題を考慮してボードの向きを奥開きにされる方も多いと思いますが、、、意外と使用する際に面倒くさいですよね。。。)



ここからは、K様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯・コンセプト
コンセプトと呼べるようなものではありませんが、今までのボードはケーブル類の見た目がごちゃごちゃしていたのがちょっとした悩みでした。
今回、機材導入に伴い大きめのボードに変更する必要が生じたことから「折角ボードを新しくするなら綺麗に組み直していただこう」と思い依頼させていただきました。



●完成後のご感想
仕上がったボードを見てあまりのカッコよさに感激いたしました。
三宅様には機材の選定や配置に関して親身に相談に乗っていただき感謝しています。
私の場合、ギターの技術もまだまだ未熟でエフェクターもあまり詳しくないのですが、使いやすい音で表現の幅も広がったように思います。
また、各エフェクターのON/OFFもしやす く、何より演奏が一層楽しくなりました。大事に使いたいと思います。
今後もいろいろと相談させていただくことがあるかと思いますが、その際はよろしくお願いいたします。






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2017年01月05日

謹賀新年★

新年あけましておめでとうございます。


本年も変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。

2017

















本日1月5日より平常通り営業しておりますので、
是非ご来店・ご注文お待ち申し上げます。



ドクターMusicスタッフ一同



jmp1959 at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月01日

年末年始の営業日程・HP/デジマート掲載商品のご注文に関するお知らせ

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


年末年始の営業日程及び、休業期間内におけるHP上、デジマート掲載商品のご注文に関するルールについてご説明致します。


●年末年始の営業日程

2016年12月28日 定休日
12月29日 午後8時までの営業とさせて頂きます。

12月30日〜
2017年 1月4日迄 お休みさせて頂きます。


2017年 1月5日 午前10時より平常通り営業致します。


何卒ご協力頂きます様お願い申し上げます。



●休業期間(12月30日〜1月4日迄)におけるHP上、デジマート掲載商品のご注文について


休業期間内は電話でのご対応が出来ません。

つきましては、大変ご足労をお掛け致しますが当店メール(info@doctormusic.co.jp)でのみご注文受付を承ります。

但し、メールの開封・確認は1月5日となります。
なお休業期間内のご決済・発送が出来ませんので、予めご理解頂きます様お願いします。


万が一、同一商品を複数のお客様よりご注文頂いた場合は、

当店スタッフが1月5日にメールを確認した時点での「メール受信日・受信時間の早い順」のお客様よりご商談
とさせて頂きます。

(昨年も大変多くのメールを頂戴致しました。全てのお客様にご返信をさせて頂く為、お返事まで少し時間が掛かるかと思います。何卒ご了承下さい。)


大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解・ご協力頂きます様お願い申し上げます。


ドクターMusic





jmp1959 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月23日

エフェクターボード製作170★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


巷のおもちゃ屋さんで絶え間なく流れるクリスマスソングは、さぞかし売り場店員さん達にとっては「パチンコ屋さんの軍艦マーチ(古っ)」にしか聴こえないのでは?と、思える位大盛況みたいですね(苦笑)

あ〜羨ましい。。。

世の中のお父様方、ドクターMusicはHard Rockが絶え間なく流れておりますが(笑)是非、一年間頑張ったご自身へのクリスマス・プレゼントをお求めにご来店お待ち申し上げます★


という事で、2016年ギリギリまでドクターMusic頑張ります!!
勿論、2017年も頑張っちゃいますんで、皆さま是非ご贔屓にヾ(´ω`=´ω`)ノ


ドクターMusicの年末・年始の営業予定をお伝えします♪


年末は、12月29日(木) 20:00までの営業となります。
(前日12月28日は定休日でお休みです。)

年始は、1月5日(木)10:00より営業致します。

また12月にお預かりします修理品・ご依頼を頂くボード製作案件につきましては、修理内容にもよりますが年内にお返しが出来ない場合が御座います。
予めご理解頂きます様お願い申し上げます。




I県在住・MSY様ご依頼のボード
170-1こちらのご依頼者様は、メールにてボード製作のご依頼を頂きましたお客様です★今回、ご希望とされるギターサウンドについても色々とご相談頂きながら、必要とされる新規導入機材も併せてご用意させて頂きました。シンプルに見えますが、基本的には「アンプを核としたシステム」になりますので、ボード内には一切歪み系ペダルは無し!!その分、空間系をしっかり揃えた実用性の高いボードとなりました。


170-2メインのスイッチャーはFreeTheTone ARC3。空間系としてFreeTheTone FlightTime(現在生産中止との事)はギリギリGETしまして、Eventide PitchFactorFreeTheTone TRI AVATARを搭載。2列目をこの様に床上げしてTapなどリアルタイム・コントロールをし易くしておりますが、、、2列目に設置するエフェクターは、なかなか大型で背も高い事もあり、床台の高さは35mm程度に抑えて設置しました。手前に設置してあるのはKORG PitchBlack Cuctom。これもPolytune同様に視界性が高いTunerですね♪



170-3Junction BoxにはInput/Output/From Amp Send/For Amp Returnに加えてMIDI THRU端子を搭載しております。このMIDI THRU端子からMIDI搭載アンプに接続すれば、ARC3でプログラム毎にchannelなどを連動切り替えも可能です。





170-4MIDI端子でL型のプラグって意外に無い様で(最近は少しずつニーズに合わせたプラグも発売し始めている様ですが)こちらはSwitchcraft製のプラグを使用しました。このプラグは端子の角度も調整出来ますので、この様な感じで接続可能です。
また床台の高さ制限がありましたので、ARC3の上段部分に接続するケーブル類は端子が小さいFreeTheToneのSolderlessを採用しました。この様に固定観念に囚われず、臨機応変に使い分けをする様にしております。



170-5電源については、ご相談頂いている段階で「音質重視」という事で、Voodoo Lab.PedalPower2+を採用しました★
勿論ARC3などの様に専用アダプターを使用しなければならない機器もありますので、PedalPower2+のAC Outlet端子からAC Tapを増設して横に設置しました。





ここからは、MSY様のコメントです。


●ご依頼頂きました経緯
ブログを以前から拝見していて、綺麗なボードに一目惚れして、いつかエフェクターボードを作るなら絶対依頼しようと思ってました。

●コンセプト
アンプの歪み+αで、新しい音色追加に伴う操作性の確保。
足元の見た目向上(笑)

●完成後のご感想
どのエフェクターがどのような効果があるか、自身の希望に添えるかまで教えていただき、カッコいい足元になりました。
音質も言わずもがな、素晴らしく、セッティングもしやすく大満足です。
本当にありがとうございました。






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年12月13日

エフェクターボード製作169★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


店の駐車場にどっさり積もる枯れ葉地獄も無事終息し(笑)、いよいよ冬です。。。

今年のクリスマスって、近年稀に見る"3連休"なんですね。

皆さん、どんなクリスマスを過ごされますか???

やっぱり、ご家族揃ってホームパーティーとか、彼女と夜景の綺麗な場所で過ごすとか、いやいや気の合う仲間と鍋をつつく・・・

そんなイベント横目に目下エフェクトボード製作続々組込み中です★

最近、目をつぶってもケーブル作れる様になりました(嘘)

という事で、2016年ギリギリまでドクターMusic頑張ります!!
勿論、2017年も頑張っちゃいますんで、皆さま是非ご贔屓にヾ(´ω`=´ω`)ノ


ドクターMusicの年末・年始の営業予定をお伝えします♪


年末は、12月29日(木) 20:00までの営業となります。
(前日12月28日は定休日でお休みです。)

年始は、1月5日(木)10:00より営業致します。

また12月にお預かりします修理品・ご依頼を頂くボード製作案件につきましては、修理内容にもよりますが年内にお返しが出来ない場合が御座います。
予めご理解頂きます様お願い申し上げます。




M県在住・K.U様ご依頼のボード
169-1こちらのご依頼者様は、No.137でもお世話になりましたお客様で、今回3度目のバージョンUPとなります。
当初のメインスイッチャーにFreeTheTone ARC53Mを使用していたのをARC3にし、更に今回EFS-4を増設拡張する事となりました。久しぶりにデカボードのご依頼♪ディスカッションもご来店頂いて、その場である程度のシステム内容を確認し、追って設計図を起こすという流れとなりました。


169-2今回、ボードは当店でも大人気PULSE EC-08(w795×d395×h100mm)を採用。オーダーサイズのボードも検討しましたが、納期が来年になってしまう事もあり、レイアウトを色々考えてギリギリこのサイズに収める事が出来ました♪
もっぱら私の不安材料は「蓋が閉まるか?」でしたが、ギリギリOK(安堵)です★
今回も使用ケーブルはFreeTheTone Solderless Cableを使用しております。


169-3Junction BoxにはA/B Switchを搭載しており、2本のギターを曲毎に入れ替える際に便利です。使用されるアンプがDiezel VH4という事で、ch.切替の為にMIDI信号送信とSend/Return接続端子を搭載。

音声ラインの流れとして、
Guitar→Pre Effects→Amp Inputへ。
Amp Send→Post Effects→Amp Returnへ。

という、所謂"4メソッド配線"で接続します。


169-4一部直列結線しているPre EffectsのVemramとOCDはマニュアルで切替が必要となりますが、Post EffectsのFreeTheTone TRI AVATARとStrymon Timelineは敢えてLoopに接続せず、それぞれのProgram No.の呼び出し及びBypassはARC3のPC#、CC#で指定呼び出しをしております。
ボードレイアウトの問題で、この様にメインの床台とは別にTimelineにも床上げ台を設置しております。
実はその下に忍ばせているのはFreeTheTone MB-3というMIDI Para Box。
複数のMIDI機器を数珠繋ぎにするとMIDI信号が弱くなったり、通過するエフェクターのアルゴリズムによってそれ以降の機器に送られる信号にタイムラグが生じる事がありますので、MB-3で信号を増強しつつそれぞれに信号を送る事にしました。


169-5電源部分ですが、今回搭載するエフェクターの数もそれなりに多く、また消費電流量が大きい機器については無理にサプライから供給するより専用アダプターの方が安心・・・という観点からPT-1D経由でAC Tapを取り付けました。
それにしては割とコンパクトに収められたかな?と思います。
各エフェクターの固定はマジックテープを使用。(PULSE ECシリーズはカーペット地の起毛がしっかりしているので剥がれる事もなく、しっかり固定が可能です★)






ここからは、K.U様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

個人的に現行のペダルで最強と思うペダルを詰め込みたい。


●完成後のご感想

今回で三度目の組み込みでしたが仕上がりは相も変わらず完璧です。
これくらい、もしくはさらに巨大なシステムを組みたいと思っている方もドクターmusicさんに依頼すれば間違い無いです。
組み込みを担当して頂いた藤原氏の知識やスキルは勿論人柄も最高です。
ありがとうございました。





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年12月05日

エフェクターボード製作168★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


12月に入りました★

そうです。あと一ヶ月で2016年終わるんです。。。

とりあえず、ドクターMusicの年末・年始の営業予定をお伝えします♪


年末は、12月29日(木) 20:00までの営業となります。
(前日12月28日は定休日でお休みです。)

年始は、1月5日(木)10:00より営業致します。

また12月にお預かりします修理品・ご依頼を頂くボード製作案件につきましては、修理内容にもよりますが年内にお返しが出来ない場合が御座います。
予めご理解頂きます様お願い申し上げます。




S県在住・Y.K様ご依頼のボード
168-1こちらのボードご依頼者様とはメールにてシステム内容及び追加エフェクターの選定などをディスカッションさせて頂きました。数回のメール応答で、かなり詳細まで選定・確認をする事が出来ました。そんな中で、ご依頼者様よりご指定頂いた「Pedaltrain」の新ラインナップの中から適合サイズ「NOVO 18」をセレクトしました。
従来モデルと比べて手前から4本の設置面は隙間が狭くなっており、マジックテープで固定した際に安定感があります。


168-3今回は、スイッチャー等は使用せずシンプルな直列配線となりますが、入力/出力の部分はJunction Boxを設置しておりますので、セッティングが素早く行えます★またTunerを繋いだ際の音質劣化を防ぐ為にJunction BoxにTuner Outを搭載しました。
ボード製作をご検討されている方のニーズに合わせて、この様に当店にてオリジナルのJunction Boxを製作させて頂いておりますので、是非お気軽にご相談下さい。


168-2Pedaltrainの場合、全てのエフェクターはマジックテープでの固定が一般的です。但し、当店の場合は裏側に這わせたケーブルを結束バンドにて固定する事で、エフェクターが簡単に外れない様に工夫しております。
またケーブル類は全て設置位置に合わせて一本ずつ計測して製作をしております。




168-4裏側は、こんな感じになっております。
中央に電源パワーサプライ"Voodoo Lab.PedalPower2+"を設置しております。PedalPower2+は8系統のアイソレートした9VDCを供給出来る優れものなのですが、今回はXotic EP Boosterを18VDCで駆動という事でPedalPower2+の2系統の端子をカスケード接続して18VDCを作って供給しております。

(ここで注意!!上記の様に2端子を接続して9V+9V=18Vという様な結線が出来るのは、PedalPower2+のみとなりますので、一般的なパワーサプライでは絶対に行わない様にして下さい。)


168-5一方、Junction Boxも含めて9台のエフェクターを組み込む為、一部は1端子よりパラレル出力をして2台のエフェクターに供給しております。
この様に、自作では困難なアレンジもお客様のニーズにお応え出来る様に致します。
パッチケーブルは全てCAJ+Switchcraft製プラグを使用しております。
勿論、仕上がりはキッチリ・カッチリ・使い易く見た目も綺麗♪こんなボード如何でしょうか???






ここからは、Y.K様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯

以前、アンプの修理を依頼した際に、予想以上の短納期で丁寧に修理頂き
大変お世話になりました。かねてからエフェクトボードの制作依頼をしたいという
考えがあったのですが、盛り込むペダルの構想が漸く固まったので、HPの制作依頼を見ながら
内容を相談させて頂きました。
ボードのコンセプトは、「最小限の大きさで、どのアンプでも自分の音が出せるボード」です。
EP BoosterとRC BoosterはEQ的に使い、最小限の機材で欲しい音を安定して出せるようにしました。

●完成後のご感想

実際にスタジオや自宅で確認してみた所、組み込みの丁寧さにびっくりしました!
音はもちろん、運搬 /搬入出的もかなり楽になりました!このペダルボード一つで
運搬や音色、音質上の悩みは解決されたと思います!
パッチケーブルやパワーサプライ、エフェクターの配置等、親身に相談に乗って頂き
よりユーザビリティーを向上できるようご提案頂きありがとうございました!


今後機材関連で改修を入れたりする場合は、ぜひまた相談させて頂ければと思っております。





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年11月17日

エフェクターボード製作167★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


めっきり寒くなりましたね。。。。(;´Д`)
私のお財布の中もブルブル震えておりますwww

最近の時事ネタとして。

「お年寄りの運転する車の事故」

これ、本当に怖いですよね凹
実際、車が無いと移動が大変な地域もありますので一概には言い切れませんが、、、
やはり人身事故ともなると、被害に遭われた方のみならずご家族、そして加害者側の将来を考えるといたたまれなく思います。

私も車に乗りますので、過去何度も危ない状況に遭遇した事がありますが、、、
相手がお年寄りの方の場合「あ〜気が付かなかったわ」とか「当たらなくて良かったわ」とか、、、

いや、先に「申し訳ありませんでした。私の不注意でした。」と頭下げられないモンでしょうか?

「最近の若いもんは・・・」とか言うけど、むしろお年寄りの方のモラルの低下、判断力の低下も気になります。

少子高齢化が進むここ日本。
いっそ免許も年齢制限をするか、免許更新時に運転適性検査を行うなどして、不合格者の方は返納を。
返納者の方にはタクシーのサービスチケットを格安提供するなど検討が必要になりますね。


と、、、持論失礼しました(。・ω・)ノ゙




F県在住・岩田様ご依頼のボード
167-1遠く九州方面よりご依頼頂きました製作例です★当初、ご依頼者様よりExcelデーターでお送り頂いたボード設置図を基に、こちらで改めてセッティング図を作成しまして製作をさせて頂きました。今回の様にご依頼者様の意向に沿ったボード製作を心がけておりますので、是非これをご覧になられた方も、思い思いのセッティングを図にしてお送り頂いても結構てす♪その上で、設置方法やスペース確保の為の修正点などについてもディスカッションを重ねながら決定していきます。
是非、お気軽にご相談下さい★★★


167-2今回のシステムは外部のアンプのch.切替と足元のエフェクターを同時に切り替える事を考慮して"MIDI搭載スイッチャー"FreeTheTone ARC3を設置。
ボード二段目に設置したFreeTheTone/Flight Time、Strymon/Mobius、Strymon/BigSkyは全てMIDI信号でコントロール出来る様にセットアップしました★その上で外部アンプにもMIDI信号をTHRU Outする為にボード右上に設置したJunction BoxもMIDI端子付きのJB-41Sにしました。
因みに今回使用したボードはPULSEにてオーダーしましたPECタイプ(w800×d450×h110mm)にセットしております。
これらのサイズは事前に設計図を作成した上で、フィットするサイズを算出しメーカーにオーダー致します。


167-4先程もありましたMIDI接続の件ですが、MIDIの流れとして、
ARC3→BigSky→Mobius→Flight Time→THRU Out→Amp(MIDI)
この様に各機器のMIDI THRUを活用して接続するのが一般的ですが、これですとMIDI信号が距離を延ばす事で出力信号が減少気味になり誤動作が起き易くなる事や、これらのエフェクターそれぞれの使用するアルゴリズムの選択によってその後に接続した機器の呼び出しにタイムラグが生じるなど、いろいろと問題が発生するので今回FreeTheToneのMB-3というMIDI Para Boxで信号をBufferedした上で分配しております。
接続順として、
ARC3→MB-3 (Out 1:BigSky、Out 2:Mobius、Out 3:Flight Time→THRU Out(Amp))
と致しました。勿論、MIDI ch.を振り分けしておりますので、ARC3側にて各機種のプログラムNo.を個別呼び出し、Bypass指定も設定可能になります♪

167-5これはご依頼者様のご意向で、収納されたエフェクター以外の機器をLoopに接続する為に、この様なLoop用のJunction Boxを設置しました。
これにより、Wahペダルや歪み系(このLoopにはBufferが通過しておりませんのでFUZZ系ペダルの接続にも有効です)を気分に合わせて接続して使用が可能になっております。
電源につきましては、FreeTheTone PT-2/PT-3Dを使用し専用アダプターの供給と各機器への電源供給を行っております。


167-3アナログ系ペダルも充実しており、CompはFreeTheTone/Silky Comp、BoosterにMXR/Microamp、オーバードライブはSuhr/Shiba DriveとMXR 5150 oerdrive、ディストーションはSuhr/Riot Re-loadedを組込んでおります。Pre Effectsの最終段にBOSS GE-7を設置したのは良いアイディアです♪実はそれぞれの歪みの質感は中域にピークのあるクリーミーな質感の機器が多く、これらをドライでシャープなトーンに変える役目として非常に良い効果を生みます。
この様にアンプ側で歪みを作れる場合であっても、足元のペダルで歪みを使用したい時もありますよね? それだけコンパクトエフェクターのサウンドが飛躍的に向上したんだと実感します。
ケーブル類はCAJ+Switchcraftで配線し、DCケーブル類に関しましてはパワーサプライのDCケーブルを一部流用しつつ当店オリジナルのDCケーブルにて幾つか配線をしております。
8系統のDC Outを持つPT-3Dに対して、9VDCを要する機器が1,2,3,4,,,,,,500mA端子からMobiusとBigSkyを供給する事を考えると端子が少なくない???
と、、、いう事でDCのカスケードケーブルを作成し、一部の機器は連結して供給しております♪
(これも設計段階から織り込み済み)






ここからは、岩田様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
理想のボードを組むには自分では限界があると思い、ドクターmusicさんに依頼を決断しました。

●完成後のご感想
エフェクター配置の検討では、自分がExcelで作成したものを元にとても親切に対応して頂きました。
また、自分の特殊なこだわり(ループ8のジャンクションボックス)も忠実に再現されていました。
また、スリーブ部にラベルが貼られて、どのループのケーブルかが一目で分かるようになっていて、細かい配慮が感じられました。驚くほど綺麗に組み込まれていて、感動しました。

私の描いていた夢いっぱいのエフェクターボードです。とても感謝しています。





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年10月30日

エフェクターボード製作166★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


野球の日本シリーズは6戦目にして北海道Fightersが見事優勝を決めましたね★

今年の北海道は台風などの影響で被害もあったりで、色々大変だったと思います。
そんな中において、このFighersの活躍は大きな励みになった事と思いますし、劇的な逆転劇に北海道の皆さんのみならず日本全国の野球ファンが心躍った事でしょう!!

改めて北海道Fighters優勝おめでとうございます♪

そして広島Carps、沢山の夢を頂きありがとうございました♪

今年のペナントレースは本当に凄かった★

かく言うここ名古屋のドラゴンズ・・・来年は頑張って欲しいですね凹凹凹





N県在住・Naru様ご依頼のボード
166-1全国よりボード製作のご依頼を頂き、本当にありがたく思います★最近FBなどのSNSでもご自身で組込みをされたボードを紹介するコミュニティが出来たりで、皆さんそれぞれが思い思いのボードを組まれており、私達も非常に興味深く拝見させて頂いております。
また、このブログをご覧になった方々にとって少しでも参考になればと、当社で組ませて頂いたボードをご依頼者様のご承諾を頂いて掲載させて頂いております。
ボード製作のご依頼に関しましては、お電話・メール・直接ご来店にてお気軽にお申し付け下さい。


166-2こちらのボードはARMOR PS-2 NB+を採用しております。床面がFRPボードという事もありケーブル類を固定し易く、この様にキッチリとした配線が出来ます。
ケーブルはCAJ+Switchcraftを使用し、一本ずつ計測しながらハンドメイドにて製作させて頂いております。
今回スイッチャーとして、コンパクト且つ使い易さに定評のあるProvidence PEC-04をお持ち込み頂き、当社より一部エフェクター及びパワーサプライを新規導入する事となりました。
右下にあるペダルは・・・Vol.Pedalですが、なかなか小さいので踏むのは慣れが必要ですねwww



166-3入出力のJunction Boxとして既に多くのアーティストが愛用しているCAJ/In and Outを搭載し、TunerはSend端子よりパラレルOutして接続しております。また視界性を上げる為にPolytune Miniが斜めにアングルを付けて設置しております。ボードの厚みに限界がある為、床上げは最低限に留めてケーブルのみ下に流す様に致しました。



166-4歪みペダルとしてHot Cake、Drive Breaker、NITROGICと、それぞれ個性的なサウンドを持つ3機種を搭載し、これらをフレーズや曲に合わせて切り替えられるという事で、その拘り具合が分かります★一方、空間系は、、、コンパクト・マルチストンプとして多くのギタリスト/ベーシストに人気がありますZOOMのMS100BTと、ちょっぴり懐かしいVisionの"Lucifer"をインストール♪このエフェクターにはEnhancer、Chorus、Short Delayが合体した非常に珍しいペダルです★
メモリーが出来る訳でもなく、単純に合体しているだけ・・・でも音質が素晴らしい♪ここにも凄い拘りがありますね。



166-5電源部分は、割とスッキリ♪FreeTheTone PT-1Dを搭載し、PEC-04のみ専用アダプターにて供給しております。
全体的にはシンプル且つ機能性を考えたボードに仕上がっております♪
この様に電源を纏めておいた方が、ライブやスタジオでの搬入/搬出が楽になりますし、何よりトラブルが極端に減ります★過去に何度も電源のトラブルを味わって来た当店スタッフの口癖は「電源は絶対妥協したらダメ」です!!軽くて便利でお値段も安くて・・・も大切ですが、供給されるエフェクターのパフォーマンスを最大限に引き出すのは「電源」ですからね。





ここからは、Naru様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
今まで自分でエフェクトボードを組んでいましたが、イマイチ使いづらい状態でした。
そこで、HPでたくさんのボードを組んでいるドクターMusic さんに思い切って製作をお願いしました。

●完成後のご感想
三宅様とメールでのやり取りで細かいところを詰めさせていただき、理想的なボードになりました。
ノイズもなく、必要な音色に辿り着くまでの時間が圧倒的に短くなりました。
また配置も絶妙で、踏み間違えの心配もほとんどありません。何回も変更をお願いしてしまったのですが、三宅様が丁寧答えてくださいました。
ステージでの視認性もバッチリです👌。
本当にありがとうございました😊
166-6






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年10月27日

エフェクターボード製作165★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。



さてさて。
来月は東京ビッグサイトにて「楽器フェア2016」が開催されます★

今年は沢山の国内外メーカーが参加され、例年以上にイベント盛り沢山との事で期待が膨らみますね♪

会場内にはジャンル別に各メーカー商品が展示され、中には試奏が出来るスペースが用意されたり、これから発売される新製品がお披露目されるなど、なかなか雑誌やWebでは体感出来ない貴重な機会です。

また、各ブースで有名アーティストや開発者などによるトーク・セミナーなども行っており、これまた非常にレアな体験をする事も出来ます。

サプライズとして、、、そう。結構有名アーティストさんを間近で見れたり、、あれ?すぐ隣に居たりwww

そしてそして。展示されている商品を観てるだけでなく、期間限定の販売ブースもあったりと。

とにかく楽器好きにはたまらないデッカイイベントなのです♪

11月4日(金)〜11月6日(日)までの3日間★

是非足を運んでみては如何でしょうか???






T都在住・YK様ご依頼のボード
165-1こちらは既に定番のスイッチャー"Providence PEC-2"を中心としたベース用のボードシステムになります★
ボードは持ち込みの「PULSE EC-07」(w695×d395×h100mm)を使用し、全ての機材はマジックテープにて固定となります。
とは言え、当社で組んだシステムはケーブル類などもガッチリ固定しておりますし、裏側のマジックテープも贅沢に一杯貼ってありますので、滅多な事では外れません♪PULSE側も起毛がしっかり立っているので食いつきも良好。万が一エフェクターを外す時は、、、厚紙を間に挟んで秋刀魚を三枚に下す要領で簡単に剥がせます。



165-2今回、ケーブル類はFreeTheTone solderlessを使用しました★ご自身で組込みをされる方にとっては、ハンダ付け不要という事で非常に便利なケーブルですね。当店でもこの様にご指定があればsolderlessでの配線も承っております。
今回のボードは入出力部分をボード右上に設置したFreeTheTone JB-21に集約しており、これがあるだけでスタジオやライブでのセッティング時間が極端に短縮出来るだけでなく、演奏中にシールドケーブルがボード上に乗ってしまい、ツマミが動いてしまうなどのトラブルも回避する事が出来ます。




165-3整然と並べられたエフェクター群ですが、どれも依頼者様により厳選した機器ばかりで、これらを見ているだけでバラエティに富んだサウンドを作られる方と想像出来ます★この様にボードに平置き設置の場合は、微量な電源ノイズを回避する為に、なるべく音声ラインと電源ラインを分けて配線します。最近ではパワーサプライやシールドが良くなった分、余り気にならなくなりましたが、特にゲインやレベルをBoostする機器が入っている場合、その微量なノイズが増幅されて気になってしまうケースもあります。



165-4今回は既製のボードに収めるべく、結構ギリギリの設置となりました。PULSEボードは奥行395mmなので、この様に3列での設置が可能なのですが、これでももう少し余裕が欲しいかな?と思う位です。






165-5電源はFreeTheTone PT-1Dを使用し、PEC2とChrono Delay、Bass Whammyは専用アダプターを使用しております。
勿論、DCケーブルやアダプターのケーブルも全て長さを調整して接続しておりますので、余計な撓みは一切ありません★最終的な音出しをして、耐久テストを行ってからの納品となりました。





ここからは、YK様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
A/B boxとPEC-2を組み合わせてコントロールしていましたが、操作性の向上とエフェクター追加のため依頼しました。


●完成後のご感想
打合せの段階から非常に細かい点まで相談にのっていただき安心してお任せすることができました。
ボードも非常にきれいに作成されており大変使いやすいです。
完成後のフォローもきちんとしていただけるので、また組み直しをする際は是非お願いしたいと考えています。ありがとうございました。



この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年10月15日

只今レア商品続々入荷中★★★

平素は当店HP並びにBlogをご愛読頂きましてありがとうございます。


ここ一ヶ月は、当店修理部がフル稼働中です。。。
そうです。

「学園祭に使用される機材の修理・メンテナンス」の持ち込みが連日凄い量になります。

ギター/ベースアンプのみならず、キーボードにPAシステムなどもお持ち込み頂いております。

やはり不特定多数の方が使用されるだけあって使用頻度も高く、その損傷レベルも結構凄いですね(汗)

当店ではライブハウスや練習スタジオ、軽音部やサークルなどの機材の定期メンテナンスも受付しております。予め定期的にメンテナンスを行っておけば、間際になって余計な費用やライブ日程に間に合わない・・・なんて不安も無くなりますね♪

これをご覧の業界関係者の皆様、そして軽音部・音楽サークルの機材係りの方は、是非お気軽にご相談下さい。




今日は当店に続々入荷中の、ちょっぴりレアな商品をご紹介します♪


Gibson Customshop LesPaul Standard "Figuerd Top"(委託品)
販売価格 ¥270,000(税込)
gibsonCS std-Fitaku topこちらの商品はお客様より委託でのご出品となります。シリアルから"2002年"と予想されるGibson Customshop製のLes Paul standardではありますが、Top材にFlame Mapleがビッシリと出ており、更にこのトラ目を華やかに彩る"Trans Teal"カラー。パーツ類はGold Partsを使用し、ペグはSperzelタイプを搭載しております。
アルミ・テイルピースにBurstbacker P.U搭載で、ネックのSlimシェイプも相成って非常に弾きやすいギターです★ボディの裏側に若干の傷が御座いますが、その他はまだまだ大変綺麗なコンディションと言えます。
こちらの商品には専用ハードケースが付属します。
(こちらの商品は委託品となりますので当店6か月保証は付きません)


Hughes&Kettner TRIAMP Mk2(USED)
"White Version"
販売価格 ¥162,000(税込)
H&K_TRIAMP MK2_WH_top数年前に限定発売された"White Version"と思いきや、こちらは当店にて外装レザーの張り替えをさせて頂いた商品です★純白のレザーに身を包んだ大変綺麗なアンプに仕上がりました。
3ch×2mode=6soundの100wアンプで、MIDIを搭載しておりますので外部MIDI機器との同期も可能。
現行品はMk3となりましたが、今尚多くのギタリストが愛用しているMk2です♪
勿論、当店にて完璧にメンテナンスを施しておりますので安心して頂ける商品だと思います。
付属品は、専用フットスイッチ、ACケーブル、SPケーブル(Montreux製)の他、移動や保管に大変便利なセミハードケースも付属しております。


Mesa/Boogie Dual Rectifier (NEW)
"All Black"仕様
Mesa_DualRectifier_CustomOrder2016 topこちらの商品は当店がMesa/Boogieにオーダーした特別仕様のアンプです。
TopのMetal Panelも上面のVent Panelも、、、そしてツマミまでも全て真っ黒の仕様です★
3ch完全独立Gain/EQを搭載し、100wのハイパワーは50wにも切替え可能。各chに整流器の選択が可能になって、更に煌びやかなクリーン〜ゴリッゴリの歪みまでコレ一台で作れます。
俄にメロコアが再沸しつつある今、正にタイムリーな男らしさ溢れる仕様のレクチです♪



Friedman BE-100(NEW)
"Old/New Mod"
friedman_be100 oldnewmod top今、Rockギタリストの間で最も注目されているアンプ・ブランド"Friedman"のフラッグシップ・モデルがこの「Brown Eye」こと"BE-100"です★
既にAlice in Chains(Jerry Cantrell)、Bon Jovi(Phil X)、Steve Stevens、Foo Fightersなどの大物ギタリスト達が愛用し始めており、国内でもLoudness始め沢山のギタリストも使用する程、大きな反響を呼んでいます。
ベースとなるVintage Marshall 100wを基に、より使いやすくゲインに幅を持たせている完成度の高いアンプと言えます。
その音圧の凄さ、ピッキングタッチに俊敏に反応するレスポンス、伸びやかに歪むディストーション・サウンド、、、HR/HMのみならず多くのギタリストに弾いて頂きたいアンプです♪
今回は、更にその音質をVintage寄りにする事も可能な「Old/New Mod」をOptionで搭載したスペシャルな一台です★


と、、、、まだまだ他にも続々入荷して来ております♪

勿論、ご自身のギターをお持ち込み頂ければご試奏も可能です★
是非その素晴らしいトーンをご確認頂きまして、是非ご検討頂ければと思います。

注意:こちらでご紹介させて頂きました商品は全て基本的に一台限りとなりますので、お問い合わせのタイミングによっては商品が既に売却されている事が御座います。
予めご了承頂きます様お願い申し上げます。
また当店HPにてリアルタイムに在庫状況をご紹介しておりますので、是非下記のリンクからご確認の程お願いします。


HPでの新品リストは、こちら。

HPでのUSED品リストは、こちら。

デジマート掲載分は、こちら。








jmp1959 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USED商品 | アンプ関係

2016年10月10日

エフェクターボード製作164★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


CDが売れないこんなご時世に、ニューアルバムをゲリラ発売するHi-StandardとかCoooolですね★

最近CDショップに行っても、あまり触手が伸びるCDが置いてなくて、ついつい中古CD屋で昔買いそびれたCDや、過去に友達に貸してそれっきりのCDをもう一度買い漁る私。

CDが売れない理由は何処にあるのか?という議論は意見も様々です。

●配信の方が簡単に何時でも手に入るから。
●好きな曲だけをダウンロードして価格もお手頃だから。
●持ち運びの事を考えると配信の方が楽。

一方、こんな意見も。
●アルバムのジャケットがカッコいいから。
●DVD特典やダウンロードでは手に入らない未発表曲などが収録されている時があるから。
●ライナーノーツなどアーティストの情報や解説を読みながら聴きたいから。

などなど。

私個人的には後者派なのですが、最近では欲しいCDが店頭に売っていない事が多過ぎて、ネットで買ったりダウンロードせざるえない事も凹



貴方はどちら派ですか?





S市在住・TAKAOMI様ご依頼のボード
164-1こちらはワイヤレスをボード内に設置した実用性の高いボードシステムになります。ここ数年で様々なメーカーより2GHz帯のデジタル・ワイヤレスシステムが発売され、ワイヤレスシステムがより身近な機器になりましたね♪高音質でコンパクトなデジタル・ワイヤレスはプロのアーティストも多数使用される程。こちらのボードには、そんなワイヤレスの先駆的ブランド"Line6"のRelay G50"を搭載しております。


164-2今回、各エフェクターを配置を優先する為にボードをオーダーサイズでご用意させて頂きました。PULSE製のECタイプはエフェクター設置面が起毛の立ったカーペット地の軽量FRPボードになります。サイズはw720×d420×h110(mm)となります。また配置スペースにも拘りがあり、手前でコントロールするCAJ Loop&Link2の両端スイッチを踏み易くする為に、両端に設置するWah/Volume Pedalとの間隔を取っております。こんな小さな事と・・・お思いかと思いますが、ライブでプレイされる方にとっては大変大きな問題なのです。


164-4ボード内に設置するワイヤレスは、この様に床上げして設置しましてJunction Boxはその下に設置しております。このJunction Boxにワイヤレスの音声ラインも接続されておりますが、Junction BoxのInputにギターシールドを接続するとシールドが優先される様になっております。これでライブ中の予期せぬ電波トラブルとかがあっても対処し易くなりますね。


164-3CAJ Loop&Link2は最大5系統のLoop回路を搭載し、更に計6パターンのプログラムを記憶・呼び出しが出来るスイッチャーです★
Loopの内容として、EXT Out→Tunerへ。Loop1:EVH Wah、Loop2:iSP Decimator2→Blackstar、Loop3:CAE/MXR Booster、Loop4:Rocktron Flanger、Insert:Volume Pedal、Loop5:VOX Delayという流れになります。また、iSPとBlackstarの順序を入れ替えし易くする為に固定はマジックテープで。またDCケーブルの長さなども配慮して長めに取っておきました。


164-5電源ですが、今回はFreeTheTone PT-1Dを採用との事で、DC9Vは全てこちらから供給しております。
一方、Blackstarは電源が22Vと専用アダプターが必要となりますので、この様にPT-1D手前に設置。勿論ケーブル類は短く切ってスッキリ設置をしております。
また消費電流量が大きいRelay G50は、同じくFreeTheTone CUBYにて供給しております。






ここからは、TAKAOMI様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
そこまで多くの音色を使い分けるわけではありませんが、歪みとクリーンで使うエフェクトがだいぶ違ったため直列の限界を感じ、プログラマブルスイッチャーの導入を本格的に考えていました。
ドクターMusicさんは以前にWebページを拝見しており、「このお店ならば安心して任せられる」との思いから、今回ボードの製作をお願いしました。


●完成後のご感想
相談の段階から、親身に色々なアドバイスをいただき、思い描いていた機能を網羅したボードが出来上がって満足しています。
また、スイッチャーの影響か若干音が太くなった気がしますし、個々のエフェクターの中には効きが良くなったように感じるものもありました。
制作中も頻繁にメールをくださり、進捗状況を確認しながら、ギリギリまで小さな要望に答えていただき、本当に感謝しています。





この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。



jmp1959 at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例 

2016年09月26日

エフェクターボード製作163★

平素は当店HP並びにBlogご愛読頂きましてありがとうございます。


10月もスタートしました★
いやはや9月は「台風月間」の様で凹凹凹しっかり太陽を拝む機会が少なかった様な気がします。

秋っぽくなれば、このジメッとした感じが収まり気分的にも少しずつ上がってくれるかな?と。

なのに、、、ここに来てまた台風到来。

しかも今年最大級との事。

皆様、くれぐれも台風通過期間は気を付けて下さいね。





N市在住・寿様ご依頼のボード
163-1こちらのシステムは、ボードをPULSE製のPECタイプ(w850×d450×h120mm)をオーダーでご用意させて頂きました。アンプのSend/Returnを活用してのシステムとなりますので「Pre Effects」と「Post Effects」をFreeTheTone ARC3で同時に切り替えつつ、アンプ側へはMIDI信号を送信します。この様なシステムを構築するには、それなりのノウハウが必要となりますので個人で組める限界もあると思います。今回はご依頼者様より新規導入機材の選定も含めてご相談頂いておりました。


163-2右上のJunction Boxも全て当店オリジナルで製作させて頂いたのですが、プラグのスペースが限られている為、この様に少し大き目のBoxにプラグ同士が接触しない様に設置しました。また手前のCAE/MXR MC404は床面にゴムステッチがある為、既製の床パネルは使用せず当店にてワンオフで製作した上で設置となります。
Shin'sMusicのPerfect Volumeはオーダーカラー品を用意させて頂きました★見た目は派手ですが、そのVol.調整時の音質劣化が殆ど無いという優れもの。正に職人技のVol.Pedalですね。


163-3スイッチャーはFreeTheTone ARC3を使用しており、ARCのMIDI信号をStrymon/Mobius、BOSS DD-500、Strymon BigSky、そして外部へも送っておりますが、これらを一本のMIDIケーブルで数珠繋ぎをするとMIDI信号の出力低下及びタイムラグが生じ易くなる為、今回床台の下にFreeTheTone/MB-3を設置して3系統に分けて伝達させています。
ARC3自体は最大8chのMIDI信号を同時送信が出来る為、それぞれのエフェクターに別々のProgram No.を送信する事が可能です。(例えば、FX1:10番、FX2:6番、FX3:45番など)またControl Change No.を送信すればMobius,DD500,BigSkyを個別にBypassにする事も可能です。


163-4配線はこの様にビシッと床面に固定して、移動等で振動を与えてもエフェクターが外れない様にしております。
またBogner Ecstasy REDにはEXP Control端子があり、これを活用すると外部機器でEffectのOn/Off、Boostをコントロール出来るのです。こちらもARC3で制御出来る様に接続しております。
詳しい接続方法・セッティングにつきましては当店もしくはお近くのFreeTheTone取扱店担当にご相談下さい。


163-5電源部分についてですが、様々なメーカーよりパワーサプライが発売されている中においても、やはり「安全・安定・低ノイズ」なのはVoodoo Lab./PedalPower2+です★とにかくノイズが少なく電源もクリーン故に個々のエフェクターのポテンシャルをしっかり発揮させる事が出来ます。
ただ、Strymonの大型モデルについては500mA程度の電源が必要となりますので、それらをFreeTheTone/CUBYで個別供給しました。
全体的な仕上がりとして「高音質でありながら視覚的にもスマート」なボードになったと思います★




ここからは、寿様のコメントです。


●コンセプト・ご依頼頂きました経緯
マルチで作ったパッチのクオリティアップ、長く使えるボード、見た目(笑)


●完成後のご感想
目からウロコの音質です。便利さはさすがにマルチが上ですが、このクオリティーなら多少の煩わしさは気になりません。
丁寧なレクチャーもしていただき、これからライブにレコーディングにガッツリ使っていきます。 ありがとうございました。


以上です。また分からなくなったら相談させていただきます。宜しくお願いします。






この度は当店サービスをご利用頂きまして有難うございました。

今後共変わらぬご愛顧賜ります様お願い申し上げます。





今後ボード製作をお考えの方に、


●ご予算的には、

新規追加機器(当店の店頭販売価格にてご用意します)

ケーブル代金(おおよそ¥2,400/1本)

組み込み工賃(組み込み難易度によって変動します)
小規模 ¥5,000〜
中規模 ¥15,000〜
大規模 ¥25,000〜
(新規追加機器を一定以上当店にてご注文頂ける場合、格安にて組込み致します)

ご返送の送料(店頭引き取りの際は不要です)


PS:誠に恐縮ではありますが、、、当店エフェクトボード製作は「当店をご利用頂けるお客様へのサービスの一環」として行っております。
つきましては、全ての機材が揃っている状態で「組込み業務のみ」のご依頼につきましては、現在ご辞退させて頂く場合があります。(ボード製作のご依頼と併せて新規導入機材などを発注して頂ければと思います。)

何卒ご理解を頂きます様お願い申し上げます。




jmp1959 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エフェクト・ボード製作例