2015年03月26日

投資信託のリスク・コントロール

投資信託は、組入れている証券の種類・比率により安全性を重視や収益性を重視といったようにカテゴリー分けされています。
一般的に公社債投資信託は、安全性を重視した投資信託といえ、株式投資信託は、リスクの度合いに応じて、収益性を追求する投資信託といえます。
自分の投資目的や投資スタイル、リスク許容度等に応じて投資信託を選ぶびます。


投資信託のリスク
 
投資信託は株式や債券などに投資する金融商品なので元本保証はありません。
複数の株式銘柄や債券銘柄に分散投資をすることにより、リスク分散されている投資信託は多いです。
リターンはコントロールできないものですが、リスクはコントロールできるものといわれていますので、リスクコントロールの知識は最低限つけておきたいものです。
主なリスクは下記のようなリスクがあります。


価格変動リスク
 
投資信託は、組み入れている株式や債券等をすべて日々評価し、債券の利子や株式の配当金等の収入を加えて資産総額を算出します。
そこから運用に必要な費用などのコストを差し引いて純資産総額を出し、さらにその日の受益権口数で割ることにより基準価額を算出しております。
基準価額は、組入れ銘柄の価格の変動により、投資元本を上回ったり、あるいは投資元本を割り込むこともございます。


金利変動リスク
 
債券価格は、一般的に金利が上昇した場合下落し、反対に金利が下落した場合上昇します。
債券を組入れている投資信託の基準価額は、組入れた債券の価格変動の影響を受け、上昇もしくは下落します。


為替リスク
 
円と外国通貨の交換レートは常に変動しています。
外国の通貨や株式、債券などに投資する投資信託は為替変動の影響も受けます。
購入時より円安になった場合、外貨建での資産価値が変わらなくても、円換算した資産価値は上昇し為替差益を得ることができます。
逆に円高になった場合、円換算した際の価値は下落します。





jnjpg at 20:52|Permalink

2015年02月15日

REIT(不動産投資信託)

投資信託の投資対象となる資産は株式と債券が中心ですが、最近では不動産などの「代替資産」を投資対象とするものも増えつつあります。
不動産を投資対象とする投資信託「不動産投資信託」の略称です。
投資家から得た資金によって、オフィスビルやマンションなどの賃貸物件に投資し、賃貸収入や売却によって生まれた利益から、不動産の維持にかかわる費用を除いて、残りの利益を投資家に分配するものです。

REIT(不動産投資信託)は、運用収益の安定的分配が期待できる金融商品です。
不動産は、適切に管理運営されているものであれば、賃料収入は比較的安定していると期待してもいいでしょう。
短期的なキャピタルゲインを狙うようなタイプの金融商品ではなく、中長期的な投資に向いた金融商品になります。
個人では投資することができないような物件の不動産投資が少額でできるのもREITの魅力です。
しかも物件が分散されているのも魅力です。

また、REITに投資する投資信託もあります。
国内のREITだけでなく、海外のREITに投資する投資信託もあります。
REITもREITに投資する投資信託も、まとまった資金が必要な不動産投資を、REIT、投資信託の仕組みを利用することによって少額から不動産投資することを可能にした投資商品といえるのではないでしょうか。

株で儲からない投資家がやること米国株連続増配銘柄
私立高校学費負担軽減制度リストラ 退職
分散投資 インデックス投資 グローバル企業
ワンルームマンション投資は都内が成功のポイント
サラリーマンのネット副業


 


jnjpg at 23:24|Permalink

2014年12月29日

投資のリスクとはどういうことか

一般的には、目的を達成できるかどうか不確実な時(達成できない可能性がある時)に、「リスクがある」といいますが、投資の世界においては、少し考え方が異なります。
「リスクがある」とは、「上下にぶれる(変動する)可能性がある」ということで、「リスクの大きさ」は「ぶれ幅の大きさ」です。
リスクの生じる要因を知れば、そのリスクを回避する手段が見つかります。

リターンはコントロールすることはできませんがリスクはコントロールすることができるといわれています。
例えば、価格変動リスクを低減させようと思えば、値動きの違う金融資産に投資するなどが考えられます。
代表的な例は、株式と同時に債券にも投資するといった感じです。

株式投資で儲からない米国株 高配当銘柄学費の負担を軽くする
リストラからの再就職おすすめの株式投資ワンルームマンション投資

jnjpg at 11:11|Permalink